【血圧が下がる】降圧剤を処方されるほどの血圧が「耳ひっぱり」で改善!

【血圧が下がる】降圧剤を処方されるほどの血圧が「耳ひっぱり」で改善!

私は2016年に、頭がボーッとしたり、ふらついたりするようになりました。不安に思って診療所で診てもらったところ、最大血圧が150〜160mmHg(正常値は最大血圧140mmHg未満、最小血圧90‌mmHg未満)あることがわかりました。【体験談】水門常治(理容師・81歳)


雑誌で耳ひっぱりを見て独自にアレンジ

 私は2016年に、頭がボーッとしたり、ふらついたりするようになりました。不安に思って診療所で診てもらったところ、最大血圧が150〜160mmHg(正常値は最大血圧140mmHg未満、最小血圧90‌mmHg未満)あることがわかりました。
 医師からは、「高すぎるので下げなさい」と言われ、減塩の指導とともに、降圧薬を処方されました。

 血圧を下げるため、ほかにも自分でできることはないかと考えていたとき、雑誌で「耳ひっぱり」を知りました。耳をひっぱることをくり返すだけで、血流がよくなり、血圧にもよい効果があると紹介されていたのです。簡単そうなので、やってみることにしました。

 ただし、やり方は、自分で少し変えました。その記事では、右手を頭の上から回して左耳をひっぱるという方法が紹介されていましたが、私にはちょっとやりにくかったからです。そこで、自分で無理なくできるやり方を考えて、次のようにやることにしました。

①左耳の上のほうを左手で持つ。
②頭に沿わせる感じで上にひっぱる。
③ひっぱった状態で、20秒ほどたった後、手を離す。これを5回くり返す。
④右も同じようにする。
 この耳ひっぱりを、1日に朝昼晩と3回行います。


 耳ひっぱりをすると、耳が熱くなってきて、全身の血の巡りがよくなるのがわかります。そして、耳の聞こえがよくなった感じがします。
 耳ひっぱりを続けるうち、血圧が次第に下がってきました。

 半年ほど続けている今では、最大血圧が125mmHg、最小血圧が85‌mmHgくらいで安定しました。血圧が高いときに悩まされていた、頭のふらつきやボーッとすることもなくなったのです。

 ほかにも健康法をやっていますが、耳ひっぱりで血流をよくしている効果が大きいと感じています。もちろん、これからも続けるつもりです。

深い呼吸で効果がさらに高まる!(ハーモニースペースdeヨガ主宰・薄久美子)

 水門さんのように、やり方を自分で変えてもいいので、ほどよい力加減で、耳をひっぱることを習慣にするのが大切です。長く続けることで血流がスムーズになり、循環もよくなります。それが血圧の改善につながったのでしょう。
 ひっぱるさいには、深く吸って、深く吐くように呼吸も意識しましょう。酸素の巡りもよくなり、睡眠の質が高まり、血圧もより安定するはずです。

→「耳ひっぱり」の基本のやり方はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


耳ひっぱり 高血圧

関連する投稿


【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

「年々、体重が増えてきている」「最近お通じが悪くて困っている」「血糖値が高いのが気になる」。そんな人にお勧めしたいのが、4種の野菜の自然な甘みが凝縮した「甘い野菜スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

体は食べた物からできているので食事の内容は重要です。玄米には、多くの栄養素と有効成分が含まれていて、高血圧・動脈硬化・脂質異常症・糖尿病などの生活習慣病や、便秘、ガン、認知症、花粉症・アトピー・ぜんそくなどのアレルギー症状に対し、強力な予防・改善効果を発揮します。【解説】島村善行(島村トータル・ケア・クリニック院長)


【ひろのば体操】子どもの足が速くなり転ばなくなった「足指のばし」のやり方 膝痛や冷えも改善する

【ひろのば体操】子どもの足が速くなり転ばなくなった「足指のばし」のやり方 膝痛や冷えも改善する

私が目指す薬や手術に頼らない医療の治療の柱は、鼻呼吸と足指を伸ばすこと。「鼻呼吸」については、内臓や血管を調整する自律神経が整い、病気や老化を予防・改善できるということがずいぶん認知されてきました。一方「足の指を伸ばす」ことについてはまだその重要性が広まっていないようです。【解説者】今井一彰(みらいクリニック院長)


【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

ハチミツは、糖の代謝を高める働きがあり、大量にとらないかぎり、血糖値は上がりにくいのです。さらに、毒素を浄化する働きによって、胃腸のケアにも役立ちます。便秘や下痢などの排泄異常の改善、ダイエットや美肌効果も期待できるでしょう。【解説者】蓮村誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)


【糖尿病が改善】ウォーキング後の「チーズ」摂取で筋力がアップ!生活習慣病を予防できる

【糖尿病が改善】ウォーキング後の「チーズ」摂取で筋力がアップ!生活習慣病を予防できる

「ウォーキング後にチーズなどの乳製品を食べると、筋力がアップするうえに、生活習慣病の予防・改善にも役立つ」ことが、私たちの研究で判明しました。さらに最近の研究では、インターバル速歩後に乳製品をとると、実際に糖尿病や動脈硬化が改善することもわかりました。【解説】能勢博(信州大学大学院医学系研究科教授)


最新の投稿


【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

高齢者でも簡単にでき、効果の高い動作を厳選した「アザラシポーズ」と「上体起こし運動」を採用し、さまざまな症例の患者さんにこの二つの体操を行ってもらったところ、想像以上の効果が得られました。しっかりと実践したすべての例で、腰痛が改善し、姿勢がよくなったのです。【解説】太田邦昭(太田整形外科院長)


【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

認知症とうつ病は、どちらも高齢者に多く見られる病気です。高齢者のうつ病は、認知症を引き起こす原因の一つとされている一方、認知症がうつを併発することも少なくありません。認知症とうつ病の間には密接な関係があり、二つの病気には似た症状を呈する場合もあるので、取り違えやすいのです。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

半年ほど前にむち打ち症になり、それ以来、首の痛みが続いています。むち打ち症の痛みに効くセルフケアは効果があるでしょうか?【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【骨粗鬆症】原因は加齢・女性ホルモンの2タイプ 「あずきの煮汁」で折れにくい骨になる!

【骨粗鬆症】原因は加齢・女性ホルモンの2タイプ 「あずきの煮汁」で折れにくい骨になる!

加齢によって「骨芽細胞と破骨細胞」二つの細胞のバランスがくずれていきます。骨芽細胞の働きが低下すると骨の形成が滞り老人性骨粗鬆症になります。これは男女同比率で起こります。「女性は骨粗鬆症になりやすい」といわれるのは女性ホルモンに関係する骨粗鬆症があるからです。【解説者】伊藤智広(三重大学大学院生物資源学研究科准教授)


【椅子の座り方】首の痛みが改善する姿勢 首・肩・背中・腰が疲れない方法を紹介

【椅子の座り方】首の痛みが改善する姿勢 首・肩・背中・腰が疲れない方法を紹介

首の痛みを招く生活習慣は人それぞれですが、なかでも最も多いのが「イスの座り姿勢」が悪いパターンです。頭が前に出て背中が丸まったネコ背の姿勢は、首に大きな負担をかけます。そこで、まずは首にやさしいイスの座り姿勢について述べましょう。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング