「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

ストレスが積み重なったのでしょう。気がついたら「キーン」という高音の耳鳴り が聞こえるように。最もいやだったのは、寝るときでした。シーンと静かな中、キーンという音だけが聞こえるので不眠になってしまいました。そこで藤井先生の治療院に行き、教わったのが「耳こすり」でした。【体験談】長谷川真由美(会社員・33歳)


会話の最中も耳鳴りがうるさくて集中できない

 就職してから、私の生活はとてもハードなものとなりました。早朝から出勤し、帰れるのは深夜。睡眠時間は2~3時間という日々が続いたのです。
 新人なので、仕事をこなすのに必死で、いつも緊張していました。それらのストレスが積み重なったのでしょう。気がついたら耳鳴りがするようになっていたのです。

 聞こえるのは「キーン」という高音でした。人と話しているときもその音が気になり、会話に集中できません。
 最もいやだったのは、寝るときでした。シーンと静かな中、キーンという音だけが聞こえるのです。音がうっとうしくて、ますます眠れなくなりました。

 なんとかしたい、と思った私は、藤井清史先生のことを思い出しました。両親が先生の治療院に通っていて、私自身も10代のときに原因不明の皮膚炎を治してもらったことがあります。

 すぐに藤井先生の治療院に行ったところ、治療後に、自宅で行うといいと教わったのが「耳こすり」です。
 耳を指ではさむようにして、100回上下にこするだけ。これを1日3回やるといいそうなので、その日以降、毎日実践したのです。

 最初に変化を感じたのは、睡眠でした。当時も私の睡眠時間は2~6時間と、日によってまちまちでした。
 そんな不規則な状態にもかかわらず、スッキリ目覚める日が増えていきました。睡眠時間が少なくても、熟睡できたと感じられるのです。
 よく眠れるようになり、体から疲れや緊張が取れていく感覚がありました。そして、3週間後にはとうとう耳鳴りがなくなっていたのです。

 耳鳴りがする間は、いつ治るんだろう、と不安でした。そんな不安からやっと解放され、うれしくてたまりませんでした。

 その後も疲れると、耳鳴りがすることがあります。でも、そのたび耳こすりを実践すれば、2~3日で治まります。
 そんなことをくり返すうちに「耳鳴りになっても耳こすりをすれば大丈夫」と、安心できるようになりました。

 おかげさまで、ここ数年は疲れても耳鳴りがすることはありません。こんなに簡単で、効果の高い耳こすりはすごいと、つくづく感じています。

→耳こすりの解説はコチラ

腎機能を高めて質のよい睡眠がとれた(呑気堂Fujii鍼灸治療院Tomo整骨院総院長・藤井清史)

 長谷川さんはもともと腎が弱い体質で、さらに寝不足によって腎機能が低下したことで、耳鳴りが起こっていたのでしょう。このようなタイプは、体の疲れさえ取れれば、耳鳴りもよくなります。そのためには耳こすりで腎機能を高めること、そして短時間でも質のよい睡眠をとることが効果的です。

→耳こすりのやり方はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


耳鳴り 不眠 耳こすり

関連する投稿


【めまい・ふらつきが改善】脳が活性化する「ニンニク油」の効果 認知症患者の反応も回復!

【めまい・ふらつきが改善】脳が活性化する「ニンニク油」の効果 認知症患者の反応も回復!

ニンニク油に含まれるアホエンには、多彩な作用があることが認められています。それらに加えて、私が重要と考えているのが「微小循環」の改善作用です。ニンニク油で微小循環がよくなることで、ひいては脳の神経細胞の活動が活発になり、さまざまな脳機能の改善に役立つと考えられます。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【肌が若返る】シミ・シワ 肌トラブルを改善する「1円玉療法」のやり方

【肌が若返る】シミ・シワ 肌トラブルを改善する「1円玉療法」のやり方

体に1円玉をはるだけで、ひざ痛、腰痛、耳鳴りなど、痛みや不調に即効性があると大人気の「1円玉療法」。効くのはそれだけではありません。アンチエイジングにも有効なのです。今月号では、シミやシワ、抜け毛の改善といった美容や若返りに効果的なはり方をご紹介します。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【眼瞼下垂】見た目の老化に加え不眠・頭痛の原因 手術と自分でできる予防法

【眼瞼下垂】見た目の老化に加え不眠・頭痛の原因 手術と自分でできる予防法

眼瞼下垂とは、まぶたの機能に障害が生じて、まぶたが開きづらくなっているものをいいます。まぶたが下がってくると、上眼瞼挙筋を強く収縮させて物を見ようとするため、目の上奥が痛くなる群発頭痛や眼精疲労が起こります。【解説】松尾清(松尾形成外科・眼瞼クリニック院長、信州大学医学部特任教授・名誉教授)


【不眠症】原因はブルーライトによる眼精疲労?目も「枕」で休めるとぐっすり眠れる

【不眠症】原因はブルーライトによる眼精疲労?目も「枕」で休めるとぐっすり眠れる

最近、疲れ目やかすみ目といった目の症状と同時に、不眠を訴える人がいます。よく「眼精疲労」という言葉を耳にしませんか?眼精疲労とは、目を使うことによって体にさまざまな悪影響が出現し、休んでもそれが解消できない状態のことをいいます。【解説】松本拓也(松本眼科院長)


【不調対策レシピ】ストレス・不眠に効果「玉ねぎヨーグルト」チョイ足しアレンジ

【不調対策レシピ】ストレス・不眠に効果「玉ねぎヨーグルト」チョイ足しアレンジ

一般的な台所にある食材に、玉ねぎヨーグルトをチョイ足しするだけで……意外なおいしさが楽しめるうえ、気になる不調対策にもなります。普段の食卓で、ちょっとした箸休めにいかがでしょうか。【解説】森崎友紀(管理栄養士・料理研究家)


最新の投稿


【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

私はJリーグのチェアマン時代からスポーツを通じた健康づくりや地域のスポーツ振興を訴えてきましたが、「つま先立ち体操」の推奨も、その一環と考えています。私が「つま先立ち体操」を続けるようになったのは、娘の一言がきっかけでした。【解説】川淵三郎(日本サッカー協会最高顧問・日本バスケットボール協会エグゼクティブアドバイザー)


【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

コンブの食物繊維と酢は、食後の血糖値の急上昇を防いでくれます。血糖値が急に上がると、インスリンというホルモンが過剰に出て、細胞によけいなものを取り込み肥満につながるのです。【解説】白澤卓二(白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士)


【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は?  (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は本来、再生能力の高い臓器です。例えば、手術で一部を切除しても、時間がたてば肝細胞が再生し、元の大きさに戻ります。しかし、慢性肝炎などが進行すると、肝細胞が次々に破壊され、再生が追いつかなくなります。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

僕は今、世界でただ一人の「空間診断士」という肩書きで仕事をしています。 掃除のやり方を教えているのではなく、掃除に向き合うときの心のあり方をお伝えしています。例えば、誰かが怒っていたり、悲しんでいたりした部屋は、何となく“空気が重い”と感じませんか?【解説】船越耕太(空間診断士)


【トラウマ・ストレス】人生の悩み・苦しみの真因と解決法がわかる「足指リーディング」

【トラウマ・ストレス】人生の悩み・苦しみの真因と解決法がわかる「足指リーディング」

脳の記憶は時間とともに下降し臓器を経て、やがて体の最下部に位置する足に集まります。足は体の重みだけでなく、過去に体験した感情のすべてを受け止め支えているというわけです。足は過去のトラウマやあなたの心の状態、思考の癖を読み解くカギです。【解説】市野さおり(看護師・米国SWIHA承認トウティーチャー)