【レモン酢】は血管を強くしてダイエット食としてもおすすめ

【レモン酢】は血管を強くしてダイエット食としてもおすすめ

脳梗塞や心筋梗塞、高血圧や高脂血症、糖尿病の合併症など、動脈硬化が引き金になって起こる病気を抱えている人に、レモン酢を推奨します。病気がちだったり、疲れやすかったりして抵抗力が落ちているときに取ると、早めの回復が期待できそうです。ダイエットの補助食としてもおすすめです。【解説】大澤俊彦(愛知学院大学教授)


レモンの皮の成分が健康のカギ

 皆さんは、健康のキーワードとして「抗酸化作用」という言葉を耳にしたことがあるでしょう。
 抗酸化作用は、健康維持には欠かせない作用で、活性酸素を抑える働きをします。活性酸素とは、簡単にいうと、呼吸で取り入れた酸素が体内で変化したもの。通常でも、体内の酸素の2%が活性酸素になります。
 その活性酸素が、喫煙、紫外線、ストレスなどが原因で過剰になると、体に悪影響を及ぼし、動脈硬化、高血圧、糖尿病、ガン、老化などの病気や症状が引き起こされます。
 私たちが日ごろ口にしている食品には、そうした活性酸素を抑える働きを持つ成分が含まれているのです。それらの成分は、抗酸化成分と呼ばれています。
 私は、さまざまな食品が持つ抗酸化成分の研究に長く携わってきました。実験で、実際の作用も数多く確認しています。中でも、柑橘類は抗酸化成分の宝庫といえるでしょう。
 その代表格がレモンです。
 レモンの抗酸化成分は、特に皮の部分に多く含まれます。
 皮のすぐ下の白い部分にあるエリオシトリンやヘスペリジンというフラボノイド類に、活性酸素を抑える働きがあるのです。とりわけエリオシトリンには「活性酸素を抑える働きが、体内で持続する時間が長い」という特長があります。
 つまり、レモンの皮も取れば、活性酸素を抑える働きがより発揮されることになります

抗酸化、代謝促進作用が2倍!


 レモンの実の成分であるビタミンCにも、活性酸素を抑える働きがあります。この働きが、皆さんもよくご存じの、レモンのカゼの予防効果や美肌効果を発揮するわけです。
 ちなみに、ビタミンCの美肌効果については、ビタミンCを取ることで、肌にハリを保つコラーゲンの合成が促進されるから、ということもわかっています。
 さらに、レモンの酸味成分であるクエン酸には、代謝を上げ、疲れた体を回復させる作用があります。
 クエン酸には、活性酸素の害を直接抑える働きはありません。しかし、レモンを積極的に食べてクエン酸をたくさん取れば、疲れやストレスが軽減します。それが、活性酸素をたまりにくくするでしょう。
 このような、レモンの有効成分を丸ごと取れる方法として注目されているのが、「レモン酢」です。
 レモン酢は、皮つきのレモンを、酢に漬けて作ります。皮ごと漬ける方法なら、レモンの皮に含まれる抗酸化成分も手軽に取ることができます。
 そのうえ、レモンと酢の組み合わせによる相乗作用や補完作用(一方が他方を補って効果を高める作用)が期待できます。
 相乗作用としては、レモンと酢の双方に抗酸化作用や代謝を促進する作用があります。つまり、レモン酢にはそれらの有効作用が2倍期待できるわけです。
 例えば、レモン酢の血圧を下げる効果を見てみましょう。
 レモンのフラボノイド類には、悪玉コレステロールの酸化を抑えて動脈硬化を防ぎ、血管をしなやかにする働きがあります。酢に含まれる化合物のアデノシン酸には、血管を拡張する作用があります。
 レモン酢を飲むと、この二つの働きがもたらされるので、血圧を下げたり、血圧を安定させたりする優れた効果が発揮されます。

脳梗塞や心筋梗塞の予防に

 レモンと酢の補完作用としては、レモンに含まれるビタミンCの吸収を酢が助けます。ビタミンCは、熱を加えたり、体内に吸収されたりするさい、壊れやすい性質があるのですが、酢には、それを抑える作用があるのです。
 ほかにも、レモンには、酢のミネラル成分の吸収をよくする作用があります。
 レモン酢に使用する氷砂糖も、酢の働きを高めるでしょう。酢に砂糖が溶けることで、もともと酢が持っている「代謝を高める作用」がさらに活発になることが考えられます。
 以上のような効果が期待できるレモン酢は、多くの病気や症状の改善に役立つ可能性が高いでしょう。
 特に、脳や心臓の血管が詰まって起こる脳梗塞や心筋梗塞、高血圧や高脂血症、糖尿病の合併症など、動脈硬化が引き金になって起こる病気を抱えている人に、レモン酢を推奨します。
 病気がちだったり、疲れやすかったりして抵抗力が落ちているときにタイミングよく取ると、早めの回復が期待できそうです。ダイエットにも、レモン酢の代謝を上げる作用が大いに役立つでしょう。ぜひ、皆さんも活用してください。

大澤俊彦
機能性食品研究、特に抗酸化食品研究の第一人者。食事を要因とする生活習慣病誘発メカニズムの解明に関する研究を行っている。日本AOU協会理事長、日本食品安全協会理事、日本酸化ストレス学会理事。名古屋大学名誉教授。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


星野源さんもやせた「キャベツダイエット」のやり方 !糖尿病や高血圧も改善する

星野源さんもやせた「キャベツダイエット」のやり方 !糖尿病や高血圧も改善する

キャベツを食べるだけでも、おなかはかなり満たされます。おかずは今までどおりの量でかまいませんが、ご飯を半分程度にします。それでも、私の経験では「おなかいっぱいで、もう食べられない」というくらいの満腹感が味わえます。キャベツの食物繊維の作用で、次回の食事までの空腹感も感じにくくなります。【解説】寺師義典(寺師医院院長)


【夏太りを予防】有効成分を丸ごと「レモン酢ダイエット」とは  高血圧、耳鳴りに著効

【夏太りを予防】有効成分を丸ごと「レモン酢ダイエット」とは 高血圧、耳鳴りに著効

レモンは、数あるかんきつ類のなかでも、有効成分や機能性成分を豊富に含むフルーツです。果肉や果汁はもちろんのこと、厚みのある皮にも健康に役立つ成分がぎっしり含まれています。そうしたレモンの果肉と皮の成分をあますところなく取れるのが、「レモン酢」です。【解説】本橋登(薬学博士・インド国立大学博士論文審査官)


【キャベツダイエット】20kgやせて医師のメタボ腹が解消!高脂血症・イビキも治った

【キャベツダイエット】20kgやせて医師のメタボ腹が解消!高脂血症・イビキも治った

ぜひ皆さんにお勧めしたいのがキャベツダイエットです。実は私自身、キャベツダイエットで、3ヵ月で20kgという大幅減量に成功しました。キャベツダイエットのすばらしい点は、空腹感なしでやせられること。単におなかがすかないだけではありません。まずは私の体験をお話ししましょう。【解説】寺師義典(寺師医院院長)


【ぱいぱいでか美】玉ねぎヨーグルトダイエットでお腹ぽっこり解消 体重3kg ウエスト9cm減

【ぱいぱいでか美】玉ねぎヨーグルトダイエットでお腹ぽっこり解消 体重3kg ウエスト9cm減

私、ぱいぱいでか美の公式発表体重は、43kg(身長158cm)です。ところが、夜中にドカ食いをしていたら、6.3kgも太って、49.3kgになってしまいました。おなかのふくれ具合はまるで洋ナシ。ちょっと他人には見せられない状況になっていたのです。【体験談】ぱいぱいでか美(タレント・歌手)


最新の投稿


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない のタイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

ピーナッツと酢を組み合わせた「酢ピーナッツ」は、さまざまな健康効果をいいとこ取りした食品です。カリカリ食感とほどよい酸味が絶妙で、お茶請けやお酒のおつまみなどにぴったり!漬けるだけでできる超簡単な酢ピーナッツを、ぜひ皆さんもお試しください!【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は多数の肝小葉という単位が集まった臓器で、「人体の化学工場」といわれ、胆汁を生成して消化を助けるほか、栄養分の分解や貯蔵、解毒、排泄など、重要な働きをしています。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)