薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和え物)

薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和え物)

ピーナッツに含まれる油は、体内の脂肪を減らす手助けをし、薄皮に含まれるポリフェノールは高い抗酸化作用で体の老化を防いでくれます。健康を意識する人にこそ食べてほしい、薬効高い食材です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ピーナッツをもっと気軽に料理に取り入れられるよう、手間いらずの簡単レシピをご紹介します。
ピーナッツの魅力を、再発見してください!

ラクしておいしく!「ピーナッツ」の簡単ポイント3つ

超簡単!和え物3レシピ

コクうまでご飯にもお酒にも!ピーナッツと塩コンブのカッテージチーズ和え

(各1人分)
エネルギー145kcal
塩分1.5g

【材料】(2人分)
ピーナッツ…約40粒
塩コンブ…10g
カッテージチーズ(裏ごしタイプ)…80g

【作り方】
すべての材料を混ぜ合わせる。

おなじみのコンビにコリコリ新食感!ピーナッツの梅肉おかか和え

(各1人分)
エネルギー96kcal
塩分1.7g

【材料】(2人分)
ピーナッツ…約40粒
梅肉…20g(または梅干し2個の種を取り、果肉を包丁で叩たたく)
カツオ節…5g

【作り方】
すべての材料を混ぜ合わせる。好みで、薄切りにしたキュウリ、ダイコンなどを添える。

チリの辛みにピーナッツの甘さが際立つ!ピーナッツとソーセージのトマトチリ

(各1人分)
エネルギー152kcal
塩分0.8g

【材料】(2人分)
ピーナッツ…約40粒
トマト…小1/2個
ボロニアソーセージ…40g(大型のソーセージ)
ケチャップ…大さじ1
チリペッパー…少々

【作り方】
❶トマトは種を取り粗く刻む。ソーセージは1cm角に切る。
❷すべての材料を混ぜ合わせる。好みで、薄切りにしたパンを添える。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「酢ピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「酢ピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【ダイエット】おなかが固いと痩せない?自然にウエストがくびれる「おなかさすり」のやり方

【ダイエット】おなかが固いと痩せない?自然にウエストがくびれる「おなかさすり」のやり方

加齢による代謝の低下や、過食・運動不足などの生活習慣の乱れ、過労によるストレスなどが原因で、肥満はもたらされます。なにを試してもやせない、痛みが解消しないというかたは、おなかの筋肉の質の悪化が原因かもしれません。まずは、1〜2週間、おなかさすりを続けてみてください。【解説】竹内しのぶ(健康運動指導士・栄養士)


【糖尿病が改善】糖質制限中は「ピーナッツ食」がオススメ 腎硬化症も予防できる!

【糖尿病が改善】糖質制限中は「ピーナッツ食」がオススメ 腎硬化症も予防できる!

糖質制限食の基本は血糖値を上げる糖質(炭水化物)を減らし、減らした分をたんぱく質と脂質で補うことです。ピーナッツにはたんぱく質そして良質な脂質が豊富です。私のクリニックの患者さんに糖質制限食やピーナッツを食べるよう指導してから糖尿病やメタボが改善するなど、すばらしい成果が出ています。【解説】小早川裕之(小早川医院院長)


【血管強化食材】絶品ピーナッツレシピ(酢ピーナッツ・ローストピーナッツ・ピーナッツバター)

【血管強化食材】絶品ピーナッツレシピ(酢ピーナッツ・ローストピーナッツ・ピーナッツバター)

ピーナッツといえば「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


最新の投稿


【歌手・森山良子さん】のどの疲れを一掃し声帯まで潤う!ひとさじの蜂蜜は歌手の私に欠かせない

【歌手・森山良子さん】のどの疲れを一掃し声帯まで潤う!ひとさじの蜂蜜は歌手の私に欠かせない

19歳で歌手デビューし、気づいたら半世紀の月日が経ちました。私が、今もこうして皆様の前で歌えるのは、ハチミツの恩恵が大きいように思います。【体験者】森山良子(1948年生まれ。東京都出身。1967年、『この広い野原いっぱい』で歌手デビュー。)


【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

酢タマネギをメインに据えつつ、タマネギをさまざまな料理に活用していたところ、意外な方面に変化が現れました。なんと、体重が減ってきたのです。もちろん、特にダイエットをしていたわけではありません。【体験談】井田貴美代(仮名・香川県・39歳パート)


【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

高齢者でも簡単にでき、効果の高い動作を厳選した「アザラシポーズ」と「上体起こし運動」を採用し、さまざまな症例の患者さんにこの二つの体操を行ってもらったところ、想像以上の効果が得られました。しっかりと実践したすべての例で、腰痛が改善し、姿勢がよくなったのです。【解説】太田邦昭(太田整形外科院長)


【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

認知症とうつ病は、どちらも高齢者に多く見られる病気です。高齢者のうつ病は、認知症を引き起こす原因の一つとされている一方、認知症がうつを併発することも少なくありません。認知症とうつ病の間には密接な関係があり、二つの病気には似た症状を呈する場合もあるので、取り違えやすいのです。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

半年ほど前にむち打ち症になり、それ以来、首の痛みが続いています。むち打ち症の痛みに効くセルフケアは効果があるでしょうか?【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング