【自律神経の乱れ】原因は酢酸・コリン不足 生活習慣病を改善する食べ物「酢ピーナッツ」

【自律神経の乱れ】原因は酢酸・コリン不足 生活習慣病を改善する食べ物「酢ピーナッツ」

酢ピーナッツは、アセチルコリンの材料を一度に摂取できます。体内でアセチルコリンが増えれば副交感神経が刺激され、血管が拡張しやすくなります。その結果、自律神経の乱れが解消されます。高血圧や糖尿病といった生活習慣病、耳鳴り、めまい、うつなど、さまざまな病気・症状の改善に役立つでしょう。【解説】高木智司(心神診療室院長)


→「酢ピーナッツ」の作り方はコチラ

重要な神経伝達物質を一度に摂取できる!

昨今、現代人の食生活の乱れが問題になっています。
特に私が危惧しているうちの一つが、酸っぱい物=酢酸の摂取不足です。

酢酸は、体内に取り込まれると、クエン酸に変化し、疲労回復効果を発揮します。
酢酸というと、どうしてもクエン酸の効能ばかり注目されがちですが、酢酸自体にも重要な働きがあります。

それは、酢酸には、自律神経のバランスを整える働きが期待できるということです。
自律神経とは、私たちの意志とは無関係に働き、体調を整えている神経です。

自律神経には、正反対の作用を持つ交感神経と副交感神経があり、互いにバランスを取りながら、内臓の働きや血流、体温など、生命維持に必要なあらゆる機能をコントロールしています。
そして、副交感神経を刺激するために必要なのが、アセチルコリンと呼ばれる神経伝達物質です。
副交感神経に働きかけるだけではなく、記憶力などの脳の機能、さらには運動神経を最終的に動かす、自然治癒力の源になります。

アセチルコリンは、酢酸とコリンをもとに、体内で生成されます。
つまり、酢酸が不足すると、アセチルコリンの生成も減ってしまい、自律神経の乱れに直結するだけでなく、脳の機能や運動機能にも悪影響を与えるのです。

一方、酢酸と同じように、アセチルコリンの原料となるコリンの不足も懸念されています。
コリンは、あまねく生物の細胞内に存在している物質です。

これまでは、コリンが不足すると、体内で細胞を分解・供給するため、欠乏することはないと考えられてきました。
しかし、先日、FDA(米国食品医薬品局)が、現代人はコリンが不足しているため、積極的な摂取を推奨するという声明を出したのです。

コリンの不足は、アセチルコリンの欠乏にもつながります。
そこで役に立つのが、ピーナッツを酢に漬けた「酢ピーナッツ」です(基本的な作り方は別記事参照)。

酢の主成分は、酢酸です。
そして、ピーナッツには、レシチンが含まれています。

レシチンは、コリンを作るために役立つ栄養素です。
ダイズや卵に多く含まれますが、ピーナッツにも多く含まれています。
つまり、酢ピーナッツは、アセチルコリンの材料を、一度に摂取することができるわけです。

体内でアセチルコリンが増えれば、副交感神経が刺激され、血管が拡張しやすくなります。
その結果、自律神経の乱れが解消されます。
高血圧や糖尿病といった生活習慣病、耳鳴り、めまい、うつなど、さまざまな病気・症状の改善に役立つでしょう。

ピーナッツの良質な油を酢が吸収しやすく分解

ピーナッツの主な成分は脂肪ですが、その大半は、不飽和脂肪酸と呼ばれる良質な油です。
積極的に摂取したい脂質です。

また、ピーナッツは土の中で育つ希有な豆なので、地中のミネラルをたっぷりと吸収しています。
さらに、ビタミンEやビタミンB3、食物繊維も含まれており、実は、栄養素的にも優秀な健康食材です。

一方、酢には、脂肪を分解する乳化作用があるため、ピーナッツとの相性は抜群です。
ピーナッツの体にいい脂肪を細かく分解して、体内に吸収されやすくしてくれます。

酢ピーナッツは、作り方も簡単なうえ美味です。
もし、食べにくいという人は、レモンの汁や輪切りを加えることで、風味がさわやかになり、食べやすくなります。

また、ペースト状にすれば万能調味料になります。
そして、みそとも好相性です。

前述のとおり、ダイズにはレシチンが豊富です。
ダイズの発酵食品であるみそと、酢ピーナッツを組み合わせて料理に活用すれば、よりアセチルコリンの生成を促せます。

なお、用意する酢はお好みでかまいませんが、3年以上熟成した物を使うと、より健康効果を引き出してくれるでしょう。
私のお勧めは、黒酢です。

各種アミノ酸が豊富で、体を温める効果も期待できます。
ピーナッツは、薄皮ごと漬けましょう。

薄皮には、レスベラトロールという、多くの健康効果が実証されているポリフェノールが含まれているので、食べない手はありません。
酢ピーナッツは、さまざまな料理と合います。

サラダといっしょに食べるなど、1日10~20粒を目安に、自分好みの食べ方を見つけてください。

酢ピーナッツの作り方

高木智司
心神診療室院長。日本自律神経病研究会理事。1984年、名古屋大学医学部卒業。2002年に心神診療室を開院。食生活などの生活習慣の改善から、体が本来持つ免疫力を高めることで、病気を根本から治す治療に力を入れている。著書に『「首に枕をする」と腰痛が治る』(マキノ出版)などがある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【肌が若返る】シミ・シワ 肌トラブルを改善する「1円玉療法」のやり方

【肌が若返る】シミ・シワ 肌トラブルを改善する「1円玉療法」のやり方

体に1円玉をはるだけで、ひざ痛、腰痛、耳鳴りなど、痛みや不調に即効性があると大人気の「1円玉療法」。効くのはそれだけではありません。アンチエイジングにも有効なのです。今月号では、シミやシワ、抜け毛の改善といった美容や若返りに効果的なはり方をご紹介します。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

看護師として約10年、病院に勤務し、多くの患者さんと接する中で、私は西洋医学だけでできることには限界があるのではないかと感じていました。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師)


【高血圧】「味噌汁」は控えなくてよい!“みそ”には減塩効果があると臨床試験で証明

【高血圧】「味噌汁」は控えなくてよい!“みそ”には減塩効果があると臨床試験で証明

「あなたは血圧が高いので、塩分の多いみそ汁を控えてください」。そう、医師に注意されたことはありませんか?しかし「みそ汁を飲むと血圧が上がる」という常識は大間違いだったのです。臨床試験の結果から、1日2杯程度のみそ汁を飲んでも、血圧には影響しないと明確に証明されました。【解説】上原誉志夫(共立女子大学教授・医学博士)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。ここでは「洗濯ばさみ」を使ったツボの刺激方法をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


最新の投稿


【子どものアレルギー】善玉菌を増やす「発酵キャベツ」で腸内環境を整えるのがお勧め 自閉症改善にも

【子どものアレルギー】善玉菌を増やす「発酵キャベツ」で腸内環境を整えるのがお勧め 自閉症改善にも

キャベツは、食物繊維がとても豊富で、ふだんの食生活で不足しがちな食物繊維を補うことができる食材です。これを発酵させることで、乳酸菌たっぷりになり、その乳酸菌が腸の中で善玉菌を増やしてくれるため、便秘をはじめとする腸の不調を改善してくれるのです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・医学博士)


【自律神経を整える】セロトニン分泌を促し手軽に免疫力がアップする「ハワイの朝日呼吸」の効果

【自律神経を整える】セロトニン分泌を促し手軽に免疫力がアップする「ハワイの朝日呼吸」の効果

自然に触れると、自然の波長と人体の波長が心地よく混ざり合います。これは人体にヒーリング効果を生むと言われています。ハワイをイメージしながら行う「ハワイの朝日呼吸」でも、それに近い効果が得られると思います。【解説】川嶋朗(東京有明医療大学保健医療学部教授・医師)


【二重あご】若返りホルモンが分泌!顔の歪みも取る「舌回し」 の効果

【二重あご】若返りホルモンが分泌!顔の歪みも取る「舌回し」 の効果

「年を取るにつれ、ほおやあごがたるんで二重あごになってきた」そう感じている人は多いのではないでしょうか。実は、簡単な方法で、たるみや二重あごを撃退し、若いころのようなシャープなフェイスラインに戻せるのです。その方法とは、私の推奨する「舌回し」です。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部歯科補綴学第一講座主任教授)


【口呼吸・イビキが改善】美容と健康維持に役立つ「舌回し」15の効果

【口呼吸・イビキが改善】美容と健康維持に役立つ「舌回し」15の効果

私が推奨している「舌回し」は、顔のたるみや二重あご、シミ、シワ、ほうれい線といった美容トラブルの改善にすぐれた効果を発揮します。ですが、舌回しの効果は美容面だけにとどまりません。全身のさまざまな不快症状も改善してくるのです。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部歯科補綴学第一講座主任教授)


【整形なしで】2週間で効果!たるみが取れて顔が変わる「舌回し」のやり方

【整形なしで】2週間で効果!たるみが取れて顔が変わる「舌回し」のやり方

舌回しは、顔やのどにある表面の筋肉だけでなく、インナーマッスルを鍛えてバランスを整えます。顔のたるみやゆがみを取り、笑顔がとてもさわやかになります。 簡単ですが、効果は絶大です。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部教授)