【高血圧改善】「左手の小指ひねり」とツボ押し習慣で血圧が下がり安定する

【高血圧改善】「左手の小指ひねり」とツボ押し習慣で血圧が下がり安定する

均整術は、体のさまざまなバランスを整えることで、患者さんを健康へと導きます。それに加えて、私は、患者さんがご自身で実践できる「セルフ均整術」を指導しています。「小指ひねりは」血圧を下げるのに効果的ですが、それを安定させるためには、根気よく毎日行うことが重要です。【解説】坂本実穂(坂本均整施術所所長)


痛気持ちいい強さで1分間もむだけでOK

私が所長を務める「坂本均整施術所」では、均整術という独自の治療法によって、患者さんに施術を行っています。
均整術は、体のさまざまなバランスを整えることで、患者さんを健康へと導きます。

それに加えて、私は、患者さんがご自身で実践できる「セルフ均整術」を指導しています。
ご家庭や仕事場など、いつでもどこでも実践してもらうことで、施術所での治療効果がより高まるのです。

なかには、セルフ均整術を実践しただけで、症状が大きく改善する人もおられます。
なかでも、特に好評なのが、「指ひねり」です。

指ひねりとは、その名のとおり、指をひねるだけの簡単な健康法です。
どなたにでも簡単にできます。

しかも、刺激する指や部位を替えることで、多様な症状や病気に対応することができます。
なぜ、指をひねることで、多様な症状に対応することが可能になるのでしょうか。

東洋医学では、体じゅうをめぐっている生命エネルギーを「気」と呼び、その気の通り道を「経絡」と呼んでいます。
私たちの体の中には、十数本の経絡がめぐっていますが、手の指には、6本の経絡が通っています。

手の指をひねると、これらの経絡に刺激を与え、その経絡の気の流れをよくすることができます。
それが、多様な症状の改善につながっていくのです。

今回のテーマとなっている高血圧については、「小指ひねり」が役立ちます。
やり方は、次のとおりです(下図参照)。

刺激するのは、左手の小指です。併せて、小指のつけ根にある「後谿」というツボを刺激します。
小指は、指の両側面をひねります。

右手の親指と人差し指で左手の小指の両わきをはさんで、ひねるようにしてはさみもみします。
つけ根から順にもんでいくと、関節部などで、特に痛みを感じるところがあるかもしれません。

そうしたところがあった場合、重点的にそこを刺激してみましょう。
続いて、後谿です。

位置を確認しておきましょう。
握りこぶしを作ったとき、左手の小指のつけ根のわきに、ふくらみができます。

そのふくらみの頂点に、後谿があります。
もむ際には、右手の人差し指の指先を、左手の後谿にあてがい小指のつけ根の骨を押し上げるように刺激しましょう。

刺激の強さは、「痛気持ちいい」と感じる程度です。
刺激する時間は、小指も、後谿も、それぞれ、30秒~1分くらいでけっこうです。

小指ひねりは、1日に何回やってもかまいません。
例えば、町で信号待ちをしているとき、テレビのCMのときなどに行ってみましょう。

毎日続ければ血圧が下がり安定する!

左手の小指の側面を指ではさみもみするのは、小指の両わきに、二つの経絡が走行しているためです。
小指の内側が心経、小指の外側が小腸経になります。

この二つの経絡は、ともに血圧のコントロールに役立つ経絡として知られています。
特に心経は、心・循環器疾患にかかわりの深い経絡で、かつ、精神的な安定・不安定とも密接に連動しています。

例えば、脈に異常が現れたり、顔色が悪くなっていたり、目に落ち着きがなくなっていたりするなど、心身の異常が目立っているとき、この心経を刺激すれば、気の流れを整えることができるとされています。
しかも、このように脈などに異常が現れているときには、心身の不安定を反映して、血圧が急上昇することも少なくありません。

こうした状態を改善するのに、心経への刺激が役立つのです。
一方、小腸経は、心経と表裏一体となって働く経絡です。

心経と小腸経をいっしょに刺激することで、より効果を高めることができるのです。
また、後谿は、均整術では昔から、血圧の特効ツボとして使われてきました。

試しに、小指ひねりを行う前に、自分の脈を測ってみてください。
脈は、人差し指、中指、薬指の3本の指先の腹を、反対側の手首に当てて測ります。

疲労や寝不足があると、脈にも変化が現れます。
過労や体調の低下は、脈の弱さとなって現れてくることが多いのです。

そういう状況にあるときに、小指ひねりをしてから、もう一度脈を測ると、以前より脈がしっかりしていることがわかるはずです。
脈を測る習慣をつけておくと、自分の体調を知るのにも役立ちます。

小指ひねりは、血圧を下げるのに効果的ですが、それを安定させるためには、根気よく毎日行うことが重要です。

坂本実穂
坂本均整施術所所長

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

コンブの食物繊維と酢は、食後の血糖値の急上昇を防いでくれます。血糖値が急に上がると、インスリンというホルモンが過剰に出て、細胞によけいなものを取り込み肥満につながるのです。【解説】白澤卓二(白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士)


【物忘れの改善】疲労回復にも効果「ニンニク油」大活用レシピ(2)

【物忘れの改善】疲労回復にも効果「ニンニク油」大活用レシピ(2)

物忘れが気になる、体がだるいという人は、ぜひ「ニンニク油」をお試しください。脳神経外科の名医は“ 手作りできる脳の特効薬”と大絶賛。治療にも使うほどその効果を認めています。最近では、高血圧やガンの予防も期待できるとテレビで紹介され話題になりました。今注目の食材です。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【めまい・ふらつきが改善】脳が活性化する「ニンニク油」の効果 認知症患者の反応も回復!

【めまい・ふらつきが改善】脳が活性化する「ニンニク油」の効果 認知症患者の反応も回復!

ニンニク油に含まれるアホエンには、多彩な作用があることが認められています。それらに加えて、私が重要と考えているのが「微小循環」の改善作用です。ニンニク油で微小循環がよくなることで、ひいては脳の神経細胞の活動が活発になり、さまざまな脳機能の改善に役立つと考えられます。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【疲労回復】物忘れが激減する「ニンニク油」大活用レシピ(1)

【疲労回復】物忘れが激減する「ニンニク油」大活用レシピ(1)

物忘れが気になる、体がだるいという人は、ぜひ「ニンニク油」をお試しください。脳神経外科の名医は“ 手作りできる脳の特効薬”と大絶賛。治療にも使うほどその効果を認めています。最近では、高血圧やガンの予防も期待できるとテレビで紹介され話題になりました。今注目の食材です。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【高血圧】脳梗塞は熱中症と間違えやすい! 原則「喉が渇いたら水を飲む。汗をかいたら塩も取る」

【高血圧】脳梗塞は熱中症と間違えやすい! 原則「喉が渇いたら水を飲む。汗をかいたら塩も取る」

心臓病や脳卒中は、心臓や脳が悪化したために起こるのではありません。血液がドロドロになり、動脈硬化が進行した末に起こります。つまり、血管の状態が悪化した結果として、これらの病気は起こるのです。そして、これらの血管病の最大の原因は高血圧です。【解説】高沢謙二(東京医科大学病院健診予防医学センター長、東京医科大学教授)


最新の投稿


【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

歯ぎしりは、口腔内の悪習癖の一つではありますが、実は、役立っている面もあります。その一つが、「唾液の分泌を促す」ということです。試しに、今、少し上下の歯をすり合わせたり、カチカチさせたりしてみてください。唾液が出てくるのがわかるでしょう。【解説】野村洋文(木下歯科医院副院長)


【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

私はJリーグのチェアマン時代からスポーツを通じた健康づくりや地域のスポーツ振興を訴えてきましたが、「つま先立ち体操」の推奨も、その一環と考えています。私が「つま先立ち体操」を続けるようになったのは、娘の一言がきっかけでした。【解説】川淵三郎(日本サッカー協会最高顧問・日本バスケットボール協会エグゼクティブアドバイザー)


【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

コンブの食物繊維と酢は、食後の血糖値の急上昇を防いでくれます。血糖値が急に上がると、インスリンというホルモンが過剰に出て、細胞によけいなものを取り込み肥満につながるのです。【解説】白澤卓二(白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士)


【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は?  (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は本来、再生能力の高い臓器です。例えば、手術で一部を切除しても、時間がたてば肝細胞が再生し、元の大きさに戻ります。しかし、慢性肝炎などが進行すると、肝細胞が次々に破壊され、再生が追いつかなくなります。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

僕は今、世界でただ一人の「空間診断士」という肩書きで仕事をしています。 掃除のやり方を教えているのではなく、掃除に向き合うときの心のあり方をお伝えしています。例えば、誰かが怒っていたり、悲しんでいたりした部屋は、何となく“空気が重い”と感じませんか?【解説】船越耕太(空間診断士)