【更年期の薄毛】抜け毛を予防・改善する「頭皮マッサージ」60代で黒々フサフサの女医が考案

【更年期の薄毛】抜け毛を予防・改善する「頭皮マッサージ」60代で黒々フサフサの女医が考案

女性の場合、45~55歳の更年期に入ると、閉経へと向かって女性ホルモンが減ってきます。美しい髪を作るのは女性ホルモンの働きですから、閉経で女性ホルモンが減ると薄毛になったり白髪が増えたりします。内科医としての知識を生かして実践してきた手軽にできるセルフケアのお話しをします。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


加齢によりかたくなる頭皮を刺激し血行を促進

私は今年、64歳になります。
患者さんから、「どうやったらそんなふうに若々しくいられるの?」とよく聞かれます。

年齢の割に、髪も黒くてたっぷりしていると自負しています。
私の髪が実年齢よりも若いのは、内科医としての知識を生かして、手軽にできるセルフケアを続けてきたからです。
 
今回は、私のヘアケアの秘訣をお話ししましょう。
 
ただ、40代の半ばには、こんなことがありました。
あるテレビ番組に出演したときのこと。
後ほど、録画した物を見てみると、番組の終わりで、視聴者に向かってお辞儀した私の頭頂部が、薄く見えたのです! 
 
女性の場合、45~55歳の更年期に入ると、閉経へと向かって女性ホルモンが減ってきます。
美しい髪を作るのは女性ホルモンの働きですから、閉経で女性ホルモンが減ると、薄毛になったり白髪が増えたりします。
まさに、それが当時の私に起こっていたのでしょう。

これではいけないと、セルフケアを始めました。

その方針は、
❶頭皮の血行をよくする
❷体の内側から髪を豊かにするという二つです。

まず、私が行ったのが「頭皮マッサージ」です。

髪の毛の根元にある毛乳頭という部分には、毛母細胞があります。
この毛母細胞が細胞分裂することで髪を作り出すのです。

しかし、加齢によって頭皮がかたくなると、血行が滞って毛乳頭へ栄養が届かず、健康な髪が育ちません。
そこで、頭皮マッサージにより、効果的に刺激して血行を促進するのです。

その結果、毛乳頭の血行がよくなり、毛母細胞の働きを活性化させることができます。
これにより、抜け毛や薄毛の予防が期待できます。

では、頭皮マッサージのやり方をご紹介します。

両手の指を髪の中ほどに差し入れ、頭皮を上へ引き上げるイメージでほぐします。
少しずつ指先をずらし、まず後頭部全体を刺激してください。
 
その際、耳の後ろのくぼみにある完骨も刺激しましょう。
ここは、頭部の血行をよくして、抜け毛を防ぐツボです。
 
次に、両手の指先を立てて、頭頂部全体を持ち上げるようにほぐします。
少しずつ指先をずらし、額の辺りまでまんべんなく刺激します。
 
その際、頭頂部にある百会のツボを刺激しましょう。
百会は、抜け毛を防ぐだけでなく、ストレスや不眠も解消する万能のツボです。
 
全体で6分ほどかけて、この頭皮マッサージを行いましょう。
週3回を目安に行ってください。
 
ところで、シャンプーをする際の重要なポイントは、「十分すぎるほどによく洗い流す」ことです。
すすぎが足りないと、髪にも頭皮にもよくありません。
ご自身で「すすげたな」と思った時点から、さらに30秒はしっかり洗い流すようにしましょう。
 
ご紹介した頭皮マッサージを、シャンプーを洗い流すときに行うのもお勧めです。
しっかりすすげると同時に、頭皮の血行をよくすることもできるので、一石二鳥です。

内臓を健やかにする海藻や黒い食材を摂取

豊かな髪を保つうえで、食事も重要なポイントです。
 
私は内科医ですから、「内臓の状態は髪と密接に関連している」と考えています。
内臓全般の働きがよくなれば、髪も健やかになります。
 
そこでお勧めしたいのが、腸内フローラを改善するのに役立つ、メカブやワカメなど食物繊維の多い食品です。
さらに、黒ゴマや黒豆、ノリやヒジキなど「黒い食材」もお勧めです。

こうした食材の黒い色は、アントシアニンという色素成分によるもの。
抗酸化力が高く、血管の老化を防ぐなど、幅広い効果があります。
 
そして、黒い食材のなかでも、特に私が愛用しているのがノリです。
食事の際に食べてもいいのですが、私は、食間の空き時間にノリを5~6枚食べるようにしています。

サプリメントをとるようなつもりで、ノリをパリパリと口にするのです。
こうすれば、食事の内容と関係なく、毎日摂取し続けることができます。
 
このような食生活に加え、頭皮マッサージを続けた結果、薄毛の進行はピタリと止まり、髪の状態は徐々に改善しました。
女性ホルモンが減少し始める更年期の始まりからセルフケアをはじめ、それ以来ずっと継続してきたことが、今のいい状態をもたらしたのです。
 
これから更年期に入ろうとしている女性の皆さんには、今回紹介したセルフケアをぜひお勧めしたいと思います。

里見 英子(里見英子クリニック院長)

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


薄毛 白髪 女性ホルモン

関連する投稿


【不調対策レシピ】ストレス・不眠に効果「玉ねぎヨーグルト」チョイ足しアレンジ

【不調対策レシピ】ストレス・不眠に効果「玉ねぎヨーグルト」チョイ足しアレンジ

一般的な台所にある食材に、玉ねぎヨーグルトをチョイ足しするだけで……意外なおいしさが楽しめるうえ、気になる不調対策にもなります。普段の食卓で、ちょっとした箸休めにいかがでしょうか。【解説】森崎友紀(管理栄養士・料理研究家)


【腸内環境を整える】「酢ニンニク」の健康効果とは 活性酸素を除去して老化や便秘を撃退

【腸内環境を整える】「酢ニンニク」の健康効果とは 活性酸素を除去して老化や便秘を撃退

疲労解消にお私がお勧めする「酢ニンニク」はさっぱりおいしく食後にニンニク特有の強烈なにおいが残りません。毎日食べ続けると疲労が解消するばかりか、ニンニクの持つ強力な抗酸化作用が得られ、血液サラサラ、老化予防、腸内環境の改善といった様々な健康効果が期待できます。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・医学博士)


【白髪・加齢臭・肌荒れが改善】汗をたっぷりかいてデトックス「塩浴」の効果

【白髪・加齢臭・肌荒れが改善】汗をたっぷりかいてデトックス「塩浴」の効果

体からヌルヌルの脂がドッと出て美肌になり白髪もない秘訣は「塩湯デトックス」!肌表面の汚れを取り除くだけでなく毛穴に詰まった古い皮脂や老廃物の排出を促し、肌が本来持つ自然浄化力や再生力を回復させ、ベタつき、かさつきのないすべすべな肌へと導いてくれるのです。【解説】松本和子(株式会社三栄代表取締役・塩浴普及家)


【ゴースト血管とは】老化が進み、お酒が弱くなる、がんリスクも高まる 毛細血管は再生するのか?

【ゴースト血管とは】老化が進み、お酒が弱くなる、がんリスクも高まる 毛細血管は再生するのか?

動脈や静脈は、簡単に消えたりしません。しかし、毛細血管は、老化現象の一つとして消えていく血管なのです。平均的に、毛細血管は40 代半ばから減り始め、80代になるまでに4割も減ってしまいます。ゴースト血管が多くなるとさまざまな老化現象や病気を進める一因となります。【解説】高倉伸幸(大阪大学微生物病研究所教授)


【ゴースト血管】爪が割れる、目の下のクマ 、白髪 当てはまったら要注意!再生法はあるの?

【ゴースト血管】爪が割れる、目の下のクマ 、白髪 当てはまったら要注意!再生法はあるの?

一般には40代から、しだいに毛細血管が弱くなっていきます。なぜかというと、ピタリとくっついていた壁細胞と内皮細胞が離れやすくなるからです。表地と裏地の間に、すき間ができてくるわけです。【解説】高倉伸幸(大阪大学微生物病研究所教授)


最新の投稿


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。ここでは「洗濯ばさみ」を使ったツボの刺激方法をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

動脈硬化が進むとともに血栓ができると、その結果として、脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気を招いてしまいます。命に関わるこれらの病気を防ぐために習慣にしてほしいのが、起床後に十分な水分を取ることです。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)