【体験談】ホルモンバランスを整える方法 乱れは "耳たぶ" に出る 更年期障害も改善

【体験談】ホルモンバランスを整える方法 乱れは "耳たぶ" に出る 更年期障害も改善

若い頃は虚弱体質で、いつも疲れていました。ヨガの薄久美子先生に出会ったのは、46歳のときです。薄先生の教室をインターネットで見つけて、参加したのがきっかけでした。教わったヨガの中でも、特に私が気に入ったのが「耳ひっぱり」です。最初にやったときから、これはいいと思いました。【体験談】石田久美子(主婦・53歳)


今のほうが若い頃よりも元気

 一般的に、50代は更年期で、体調をくずしがちな年代といわれています。ですが私は、元気いっぱいに過ごしています。

 でも実は、若い頃は虚弱体質で、いつも疲れていました。
 特につらかったのは、生理です。20代の頃からひどい生理不順で、月に1回あるべき生理が、年に5~6回しかないのです。
 しかも、多量に出血したり、だらだらと長期間続いたり。ホルモンバランスが悪いためか、体はだるく、当時はしょっちゅう横になって休んでいました。

 体調が悪いのが常だったので、私は健康に関する情報への興味が強くなりました。

 ヨガの薄久美子先生に出会ったのは、46歳のときです。薄先生の教室をインターネットで見つけて、参加したのがきっかけでした。

 教わったヨガの中でも、特に私が気に入ったのが「耳ひっぱり」です。最初にやったときから、これはいいと思いました。

 呼吸に合わせて耳をグーッとひっぱるのですが、頭がゆるんでいくのがわかります(基本的なやり方は別記事参照)。
 緊張からリラックスモードへとスイッチが切り替わるような感覚で、とても心地いいと思ったのです。

 また、耳の周囲だけでなく、手もポカポカしてきます。冷え症にもよさそうと感じました。

集中力を高める効果からリラックスまで自由自在

 以来、私はひんぱんに耳たぶを触るようになりました。耳たぶを触った感触が硬いときは、頭が緊張しているサインです。そんなときは、すぐに耳をひっぱります。

 こうして耳ひっぱりが習慣になってくると、耳ひっぱりの効果の違いなどがわかってくるようになりました。
 例えば、「今から頑張ろう」という場面で耳ひっぱりを行うと、頭の中がスッキリさえて、集中することができます。

 反対に、頭がさえすぎて眠れないときに耳ひっぱりを行うと、いつの間にか眠っています。
 また、人前で話す直前など緊張しているときに行うと、気持ちを落ち着かせてくれます。
 このように、状況に応じて必要な効果が得られるのです。

毎日行うことで体調の変化を感じとれる

 こうして日々、耳ひっぱりを行ったおかげか、老眼の進行がゆるやかな気がします。私は視力がいいので、老眼が早く来るのではと、覚悟していました。実際、周囲の目がいい人は、40代から老眼になっていました。

 しかし、私は50歳になった頃に、小さい字が少し見えづらくなった程度。いまだに読書は老眼鏡いらずです。
 そして、それ以上に驚いたのが、51歳から生理が規則正しく来るようになったことです。50歳前後は、一般的には生理が不規則になり閉経する年代だと思うと、これはすごいことだと思います。

 また、女性ホルモンのバランスも整ったのでしょう。おかげさまで更年期障害らしい症状は出ていません。これなら、更年期も恐れず過ごせます。

 耳ひっぱりを毎日行うと、一部だけ硬かったり、なかなかほぐれなかったりなど、耳たぶの状態がその日によって違うことがわかります。

 それによって、自分の体がどれだけ疲れているかを把握できるので、お風呂にゆっくり入ったり、早めに寝るなど、自然に体をケアすることができます。その積み重ねで私は健康になれたのではないでしょうか。

 ありがたいことに私は見た目も若いそうで、「40代?」と言われます。これも日ごろからケアしているからこそ。

 これからも耳ひっぱりを、体調管理に役立てたいと思います。

→「耳ひっぱり」の解説はコチラ

ホルモンバランスが整った(ハーモニースペースdeヨガ主宰 薄久美子)

 石田さんは耳ひっぱりをはじめとするヨガを完全に生活の一部にされ、ご自身の心身を熟知されています。年々、若々しく元気になられているのは耳の状態を触って確かめ、セルフケアのヒントとしていることが功を奏しているのでしょう。耳ひっぱりを続けると、自律神経のバランスが整います。するとホルモンバランスも整うので、更年期を迎えてもはつらつと快適でいられるのだろうと思います。

→「耳ひっぱり」のやり方はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【老眼鏡の選び方】「累進多焦点レンズ」とは?遠近両用レンズはここまで進化している!

【老眼鏡の選び方】「累進多焦点レンズ」とは?遠近両用レンズはここまで進化している!

「もしかして老眼!?でも、老眼鏡は格好悪いし使いづらい」と思っている人に朗報です。老眼鏡は年々進化しており、昔の年寄りくさいイメージはなくなりつつあります。便利になった遠近両用レンズを中心に最新の老眼鏡情報など、自分に合った老眼鏡選びのポイントを、屈折矯正のプロに聞きました。【聞き手】石川惠美子(医療ジャーナリスト)


【視力回復】1日5分「老眼鏡」で近視を改善 老眼にも改善効果

【視力回復】1日5分「老眼鏡」で近視を改善 老眼にも改善効果

「老眼鏡で近視を改善する」と聞くと、誰しも「えっ?」と驚くでしょう。でも、間違いではありません。本当に、老眼鏡で近視を改善させる方法があるのです。この目的で使う老眼鏡は100円ショップにある老眼鏡です。それで、私はこの方法を「100円メガネ健康法」と呼んでいます。【解説】平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科科長)


【腰痛・膝痛が改善】痛みやしびれを改善する「操体法」とは ぎっくり腰もすぐ楽に

【腰痛・膝痛が改善】痛みやしびれを改善する「操体法」とは ぎっくり腰もすぐ楽に

「寝床で足をモゾモゾする」だけで病気や痛みが快方に向かう。こう言うと「えっ」と驚くかたもいると思います。しかし、これは実は「操体」という健康法の基本的な動きの1つです。では、操体とはどういうものなのでしょうか。【解説】北村翰男(奈良操体の会主宰・薬剤師・鍼灸師)


【PMS・生理痛が改善】肝臓マッサージで排毒力アップ!肩こりにも効果

【PMS・生理痛が改善】肝臓マッサージで排毒力アップ!肩こりにも効果

今回紹介する「肝臓マッサージ」は、肝臓や周辺の筋肉にアプローチする方法です。1日2セットの肝臓マッサージで横隔膜などの筋肉のこりをほぐすことで、肝臓の動きがスムーズになります。肝機能が改善し、全身のデトックス力が高まれば様々なトラブルが改善します。【解説】石垣英俊(神楽坂ホリスティック・クーラ代表・鍼灸マッサージ師)


スマホ老眼・近視・遠視の視力は回復する!「目のストレッチ」で白内障も予防

スマホ老眼・近視・遠視の視力は回復する!「目のストレッチ」で白内障も予防

一昔前までは、近視でも老眼でも、「低下した視力は回復しない」と言われていました。しかし今は、近視は環境が主な原因であり、老眼も、トレーニングや生活習慣で食い止められることが、数々の研究で裏付けられています。【解説】日比野佐和子(Rサイエンスクリニック広尾院長)、林田康隆(Y'sサイエンスクリニック広尾院長)


最新の投稿


【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

他人の体を動かせるほどの強い気を身につけるにはかなりの鍛錬が必要ですが、この手のひらの気を自分や家族の健康に役立てることはできるかもしれません。手のひらから相手の体に気が入り、全身を巡っていくことをイメージしながら気を送ってみましょう。【解説】宗茂(宗茂気功健康塾塾長・元オリンピック男子マラソン代表)


【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

皆さんのなかには、食事や運動に気を配ってもお通じがよくならない、という人も多いのではないでしょうか。これは、腸から脳への指令がうまく伝わっていないことが考えられます。【解説】劉勇(コリトレール治療院総院長・鍼灸師・医学博士)


【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

実際にクリニックを開設し、日々、患者さんに接していると、「体が健康でないと、心も健康にならない」ことがわかります。例えば、「ストレスを感じると動悸がする」という患者さんは、「動悸がすると不安が強くなり、それがまた動悸につながる」といいます。【解説】木村昌幹(アイさくらクリニック院長)


【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

衝撃の前後写真満載!生きる力と勇気がわく「アドラー式お片づけ」をご紹介します。アドラー心理学にある「目的論」の考え方。なりたい自分に向かって行動するからこそ、あなたの考え方が変わり、部屋が変わり、次第に人生が変わっていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)


【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

家庭では「きれい」よりも「居場所があること」がたいせつ。完璧を目指すよりも、このサイクルを軽やかに回すことで、快適な自分たちならではの家が作られていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)