【ガブ飲み注意】「経口補水液」の正しい飲み方 スポーツ飲料とは違う?どんな時に飲む?

【ガブ飲み注意】「経口補水液」の正しい飲み方 スポーツ飲料とは違う?どんな時に飲む?

皆さんは、経口補水液という飲料をご存じでしょうか。経口補水液は、食塩とブドウ糖を水に溶かした飲料です。下痢、嘔吐、発熱などの症状が長期間に及んだり頻発したりして、脱水症状が起こった際、水分補給のために飲むものです。【解説】水谷暢秀(水谷脳神経外科クリニック院長)


スポーツ飲料よりも多くの食塩が含まれる

皆さんは、経口補水液という飲料をご存じでしょうか。

経口補水液は、食塩とブドウ糖を水に溶かした飲料です。
下痢、嘔吐、発熱などの症状が長期間に及んだり頻発したりして、脱水症状が起こった際、水分補給のために飲むものです。
「OS-1」「アクアサポート」「アクアソリタ」といった商品名で売られています。

近年続く猛暑により、熱中症対策の飲料として広く知れ渡りました。
テレビコマーシャルも流れていますし、ペットボトルに入った形状で、薬局やドラッグストアで売られているため、「水分補給用の飲み物」「スポーツ飲料と同じような物」という認識の人も多いのではないでしょうか。

しかし本来、経口補水液は、病院での点滴による水分補給にかわって用いられるものです。
例えば、WHO(世界保健機構)やUNICEF(国連児童基金)は、十分な医療設備がない地域に経口補水液の配布を行い、脱水症状初期での補水治療に関する啓発活動を進めています。
また、先進国の医療機関でも、乳幼児など長時間の点滴が困難な場合に、経口補水液による水分補給を行っています。

つまり、経口補水液は、「点滴をするほどの脱水症状」のときに飲む物なのです。

スポーツ飲料との大きな違いは、食塩の含有量です。
下痢や嘔吐のときは、水分とともに汗や胃液、腸液の塩分(塩化ナトリウム)やカリウムといった電解質が大量に失われます。

そのため、経口補水液は、スポーツ飲料と比べるとナトリウムやカリウムといった電解質の量が多いのです。
メーカーによって差はありますが、経口補水液500mLには、約1.5gの食塩が含まれています。

そのことを知らず、お茶がわりに飲んでいるかたが意外に多いのです。

通常の水分補給は水やお茶で十分

先日も、患者さんと話をしていて、ドキッとしました。
そのかたは血圧が高く、降圧剤を飲んでいます。

夏は血管が緩んで拡張するため、血圧が下がる傾向にあります。
一方で、夏は脱水状態になりやすく、血液が粘度を増します。ドロドロになるのです。

動脈硬化が進んだ高血圧の人の場合、その状態で血圧が下がると、血流の勢いが落ち、それまでは流れていた血栓(血の塊)が、詰まりやすくなります。
夏に脳梗塞や心筋梗塞が増えるのは、そのためです。
そういった知識があったためでしょうか。

私の顔を見るなり、「先生。私、熱中症予防のために、経口補水液を毎日2本ずつ飲んでいるんですよ。脱水を起こすと、血液がドロドロになっちゃいますからね」と、自慢げにいうのです。
私は慌てて、「いやいや。経口補水液は、下痢や嘔吐、高熱のときや、炎天下で滝のような汗をかいたときに、緊急避難的に飲むものです。通常の水分補給は、水やお茶で十分。経口補水液を1Lも飲んだら、塩分のとり過ぎで血圧が上がっちゃいますよ」と説明しました。

実をいうと、こういう患者さんは月に1~2人いらっしゃいます。

日本高血圧学会では、高血圧患者の1日の食塩摂取量を6g未満と推奨しています。
しかし実際に、この目標を達成している高血圧患者は、男性で20%、女性で24%しかいないといわれています。

先ほども説明しましたが、経口補水液のペットボトル1本には、食塩が約1.5g入っています。
2本飲んだら3gです。
つまり、経口補水液だけで1日の目標量の半分をとってしまっているのです。
これでは、いくら食事で減塩を心がけても、6gでは収まらないでしょう。

高血圧のほか、心臓病や腎臓病などで治療中の人は、経口補水液を不用意にガブ飲みしないでください。
実際、経口補水液には、「医師から脱水状態時の食事療法として指示された場合に限りお飲みください」「医師、看護師、薬剤師、管理栄養士の指導に従ってお飲みください」と記載されています。

基本的には、自動販売機では買えず、薬局や薬店で対面販売される商品なので、買うときにお店の人から必ず説明を受けているはずです。
それなのに、なかなか正しい認識が広まらないようです。

もちろん、高血圧の人でも、極度の脱水症状が起こったときには、経口補水液を飲んでください。

私のクリニックには、頭痛の患者さんがたくさん来院します。
夏場は、脱水が原因の頭痛のかたもいて、その場合は経口補水液を勧めます。


経口補水液は、大変優れた飲料です。
それだけに、正しい情報が行き届き、適切に利用されることを願ってやみません。

水谷暢秀
1967年、静岡県生まれ。日本医科大学卒業後、同大学附属病院脳神経外科、静岡厚生病院脳神経外科診療副部長を経て、2010年、水谷脳神経外科クリニックを開院。脳神経外科専門医。頭痛診療と脳卒中予防が専門分野。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【高血圧】手のツボ「合谷」を押すだけで、なぜ血圧が20~30ミリ下がるのか?

【高血圧】手のツボ「合谷」を押すだけで、なぜ血圧が20~30ミリ下がるのか?

高血圧は、自覚症状がほとんどありません。しかし放っておけばやがて動脈硬化を起こし、脳卒中や心筋梗塞といった重大な合併症の引き金になりかねない。まさに、”見えない敵”なのです。そんな〝見えない敵〟とは、どのように戦ったらいいのでしょうか。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学医学部教授(東医療センター内科))


【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

私は、「腸を整えることが健康の要」と考えていますが、その腸を整える食事として「大根おろし」ほど優れた食べ物はないからです。私たちが病気になるのは、今まで日本人が食べてこなかった、体質に合わない食事をするようになったからです。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)


星野源さんもやせた「キャベツダイエット」のやり方 !糖尿病や高血圧も改善する

星野源さんもやせた「キャベツダイエット」のやり方 !糖尿病や高血圧も改善する

キャベツを食べるだけでも、おなかはかなり満たされます。おかずは今までどおりの量でかまいませんが、ご飯を半分程度にします。それでも、私の経験では「おなかいっぱいで、もう食べられない」というくらいの満腹感が味わえます。キャベツの食物繊維の作用で、次回の食事までの空腹感も感じにくくなります。【解説】寺師義典(寺師医院院長)


【血圧を下げる対策】日本人に多い食塩感受性高血圧とは?「しょうゆスプレー」がお勧め

【血圧を下げる対策】日本人に多い食塩感受性高血圧とは?「しょうゆスプレー」がお勧め

日本の食は全般的にヘルシーですが、一つ大きな難点があります。それは塩分が過剰だということです。減塩することはとても重要ですが、高塩分に慣れた人が塩分を減らそうとしても、物足りなさを感じて難しいものです。そこで、まず簡単にできる減塩の入門として私が提唱しているのが「しょうゆスプレー」です。【解説】日下美穂(日下医院院長)


非アルコール性脂肪肝炎(ナッシュ)が改善!生活習慣病を予防する「ファイトケミカルスープ」とは

非アルコール性脂肪肝炎(ナッシュ)が改善!生活習慣病を予防する「ファイトケミカルスープ」とは

私の治療の理想は、患者さんが薬だけに頼るのではなく、食事など生活習慣の重要性に気づいて見直していただくことです。そうすれば、難しい病気であっても改善する可能性はじゅうぶんにあります。【解説】髙橋弘(麻布医院院長・ハーバード大学医学部元准教授)


最新の投稿


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。ここでは「洗濯ばさみ」を使ったツボの刺激方法をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

動脈硬化が進むとともに血栓ができると、その結果として、脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気を招いてしまいます。命に関わるこれらの病気を防ぐために習慣にしてほしいのが、起床後に十分な水分を取ることです。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)