痛み、しびれを一掃する脊柱管狭窄症撃退レシピ②

痛み、しびれを一掃する脊柱管狭窄症撃退レシピ②

脊柱管狭窄症の予防・改善には、血液を汚さない食べ物を選び、よく咀嚼して食べることが肝心です。唾液の分泌が促されると、消化・吸収がよくなり腸内環境が整うので、きれいな血液がつくられます。体温も上がり、血流がアップすることで、痛みやしびれなどが緩和されます。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)

→脊柱管狭窄症の改善に役立つ食材とは

ビタミンは根菜・季節の野菜から!

根菜とコマツナの黒酢炒めの作り方

香り立つ黒酢で食欲アップ モリモリ食べられる!
(エネルギー:112kcal、塩分;0.2g(各1人分))

【材料】(2人分)
・ゴボウ…1/2本
・ニンジン…4cm
・レンコン…4cm
・コマツナ……1/3束
・マ油…小さじ1
・ニンニク…1片(みじん切り)
・Ⓐ黒酢…大さじ2、 みりん…大さじ1、塩・コショウ…各少々
・黒ゴマ…適量

【作り方】
❶ゴボウは太めのささがき、ニンジンは太めのせん切り、レンコンは薄い半月切りにする。

❷フライパンにゴマ油を熱し、ニンニクと①を加え、よく炒める。

❸3cm長さに切ったコマツナとⒶを加え、炒め合わせる。

❹器に盛り、黒ゴマをふる。

ヤマイモとニラの落とし焼きの作り方

表面カリッ!中はもっちり!エノキのうまみがたっぷり
(エネルギー:209kcal、塩分:0.6g(各1人分))

【材料】(2人分)
・ヤマイモ…250g
・ニラ…1/4束
・エノキダケ…1/3株
・Ⓐカツオ節、細切りコンブ…各3g、白ゴマ…大さじ2
・米油…小さじ1
・しょうゆ、カラシ…各適量

【作り方】
❶ヤマイモはすりおろし、ニラとエノキダケは小口切りにする。

❷ボウルに①とⒶを入れてよく混ぜる。

❸フライパンに米油を熱し、大きめのスプーンで②を1/8程度すくって落とし、直径7cm程度の円盤形を8枚作る(2 度に分けてもよい)。
両面をこんがりと焼く。

❹器に盛り、しょうゆとカラシを添える。

野菜ポトフの豆乳ソース添えの作り方

野菜の甘さとニンニク風味のソースがよく合う
(エネルギー:196kcal、塩分:0.9g(各1人分))

【材料】(2人分)
・サツマイモ…1/3本
・カブ…1個(葉も使う)
・ニンジン…4cm
・ネギ…1/2本
・ローリエ(乾)…1枚
・Ⓐコンブ(4cm角を細切り)、干しシイタケ…2個、水…700ml
・Ⓑ豆乳…100ml、白ねりゴマ…大さじ1、白みそ…小さじ2、梅酢(なければ酢)…小さじ1
  ニンニク(すりおろし)…少々、片栗粉…小さじ2

【作り方】
❶Ⓐを冷蔵庫に入れて一晩おく。

❷サツマイモ、カブ、ニンジンは一口大、ネギは長さ4cmに切る。
①からシイタケを取り出し、四つ切にする。ローリエは手でちぎり、切り込みを入れる。

❸①のうち600mlを鍋に入れ沸騰させ、②を入れてふたをし、弱火で煮る。
火が通ったら、3cm長さに切ったカブの葉を加える。

❹別の小鍋に①の残り100mlとⒷを入れて混ぜ、弱火で一煮して、器に盛った③に添える。

炭水化物は玄米から!

みそ味おじやの作り方

胃腸に染みる滋味深さ アツアツをフウフウして食べたい
(エネルギー:317kcal、塩分:0.7g(各1人分))

【材料】(2人分)
・玄米ご飯…茶碗2杯分(約300g)
・油揚げ…1/2枚
・シイタケ(生)…2個
・ダイコン…3cm
・ショウガ(薄切り)…3枚
・出汁…400ml
・みそ…大さじ1
・クコの実、万能ネギ(小口切り)…各適量

【作り方】
❶油揚げは熱湯をかけて油抜きし、縦半分に切ってから細切りにする。
シイタケは石突きを取り除き薄切り、ダイコンとショウガはせん切りにする。

❷鍋に出汁を熱し、①を入れ一煮し、玄米ご飯を加え、弱火で5 分ほど煮込む。

❸みそを溶き入れ、器に盛り、クコの実と万能ネギを散らす。

アジアン野菜丼の作り方

シュンギクが入って大人の味 ボリュームたっぷり、でもヘルシー!
(エネルギー:338kcal、塩分:0.9g(各1人分))

【材料】(2人分)
・米ご飯…茶碗2杯分(300g 程度)
・ニンニク…1片
・タマネギ…1/3個
・ナガイモ…150g
・マッシュルーム(生)…3個
・ミニトマト…4個
・シュンギク…1/4束
・米油…小さじ1
・ナンプラー(魚醤)…小さじ2

【作り方】
❶ニンニクはみじん切り、タマネギは薄切りにする。

❷ナガイモは皮をむき、小さめの乱切り。
マッシュルームは石突きを取り除き薄切り、ミニトマトは半分に切る。
シュンギクは葉の部分を摘む。

❸フライパンに米油を熱し、①を炒め、②を加えてさっと炒め合わせ、ナンプラーで味を調える。

❹器に玄米ご飯を盛り、③をのせる。

→脊柱管狭窄症撃退レシピ①

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


脊柱管狭窄症 健康レシピ

関連する投稿


【ひざ痛撃退】変形性ひざ関節症を改善するレシピ(2)

【ひざ痛撃退】変形性ひざ関節症を改善するレシピ(2)

変形性ひざ関節症の改善・予防には、増え過ぎた体重を減らし、骨や軟骨を丈夫にして、筋肉を増やすことが肝心です。いきなりランニングや筋トレを始めて、ひざ痛を悪化させる人がいますが、まずは食事を見直しましょう。【監修】服部麻倫(東京ひざ関節症クリニック院長)【料理】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【脊柱管狭窄症】「仙骨の温め」で腰痛が改善!姿勢もまっすぐになり、鎮痛剤も不要になった

【脊柱管狭窄症】「仙骨の温め」で腰痛が改善!姿勢もまっすぐになり、鎮痛剤も不要になった

一昨年の夏は、職場までの10分の距離を歩くのにも、腰が痛くて5回ほど休まなければならなかったのです。整形外科に行ったところ、「脊柱管狭窄症(背骨内部の神経の通り道が狭くなり、神経が圧迫されて痛みやしびれが出る病)」と診断されました。【体験談】須藤裕子(仮名・保育士・63歳)


【糖尿病改善】病気も肥満も吹き飛ばす「玉ねぎ」美味レシピ(2)

【糖尿病改善】病気も肥満も吹き飛ばす「玉ねぎ」美味レシピ(2)

タマネギは、どんな料理にも応用の効くおいしい万能食材。1年を通して安価で手に入りやすいことも大きな利点です。豊富な栄養素を含み健康パワーも満点。「糖尿病や高血圧を改善したい」「ダイエットに成功したい」というかたは、特に積極的に摂取すべき野菜です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


【ひざ痛撃退】変形性ひざ関節症を改善するレシピ(1)

【ひざ痛撃退】変形性ひざ関節症を改善するレシピ(1)

変形性ひざ関節症の改善・予防には、増え過ぎた体重を減らし、骨や軟骨を丈夫にして、筋肉を増やすことが肝心です。いきなりランニングや筋トレを始めて、ひざ痛を悪化させる人がいますが、まずは食事を見直しましょう。【監修】服部麻倫(東京ひざ関節症クリニック院長)【料理】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【遠絡療法】脊柱管狭窄症の足腰の痛み・しびれを取る「腕の2点もみ」のやり方

【遠絡療法】脊柱管狭窄症の足腰の痛み・しびれを取る「腕の2点もみ」のやり方

腰部脊柱管狭窄症は、腰や足に強い痛みやしびれが現れ、なかなか治りにくい、やっかいな疾患です。当院に来られる患者さんは、他院の治療を受けてよくならなかったり、手術を勧められたりといった、重度のかたが少なくありません。【解説】小泉正弘(小泉医院遠絡医療センター院長)


最新の投稿


「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

ストレスが積み重なったのでしょう。気がついたら「キーン」という高音の耳鳴り が聞こえるように。最もいやだったのは、寝るときでした。シーンと静かな中、キーンという音だけが聞こえるので不眠になってしまいました。そこで藤井先生の治療院に行き、教わったのが「耳こすり」でした。【体験談】長谷川真由美(会社員・33歳)


【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

ハチミツには、優れた抗炎症作用、抗酸化作用があります。特に抗炎症作用により、のどの炎症が抑えられるため、セキが軽くなると考えられます。ハチミツ以外では、コーヒーにも、セキの予防効果があることが報告されています。【解説者】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)


退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

人間の三大欲は、食欲・性欲・睡眠欲といわれています。それに加え、昨今は「健康長寿欲」に多くの人がとらわれています。2016年の調査で「欲しい物」の1位が「健康」で、「幸せ」を大きく上回ったのです。「幸せよりも健康が欲しい」という結果に私は衝撃を受けました。【解説】名郷直樹(武蔵国分寺公園クリニック院長)


【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

首の痛みの場合、適切な対策をとり損ねるおそれがあります。首の骨が悪くなっているといわれれば、多くの患者さんは「それなら痛みが出るのもしようがない」「薬で痛みを抑えるしかないのだろうな」と考え、それ以上の対策を取らなくなってしまうからです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

卵は、アミノ酸、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んだ「完全栄養食品」といわれています。加熱しても、栄養価に大きな変化が見られず、どのように調理しても必要な栄養を摂取できるので、夏バテ撃退には最適な食材といえるでしょう。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング