【血圧を下げる】おなかの「しこり」をほぐすと本態性高血圧・腎性高血圧が改善する

【血圧を下げる】おなかの「しこり」をほぐすと本態性高血圧・腎性高血圧が改善する

私の治療院に見える患者さんのなかには、重篤な病気や痛みを抱えているかたが少なくありません。症状はさまざまですが共通しているのは、おなかにコリがあること。このコリをほぐすことで不調が改善したり痛みが軽減したりします。高血圧の患者さんもおなかにしこりのようなコリがあります。【解説】宮原周(源義堂宮原鍼灸治療院院長)


おなかにできるコリは全身に悪影響を及ぼす

私の治療院に見える患者さんのなかには、重篤な病気や痛みを抱えているかたが少なくありません。
症状はさまざまですが、共通しているのは、おなかにコリがあることです。
このコリをほぐすことで、不調が改善したり、痛みが軽減したりします。
高血圧の患者さんも、おなかにしこりのようなコリがあります。

常に時間に追われ、ストレスの多い現代社会においては、原因となる病気がないのに血圧が上がる「本態性高血圧」の患者さんが増えています。
また、腎臓の機能が低下することで血圧が上がる「腎性高血圧」の患者さんも、少なからず来院します。

今回は、そのどちらのタイプの患者さんにも効果が期待できる「腹つまみ」をご紹介します。

腹つまみは、正式には「按腹法」といいます。
按腹法は、江戸時代にさかんだった家庭療法です。

肩こりという言葉はよく耳にすると思いますが、おなかのコリは聞き慣れないかもしれません。
しかし、コリは肩だけでなく、全身に生じます。
なかでも、おなかにできるコリは、内臓をはじめ、全身に影響を及ぼします。
おなかは人体にとって、特別な場所なのです。

五臓六腑という言葉を聞いたことがあるでしょう。
東洋医学で用いられる言葉で、人間の内臓全体を表します。

五臓六腑は、西洋医学における内臓のみならず、気力や精力を貯蔵する機能も持つとされています。
五臓六腑がバランスよく働くことで、私たちはエネルギーを得て活動することができます。
ところが、おなかにコリがあると、五臓六腑から出るはずの気(生命エネルギー)が滞り、心身に不調が起こるのです。

チクッと感じるところを重点的につまむ

私は現在、東洋医学の世界に身を置いていますが、大学時代は、植物の葉が受ける電磁波の影響を研究していました。

人体が受ける電磁波の影響を考え始めたのは、このころです。
ちょうどパソコンが普及し始め、電磁波にさらされる機会が急激に増えた時期でした。

電磁波を受けると、それがおなかにたまって帯電(電気を帯びること)します。
帯電している場所の皮膚や筋肉がかたく厚くなり、コリが生じるのです。
高血圧の人は、わきの下辺りから骨盤にかけてのわき腹が帯電しやすく、かたくなる傾向があります。

試しに、その辺りをつまんだり、なでたりしてみてください。
かたいコリや、痛む部分が見つかるはずです。

そのコリを解消できれば、気の流れがスムーズになり、五臓六腑の働きも回復して、高血圧が改善します。
高血圧を改善するための、腹つまみのやり方は、上の図解をご覧ください。

帯電しているところをつまむと、電気イオンの+と-が合わさって静電気が起こるため、チクッとした痛みを感じます。
チクッと感じるところを重点的に刺激しましょう。
皮膚は、ごく軽く優しくつまんでください。
つまんだあとが赤くなるようでは強過ぎです。

皮膚が厚かったりかたかったりしてつまみにくいときは、手でなでてもOKです。

ストレスがたまっている人は、胸にも帯電しやすくなります。
鎖骨中心からみずおちにかけて、手で10回さすりましょう。
その場で気分が楽になり、呼吸が深くなります。

腹つまみは、満腹時を避ければ、いつ、何回行ってもけっこうです。
高血圧のセルフケアとして、習慣にしてください。

宮原周
東邦大学理学部生物学科卒業後、鍼灸師免許を取得。都内の病院でガンの緩和ケアに携わったのち、南米パラグアイ共和国で10年間、治療活動を行う。帰国後、源義堂 宮原鍼灸治療院を開業。東洋医学、西洋医学、民間療法を融合した独自の治療に定評がある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【高血圧】手のツボ「合谷」を押すだけで、なぜ血圧が20~30ミリ下がるのか?

【高血圧】手のツボ「合谷」を押すだけで、なぜ血圧が20~30ミリ下がるのか?

高血圧は、自覚症状がほとんどありません。しかし放っておけばやがて動脈硬化を起こし、脳卒中や心筋梗塞といった重大な合併症の引き金になりかねない。まさに、”見えない敵”なのです。そんな〝見えない敵〟とは、どのように戦ったらいいのでしょうか。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学医学部教授(東医療センター内科))


【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

私は、「腸を整えることが健康の要」と考えていますが、その腸を整える食事として「大根おろし」ほど優れた食べ物はないからです。私たちが病気になるのは、今まで日本人が食べてこなかった、体質に合わない食事をするようになったからです。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)


星野源さんもやせた「キャベツダイエット」のやり方 !糖尿病や高血圧も改善する

星野源さんもやせた「キャベツダイエット」のやり方 !糖尿病や高血圧も改善する

キャベツを食べるだけでも、おなかはかなり満たされます。おかずは今までどおりの量でかまいませんが、ご飯を半分程度にします。それでも、私の経験では「おなかいっぱいで、もう食べられない」というくらいの満腹感が味わえます。キャベツの食物繊維の作用で、次回の食事までの空腹感も感じにくくなります。【解説】寺師義典(寺師医院院長)


【血圧を下げる対策】日本人に多い食塩感受性高血圧とは?「しょうゆスプレー」がお勧め

【血圧を下げる対策】日本人に多い食塩感受性高血圧とは?「しょうゆスプレー」がお勧め

日本の食は全般的にヘルシーですが、一つ大きな難点があります。それは塩分が過剰だということです。減塩することはとても重要ですが、高塩分に慣れた人が塩分を減らそうとしても、物足りなさを感じて難しいものです。そこで、まず簡単にできる減塩の入門として私が提唱しているのが「しょうゆスプレー」です。【解説】日下美穂(日下医院院長)


非アルコール性脂肪肝炎(ナッシュ)が改善!生活習慣病を予防する「ファイトケミカルスープ」とは

非アルコール性脂肪肝炎(ナッシュ)が改善!生活習慣病を予防する「ファイトケミカルスープ」とは

私の治療の理想は、患者さんが薬だけに頼るのではなく、食事など生活習慣の重要性に気づいて見直していただくことです。そうすれば、難しい病気であっても改善する可能性はじゅうぶんにあります。【解説】髙橋弘(麻布医院院長・ハーバード大学医学部元准教授)


最新の投稿


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。ここでは「洗濯ばさみ」を使ったツボの刺激方法をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

動脈硬化が進むとともに血栓ができると、その結果として、脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気を招いてしまいます。命に関わるこれらの病気を防ぐために習慣にしてほしいのが、起床後に十分な水分を取ることです。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)