【猫の効果】職場にいると仕事の効率がアップ!のどゴロゴロは骨折の治癒力を上げる?

【猫の効果】職場にいると仕事の効率がアップ!のどゴロゴロは骨折の治癒力を上げる?

猫のゴロゴロ音の正体は、実はよくわかっていません。気管とのどの筋肉が、共鳴することで発生していると考えられています。猫のゴロゴロ音には、リラックスさせる心理的効果のほかにも、骨折の治癒力を高める効果があるようです。【解説】小川家資(帝京科学大学生命環境学部教授)


小川家資
1956年、東京生まれ。東海大学大学院修士課程修了。カナダ・ウィンザー大学大学院博士課程修了。1987年、米国ミシガン州マツダ自動車製造会社生産技術課を経て、1991年、西東京科学大学(現帝京科学大学)理工学部専任講師として着任。2008年より同大学生命環境学部教授。現在に至る。専門は人間工学、生理心理学、生体計測工学。ヒトが動物と接することで、どのような癒しが得られるかについて、さまざまなアプローチで研究を深めている。先生に抱かれているのは、大学にある猫カフェのバロンちゃん。

猫好きでなくても癒されるとわかった

私の専門は人間工学で、ヒトと猫の関係も研究テーマの一つです。
今回は、猫と暮らすことで、私たちが得られるであろう健康効果についてお話ししましょう。

猫は、なでられたりして機嫌がいいとき、のどをゴロゴロと鳴らします。
猫好きのかたにとっては、この音を聴いているだけで気持ちがよくなってくることでしょう。
実は、このゴロゴロ音には、さまざまな健康効果があるとわかっています。

私が以前行った実験を一つご紹介しましょう。
猫好きの主婦3人、猫が好きでない主婦3人に集まってもらいました。
そして、猫のゴロゴロ音を聴いてもらい、そのときの脳波と心拍数などを測定しました。

すると、猫好きのかたは全員、脳波がリラックス状態を示すα 波の出現が多くなりました。
また、心拍数を測定したデータからも、リラックスしていることがわかったのです。

一方、猫が好きでない人にとっては、猫のゴロゴロは単なる雑音でしかないはずです。
ただ、興味深いことに、猫が好きでない3人のうち2人は、ゴロゴロ音を聴いているうちに、リラックス状態になっていることが判明しました。

つまり、猫のゴロゴロ音は、好き嫌いに関係なく、私たちの心と体に直接働きかけ、よい影響をもたらすということです。

猫のゴロゴロ音の正体は、実はよくわかっていません。
気管とのどの筋肉が、共鳴することで発生していると考えられています。
要するに、これは振動なのです。

1999年、ニューヨーク州立大学生物医学工学部のクリントン・ルービン博士は、「猫は、のどのゴロゴロ音で骨折を治したり、骨を強化したりしている」という説を発表しました。
ゴロゴロという音を出しながら、つまり、筋肉と骨とを震わせることで、体を温め、骨密度を上げて骨折を早く治すのではないかというのです。

猫のゴロゴロ音には、リラックスさせる心理的効果のほかにも、骨折の治癒力を高める効果があるようです。

血圧を安定させる効果が期待できる

猫の癒し効果は、音ばかりではありません。
ただ、その愛らしい姿を見ているだけでも、精神的なメリットが得られることがわかっています。

猫の動画を16人の女性に見てもらって、リラックスの度合いがどう変化するか調べたことがあります。
それによると、動画を見ただけで、16人中13人がリラックスしたという結果が出ました。

さらに、実際に猫に触れ、なでることができれば、より高いリラックス効果が得られるでしょう。
このように、猫によって精神がリラックスするとき、同時に体で起こっている生理的な変化も見逃せません。

精神的にリラックスした状態にあれば、肉体的にも安定して本来の機能がきちんと発揮されることは間違いありません。

例えば、心理的な影響を受けやすいのが血圧です。
病院に行き、医師の前では緊張して血圧が上がってしまう「白衣高血圧」という現象があります。
このように、血圧は、心理的動揺をしばしば反映し、上下動をくり返します。

そこで、日ごろから猫と触れ合って、できるだけリラックスした状態が長く続けば、血圧を安定させることが期待できるでしょう。

さらに、私は、職場に猫がいると、どのような効果があるかについて実験を行ったことがあります。
9名の女性に実験に参加してもらったところ、9名のうち6名は、猫が職場環境をよくしていると答えました。

気分がよくなって、仕事の効率も上がったというのです。
特に、創造的な仕事には、猫のいる環境が向いているという意見もありました。

このように、猫という存在は、さまざまな有益な効果をもたらします。
緊張を緩和してリラックスさせ、気持ちを落ち着かせて血圧や体調を整える。

しかも、仕事の生産性まで上げるのですから、すばらしい効果ばかりです。
今、猫と暮らしておられるかたは、その効果をあらためて実感していただければ幸いです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


リラックス 骨折

関連する投稿


【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

私たちにとって、猫は五感を心地よく刺激する存在です。見れば愛らしく、触ってなでれば快く、鳴けば美しい旋律となって、えもいわれぬ刺激となります。それは、病気のあるなしに関係なく、すばらしい経験だといえるでしょう。【解説】小田切敬子(NPO法人アニマルセラピー協会理事長・生物科学博士)


【医師解説】骨粗鬆症の予防対策は「牛乳」に頼らないこと 効果的なカルシウム摂取法とは?

【医師解説】骨粗鬆症の予防対策は「牛乳」に頼らないこと 効果的なカルシウム摂取法とは?

骨粗鬆症の予防対策としてカルシウムをとるために牛乳を飲むことは妥当ではないと判断します。牛乳を飲みたい人は、嗜好品としてたまにとる程度にしたほうが賢明でしょう。カルシウムの吸収率を高めて骨を丈夫に保つには、食事のほかに運動と、日光を浴びることも必要です。【解説】岡本裕(e-クリニック医師)


【ガムの効果】ガムを噛みながら歩いて認知症を予防!

【ガムの効果】ガムを噛みながら歩いて認知症を予防!

年を取ると転倒しやすくなってしまう原因としては、視力・聴力の低下、平衡機能の低下、変形性膝関節症、そして認知症などがあります。平衡機能の低下は、加齢によって、かむ能力が衰えることと大きく関連しているのです。【解説】石上惠一(東京歯科大学特任教授)


【なぜ猫に癒されるのか】猫と暮らせば心筋梗塞の死亡率が下がる!脳が活性化すると実験で判明

【なぜ猫に癒されるのか】猫と暮らせば心筋梗塞の死亡率が下がる!脳が活性化すると実験で判明

ヒトは、猫と触れ合うと、脳に大きな変化が現れます。猫と暮らすことは、かわいがることで癒し効果が得られるのと同時に、さまざまな作業が必要となります。食事や飲み水の用意をするなど、こうした一連の作業はすべて、脳をよく使うことにつながります。【解説】内山秀彦(東京農業大学農学部バイオセラピー学科動物介在療法学研究室准教授)


あきらめていた耳鳴りが大改善!蒸しタオルで「顎のゆがみ」を取るとよい!

あきらめていた耳鳴りが大改善!蒸しタオルで「顎のゆがみ」を取るとよい!

蒸しタオルの利点は、蒸しタオルから発生する蒸気にあります。実際に行ってもらうとよくわかりますが、温熱効果と蒸気によって、高いリラックス効果が得られ、耳が芯からじんわりと温まってきます。それにより、リンパ液や血液の流れがいっそう促されるのです。【解説者】板坂浩志(ひろ整骨院院長)


最新の投稿


【歌手・森山良子さん】のどの疲れを一掃し声帯まで潤う!ひとさじの蜂蜜は歌手の私に欠かせない

【歌手・森山良子さん】のどの疲れを一掃し声帯まで潤う!ひとさじの蜂蜜は歌手の私に欠かせない

19歳で歌手デビューし、気づいたら半世紀の月日が経ちました。私が、今もこうして皆様の前で歌えるのは、ハチミツの恩恵が大きいように思います。【体験者】森山良子(1948年生まれ。東京都出身。1967年、『この広い野原いっぱい』で歌手デビュー。)


【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

酢タマネギをメインに据えつつ、タマネギをさまざまな料理に活用していたところ、意外な方面に変化が現れました。なんと、体重が減ってきたのです。もちろん、特にダイエットをしていたわけではありません。【体験談】井田貴美代(仮名・香川県・39歳パート)


【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

高齢者でも簡単にでき、効果の高い動作を厳選した「アザラシポーズ」と「上体起こし運動」を採用し、さまざまな症例の患者さんにこの二つの体操を行ってもらったところ、想像以上の効果が得られました。しっかりと実践したすべての例で、腰痛が改善し、姿勢がよくなったのです。【解説】太田邦昭(太田整形外科院長)


【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

認知症とうつ病は、どちらも高齢者に多く見られる病気です。高齢者のうつ病は、認知症を引き起こす原因の一つとされている一方、認知症がうつを併発することも少なくありません。認知症とうつ病の間には密接な関係があり、二つの病気には似た症状を呈する場合もあるので、取り違えやすいのです。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

半年ほど前にむち打ち症になり、それ以来、首の痛みが続いています。むち打ち症の痛みに効くセルフケアは効果があるでしょうか?【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング