【高血圧】体がかたい人は血管もかたい?動脈硬化を改善する「血管ストレッチ」

【高血圧】体がかたい人は血管もかたい?動脈硬化を改善する「血管ストレッチ」

私たちの体を構成する器官のうち、その多くは、加齢によって一度衰えてしまえば若返ることはできません。しかし、なかには例外もあります。適切な方法を用ることで、衰えを防ぎ若返らせることができる器官の一つが、血管です。【解説】家光素行(立命館大学スポーツ健康科学部教授・医学博士)


体がかたい人は動脈硬化の疑いあり!

私たちの体を構成する器官のうち、その多くは、加齢によって一度衰えてしまえば若返ることはできません。
しかし、なかには例外もあります。

適切な方法を用ることで、衰えを防ぎ若返らせることができる器官の一つが、血管です。
今までは、動脈硬化が進んでかたくなった血管を、やわらかくすることは不可能だと考えられてきました。
しかし、研究の結果、それが可能であると実証されています。

では、いったい、どのようにすれば、かたくなった血管を若返らせることができるのでしょうか。

その有力な方法の一つが、ストレッチです。
そもそも、体がかたい人は血管もかたくなっていることが、最近の研究結果で明らかになっています。
例えば、前屈ができないほど体のかたい人は、血管もかたいのです。

これは、若い人からお年寄りまで共通する傾向といえます。
このことは、あるテレビ番組でも紹介して大きな反響がありました。

では、体のかたい人が柔軟性を増すストレッチをしたら、血管をやわらかくすることができるのでしょうか。

血管のかたさは、「脈波伝播速度」という指標でも測ることができます。
これは、心臓が血液を押し出したことで起こる波が、血管の中を伝わる速さです。
この数値は、動脈がやわらかいと波が緩衝(衝撃をゆるめ和らげること)されやすくなるため、遅くなります。
逆に、血管の動脈硬化が進んで動脈がかたくなると、速くなります。

いわゆる「血管年齢」も、この脈波伝播速度によって測定評価ができます。

さて、私たちの研究グループは、ストレッチをした足と、ストレッチをしなかった足とで脈波伝播速度を比較しました。
すると、1回ストレッチを行った足は、確かに動脈がやわらかくなり、行っていない足は、変化がありませんでした。
つまり、ストレッチを行った足の血管だけがやわらかくなって、若返ったといえるのです。

なぜ、このような結果が得られたのかについては、ストレッチが発揮する二つの効果があると考えられています。

それは、血管を引き伸ばす効果と、血流を改善する効果です。
ストレッチをすると、筋肉といっしょに血管も引き伸ばされます。
これによって、血管の内側にある「血管内皮細胞」が刺激され、そこから血管をやわらかくするホルモンが分泌されるのです。

また、ストレッチ中よりも、ストレッチ後に血管に流れる血液量が増加します。
したがって、ストレッチをくり返し行うことによって、血管をやわらかくするホルモンが分泌されるのです。
この一連の動きによって、血流が促されます。

ストレッチの効果は、確かに即効性がありますが、持続的なものではありません。
いったんやわらかくなった血管も、すぐに元に戻ってしまいます。
だからこそ、毎日続けていくことが肝心です。

また、やわらかくなるのは、ストレッチした部分だけです。
できるだけ体の多くの部分の血管の、ストレッチを行うことが重要です。

下半身の血管を伸ばして全身の血流を改善する

以上の点を踏まえ、私が考案した「血管若返りストレッチ」をご紹介しましょう。

これは、下半身の五つの部位をストレッチすることで、血管を伸ばして、血流を改善するものです。
刺激する部位は次の五つです。

❶太ももの前側(特に鼠径部の血管)
❷太ももの裏側
❸ひざ裏
❹ふくらはぎ
❺すねと足の甲

下半身には、太い血管が通っていますが、この五つの部位をストレッチすると、効果的に刺激できます。
それに、下半身は、心臓から送られた血液がうっ滞しやすいところです。
下半身の血流を促すことで、全身の血行改善に役立てられます。

それぞれの部位のストレッチのやり方は、下記画像を参照していただくとして、ここでは、ストレッチに関する注意点にふれておきましょう。

確実に効果を上げるためには、ある程度の時間をかけて引き伸ばし、その状態を保つことが重要です。
今回は、最低20秒という時間を設定しています。

もちろん、高齢者のかたや体操や運動に慣れていないかたは、20秒でもつらいかもしれません。
そういう場合、10秒から始めてみてください。
慣れてきたら、時間を延ばしていきましょう。

また、ストレッチを行うとき、呼吸を止めてはいけません。
多くのかたが筋肉を伸ばそうとしたとき、息を止めてしまう傾向があります。
これは、血圧上昇を招くので、ご注意ください。

ストレッチでは、決して無理をせず、自分のできる範囲で、気持ちよく筋肉を伸ばすことが大事なのです。
もちろん、ストレッチによって、血管をやわらかくしておくことは、高血圧の解消に大いに役立ちます。

きちんと毎日続けた分だけ効果が現れます。
実際にやってみると非常に気持ちがいいはずです。毎日の習慣にしてください。

家光素行
1996年、川崎医療福祉大学医療技術学部健康体育学科卒業。1998年、東北大学大学院医学系研究科修士課程修了。2003年、筑波大学大学院医学研究科博士課程修了。その後、日本学術振興会特別研究員、筑波大学大学院人間総合科学研究科(体育科学系)助手、環太平洋大学体育学部体育学科講師などを経て、2014年より現職。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

動脈硬化が進むとともに血栓ができると、その結果として、脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気を招いてしまいます。命に関わるこれらの病気を防ぐために習慣にしてほしいのが、起床後に十分な水分を取ることです。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)


【高血圧】手のツボ「合谷」を押すだけで、なぜ血圧が20~30ミリ下がるのか?

【高血圧】手のツボ「合谷」を押すだけで、なぜ血圧が20~30ミリ下がるのか?

高血圧は、自覚症状がほとんどありません。しかし放っておけばやがて動脈硬化を起こし、脳卒中や心筋梗塞といった重大な合併症の引き金になりかねない。まさに、”見えない敵”なのです。そんな〝見えない敵〟とは、どのように戦ったらいいのでしょうか。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学医学部教授(東医療センター内科))


【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

私は、「腸を整えることが健康の要」と考えていますが、その腸を整える食事として「大根おろし」ほど優れた食べ物はないからです。私たちが病気になるのは、今まで日本人が食べてこなかった、体質に合わない食事をするようになったからです。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)


星野源さんもやせた「キャベツダイエット」のやり方 !糖尿病や高血圧も改善する

星野源さんもやせた「キャベツダイエット」のやり方 !糖尿病や高血圧も改善する

キャベツを食べるだけでも、おなかはかなり満たされます。おかずは今までどおりの量でかまいませんが、ご飯を半分程度にします。それでも、私の経験では「おなかいっぱいで、もう食べられない」というくらいの満腹感が味わえます。キャベツの食物繊維の作用で、次回の食事までの空腹感も感じにくくなります。【解説】寺師義典(寺師医院院長)


【血圧を下げる対策】日本人に多い食塩感受性高血圧とは?「しょうゆスプレー」がお勧め

【血圧を下げる対策】日本人に多い食塩感受性高血圧とは?「しょうゆスプレー」がお勧め

日本の食は全般的にヘルシーですが、一つ大きな難点があります。それは塩分が過剰だということです。減塩することはとても重要ですが、高塩分に慣れた人が塩分を減らそうとしても、物足りなさを感じて難しいものです。そこで、まず簡単にできる減塩の入門として私が提唱しているのが「しょうゆスプレー」です。【解説】日下美穂(日下医院院長)


最新の投稿


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。ここでは「洗濯ばさみ」を使ったツボの刺激方法をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

動脈硬化が進むとともに血栓ができると、その結果として、脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気を招いてしまいます。命に関わるこれらの病気を防ぐために習慣にしてほしいのが、起床後に十分な水分を取ることです。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)