【脊柱管狭窄症】原因は「サイズの合わない靴」?痛みやしびれを改善する「足の骨ぎわはがし」のやり方

【脊柱管狭窄症】原因は「サイズの合わない靴」?痛みやしびれを改善する「足の骨ぎわはがし」のやり方

脊柱管狭窄症とは、一般的には、腰椎(背骨の腰の部分)の中を通る馬尾神経の空間(脊柱管)が狭くなり、神経が圧迫されて、痛みやしびれ、筋力低下などの症状が出る病態をいいます。脊柱管狭窄症の症状に対する天城流湯治法のメソッドとは、「足の骨ぎわはがし」という方法です。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


平野薫
1987年、九州大学医学部卒業、同整形外科教室入局。新日鐵八幡記念病院整形外科主任医長・リハビリテーション科部長などを経て、2010年、北九州市小倉北区にひらの整形外科クリニックを開院。日本整形外科学会認定専門医。東洋医学や天城流湯治法などを加えた独自の治療法を駆使し成果を上げている。

第4趾の縮みや変形が筋肉をかたくする

脊柱管狭窄症とは、一般的には、腰椎(背骨の腰の部分)の中を通る馬尾神経の空間(脊柱管)が狭くなり、神経が圧迫されて、痛みやしびれ、筋力低下などの症状が出る病態をいいます。

脊柱管が狭くなる主な原因は、姿勢の悪さや加齢ともに、背骨の構造が弱くなり、不安定になるのに伴って、馬尾神経の後ろにある靭帯(黄色靭帯)が肥厚するためと考えられています。
つまり、脊柱管狭窄症の症状は、すべて腰からきているということです。

しかし私は、整形外科で脊柱管狭窄症と診断される人の9割以上は、腰での神経の圧迫が原因ではないと考えています。

MRI(核磁気共鳴画像)で神経の圧迫が確認できて、画像と一致する部位にマヒ症状が起こっていたり、膀胱直腸障害(頻尿や便秘、生殖器や肛門のしびれなど)があったりする場合、確かに馬尾神経が圧迫されていることが原因かもしれません。

ところが、外来患者の多くは、そのようなマヒ症状は少なく、足腰の痛みやしびれだけの場合がほとんどなのです。
私も以前は、脊柱管狭窄症の原因は腰にあると考えていたので、一般的な治療を行っていました。

血流改善薬の投与や、局所麻酔剤で痛みを抑えるブロック注射などです。
そして、マヒが進行する場合や、頑固な足のしびれが続く場合は、狭窄されている部分を削って広げる手術もあります。

けれども、ブロック注射を何本打っても、効かない人がいました。
手術をしても、しびれが残ったり、逆に悪化したりすることもありました。

腰に問題があるなら、腰を治療すればよくなるはずなのに、なぜよくならないのか、ずっと疑問に思っていたのです。
それが2016年に、健康プロデューサーの杉本錬堂氏が考案された独自のメソッド(天城流湯治法という手当て法)と出合い、謎が解けました。

錬堂氏によると、脊柱管狭窄症の症状は、足の第4趾が縮んだり、変形したりすることによって起こるというのです。
日本人は足型に合わない靴をはく人が多く、第4趾の指先が靴に当たって圧迫され、縮んでいる人が少なくありません。

ひどい場合は、第4趾が第3趾に踏まれて、さらに縮んでしまっていることもあります。
第4趾が縮むと、足の甲にある腱(筋肉と骨をつなぐ組織)が引っ張られてかたくなり、そこからつながる、すね、太ももの外側、お尻の横までの腱が引っ張られます。

そのせいで、お尻や足の筋肉がかたくなって、血流も滞り、痛みやしびれが起こるのです。
この理論を聞き、あらためて患者さんを診察すると、お尻から足にかけての痛みやしびれを訴える人の9割以上の、第4趾が縮んで曲がっていました。

そして、第4趾を伸ばし、すねから太もものかたくなった筋肉をほぐす天城流湯治法のメソッドを行うと、痛みやしびれが軽減したのです。
MRIで神経の圧迫が認められた人でさえも、改善するケースがあります。

また、筋力低下があっても、この手当て法でよくなる人もいます。
筋力低下ですら、必ずしも神経の圧迫によるマヒではないということです。

第4趾の縮みと筋肉の癒着による血流の滞りで、動きが鈍くなっている可能性があるのです。
ですから、慌てて手術をする必要はないのではないでしょうか。

1週間で足の痛みが軽減。つえを使わずに歩けた!

脊柱管狭窄症の症状に対する天城流湯治法のメソッドとは、「足の骨ぎわはがし」という方法です。
まず、第4趾を手で引っ張って伸ばします。次に、第4趾の腱、すね、太ももの外側の筋肉を、手でほぐして緩めます。

かたくなった腱や筋肉は骨に癒着しているので、骨からはがすようにして緩めるのがポイントです(やり方は下の図参照)。
下から上へ、1cmくらいずつずらしながら、ほぐしていきましょう。

太ももまで緩めれば、そこに引っ張られていたお尻の筋肉も自然に緩みます。
明らかなマヒがなく、「お尻から足にかけて、痛い、しびれる、歩くと痛くなる」といった症状が主であれば、まず、足の指をチェックして、第4趾が曲がっていれば、それが原因と考えていいでしょう。

ぜひ、足の骨ぎわはがしを行ってください。
天城流湯治法は、「自分の体は自分で調整する」という考えが基本になっています。

当院でも、2017年の3月から治療に取り入れていますが、医師や理学療法士にやってもらうだけでなく、自分でも足の骨ぎわはがしを熱心にやっている人ほど、効果がきちんと現れています。
実際によくなった人の例を紹介しましょう。

●Aさん(81歳・女性)
Aさんは、10年ほど前から、お尻の右側の痛みと、右足のしびれに悩まされていました。

総合病院で検査を受けたところ、脊柱管狭窄症と診断されました。
医師には、手術を勧められましたが、受けたくないと伝えると、痛み止めや血流をよくする薬を処方してくれたそうです。

しかし、薬を飲んでも症状は改善せず、歩くことも難しくなってきたので、私のクリニックを受診されました。
Aさんは、大きなマヒもなく、筋力も正常だったので、お尻の痛みや足のしびれは、足指の変形からきていると判断。

足の骨ぎわはがしを教えたところ、2週間で右足のしびれが消え、お尻の痛みも軽くなりました。

●Bさん(75歳・男性)
2016年3月、Bさんは、右足の外側と裏側に激痛が走り、歩けなくなりました。

救急車で運ばれた病院で、脊柱管狭窄症と診断され、3日間入院。
薬を処方してもらいましたが、痛みは引かず、その後もつえを使わないと歩けませんでした。

そこで、4月に私のクリニックを受診。
足の第4趾が曲がっていたため、足の骨ぎわはがしを指導するとともに、薬はやめてもらいました。

すると、1週間で足の痛みが軽減し、つえを使わずに歩けるようになりました。
7月には、痛みも完全に消えたそうです。

なお、天城流湯治法では、血液などの滞りは咀嚼不足が原因だと考えています。
噛むことが不足すると、筋肉が滞り、血流が悪くなって、血液が汚れてしまうのです。

現代医学の薬(化学薬品)も血液を汚しますので、できるだけ飲まないことです。
足の骨ぎわはがしは血流もよくしますから、血流を改善するような薬を飲む必要はありません。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【足がくさい】原因は3つ!足の臭い・足裏の汗を改善する自分でできる対策

【足がくさい】原因は3つ!足の臭い・足裏の汗を改善する自分でできる対策

気温や湿度が高くなるこれからの季節。足のにおいの相談が多くなります。足のにおいを解消するには、日常、足のケアを続けることが何よりも重要です。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科部長、東京医科歯科大学皮膚科フットケア外来)


【簡単ダイエット】くびれ効果抜群の「お腹回し」のやり方「お尻」ではなく「ウエスト」をひねるのがコツ

【簡単ダイエット】くびれ効果抜群の「お腹回し」のやり方「お尻」ではなく「ウエスト」をひねるのがコツ

おなか回しは、振り子運動の一種です。足を肩幅に開いて、全身の力を抜いて、でんでん太鼓を振るように、なるべく余分な力を使わずに腕を振ります。行ううえでのポイントがいくつかあるので、紹介しておきます。【解説】楊進(日本健康太極拳協会理事長)


【ウエストダイエット】下腹を思いっきりへこませる「ドローイン」その場で10cm細くなった!

【ウエストダイエット】下腹を思いっきりへこませる「ドローイン」その場で10cm細くなった!

私が健康運動指導士として活動するなか、多いのが「ポッコリ出たおなか」や「おなかのたるみ」の悩みです。食事の管理はとても大事ですが、食事に気を付けても、おなかの悩みは、なかなか解決できません。そこで私が考案したのが「30秒おなかしぼり」です。【解説】植森美緒(健康運動指導士)


【ダイエット効果】ぽっこり下腹が痩せる「おなかしぼり」のやり方

【ダイエット効果】ぽっこり下腹が痩せる「おなかしぼり」のやり方

私が健康運動指導士として活動するなか、多いのが「ポッコリ出たおなか」や「おなかのたるみ」の悩みです。食事の管理はとても大事ですが、食事に気を付けても、おなかの悩みは、なかなか解決できません。そこで私が考案したのが「30秒おなかしぼり」です。【解説】植森美緒(健康運動指導士)


【腰が痛い】病院で「異常なし」といわれたら、腰痛は自分で治すことができる!

【腰が痛い】病院で「異常なし」といわれたら、腰痛は自分で治すことができる!

ギックリ腰などの非特異的腰痛は、重い病気や障害が原因ではないので、焦って病院に行く必要はありません。生活習慣の改善などで、自分で治せる腰痛と考えていいでしょう。私は、非特異的腰痛の患者さんに、「運動で腰痛を治すこと」をお勧めしています。【解説】矢吹省司(福島県立医科大学整形外科教授)


最新の投稿


【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

他人の体を動かせるほどの強い気を身につけるにはかなりの鍛錬が必要ですが、この手のひらの気を自分や家族の健康に役立てることはできるかもしれません。手のひらから相手の体に気が入り、全身を巡っていくことをイメージしながら気を送ってみましょう。【解説】宗茂(宗茂気功健康塾塾長・元オリンピック男子マラソン代表)


【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

皆さんのなかには、食事や運動に気を配ってもお通じがよくならない、という人も多いのではないでしょうか。これは、腸から脳への指令がうまく伝わっていないことが考えられます。【解説】劉勇(コリトレール治療院総院長・鍼灸師・医学博士)


【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

実際にクリニックを開設し、日々、患者さんに接していると、「体が健康でないと、心も健康にならない」ことがわかります。例えば、「ストレスを感じると動悸がする」という患者さんは、「動悸がすると不安が強くなり、それがまた動悸につながる」といいます。【解説】木村昌幹(アイさくらクリニック院長)


【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

衝撃の前後写真満載!生きる力と勇気がわく「アドラー式お片づけ」をご紹介します。アドラー心理学にある「目的論」の考え方。なりたい自分に向かって行動するからこそ、あなたの考え方が変わり、部屋が変わり、次第に人生が変わっていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)


【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

家庭では「きれい」よりも「居場所があること」がたいせつ。完璧を目指すよりも、このサイクルを軽やかに回すことで、快適な自分たちならではの家が作られていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)