【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「素煎りピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「素煎りピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


今回は、超簡単な「酢ピーナッツ」や「バターピーナッツ」の作り方をはじめ、ピーナッツを使った多彩な料理をご紹介!
食事やおやつに、ぜひご活用ください。

ピーナッツ入りきんぴらごぼうの作り方

シャキシャキ食感にピーナッツのカリカリと香ばしさをプラス

エネルギー:134kcal
塩分:0.9g
(各1人分)

【材料】(2人分)
素煎りピーナッツ(薄皮つき)…15g
ゴボウ…1/3本
ニンジン…1/2本
酢…大さじ1
水…500mL
Ⓐ:しょうゆ…小さじ2
  料理酒…大さじ1/2
  ハチミツ…大さじ1/2
ゴマ油…小さじ2

【作り方】
❶ゴボウは太さ2mm・長さ5cmに千切りし、ボウルに入れた酢と水に3分間さらし、水気を切る。ニンジンは太さ2mm・長さ5cmの千切りにする。
❷フライパンにゴマ油を中火で熱し、①をしんなりするまで炒める。
❸素煎りピーナッツ、混ぜ合わせたⒶを加えて全体に絡まるようにさっと炒める。

鶏肉とピーナッツのオイスターソース炒めの作り方

ボリューム満点!ゴロゴロ具材にオイスターソースの旨味が絡まる

エネルギー:298kcal
塩分:1.6g
(各1人分)

【材料】(2人分)
素煎りピーナッツ(薄皮つき)…15g
鶏むね肉…140g
水煮タケノコ…100g
ピーマン…2個
ネギ…1/6本
Ⓐ:オイスターソース…大さじ1
  料理酒…大さじ1
  しょうゆ…小さじ1
  おろしショウガ…小さじ1
  コショウ…適量
ココナッツオイル(ゴマ油でも可)…小さじ2

【作り方】
❶鶏むね肉、水煮タケノコ、ピーマンは一口サイズに切る。ネギはみじん切りにする。Ⓐは混ぜ合わせる。
❷フライパンにココナッツオイル、ネギを入れて中火で熱し、ネギが透き通ってきたら鶏むね肉を加え、色が変わるまで炒める。
❸水煮タケノコ、ピーマンを加えてさっと炒めたら素煎りピーナッツ、Ⓐを加えて全体に絡まるように炒める。

ピーナッツみその焼きおにぎりの作り方

焼きみその香ばしさが美味!ピーナッツのカリカリ食感も楽しい

エネルギー:216kcal
塩分:0.8g
(各1人分)

【材料】(2人分)
素煎りピーナッツ(薄皮なし)…5g
ご飯…200g
シソ…2枚
ゴマ油…小さじ1
Ⓐ:みそ…大さじ1/2
  ハチミツ…小さじ1/2
  しょうゆ…小さじ1/2

【作り方】
❶大葉はみじん切りしてご飯、ゴマ油と混ぜ、2等分して三角形に握る。
❷粗みじん切りした素煎りピーナッツとⒶを混ぜ、①のおにぎりの表面に塗る。
❸アルミホイルを敷いた天板に②をのせ、240度に予熱したオーブントースターで、表面に焼き色がつくまで5分ほど焼く。

五十嵐ゆかり
フードクリエイティブファクトリー所属。千葉県出身。老若男女、幅広い世代に向け、日々の暮らしに取り入れやすい健康レシピを提案。省庁や全国自治体との企画・レシピ開発や講演、執筆など、精力的な活動を行っている。

→【関連記事】「ピーナッツは太る」は間違い!脂肪肝・高血圧・糖尿病に著効
→絶品ピーナッツレシピ(酢ピーナッツ・ローストピーナッツ・ピーナッツバター)

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

動脈硬化が進むとともに血栓ができると、その結果として、脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気を招いてしまいます。命に関わるこれらの病気を防ぐために習慣にしてほしいのが、起床後に十分な水分を取ることです。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)


脳梗塞・心筋梗塞の原因【血栓症】 痩せていても“内臓肥満”に要注意

脳梗塞・心筋梗塞の原因【血栓症】 痩せていても“内臓肥満”に要注意

現在、日本でいちばん怖れられている病気は、おそらくガンでしょう。しかし、私に言わせれば、ガン以上に怖いのが、脳梗塞や心筋梗塞(脳や心臓の血管が詰まって起こる病気)です。脳梗塞や心筋梗塞の原因となるのが、血栓症です。【解説】浦野哲盟(浜松医科大学副学長、医生理学講座教授)


【ダイエット効果】2~3kg簡単痩せ「レモン白湯」の作り方と飲み方

【ダイエット効果】2~3kg簡単痩せ「レモン白湯」の作り方と飲み方

白湯やレモン白湯を飲むことを習慣にすると、ほとんどの人が自然に1カ月で2~3㎏はやせます。これは、胃腸の消化力が上がり、体内にたまった毒素や老廃物が排泄されていくためです。便秘やむくみも解消します。さらに、白湯やレモン白湯を飲み続けることで、太りにくくなります。【解説】蓮村誠(青山プライムクリニック院長)


【高血圧】体がかたい人は血管もかたい?動脈硬化を改善する「血管ストレッチ」

【高血圧】体がかたい人は血管もかたい?動脈硬化を改善する「血管ストレッチ」

私たちの体を構成する器官のうち、その多くは、加齢によって一度衰えてしまえば若返ることはできません。しかし、なかには例外もあります。適切な方法を用ることで、衰えを防ぎ若返らせることができる器官の一つが、血管です。【解説】家光素行(立命館大学スポーツ健康科学部教授・医学博士)


【動脈硬化の原因】体内では「静電気」による落雷が起こっていた 溜まるとどんな症状が出る?除去方法は?

【動脈硬化の原因】体内では「静電気」による落雷が起こっていた 溜まるとどんな症状が出る?除去方法は?

「ピカッ」と落ちてくる落雷とほとんど同じ現象が、私たちの体の中でも起こっているのです。この雷の正体とは実は「静電気」です。例えば、血流が血管壁をこすったり、赤血球と白血球がぶつかり合ったりする、あるいは呼吸をすれば気管内で、ものを食べれば消化管内で摩擦が生じて起こります。【解説】堀泰典(医学博士・歯学博士・薬学博士)


最新の投稿


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。ここでは「洗濯ばさみ」を使ったツボの刺激方法をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

動脈硬化が進むとともに血栓ができると、その結果として、脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気を招いてしまいます。命に関わるこれらの病気を防ぐために習慣にしてほしいのが、起床後に十分な水分を取ることです。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)