【便秘改善】には「はと麦」がお勧め 腸の水分を調節し下痢にも効く

【便秘改善】には「はと麦」がお勧め 腸の水分を調節し下痢にも効く

漢方の古典である『本草綱目』にも、ハトムギは胃腸の働きを活発にするとあります。胃腸の消化・吸収がよくなるので、体に活力も湧いてきます。また、ハトムギには食物繊維が多く、腸のぜん動運動(便を送り出す動き)を促進します。その面でも便秘の改善に役立ちます。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長・国際自然医学会会長)


内科医の父はハトムギを研究しガン患者に推奨

私は長年、自然食を勧める運動を行い、玄米菜食を実践してきました。
私のクリニックに来られる患者さんにも、玄米菜食を柱とした食事指導を行っています。
なぜ玄米菜食が優れているのか。それは、進化の歴史を見れば明らかです。
海で発生した生物は、やがて陸に上がりますが、先に陸に上がったのは植物でした。

動物は、それに遅れること数千万年以上です。
その間、植物は太陽光を利用して炭水化物を合成する光合成という生理機能を獲得しました。

この炭水化物(植物の実)が、動物の食料の原点です。
したがって、我々人間にとって、炭水化物を中心とする玄米菜食はあたりまえなのです。
その炭水化物のなかでも、やせた土地でよく育ち、病虫害が少なく、生命力の強い食品が「雑穀」です。
そして私が、特にお勧めしている雑穀の一つが「ハトムギ」です。

イネ科の植物で、中国では古くからヨクイニンという生薬(漢方薬の原材料)として使われてきました。
ヨクイニンは、ハトムギの殻や皮を取り除いた子実(別記事参照)です。

私がハトムギに興味を持ったのは、内科医だった父が、一時期、ハトムギとジュズダマ(ハトムギに似たイネ科の植物)の研究に身を投じていたからです。
食料も薬も乏しかった戦中戦後、自然の植物からなんとか薬を作ろうと必死だったのでしょう。

父の作ったハトムギ茶には抗腫瘍作用があり、父はガンの患者さんに勧めていました。
その印象が強く残っていることと、その後にハトムギを試した実感から、私もハトムギを患者さんに勧めるようになりました。

特に、ガンや腎臓病、胃腸障害、便秘、痔などの患者さんには、積極的にとるように指導しています。

腸の水分を調節し便秘にも下痢にも効く

ハトムギには、多様な作用があります。
その代表的なものが、利水作用でしょう。

ハトムギの利尿作用は、昔からよく知られています。
体の中の余分な水分をどんどん外に排泄する作用です。
それによって腎臓の負担を軽くして、弱っている腎機能を高めます。

それだけではありません。
体内に水分が不足しているとき、水を集めて潤す作用もあります。
優れた自然食は、余分なものの排出だけでなく、足りないものを補うという、両方向の生理機能を持つのです。
足りない水分が補われると、胃や腸も潤って働きがよくなります。

漢方の古典である『本草綱目』にも、ハトムギは胃腸の働きを活発にするとあります。
胃腸の消化・吸収がよくなるので、体に活力も湧いてきます。

また、ハトムギには食物繊維が多く、腸のぜん動運動(便を送り出す動き)を促進します。
その面でも便秘の改善に役立ちます。
一方で、下痢にも効きます。

前述したハトムギの利水作用によって、腸の余分な水分が調節されるからです。
ここにも、下痢と便秘を改善するという、ハトムギの両方向の機能が見られます。

こうして腸の働きがよくなれば、肌もキレイになります。
漢方では、腸と皮膚は同じものととらえられています。

人間の体を空気の抜けたゴムまりにたとえると、指でグーッと押してくぼんだところが腸で、その外側が皮膚です。
腸も皮膚も同じものから発生した組織で、組織学的にも同じ上皮細胞です。
したがって、腸によいものは皮膚にもよく、腸がきれいになれば皮膚もキレイになるのです。

ハトムギは昔から、イボ取りの妙薬として有名です。
イボは体の外にできた腫れ物ですが、体内にできたポリープやガン、痔も、イボと同じ腫れ物の一種です。
ですから、イボが取れるように、ポリープやガン、痔も消えると考えられます。

ガンや痔は、血液の汚れや滞りがその主な原因といえます。
ハトムギで腸がきれいになり、血液の質がよくなることで、ガンや痔などは少しずつ改善するでしょう。

さらに、ハトムギには、体の免疫力をアップする強い働きもあるので、イボやガン、ポリープに効くといえます。

そういう多面的な考察をしなければ、ハトムギのほんとうの姿は見えてきません。
このように多様な健康効果を持つハトムギを手軽にとる方法として、私はハトムギ玄米ご飯やハトムギ茶を勧めています。

ハトムギ玄米ご飯は、玄米10に対してハトムギを1か2加えて、圧力鍋や炊飯器(玄米モード)で炊きます。
これにアズキをハトムギと同量足すと、利尿・解毒作用がさらに高まります。

ハトムギ茶は、殻や皮、子実を焙煎してお茶にした物です。
多くの有効成分を含んでいますから、緑茶のかわりに飲むとよいでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

看護師として約10年、病院に勤務し、多くの患者さんと接する中で、私は西洋医学だけでできることには限界があるのではないかと感じていました。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

私は診療でヒプノセラピー(催眠療法)を用いています。催眠を特別な状態と感じられるかもしれませんが、誰でも1日に十数回は催眠状態を体験しています。起床時や就寝前の意識がぼんやりしているとき、瞑想やヨガなどをして心静かにしているときは、実は催眠状態にあります。【解説】萩原優(イーハトーヴクリニック院長)


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない の2タイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


最新の投稿


【子どものアレルギー】善玉菌を増やす「発酵キャベツ」で腸内環境を整えるのがお勧め 自閉症改善にも

【子どものアレルギー】善玉菌を増やす「発酵キャベツ」で腸内環境を整えるのがお勧め 自閉症改善にも

キャベツは、食物繊維がとても豊富で、ふだんの食生活で不足しがちな食物繊維を補うことができる食材です。これを発酵させることで、乳酸菌たっぷりになり、その乳酸菌が腸の中で善玉菌を増やしてくれるため、便秘をはじめとする腸の不調を改善してくれるのです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・医学博士)


【自律神経を整える】セロトニン分泌を促し手軽に免疫力がアップする「ハワイの朝日呼吸」の効果

【自律神経を整える】セロトニン分泌を促し手軽に免疫力がアップする「ハワイの朝日呼吸」の効果

自然に触れると、自然の波長と人体の波長が心地よく混ざり合います。これは人体にヒーリング効果を生むと言われています。ハワイをイメージしながら行う「ハワイの朝日呼吸」でも、それに近い効果が得られると思います。【解説】川嶋朗(東京有明医療大学保健医療学部教授・医師)


【二重あご】若返りホルモンが分泌!顔の歪みも取る「舌回し」 の効果

【二重あご】若返りホルモンが分泌!顔の歪みも取る「舌回し」 の効果

「年を取るにつれ、ほおやあごがたるんで二重あごになってきた」そう感じている人は多いのではないでしょうか。実は、簡単な方法で、たるみや二重あごを撃退し、若いころのようなシャープなフェイスラインに戻せるのです。その方法とは、私の推奨する「舌回し」です。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部歯科補綴学第一講座主任教授)


【口呼吸・イビキが改善】美容と健康維持に役立つ「舌回し」15の効果

【口呼吸・イビキが改善】美容と健康維持に役立つ「舌回し」15の効果

私が推奨している「舌回し」は、顔のたるみや二重あご、シミ、シワ、ほうれい線といった美容トラブルの改善にすぐれた効果を発揮します。ですが、舌回しの効果は美容面だけにとどまりません。全身のさまざまな不快症状も改善してくるのです。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部歯科補綴学第一講座主任教授)


【整形なしで】2週間で効果!たるみが取れて顔が変わる「舌回し」のやり方

【整形なしで】2週間で効果!たるみが取れて顔が変わる「舌回し」のやり方

舌回しは、顔やのどにある表面の筋肉だけでなく、インナーマッスルを鍛えてバランスを整えます。顔のたるみやゆがみを取り、笑顔がとてもさわやかになります。 簡単ですが、効果は絶大です。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部教授)