【認知症予防】神経伝達機能を鍛える脳活トレーニング「伝わり体操」とは?

【認知症予防】神経伝達機能を鍛える脳活トレーニング「伝わり体操」とは?

伝わり体操は、「脳の指令を筋肉に伝わりやすくする体操」という意味で名付けました。人間の体は、脳からの「動け」という指令が、運動神経を経由して筋肉に伝わることによって動きます。いくら筋肉を鍛えても、この伝達機能が不十分だと、筋肉を動かすことができません。【解説】吉中康子(京都学園大学教授)


吉中康子
京都教育大学卒業後、京都府立医科大学大学院保健看護学研究科修了。専門は体育方法学、応用健康科学。近畿クリケット協会理事長。日本体操学会副会長。

脳の指令が伝わらないと体は思うように動かない

京都府亀岡市では、2011年より、介護予防・健康維持向上を目的とした体操教室を開催しています。
教室数は現在、亀岡市内で11ヵ所。
活動は市外にも広がり、京都府下で全22ヵ所となっています。

そこで行われている体操の一つに、「伝わり体操」があります。
これは、私と花王株式会社とで、共同考案した体操です。

私の専門分野は、健康づくりと介護予防です。
夫の母が脳梗塞になったことで、「脳梗塞にならない運動療法」を考えたのが始まりでした。

そこから、高齢者の認知機能低下を予防する研究へと進み、認知症や生活習慣病の予防を目的とした、数々の体操を開発しました。
約10年前から、地域の人を対象にした体操教室も開催しています。

伝わり体操は、「脳の指令を筋肉に伝わりやすくする体操」という意味で名付けました。

人間の体は、脳からの「動け」という指令が、運動神経を経由して筋肉に伝わることによって動きます。
いくら筋肉を鍛えても、この伝達機能が不十分だと、筋肉を動かすことができません。

神経と筋肉をつなぐ「モーターユニット」は、加齢とともに機能が低下し、たとえるなら接触不良を起こすようになります。
すると、脳からの指令が筋肉にうまく伝わらず、思うように体が動かせなくなるのです。

「テキパキ動ける!」「物忘れが減った!」

モーターユニットの機能を改善するには、一度に2ヵ所以上の部位を動かすことが効果的。
「こう動かしたい」という意志どおりに体を動かすのは、最初はモタモタします。

でも、くり返すうちに、思いどおりの動きができるようになります。
これが、神経と筋肉の伝わり(モーターユニットの機能)が向上したということです。

また、筋肉をたくさん使うことは大脳を、手足の多様な動きを身につけることは小脳を働かせます。
つまり、脳トレになるのです。

筋力トレーニングで筋肉を増やすには時間がかかりますが、神経伝達機能は、早ければ1週間程度で改善します。
「テキパキ動ける」「つまずかない」「思いどおりの動作ができる」といった変化を実感できるでしょう。

伝わり体操は、高齢者でも無理なく楽しむことができ、全身の血流がよくなって、運動後には爽快感も得られます。
毎日続けられるように、「歩くくらいのテンポで、1分間行う」という無理のない設定で考えました。

1分間という短時間でも、全身をまんべんなく動かすので、体がポカポカしてきます。

この体操を続けることで、敏捷性のテスト成績が向上したという研究データもあります。

伝わり体操のやり方は、次項を参照してください。
動画投稿サイト「YouTube」で「伝わり体操」と検索すれば、動画を見ることもできます。

伝わり体操は、最低1日1回行いましょう。
できる人は、何回行ってもけっこうです。
ただし、やり過ぎると、足がつったり、疲れが残ったりするので、あまりがんばり過ぎないように。

慣れてきたら、テンポを速くしてください。
座って行ってもかまいません。

音楽に合わせ行うのがお勧めです。
リズムに合わせて動くことも、神経伝達機能を刺激するからです。

体操教室では、『カンカンポルカ(天国と地獄)』を使っています。
『うさぎとかめ』や『365歩のマーチ』、水戸黄門のテーマ曲など、歩くくらいのテンポの曲がいいでしょう。

体操教室の参加者の平均年齢は、68歳くらいで、最高齢は86歳。
頭も体もシャッキリしています。

「頭がさえてきた」「車の運転がスムーズにできる」「物忘れが減った」など、効果を実感する声も多く聞かれます。
高血圧、高血糖、腰痛、ひざ痛、肩こり、便秘が改善した人もいます。
なにより、全員が笑顔でいきいきとしています。

皆さんもぜひ、ご自宅でやってみてください。

伝わり体操のやり方

歩くくらいのテンポの音楽に合わせて、A→B→A→B→C→D→C→D→Eの順に行う(イスに腰掛けて行ってもよい)



*動画投稿サイト「YouTube」で「伝わり体操」を検索すれば動画が見られる。
 今回、紹介したのは基本のレベル1。
 「YouTube」では、レベル1からレベル3まで見ることができる。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

チーズは良質のたんぱく質とカルシウムの供給源で、筋力や骨の強化を助ける食品。ダイエット効果、筋力をつける効果、骨粗鬆症を防ぐ効果、血圧を下げる効果、虫歯を防ぐ効果、認知症を防ぐ効果など代表的なチーズの健康効果をお話ししましょう。【解説】齋藤忠夫(東北大学大学院農学研究科教授)


【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

高齢者でも簡単にでき、効果の高い動作を厳選した「アザラシポーズ」と「上体起こし運動」を採用し、さまざまな症例の患者さんにこの二つの体操を行ってもらったところ、想像以上の効果が得られました。しっかりと実践したすべての例で、腰痛が改善し、姿勢がよくなったのです。【解説】太田邦昭(太田整形外科院長)


【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

認知症とうつ病は、どちらも高齢者に多く見られる病気です。高齢者のうつ病は、認知症を引き起こす原因の一つとされている一方、認知症がうつを併発することも少なくありません。認知症とうつ病の間には密接な関係があり、二つの病気には似た症状を呈する場合もあるので、取り違えやすいのです。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

私たちにとって、猫は五感を心地よく刺激する存在です。見れば愛らしく、触ってなでれば快く、鳴けば美しい旋律となって、えもいわれぬ刺激となります。それは、病気のあるなしに関係なく、すばらしい経験だといえるでしょう。【解説】小田切敬子(NPO法人アニマルセラピー協会理事長・生物科学博士)


最新の投稿


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

近年、血流改善が薄毛の解消において重要であることは、確かなものとなっています。また、冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。皮膚は内臓の鑑といわれています。つまり、内臓の不調は皮膚の一部である髪についても当てはまるのはいうまでもありません。【解説】荒浪暁彦(あらなみクリニック総院長)  


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング