【脊柱管狭窄症】外反母趾なら「足の小指」を弾けばよい!楽に歩けて痛みやしびれが改善する

【脊柱管狭窄症】外反母趾なら「足の小指」を弾けばよい!楽に歩けて痛みやしびれが改善する

人間にとって、足というのは、体の土台となる重要なパーツです。足の指がしっかり使えていないと、この大事な土台がゆらぎやすくなります。その影響が、ひざ→腰→肩→首へと伝わって、それぞれの部位で問題を引き起こすのです。【解説】木方功(ありがとう鍼灸整骨院院長)


足の指に問題があると腰やひざに痛みを招く

私たちが立つときや歩くときには、足の親指(母趾)、小指(第5趾)、かかとの3点でバランスを取って全身を支えます。
歩くときは、着地する足の指が動物と同様に地面をつかむように広がるのが、本来の歩き方です。

かつては、そのように足の指を使っていました。
しかし、現代人は、こうした足の指の動きができなくなっています。

靴をはいているため、足の指は丸まったまま。
そのため、本来の機能を発揮させることなく歩く習慣がついています。

きついハイヒールであれば、より指の動きは制限され、指はどんどん動かなくなってしまうのです。
逆に、サイズの大き過ぎる靴をはくのも問題です。

「どうせすぐに大きくなるから」といって、お子さんに大きめの靴をはかせるケースがありますが、これは、いわゆる「浮き指」の原因になります。
こうして足の指の動きが悪くなると、その影響が最も顕著に現れるのが、小指です。

自分で足の小指だけを動かそうと思っても、ほとんどの人は動かせません。
また、足の小指がぴったりと隣の第4趾にくっついた状態で、固まっている人が非常に増えています。

人間にとって、足というのは、体の土台となる重要なパーツです。
足の指がしっかり使えていないと、この大事な土台がゆらぎやすくなります。

その影響が、ひざ→腰→肩→首へと伝わって、それぞれの部位で問題を引き起こすのです。
私の治療院は、外反母趾や巻き爪といった、足の指の症状を専門に扱っています。

患者さんのうち、足指の悩みで来院するかたが8割。
10歳から93歳のかたまで、遠方の沖縄や海外からも患者さんがやってきます。

これまで何千人という患者さんの足の指を治療してきました。
たくさんの患者さんと接してわかったのは、足の指に問題を抱えている人は、ひざ痛や腰痛、肩こり、首の痛み、頭痛など、さまざまな症状に悩まされているという点です。

よけいな負荷が減り足の血流も促進!

足は体の土台です。足の指をしっかり使えるようになれば、土台がしっかりします。
すると、今まで、不安定な土台のせいで、よけいな負荷がかかっていた部位が楽になり、腰痛が解消します。

脊柱管狭窄症も例外ではありません。
外反母趾で来院した患者さんが、脊柱管狭窄症で悩んでいることがわかった場合、私はいつも、「小指ピンピン」というセルフケアを勧めます。

これは、動きの悪くなっている足の小指を、手の指で引っ張って刺激するものです。
毎日、小指ピンピンを行っていると、だんだん小指が動くようになってきます。

そして、親指、小指、かかとの3点でバランスよく立てるようになります。
足腰がしっかりして、脊柱管狭窄症の症状を改善するのに役立つのです。

小指で踏ん張れないと、重心が外側に傾きがちになります。
そのアンバランスをカバーするために、すねの外側の筋肉が過緊張を起こしてO脚になります。

つまり、足に常に負荷がかかった状態になるのです。
脊柱管狭窄症では、しばしば腰自体よりも足に痛みやしびれが出やすいのですが、このように足が常に負担を感じていれば、痛みやしびれも悪化しやすくなります。

小指ピンピンで重心バランスを整えると、足腰にかかっているよけいな負荷を減らすことができます。
もちろん、小指ピンピンで脊柱管の狭窄を解消することはできませんが、間欠跛行を軽減して、今までよりもスタスタと歩くことができるようになるでしょう。

同時に、小指ピンピンをやると、足の血流が促されて代謝もアップします。
それも、痛みやしびれの軽減の助けとなるでしょう。

小指ピンピンは、やってみるとわかりますが、気持ちがいい刺激法です。
脊柱管狭窄症でお悩みのかたは、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

木方功
ありがとう鍼灸整骨院院長。柔道整復師、鍼灸師。大阪府茨木市出身。自らが腰椎椎間板ヘルニアの闘病を経験したことを契機に、「足指復元療法」を確立。「足のスペシャリスト」の異名を持ち、テレビやラジオに積極的に出演している。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【浮き指】を治したら足の親指までしびれを伴う辛い腰痛が改善!正座も出来た

【浮き指】を治したら足の親指までしびれを伴う辛い腰痛が改善!正座も出来た

私は、10年以上前から、腰痛に悩まされていました。わが家は、食品卸業を営んでいて、配達で重い荷物の運搬が必須です。そのせいで腰に多大な負担をかけていたのだと思います。腰痛改善のためにどんな治療を受けても、当初は多少改善するもののまた痛みがぶり返すということのくり返しでした。【体験談】佐藤光江(仮名・会社員・60歳)


【椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症】腰痛原因は脳の「圧迫ストレス」?脳脊髄液を流して改善できる呼吸法

【椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症】腰痛原因は脳の「圧迫ストレス」?脳脊髄液を流して改善できる呼吸法

私は、50年以上にわたる治療家人生で、幾種もの治療法を学び、研究してきました。そしてわかったのは、脳脊髄液の循環をよくすることで、腰痛などのつらい症状や、多くの病気が改善するということです。【解説】宮野博隆(ミヤノ・ヒーリング・ラボ院長・鍼灸師)


【立ち仕事】足が痛い 痺れる 間欠性跛行の症状 脊柱管狭窄症の対策を専門医が解説

【立ち仕事】足が痛い 痺れる 間欠性跛行の症状 脊柱管狭窄症の対策を専門医が解説

脊柱管狭窄症も、慢性痛の一つです。原因は、脊柱管が狭くなって神経を圧迫するためだといわれていますが、それだけではありません。痛みに対する不安やストレスなど、心理的な要因も、慢性痛に深く関係しているのです。【解説】井上真輔(愛知医科大学学際的痛みセンター准教授)


【脊柱管狭窄症改善】仙骨を正しい位置に戻す「股関節締め」とは 再発防止対策は?

【脊柱管狭窄症改善】仙骨を正しい位置に戻す「股関節締め」とは 再発防止対策は?

脊柱管狭窄症を改善するには、股関節を安定させ、仙骨を正しい位置に戻す必要があるのです。その両方を同時にできるのが、今回ご紹介する「股関節締め」です。【解説】白井雄彦(西住之江整体院代表・鍼灸師)/白井天道(西住之江整体院院長・鍼灸)


【脊柱管狭窄症】閉塞性動脈硬化症と症状(間欠跛行)が似ている!簡単な見分け方はコレだ!

【脊柱管狭窄症】閉塞性動脈硬化症と症状(間欠跛行)が似ている!簡単な見分け方はコレだ!

間欠跛行は、脊柱管狭窄症に特徴的な症状ですが、間違いやすい病気に「閉塞性動脈硬化症」があります。これは足の血管がかたくなり、足の血流が悪くなる病気です。脊柱管狭窄症の場合、お尻や太ももの筋力を強化する運動が有効となります。お勧めは「ゆっくりスクワット」です。【解説】井上真輔(愛知医科大学・学際的痛みセンター准教授)


最新の投稿


【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

他人の体を動かせるほどの強い気を身につけるにはかなりの鍛錬が必要ですが、この手のひらの気を自分や家族の健康に役立てることはできるかもしれません。手のひらから相手の体に気が入り、全身を巡っていくことをイメージしながら気を送ってみましょう。【解説】宗茂(宗茂気功健康塾塾長・元オリンピック男子マラソン代表)


【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

皆さんのなかには、食事や運動に気を配ってもお通じがよくならない、という人も多いのではないでしょうか。これは、腸から脳への指令がうまく伝わっていないことが考えられます。【解説】劉勇(コリトレール治療院総院長・鍼灸師・医学博士)


【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

実際にクリニックを開設し、日々、患者さんに接していると、「体が健康でないと、心も健康にならない」ことがわかります。例えば、「ストレスを感じると動悸がする」という患者さんは、「動悸がすると不安が強くなり、それがまた動悸につながる」といいます。【解説】木村昌幹(アイさくらクリニック院長)


【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

衝撃の前後写真満載!生きる力と勇気がわく「アドラー式お片づけ」をご紹介します。アドラー心理学にある「目的論」の考え方。なりたい自分に向かって行動するからこそ、あなたの考え方が変わり、部屋が変わり、次第に人生が変わっていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)


【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

家庭では「きれい」よりも「居場所があること」がたいせつ。完璧を目指すよりも、このサイクルを軽やかに回すことで、快適な自分たちならではの家が作られていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)