【原因や症状】腰部脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニア、閉塞性動脈硬化症との違いはコレ

【原因や症状】腰部脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニア、閉塞性動脈硬化症との違いはコレ

脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアは、神経が圧迫されることによって症状が出る点では同じです。痛みとしびれという共通項もあるため、この2つを誤認しないことが重要です。そこで、両者の簡単な見分け方を示しておきましょう。脊柱管狭窄症の前兆も紹介します。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院院長・整形外科医・カイロプラクター)


脊柱管狭窄所の前兆とは? 足に痛みやしびれが出たら要注意

 脊柱管狭窄症とは、主に加齢が原因で、徐々に進行する慢性的な病気です。ある日、急に悪くなって、突然、歩けなくなるといった、急性の病気ではありません。
 ですから、その症状は、本人も気づかないうちに進行します。姿勢の悪さは、脊柱管狭窄症を引き起こす有力な要因ですが、ふだんから姿勢が悪いからといって、すぐに病気を発症するわけではありません。

 いつから脊柱管狭窄症が始まったか、非常にわかりにくいのです。

 悪い姿勢が習慣化すると、余計な負荷が背骨に長年にわたって、かけ続けられることになります。加齢に加えて、こうした負荷が積み重なって、中高年以降にそれが限界に達したとき、脊柱管狭窄症が引き起こされます。「気づいたら、いつの間にか脊柱管狭窄症になっていた」というケースがはるかに多いのです。

 次に、50代以降で、脊柱管狭窄症の前ぶれと考えられる症状を挙げてみましょう。
①長い間立っていると、足がしびれてくる。
②正座したわけでもないのに、足の裏にしびれがある。
③長時間歩いたわけでもないのに、足がだるくて重い。
④いすから立ち上がるとき、足に痛みが出る。
⑤敷居など、少しの段差でつまずくことが多くなる。
⑥靴をはいたとき、中に小石など異物が入っているような違和感がある。
⑦足の裏に、粘着物がはりついている感じがする。

 脊柱管狭窄症は、加齢や長年の姿勢の悪さによって脊柱管がしだいに狭くなり、それが神経を圧迫し、ついには痛みやしびれとなって発症する病気です。
 歩いている際、足に痛みやしびれが出て動けなくなる症状が現れます。この「間欠性跛行」は、脊柱管狭窄症の最も特徴的な症状ですが、はっきりした症状として現れる以前でも、狭くなった脊柱管が、神経を圧迫して症状が出ることがあります。

 こうした前ぶれの変化が出てきたら、脊柱管狭窄症を疑い、整形外科で診察を受けてみるとよいでしょう。病気に気づき、早期から対策を取れば、それだけ症状の進行を予防することも可能となるのです。


脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアとの見分け方

【関連記事】脊柱管狭窄症の痛みを改善する「簡単体操」のやり方

 ただし、足腰に痛みやしびれが出たからといって、それがすべて脊柱管狭窄症であると決めつけることはできません。同様に、足腰に痛みやしびれが出る腰の代表的な病気としては、「椎間板ヘルニア」があります。 

 椎間板は、背骨の骨(椎骨)と骨の間にあって、背骨にかかる負荷を和らげる働きをしている軟骨です。この軟骨の中には、ゼリー状の組織があります。なんらかの原因によって、軟骨からこのゼリー状の組織が外に飛び出し、それが神経を圧迫して腰痛が起こるのが、椎間板ヘルニアです。

 脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアは、神経が圧迫されることによって症状が出る点では同じです。痛みとしびれという共通項もあるため、この2つを誤認しないことが重要です。

 そこで、両者の簡単な見分け方を示しておきましょう。

 立った姿勢で前屈と後屈をしてみてください。前屈をしたほうが楽な場合は、脊柱管狭窄症。後屈をしたほうが楽な場合は、椎間板ヘルニアになります。 
 脊柱管狭窄症では、前屈をすると、脊柱管が広がるため、神経の圧迫が少なくなり、楽になります。
 椎間板ヘルニアは、腰を前にかがめると、椎間板がつぶれて後ろにはみ出て神経にさわるため、痛みが出ます。逆に、後ろに倒すと、椎間板ヘルニアは楽になります。

 つまり、この2つの病気は、日常的な対策として、全く逆の動きが求められることになります。

 脊柱管狭窄症の人は、後屈すると、脊柱管が狭まり、痛みやしびれが出やすくなります。ですから背中を反らす体操などは勧められません。
 椎間板ヘルニアの人は、前屈を避け、後屈の体操が勧められることになります。

 また、脊柱管狭窄症は、主に加齢によって起こるため、50代以上に多く見られます。これに対して、椎間板ヘルニアは20代から起こることの多い病気です。これも、見分けるポイントの1つとなるでしょう。
 いずれにしても、2つの病気を見誤って、合わない体操をしていると、症状をかえって悪化させてしまうことがありますから、くれぐれも注意が必要です。

脊柱管狭窄症と似た症状の病気「閉塞性動脈硬化症(ASO)」も注意

【関連記事】脊柱管狭窄症を自分で治す 原因と症状、治療から手術まで

 ほかに、脊柱管狭窄症と似た症状を呈する病気があります。その1つが、閉塞性動脈硬化症(ASO)です。

 これは、血栓(血の塊)で動脈がふさがり、血流障害が起こる病気です。しばしば足の動脈に血栓が詰まり、血流障害が起こります。このため、歩いていると、足の裏や太ももなどに痛みが出て、歩けなくなります。少し休むと、また歩けるようになります。こうした症状は、脊柱管狭窄症の間欠性跛行とかなり似ています。

 脊柱管狭窄症の場合、前かがみになると、楽になります。つえをついたり、カートを押したりすることでも楽になるでしょう。
 ところが、閉塞性動脈硬化症では、前かがみになっても楽になりませんし、つえやカートを使っても変わりません。また、脊柱管狭窄症の場合は、自転車に乗ると楽になるものですが、閉塞性動脈硬化症では、痛みやしびれは変わりません。

 閉塞性動脈硬化症が疑われる場合は、整形外科で診察を受けたのち、専門医を紹介してもうといいでしょう。
 ほかに、もともとガンにかかっていた人に、しつこい腰痛が現れた場合は注意が必要です。ガンの転移によって起こる腰痛は、脊柱管狭窄症のように休んでも治まらず、痛みが安静時も続きます。心配な点があれば、担当医に相談し、検査を受けることをお勧めします。

【関連記事】間欠性跛行の悩みが消える 日常の裏ワザ

竹谷内康修
 東京慈恵会医科大学医学部医学科卒後、福島県立医科大学整形外科学講座へ入局。福島県立医大附属病院等で整形外科診療に携わった後、米国へ留学。ナショナル健康科学大学を卒業し、Doctor of Chiropracticの称号を取得。2007年、東京駅の近くにカイロプラクティックの専門クリニックを開設。腰痛、肩こり、頭痛、関節痛、手足のしびれなどの治療に取り組む。日本整形外科学会会員、日本カイロプラクターズ協会(JAC)会員、日本統合医療学会(IMJ)会員。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

これまで私は30年以上にもわたり、5万人を超える人を施術してきました。そのなかで、特に多い悩みが、腰や股関節、ひざなどの慢性的な痛みです。そして、慢性痛を抱える多くのかたに共通しているのが、「骨盤が整っていない」ということです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


【スポーツドクターが解説】筋トレ無しで筋肉が活性化する!誰でもできる「わき腹つかみ」の効果

【スポーツドクターが解説】筋トレ無しで筋肉が活性化する!誰でもできる「わき腹つかみ」の効果

わき腹は、上半身と下半身をつなげる要です。わき腹つかみをすると、わき腹だけでなく、全身の筋肉まで、だんだんやわらかくなっていきます。【解説】寺田壮冶(寺田クリニック院長)


【やり方付き】なぜダイエットが成功しないのか ― 骨盤を整えると楽々痩せる!

【やり方付き】なぜダイエットが成功しないのか ― 骨盤を整えると楽々痩せる!

ひざ痛や腰痛、股関節痛、肩こりなど、関節周辺の痛みを抱える患者さんは、ほぼ全員、姿勢が悪く、体重が標準値をオーバーしているのです。私は、「関節痛も肥満も、なぜ根本的に改善できないのだろう」と考えました。そのとき思い当たったのが、「体のねじれ」だったのです。【解説】碁盤一晴(ごばん接骨院院長)


【股関節が原因】脊柱管狭窄症は歩き方でわかる!自分で痛みを取るやり方「骨盤ゆらし」大公開

【股関節が原因】脊柱管狭窄症は歩き方でわかる!自分で痛みを取るやり方「骨盤ゆらし」大公開

脊柱管狭窄症のかたの場合、体が必ずといっていいほど左右あるいは前後に傾いているものです。脊柱管狭窄症の症状を改善するためには、骨盤のゆがみを正す必要があります。そのために実践する方法が「骨盤ゆらし」です。【解説】川井太郎(川井筋系帯療法治療センター院長)


【自分でできる骨盤矯正】お腹がへこんで痩せた!腰椎すべり症の痛みが改善した「腰ひも療法」のやり方

【自分でできる骨盤矯正】お腹がへこんで痩せた!腰椎すべり症の痛みが改善した「腰ひも療法」のやり方

骨盤をギュッとひもで締めることで、骨盤がまっすぐに立った状態になります。骨盤は、背骨や内臓を下から支えている、とても重要な骨です。骨格がゆがんでいる人は、この骨盤が傾いていることが多いのですが、それを正しい位置へと矯正します。【解説】北濱みどり(グリーン健康会代表・漢方家(国際中医師A級))


最新の投稿


【糖尿病予防の極意】「糖質制限」を医師が解説! ― ケトン体とは何か?数値が高いと危険?

【糖尿病予防の極意】「糖質制限」を医師が解説! ― ケトン体とは何か?数値が高いと危険?

これまで糖質制限の危険な面として糖質制限をした際に「ケトン体」が上昇する点が挙げられてきました。ケトン体が増えてケトアシドーシスになると、嘔吐、疲労感、脱力感など、さらに悪化すると死に至るとされてきました。しかし、それは誤解であり、数値を気にする必要はないのです。【解説】宗田哲男(宗田マタニティクリニック院長)


【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

ひざ痛を解決するには、炎症を抑えるのではなく、かたくなった筋肉をほぐし、軟骨にかかる圧力を軽減することが重要になります。この理論に納得した私は、すぐに天城流の「筋肉はがし」を治療に取り入れました。すると、患者さんのひざ痛がどんどん改善していったのです。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

昼から夜へ移行するとき、交感神経から副交感神経へと自然にスイッチが切り替わります。しかし、その切り替えを妨げるものがあります。有力な原因の一つが、社会的なストレスです。そして、もう一つ。それが、「パンツストレス」です。【解説】丸山淳士(五輪橋産婦人科小児科病院名誉理事長・医学博士)


【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

これまで私は30年以上にもわたり、5万人を超える人を施術してきました。そのなかで、特に多い悩みが、腰や股関節、ひざなどの慢性的な痛みです。そして、慢性痛を抱える多くのかたに共通しているのが、「骨盤が整っていない」ということです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

47歳とはとても思えない、色白美肌の持ち主としても知られる、モデルの水谷雅子さん。そんな水谷さんの美の秘訣が、今回ご紹介する「米クリームパック」です。【解説】水谷雅子(美容研究家・主婦モデル)


ランキング


>>総合人気ランキング