【歯科医推奨】その歯の痛みは「噛みしめ」が原因かも?TCH対策には「耳たぶ回し」を

【歯科医推奨】その歯の痛みは「噛みしめ」が原因かも?TCH対策には「耳たぶ回し」を

私の治療経験上「歯が痛い」と訴えて歯科医院に来る患者さんのうち、約半数はムシ歯が原因ではありません。歯痛は歯周病や知覚過敏も多いですが「噛みしめ(TCH)」も無視できません。嚙みしめ癖があるかどうかは、口の中を見るとすぐにわかります。【解説】山嵜智浩(かしの木歯科医院院長)


山嵜智浩
2002年日本大学歯学部卒業後、2010年かしの木歯科医院開業。診察で患者の耳たぶを回して、あごや耳の近くの筋肉の状態を調べている。

歯の痛みの原因は嚙みしめかもしれない

 私の治療経験上、「歯が痛い」と訴えて歯科医院に来る患者さんのうち、約半数はムシ歯が原因ではありません。
 驚かれるかもしれませんが、目立ったムシ歯がないにもかかわらず、歯痛を訴える患者さんは多くいらっしゃいます。

 では、何が痛みを引き起こしているのでしょうか。歯周病や知覚過敏も多いですが、無意識に行っている「嚙みしめ」も無視できません。
 嚙みしめというと、グッと歯を食いしばるイメージをされるかもしれません。

 しかし実は、上下の歯が少しでも触れている時点で、嚙みしめの問題が起こっています。
 そもそも上下の歯は、正常な状態であれば、くちびるを閉じているときでも2~3mmの隙間があります。

 正常な状態であれば、上下の歯が接触するのは、物を嚙むときや言葉を発するときだけで、1日の合計で十数分程度といわれています。
 ところが、骨格のずれや強いストレスを抱え続けるなどの理由で、上下の歯が持続的に接触している人がいます。この状態を歯科学では「TCH」と呼び、嚙みしめと判断します。

 注意しなければならないのは、強い力で嚙みしめている人はもちろんのこと、上下の歯が触れているだけでも嚙みしめに当たるということです。
 歯と歯が触れているということは、本人が思っている以上に多大なストレスが歯やあご、側頭部や首、背中の筋肉にかかります。
 この状態が慢性的に続くと、歯やあごに痛みや違和感をもたらします。嚙みしめが原因の歯の痛みは朝の寝起きに多く、口が開きにくくなるという症状が出ることもあります。
 それだけでなく、片頭痛や肩こりにも関係があるのではないかといわれています。

嚙みしめていると口の中に白い線が出る

 この嚙みしめ癖があるかどうかは、口の中を見るとすぐにわかります。嚙みしめる人は、ほおの内側の粘膜に、歯に沿った横向きの白い線(圧痕)があります。

 強く嚙みしめている人は、線がはっきりしているので、自分の舌先で触ってもわかります。

「嚙みしめぐせ」自体は無意識にしていることでもあり、矯正するのは難しいのですが、それによるトラブルを緩和する方法があります。ここでご紹介する「耳たぶ回し」です。

 これは耳たぶをひっぱって回すことで、過度に緊張しているあご周辺や側頭部の筋肉をほぐす方法です。
 患者さんに指導したところ、慢性的な歯やあごの痛み、さらには片頭痛や肩こりなども解消されたと喜ばれています。

 
 「耳たぶ回し」のポイントを述べましょう。(「耳たぶ回し」の詳しいやり方は別記事をご参照ください。)

 まず両耳たぶを両手の親指と人さし指でつまみます。そのさい、指に力を入れすぎないように注意します。子どものほっぺたを「ムニュッ」とするときくらいの力加減です。
 そして、耳たぶをひっぱりながら、大きく円を描くようにして時計回りや、反時計回りに各10回ずつ回します。
 問題がない人は、このように耳たぶを回しても、ぜんぜん痛くないものです。

 ところが、嚙みしめが習慣化している人は、かなりの痛みを感じるはずです。なかには耳たぶを回しているときに、ゴリゴリと音がする人がいるかもしれません。痛みや、そのほかの違和感があれば、無理はせずに「少し痛いけど気持ちいい」くらいの力で行いましょう。

 こうして耳たぶ回しをすると、終わったころにはぐにゃぐにゃとまるで赤ちゃんの耳のように軟らかくなり、頭の中心辺りがポカポカと温まります。
 口が開きやすくなる感覚を覚えるかたも多いです。マッサージをしたときのように血行がよくなり、緊張していた口周辺や側頭部、首や背中の筋肉がゆるむためと考えられます。

 耳たぶ回しは1回30秒、1日に5回ほど、朝起きた後や夜寝る前、できれば食事の前にも行うのがお勧めです。
 1週間ほど続けると、耳を回すさいの痛みがしだいに起こらなくなっていきます。

耳たぶ回しでムシ歯も防げる

 私が耳たぶ回しを指導した患者さんの中には、家族から「歯ぎしりがなくなった」と言われたかたもいらっしゃいます。

 おもしろい例では、「目が大きくなった」と言っていたかたもいました。おそらく、頭部の筋肉の緊張が解消されたことで、まぶたが開きやすくなったのではないでしょうか。

 また、耳たぶ回しはムシ歯の予防にも有効です。
 嚙みしめぐせのある人は、歯に余計な負担がかかるので、歯の表面に傷ができたり、歯と歯ぐきの境目が削れたりします。そこは細菌が侵入しやいため、ムシ歯にもなりやすいのです。

 ですから、特に歯の痛みや歯ぎしりなどのトラブルがない人も、口腔ケアの一環として耳たぶ回しを行ってください。

→「耳たぶ回し」のやり方はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【口呼吸・イビキが改善】美容と健康維持に役立つ「舌回し」15の効果

【口呼吸・イビキが改善】美容と健康維持に役立つ「舌回し」15の効果

私が推奨している「舌回し」は、顔のたるみや二重あご、シミ、シワ、ほうれい線といった美容トラブルの改善にすぐれた効果を発揮します。ですが、舌回しの効果は美容面だけにとどまりません。全身のさまざまな不快症状も改善してくるのです。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部歯科補綴学第一講座主任教授)


【高血圧】手のツボ「合谷」を押すだけで、なぜ血圧が20~30ミリ下がるのか?

【高血圧】手のツボ「合谷」を押すだけで、なぜ血圧が20~30ミリ下がるのか?

高血圧は、自覚症状がほとんどありません。しかし放っておけばやがて動脈硬化を起こし、脳卒中や心筋梗塞といった重大な合併症の引き金になりかねない。まさに、”見えない敵”なのです。そんな〝見えない敵〟とは、どのように戦ったらいいのでしょうか。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学医学部教授(東医療センター内科))


【白ごま油うがい】は鼻炎、鼻づまりの解消作用あり 口臭、歯周病にも効果

【白ごま油うがい】は鼻炎、鼻づまりの解消作用あり 口臭、歯周病にも効果

クリニックに来院される患者さんのなかには、口腔にトラブルを抱えている人が少なからずいらっしゃいます。例えば「のどが渇く」「イガイガする」「口内炎ができやすい」「歯や歯肉が痛い」といった症状です。このような患者さんに私がお勧めしているのが、白ゴマ油を使ったうがいです。【解説】戸舘亮人(ナチュラルファミリークリニック院長)


【ドライマウスを改善】唾液の分泌を促進する「昆布水」で歯周病や口臭、虫歯を予防できると歯科医が推奨

【ドライマウスを改善】唾液の分泌を促進する「昆布水」で歯周病や口臭、虫歯を予防できると歯科医が推奨

「口の中が乾いて夜中に目が覚める」「朝、起きたときに口の中が乾いてネバネバする」といった症状が「ドライマウス」です。唾液には抗菌作用や粘膜保護作用、自浄作用など、多くの働きがあり、分泌量が減少すると、虫歯や歯周病、口臭、加齢臭などの原因になります。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


【白ごま油】うがいのやり方 薄毛・白髪対策に効果のある健康法 歯周病も予防

【白ごま油】うがいのやり方 薄毛・白髪対策に効果のある健康法 歯周病も予防

白ゴマ油うがいは、毛髪トラブルだけでなく、シワやシミ、疲れ目、難聴など、老化による症状全般の改善に役立ちます。また、口腔内を清潔にするので、虫歯、口内炎、歯肉炎などの予防・改善にもつながります。ぜひ一度、お試しください。【解説】蓮村誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)


最新の投稿


【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

人間は、よほどのことがない限り、自分で自分の体を治す力を持っています。足の刺激法などのほうが、薬よりはるかに上であって、まず試すべきものです。足を刺激することによって、その人が本来持っている、治る力を活性化させることができるからです。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科院長)


【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

足裏たたきを続けていると、胃腸や肝臓や膵臓の不調、肺をはじめとした呼吸器の不調、心臓の不調、血管の問題、腎臓や泌尿器の不調、腰痛や首の痛み・こりなどが、次々によくなっていきます。同時に、肌もきれいになり、姿勢もよくなって若々しく生まれ変われるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

病気になる前に、その原因を遠ざける。もし病気になったとしても、自然の回復を促す。それが足裏たたきのすぐれた効能です。やり方を身につければ、あなたにとって、必ず一生の宝になります。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

刺激して痛みを感じる部位があれば、そこは体の巡りが悪く詰まっている証拠です。重点的にたたいたり、もんだりしてください。詰まりが取れて全身の血の巡りが一気によくなり、目も頭もスカッとします。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

生野菜は、胃の粘膜を荒らすため、胃が疲れているときにサラダを食べるのはよくありません。しかし、同じ野菜でも、発酵させた水キムチなら、胃に優しく作用するので安心です。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長)