【3種の酢で実験】血圧を下げるには「穀物酢」が最適!加熱で降圧作用がさらにアップする

【3種の酢で実験】血圧を下げるには「穀物酢」が最適!加熱で降圧作用がさらにアップする

「酢は体にいい」というイメージを持つ人は多いと思います。よく聞くのは、「血圧を下げる」「内臓脂肪を減らす」などの健康効果ではないでしょうか。実際、2001年には、食酢に含まれる酢酸に、血圧の上昇を抑制する作用があることが報告されています。【解説】森永八江(山口大学教育学部講師)


森永八江
青森県立保健大学助教を経て現職。教育学部家政教育コースで、栄養について教鞭を執る。研究テーマは「ヒトと健康」「ヒトと栄養のかかわり」「食品の機能性成分」。管理栄養士。健康科学博士。

血圧は8時間後も低いまま!

「酢は体にいい」というイメージを持つ人は多いと思います。
よく聞くのは、「血圧を下げる」「内臓脂肪を減らす」などの健康効果ではないでしょうか。

実際、2001年には、食酢に含まれる酢酸に、血圧の上昇を抑制する作用があることが報告されています。

そのメカニズムは、アンジオテンシンⅡという生理活性物質の働きを抑えるというものです。
アンジオテンシンⅡは血管を収縮させるため、過剰になると血圧が上がり、動脈硬化を招くことがわかっています。
酢酸には、アンジオテンシンⅡの働きを抑制し、血圧の上昇を防ぐ作用があるのです。

こうした作用を持つのは、酢の成分のなかで、酢酸だけなのでしょうか。
私たちはそれを調べるため、今から約10年前、3種の食酢を使って実験を行いました。

穀物酢・リンゴ酢・純米酢から酢酸を除去して粉末にし、それぞれのACE阻害活性(アンジオテンシンⅡの産生を阻害する力)を測定したのです。

すると、穀物酢>純米酢>リンゴ酢の順で、いずれも酢酸より強いACE阻害活性があることがわかりました。
つまり、これら3種の酢には、酢酸以外にも、アンジオテンシンⅡの働きを阻害する物質が、相当量含まれているのです。

さらに、最もACE阻害活性の強かった穀物酢で、動物実験も行いました。
高血圧を自然に発症するラットを、①水だけを飲む群、②降圧剤を飲む群、③酢酸を除去した穀物酢の粉末を飲む群、の三つに分け、2時間ごとに血圧を測定しました。

その結果、水を飲んだ群は血圧が高いままでしたが、降圧剤を飲んだ群と、穀物酢を飲んだ群は、2時間後および4時間後に血圧が有意に低下しました。

そして、6時間後、8時間後でも、穀物酢を飲んだラットの血圧は低いままでした。
穀物酢は、血圧降下作用が持続するということです。

酢の刺激が苦手なら加熱して酸味を和らげる

加えて私たちは、酢を加熱することによって起こる変化についても調べました。

結果は、穀物酢と純米酢では、加熱することでACE阻害活性が若干高まりました。
一方、リンゴ酢では、加熱するとACE阻害活性は低下しました。

以上の実験結果からいえるのは、まず、酢には、酢酸以外にも血圧の上昇を抑える成分が含まれているということです。
成分の特定には至っていませんが、グルタミンとプロリンが多く含まれるペプチドであると予想されます。

そして、3種の酢のなかで、血圧の上昇を抑制する作用が最も強いのは、穀物酢だということです。
実験で使った穀物酢の原材料は、小麦・酒かす・米・コーン・アルコールでした。

もちろん、冒頭でご説明したように、酢に含まれる酢酸にも降圧作用があります。
酢酸は揮発性なので、加熱すると飛んでしまいます。
酢酸の健康効果を100%享受したければ、加熱せずに摂取するのが理想です。

とはいえ、家庭で調理する場合、酢酸がすべて飛んでしまうことはないでしょう。
また、前述したように、加熱しても酢酸以外の降圧成分は残り、若干ですが、活性が高まります。

けっきょく、酢で血圧降下作用を得たければ、毎日とりやすい方法で摂取するのがいちばんです。
酢のツンとした刺激が苦手な人は、煮物や炒め物に加えて加熱し、酸味を和らげるといいでしょう。
それでも健康効果は得られるのでご安心ください。

なお、血圧が高い人は、塩分を控えるよう指導されている人も多いでしょう。
酢を使うと、味の物足りなさを補うことができ、自然と減塩できます。

そうした意味からも、日々の食生活に酢を上手に取り入れていただけたらと思います。

→「酢」を使った高血圧対策レシピはコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

「年々、体重が増えてきている」「最近お通じが悪くて困っている」「血糖値が高いのが気になる」。そんな人にお勧めしたいのが、4種の野菜の自然な甘みが凝縮した「甘い野菜スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

体は食べた物からできているので食事の内容は重要です。玄米には、多くの栄養素と有効成分が含まれていて、高血圧・動脈硬化・脂質異常症・糖尿病などの生活習慣病や、便秘、ガン、認知症、花粉症・アトピー・ぜんそくなどのアレルギー症状に対し、強力な予防・改善効果を発揮します。【解説】島村善行(島村トータル・ケア・クリニック院長)


【ひろのば体操】子どもの足が速くなり転ばなくなった「足指のばし」のやり方 膝痛や冷えも改善する

【ひろのば体操】子どもの足が速くなり転ばなくなった「足指のばし」のやり方 膝痛や冷えも改善する

私が目指す薬や手術に頼らない医療の治療の柱は、鼻呼吸と足指を伸ばすこと。「鼻呼吸」については、内臓や血管を調整する自律神経が整い、病気や老化を予防・改善できるということがずいぶん認知されてきました。一方「足の指を伸ばす」ことについてはまだその重要性が広まっていないようです。【解説者】今井一彰(みらいクリニック院長)


【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

ハチミツは、糖の代謝を高める働きがあり、大量にとらないかぎり、血糖値は上がりにくいのです。さらに、毒素を浄化する働きによって、胃腸のケアにも役立ちます。便秘や下痢などの排泄異常の改善、ダイエットや美肌効果も期待できるでしょう。【解説者】蓮村誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)


【糖尿病が改善】ウォーキング後の「チーズ」摂取で筋力がアップ!生活習慣病を予防できる

【糖尿病が改善】ウォーキング後の「チーズ」摂取で筋力がアップ!生活習慣病を予防できる

「ウォーキング後にチーズなどの乳製品を食べると、筋力がアップするうえに、生活習慣病の予防・改善にも役立つ」ことが、私たちの研究で判明しました。さらに最近の研究では、インターバル速歩後に乳製品をとると、実際に糖尿病や動脈硬化が改善することもわかりました。【解説】能勢博(信州大学大学院医学系研究科教授)


最新の投稿


【歌手・森山良子さん】のどの疲れを一掃し声帯まで潤う!ひとさじの蜂蜜は歌手の私に欠かせない

【歌手・森山良子さん】のどの疲れを一掃し声帯まで潤う!ひとさじの蜂蜜は歌手の私に欠かせない

19歳で歌手デビューし、気づいたら半世紀の月日が経ちました。私が、今もこうして皆様の前で歌えるのは、ハチミツの恩恵が大きいように思います。【体験者】森山良子(1948年生まれ。東京都出身。1967年、『この広い野原いっぱい』で歌手デビュー。)


【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

酢タマネギをメインに据えつつ、タマネギをさまざまな料理に活用していたところ、意外な方面に変化が現れました。なんと、体重が減ってきたのです。もちろん、特にダイエットをしていたわけではありません。【体験談】井田貴美代(仮名・香川県・39歳パート)


【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

高齢者でも簡単にでき、効果の高い動作を厳選した「アザラシポーズ」と「上体起こし運動」を採用し、さまざまな症例の患者さんにこの二つの体操を行ってもらったところ、想像以上の効果が得られました。しっかりと実践したすべての例で、腰痛が改善し、姿勢がよくなったのです。【解説】太田邦昭(太田整形外科院長)


【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

認知症とうつ病は、どちらも高齢者に多く見られる病気です。高齢者のうつ病は、認知症を引き起こす原因の一つとされている一方、認知症がうつを併発することも少なくありません。認知症とうつ病の間には密接な関係があり、二つの病気には似た症状を呈する場合もあるので、取り違えやすいのです。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

半年ほど前にむち打ち症になり、それ以来、首の痛みが続いています。むち打ち症の痛みに効くセルフケアは効果があるでしょうか?【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング