【医師の明快解説】緑内障の予防法、原因と症状、最新治療や手術を紹介

【医師の明快解説】緑内障の予防法、原因と症状、最新治療や手術を紹介

緑内障は、眼圧が影響する急性緑内障と、眼圧の影響が少ない慢性緑内障に分けられます。眼圧が正常な「正常眼圧緑内障」も、これに含まれます。一般的に多いのは慢性緑内障で、特に正常眼圧緑内障は日本人の緑内障の約7割を占めます。【解説】富所敦男(東中野とみどころ眼科院長)


富所敦男
 東中野とみどころ眼科院長。1989年新潟大学医学部を卒業し、東京大学医学部眼科学教室入局。東京大学医学部眼科講師を経て2011年から現職に。日本緑内障学会評議員も務める。

緑内障は必要以上に怖がることはない

 緑内障は怖い病気──。そう思っている人が、多いのではないでしょうか。おそらく、緑内障=失明、というイメージが強いからでしょう。

 確かに、日本人の中途失明の原因・第1位は緑内障です。しかし、早期に発見して、適切な治療を受ければ、緑内障と診断されても、ほとんどの人が失明を免れます。ですから、必要以上に怖がることはありません。

 緑内障をひと言で言うと、視神経が障害されて、視覚に異常をきたす病気です。
 視神経は、目と脳をつないでいる神経です。外から入った光は網膜の上に像を結び、電気信号に変わります。この電気信号が視神経を通って脳に伝わり、初めて物が見えるのです。
 視神経は100万本の神経線維の束です。これが障害されると徐々に視神経が減っていき、減った部分が見えづらくなってきます。
 その結果、視野の一部が欠けたり、視野が狭くなったり、視力が低下するなどの症状が出てきます。

 なぜ、視神経が障害されてしまうのか、その原因は不明です。しかし原因の一つとして考えられているのが、眼圧です。
 眼圧は、目の中(眼球)の圧力のことです。目の中では常に一定量の水(房水)が作られ、隅角という出口から流出しています。
 房水が作られる量と出て行く量が同じなら、眼圧は一定に保たれています。ところが、作られる量が増えているのに、出て行く量が減ると、眼圧が上がってしまいます。

 眼圧には、目を球形に保ったり、目の中の血流をスムーズにする働きがあります。したがって、一定以上は必要です(基準値は10〜21mmHg)が、これより高くなると、視神経が圧迫されて視野に障害が出てきます。
 しかし、眼圧が高くなくても起きる正常眼圧緑内障もあるので、眼圧以外にも原因があると考えられています。
 その原因として、「視神経が弱い」「血流が悪い」などが挙げられていますが、確かな証拠はありません。

 緑内障は、眼圧が影響する急性緑内障と、眼圧の影響が少ない慢性緑内障に分けられます。
・急性緑内障(閉塞隅角緑内障)
 房水の出口である隅角が閉塞し、急激に眼圧が上がってしまうものです。目の痛み、頭痛、吐き気などの急性緑内障発作を起こすことがあり、治療が遅れると失明することがあります。
・慢性緑内障(開放隅角緑内障)
 隅角は開いているのに、房水の流れが悪くなって眼圧が上昇するものです。眼圧の上昇は軽度で、進行もゆるやかで、徐々に視神経が障害されていきます。眼圧が正常な「正常眼圧緑内障」も、これに含まれます。

患者の7割は眼圧が正常な緑内障

 緑内障で一般的に多いのは、慢性緑内障で、特に、正常眼圧緑内障は日本人の緑内障の約7割を占めます。

 慢性緑内障は、症状がかなり進行しないとほとんど自覚症状がありません。したがって緑内障を早期に発見するには、定期的な検査が必要なのです。
 検査は、眼圧検査に加えて、眼底検査、視野検査を行います。最近は三次元画像解析装置(OCTなど)が導入され、視神経乳頭のわずかな陥凹や網膜の状態がわかるようになり、ごく初期の緑内障でも診断できるようになりました。

 治療は、慢性緑内障の場合、眼圧を下げる治療が中心です。たとえ眼圧が正常でも、眼圧を下げると、視神経が減りにくくなるからです。
 基本は、薬(点眼や内服)による治療です。それでも十分下がらなかったり、視野障害が進行するような場合は、レーザー治療で隅角の目詰まりを防ぐか、手術で房水の新しい出口を作って、房水の排出を改善して眼圧を下げます。

 急性緑内障は、急激な眼圧の上昇を防ぐことが大事です。そのために、レーザーで光彩を切って隅角を広げるレーザー光彩切開術を行います。
 また白内障の患者さんは、白内障の手術を受けると、急性緑内障を予防できます。手術で交換するレンズは水晶体より薄いため、隅角が開いて房水が流れやすくなるからです。一度手術をすると、一生、急性発作を予防できます。

 こうして治療を受けても、減った視神経は元に戻りません。治療を続けて、これ以上、視神経を減らさないようにすることが大事です。
 緑内障は、40歳以上の20人に1人がかかっているといわれるほど頻度の高い病気です。早期発見が大事なので、40歳を過ぎたら、一度は検査を受けてください。それで異常がなければ、あとは数年に一度の検査でも大丈夫です。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【老眼鏡の選び方】「累進多焦点レンズ」とは?遠近両用レンズはここまで進化している!

【老眼鏡の選び方】「累進多焦点レンズ」とは?遠近両用レンズはここまで進化している!

「もしかして老眼!?でも、老眼鏡は格好悪いし使いづらい」と思っている人に朗報です。老眼鏡は年々進化しており、昔の年寄りくさいイメージはなくなりつつあります。便利になった遠近両用レンズを中心に最新の老眼鏡情報など、自分に合った老眼鏡選びのポイントを、屈折矯正のプロに聞きました。【聞き手】石川惠美子(医療ジャーナリスト)


【視力回復】1日5分「老眼鏡」で近視を改善 老眼にも改善効果

【視力回復】1日5分「老眼鏡」で近視を改善 老眼にも改善効果

「老眼鏡で近視を改善する」と聞くと、誰しも「えっ?」と驚くでしょう。でも、間違いではありません。本当に、老眼鏡で近視を改善させる方法があるのです。この目的で使う老眼鏡は100円ショップにある老眼鏡です。それで、私はこの方法を「100円メガネ健康法」と呼んでいます。【解説】平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科科長)


私は視力が0.1から1.0に回復!“番茶シップ”で白内障も気にならなくなった

私は視力が0.1から1.0に回復!“番茶シップ”で白内障も気にならなくなった

私は、群馬県桐生市で断食道場を開いています。断食の目的は、「出す」ことだと私は考えています。目の不調を改善するには、体内にたまり過ぎた「毒」を排出することが大切です。そこで、道場を訪れる人に断食療法の実践や食生活の改善のほか、必ずといっていいほど行ってもらうのが「番茶シップ」です。【解説】藤野幾三(桐生断食道場道場長)


【PMS・生理痛が改善】肝臓マッサージで排毒力アップ!肩こりにも効果

【PMS・生理痛が改善】肝臓マッサージで排毒力アップ!肩こりにも効果

今回紹介する「肝臓マッサージ」は、肝臓や周辺の筋肉にアプローチする方法です。1日2セットの肝臓マッサージで横隔膜などの筋肉のこりをほぐすことで、肝臓の動きがスムーズになります。肝機能が改善し、全身のデトックス力が高まれば様々なトラブルが改善します。【解説】石垣英俊(神楽坂ホリスティック・クーラ代表・鍼灸マッサージ師)


スマホ老眼・近視・遠視の視力は回復する!「目のストレッチ」で白内障も予防

スマホ老眼・近視・遠視の視力は回復する!「目のストレッチ」で白内障も予防

一昔前までは、近視でも老眼でも、「低下した視力は回復しない」と言われていました。しかし今は、近視は環境が主な原因であり、老眼も、トレーニングや生活習慣で食い止められることが、数々の研究で裏付けられています。【解説】日比野佐和子(Rサイエンスクリニック広尾院長)、林田康隆(Y'sサイエンスクリニック広尾院長)


最新の投稿


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない のタイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

ピーナッツと酢を組み合わせた「酢ピーナッツ」は、さまざまな健康効果をいいとこ取りした食品です。カリカリ食感とほどよい酸味が絶妙で、お茶請けやお酒のおつまみなどにぴったり!漬けるだけでできる超簡単な酢ピーナッツを、ぜひ皆さんもお試しください!【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は多数の肝小葉という単位が集まった臓器で、「人体の化学工場」といわれ、胆汁を生成して消化を助けるほか、栄養分の分解や貯蔵、解毒、排泄など、重要な働きをしています。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)