【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

高齢者でも簡単にでき、効果の高い動作を厳選した「アザラシポーズ」と「上体起こし運動」を採用し、さまざまな症例の患者さんにこの二つの体操を行ってもらったところ、想像以上の効果が得られました。しっかりと実践したすべての例で、腰痛が改善し、姿勢がよくなったのです。【解説】太田邦昭(太田整形外科院長)


太田邦昭
名古屋市立大学医学部卒業。医学博士。日本整形外科学会専門医、日本リウマチ学会専門医、日本医師会認定健康スポーツ医。運動器疾患を専門に治療・予防をする整形外科、健康運動施設で生活機能の維持・向上を図るフィットネスクラブ、リハビリに特化した介護保険サービスを提供するデイケアを複合した医療法人「大岩の森」を開設。運動器疾患の治療、ロコモやメタボ対策、高齢者の運動器不安定症などに、幅広く対応している。

らくに歩けるようになり涙を流して喜んだ

 私が院長を務める整形外科には、多くの高齢者が受診されます。腰痛や、骨粗鬆症による腰の曲がり、痛みで困っておられる高齢の患者さんをらくにできないだろうかと、ずっと思っていました。
 そこで、リハビリテーションとしての腰痛体操を考えたのですが、それまで提唱されていた腰痛体操はどれも動きが複雑で、高齢者に覚えて実践してもらうには難しいものでした。

 理論を学ぶうちに、それらの体操の中から高齢者でも簡単にでき、効果の高い動作を厳選して採用しました。それが先にご紹介した「アザラシポーズ」と「上体起こし運動」です。
 さまざまな症例の患者さんにこの二つの体操を行ってもらったところ、想像以上の効果が得られました。しっかりと実践したすべての例で、腰痛が改善し、姿勢がよくなったのです。

 実際の変化を何名かご紹介したいと思います。

 腰痛で、歩行が困難だと訴える70歳の女性に、アザラシポーズを指導したところ、その場で腰痛が軽減したばかりか、姿勢がよくなっていました。
 腰椎の前湾が改善し、後傾していた骨盤が立ち、ヒップアップしたのです。この女性は、腰痛や姿勢が改善することで、歩行も容易になり、涙を流して感激しておられました。

→「アザラシポーズ」のやり方はコチラ

背すじがピンと伸び見た目が10歳若返った

 腰椎圧迫骨折で通院しておられた77歳の男性の改善も顕著です。腰椎圧迫骨折とは、腰にある背骨(腰椎)のうち一つ以上が、体重を支えきれずにつぶれてしまう骨折です。

 寝たきりになるリスクが大きいため、痛みを軽減する処置に加えて、服薬や運動で骨密度を上げる必要があります。このかたはアザラシポーズをコツコツ続けられ、しだいに痛みや姿勢が改善していきました。2年後には背すじがピンと伸び、見た目が10歳若返って、別人のように見えました。

 驚いたのは、急性腰痛症(ギックリ腰)で受診された42歳の女性です。腰が伸びないとおっしゃるので、X線を撮ると腰椎の前方の椎間板(椎骨と椎骨との間でクッションの役割をしている軟骨)の前方がつぶれて狭くなっていました。しかし、この体操を行った直後、それが解消され、痛みも消えて腰が伸びるようになっていたのです。

 実は、このアザラシポーズが効果的なのは、腰痛だけではありません。
 変形性ひざ関節症でつえを使わないと歩けなかった78歳の女性は、歩行時のひざの痛みに加えて腰痛にも困っておられたので、これらの体操を指導しました。診察台から下りて歩いてもらうと、ひざも腰も痛みなく歩けたため、非常に喜んでおられました。

 腸腰筋をストレッチすると、股関節やひざ関節の動きがよくなり、足をまっすぐ踏み出せるようになります。すると、歩幅が大きくなり、かかとで接地してつま先から離れる正しい歩行ができるようになって、ひざ痛や座骨神経痛、頸椎症の改善にもつながります。
 痛みに苦しめられない毎日のために、ぜひお試しください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

病気になる前に、その原因を遠ざける。もし病気になったとしても、自然の回復を促す。それが足裏たたきのすぐれた効能です。やり方を身につければ、あなたにとって、必ず一生の宝になります。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【肌が若返る】シミ・シワ 肌トラブルを改善する「1円玉療法」のやり方

【肌が若返る】シミ・シワ 肌トラブルを改善する「1円玉療法」のやり方

体に1円玉をはるだけで、ひざ痛、腰痛、耳鳴りなど、痛みや不調に即効性があると大人気の「1円玉療法」。効くのはそれだけではありません。アンチエイジングにも有効なのです。今月号では、シミやシワ、抜け毛の改善といった美容や若返りに効果的なはり方をご紹介します。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【整形外科医】手は露出した脳?「指ヨガ」で腰痛・ひざ痛も緩和する!

【整形外科医】手は露出した脳?「指ヨガ」で腰痛・ひざ痛も緩和する!

指ヨガは呼吸と意図のもと「指をもむ」ことによって全身でヨガをやっているのと同じような効果が得られるというものですが、実は指をもむことの大切さを説くのはヨガだけではありません。西洋医学でも、手は体の中で特化された分野で、整形外科でも早くから「手の外科」として確立されてきました。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

看護師として約10年、病院に勤務し、多くの患者さんと接する中で、私は西洋医学だけでできることには限界があるのではないかと感じていました。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師)


【肩こりの原因】は“手首”のねじれにあり!コリも首痛も改善するストレッチとは

【肩こりの原因】は“手首”のねじれにあり!コリも首痛も改善するストレッチとは

私の整体院では、患者さんが来院されたとき、初めに、手首の状態を見ます。それは、肩こり、腰痛、頭痛、背部痛、五十肩などの体のいろいろな痛みや不具合に、手首の骨のずれが関係している場合が多いからです。その際、私が患者さんに勧めているのが、「手首ストレッチ」です。【解説】中村守(『よくなる整体院』グループ代表)


最新の投稿


【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

歯ぎしりは、口腔内の悪習癖の一つではありますが、実は、役立っている面もあります。その一つが、「唾液の分泌を促す」ということです。試しに、今、少し上下の歯をすり合わせたり、カチカチさせたりしてみてください。唾液が出てくるのがわかるでしょう。【解説】野村洋文(木下歯科医院副院長)


【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

私はJリーグのチェアマン時代からスポーツを通じた健康づくりや地域のスポーツ振興を訴えてきましたが、「つま先立ち体操」の推奨も、その一環と考えています。私が「つま先立ち体操」を続けるようになったのは、娘の一言がきっかけでした。【解説】川淵三郎(日本サッカー協会最高顧問・日本バスケットボール協会エグゼクティブアドバイザー)


【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

コンブの食物繊維と酢は、食後の血糖値の急上昇を防いでくれます。血糖値が急に上がると、インスリンというホルモンが過剰に出て、細胞によけいなものを取り込み肥満につながるのです。【解説】白澤卓二(白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士)


【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は?  (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は本来、再生能力の高い臓器です。例えば、手術で一部を切除しても、時間がたてば肝細胞が再生し、元の大きさに戻ります。しかし、慢性肝炎などが進行すると、肝細胞が次々に破壊され、再生が追いつかなくなります。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

僕は今、世界でただ一人の「空間診断士」という肩書きで仕事をしています。 掃除のやり方を教えているのではなく、掃除に向き合うときの心のあり方をお伝えしています。例えば、誰かが怒っていたり、悲しんでいたりした部屋は、何となく“空気が重い”と感じませんか?【解説】船越耕太(空間診断士)