【大学病院の実験で判明】コラーゲンはやはり「効果あり」食べると血管が若返り動脈硬化が改善する

【大学病院の実験で判明】コラーゲンはやはり「効果あり」食べると血管が若返り動脈硬化が改善する

医学界・科学界では「コラーゲンを経口摂取しても、体内のコラーゲンは増加しない」というのが定説です。しかし、私が行った実験で、その定説を覆す実験データが出ました。ブタ由来のコラーゲンに、動脈硬化改善作用があることが示されたのです。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合心療内科特任教授・抗加齢予防医療センター長)


コラーゲンの経口摂取で血管の弾力性が増加する

魚のアラや骨つき肉を煮て冷やすと、プルプルの煮こごりができます。
あれがコラーゲンです。

コラーゲンは、動物の肉や骨、皮などに含まれるたんぱく質で、当然、私たちの体内にも存在します。
「美肌になる」「関節痛がよくなる」という触れ込みで、健康食品として市販されているのは、ブタや魚から抽出したコラーゲンを加熱したり、酵素分解したりしたものです。

しかし、医学界・科学界では、「コラーゲンを経口摂取しても、体内のコラーゲンは増加しない」というのが定説です。
私自身も、そう思っていました。

コラーゲンを食べると、体内で消化され、アミノ酸に分解されます。
そのアミノ酸が、都合よく皮膚やひざ関節でコラーゲンに戻るとは考えられません。

ところが、その定説を覆す実験データが出ました。
2016年に私が行った実験です。

実験の目的は、「経口摂取したコラーゲンが、血管細胞内のコラーゲンを増加させ、血管の弾力を回復させることができるかどうか」ということです。
実験に協力してくれたのは、愛媛大学医学部附属病院抗加齢予防医療センターにおいて、抗加齢ドックを受診した64名。

平均年齢は73歳。男性14名、女性50名です。
皆さん、高血圧や動脈硬化の治療は受けていない健康なかたがたです。

ブタ由来のコラーゲンの群と、ホエイ(乳清)の群に分け、それぞれ毎日2・5gずつ90日間とってもらいました。
自分が何を飲んでいるのかは、知らされていません。

この実験方法を、プラセボ対照二重盲検比較試験といいます。
そして、実験開始前と、90日の実験終了後に、血圧と脈拍、脈波伝播速度どを測定し、比較しました。

脈波伝播速度とは、心臓の拍動(脈波)が動脈を通って、手や足まで届く速度のことです。
血管壁の弾力性が落ちると、脈波が伝わる速度が上がります。

いわゆる「血管年齢」は、脈波伝播速度によって算出します。
90日後、コラーゲン群の脈波伝播速度は、ホエイ群に対して有意に低下し、血管の弾力性が増加したことがわかりました。

ブタ由来のコラーゲンに、動脈硬化改善作用があることが示されたのです。

煮こごりができるような肉や魚の料理を食べよ!

動脈硬化が改善すれば、高かった血圧も下がってきます。
2013年には、ニワトリの足から抽出したコラーゲンが動脈硬化を改善するという論文が発表されています。

また、2016年には、私が使用した物とは別のブタ由来コラーゲンで、50代の健康な男女を対象に行った、動脈硬化改善作用についての実験報告がありました。
この実験は、「コラーゲンを飲む前と、飲んだあとの変化を見る」という方法で、6ヵ月間行われ、やはり動脈硬化を改善するコラーゲンの効果が確認されています。

ほかにも、魚由来のコラーゲン摂取によって肌の水分量が増加したという論文や、ブタ由来のコラーゲン摂取によって目尻のシワの容積が減少したという論文もあります。
ただし、実験に使われたコラーゲンは、厳密にいうと低分子コラーゲンペプチドといって、煮こごりやゼラチンよりも分子を細かくして、吸収率を上げてあります。

ですから、それと比べて吸収率の低い煮こごりやゼラチンで、全く同じ効果が現れるとはいいきれません。
しかし、吸収率が低くても、骨つき肉や魚のアラなどのコラーゲンには、血管の弾力性を向上させる効果があります。

高齢になると食が細り、あっさりした味を好むようになるので、コラーゲンが不足しがちです。
血管だけでなく、筋肉や関節、内臓にも、コラーゲンは必要です。

しなやかな血管と血圧の安定のために、煮こごりができるような肉や魚の料理を食卓に上げるよう心がけ、積極的にコラーゲンを摂取しましょう。

伊賀瀬道也
1991年、愛媛大学医学部卒業。米国ノースカロライナ州ウェイクフォレスト大学医学部高血圧血管病センター留学を経て現職。『血管力革命』(冬樹舎)などの著書がある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

「年々、体重が増えてきている」「最近お通じが悪くて困っている」「血糖値が高いのが気になる」。そんな人にお勧めしたいのが、4種の野菜の自然な甘みが凝縮した「甘い野菜スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

体は食べた物からできているので食事の内容は重要です。玄米には、多くの栄養素と有効成分が含まれていて、高血圧・動脈硬化・脂質異常症・糖尿病などの生活習慣病や、便秘、ガン、認知症、花粉症・アトピー・ぜんそくなどのアレルギー症状に対し、強力な予防・改善効果を発揮します。【解説】島村善行(島村トータル・ケア・クリニック院長)


【ひろのば体操】子どもの足が速くなり転ばなくなった「足指のばし」のやり方 膝痛や冷えも改善する

【ひろのば体操】子どもの足が速くなり転ばなくなった「足指のばし」のやり方 膝痛や冷えも改善する

私が目指す薬や手術に頼らない医療の治療の柱は、鼻呼吸と足指を伸ばすこと。「鼻呼吸」については、内臓や血管を調整する自律神経が整い、病気や老化を予防・改善できるということがずいぶん認知されてきました。一方「足の指を伸ばす」ことについてはまだその重要性が広まっていないようです。【解説者】今井一彰(みらいクリニック院長)


【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

ハチミツは、糖の代謝を高める働きがあり、大量にとらないかぎり、血糖値は上がりにくいのです。さらに、毒素を浄化する働きによって、胃腸のケアにも役立ちます。便秘や下痢などの排泄異常の改善、ダイエットや美肌効果も期待できるでしょう。【解説者】蓮村誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)


最新の投稿


【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

認知症とうつ病は、どちらも高齢者に多く見られる病気です。高齢者のうつ病は、認知症を引き起こす原因の一つとされている一方、認知症がうつを併発することも少なくありません。認知症とうつ病の間には密接な関係があり、二つの病気には似た症状を呈する場合もあるので、取り違えやすいのです。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

半年ほど前にむち打ち症になり、それ以来、首の痛みが続いています。むち打ち症の痛みに効くセルフケアは効果があるでしょうか?【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【骨粗鬆症】原因は加齢・女性ホルモンの2タイプ 「あずきの煮汁」で折れにくい骨になる!

【骨粗鬆症】原因は加齢・女性ホルモンの2タイプ 「あずきの煮汁」で折れにくい骨になる!

加齢によって「骨芽細胞と破骨細胞」二つの細胞のバランスがくずれていきます。骨芽細胞の働きが低下すると骨の形成が滞り老人性骨粗鬆症になります。これは男女同比率で起こります。「女性は骨粗鬆症になりやすい」といわれるのは女性ホルモンに関係する骨粗鬆症があるからです。【解説者】伊藤智広(三重大学大学院生物資源学研究科准教授)


【椅子の座り方】首の痛みが改善する姿勢 首・肩・背中・腰が疲れない方法を紹介

【椅子の座り方】首の痛みが改善する姿勢 首・肩・背中・腰が疲れない方法を紹介

首の痛みを招く生活習慣は人それぞれですが、なかでも最も多いのが「イスの座り姿勢」が悪いパターンです。頭が前に出て背中が丸まったネコ背の姿勢は、首に大きな負担をかけます。そこで、まずは首にやさしいイスの座り姿勢について述べましょう。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

私たちにとって、猫は五感を心地よく刺激する存在です。見れば愛らしく、触ってなでれば快く、鳴けば美しい旋律となって、えもいわれぬ刺激となります。それは、病気のあるなしに関係なく、すばらしい経験だといえるでしょう。【解説】小田切敬子(NPO法人アニマルセラピー協会理事長・生物科学博士)


ランキング


>>総合人気ランキング