【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

ハチミツには、優れた抗炎症作用、抗酸化作用があります。特に抗炎症作用により、のどの炎症が抑えられるため、セキが軽くなると考えられます。ハチミツ以外では、コーヒーにも、セキの予防効果があることが報告されています。【解説者】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)


ハチミツとコーヒーのセキ止め効果は立証済み

私は、呼吸器を専門に診る医師として、呼吸器にかかわる民間療法について調べたことがあります。
民間療法で、セキ止めに役立つといわれている食品はいろいろありますが、残念ながら、確かに効くといえる食品は、ほとんどありませんでした。

大半は、効果ありと判断できるエビデンス(科学的根拠)が見つからなかったからです。
しかし、そのなかで、きちんとした検証がなされている食品もありました。

その一つが、ハチミツです。
まずは、アメリカのペンシルバニア州立大学の研究です。

カゼの症状がある105名の小児を対象に、就寝30分前に、「ハチミツを投与した場合」と、「デキストロメトルファン(商品名=メジコン)を服用した場合」と、「何もしなかった場合」とで、セキの症状がどうなるかを比較・検討しました。
その結果、「ハチミツを投与した」グループが、最も大きく症状が改善したと報告されています。

次に、イランで行われた研究報告です。
2~5歳の小児を三つのグループに分け、ハチミツ、デキストロメトルファン、ジフェンヒドラミン(抗アレルギー薬)をそれぞれ投与した際の、セキの頻度や重症度、睡眠の質を調べました。

すると、この研究でも、薬よりもハチミツのほうが、それぞれ改善したといいます。
ハチミツは、昔からのどにいいといわれてきましたが、ハチミツにセキ止め効果が確かにあることが、これらの論文からわかるのです。

ハチミツには、優れた抗炎症作用、抗酸化作用があります。
特に抗炎症作用により、のどの炎症が抑えられるため、セキが軽くなると考えられます。

ハチミツ以外では、コーヒーにも、セキの予防効果があることが報告されています。
コーヒーのカフェインに気管支拡張作用があり、それがセキの発作を楽にしてくれるのです。

1980年代にイタリアで行われた研究によると、コーヒーを1日3杯以上飲む人は、全く飲まない人に比べ、ぜんそくを発症するリスクが28%も低くなったそうです。
さらに、ハチミツとコーヒーをいっしょに摂取する研究もありました。

ハチミツ20.8gと、コーヒー粉末2.9gを混ぜてペースト状にしたものを、1回7.9g、1日3回服用すると、ステロイドや、グアイフェネシン(セキ止め薬)と比べ、セキの自覚症状が楽になったのです。
ハチミツ入りコーヒーを飲む場合、カフェインの覚醒効果を考えれば、夕食後に飲むのがいいでしょう。

また、ハチミツだけをなめるのであれば、寝る前でもかまいません。
どちらもハチミツの量は、ティースプーン1~2杯で十分でしょう。

カゼのようでただのカゼではないセキに要注意!

もし、現在お悩みのセキが長く続いている場合、カゼのように見えて、実はそうではないケースがあります。
見分けるポイントは、三つあります。

①セキが2週間以上続いている
②眠れないほど激しいセキが3日以上続いている
③ただのカゼと違うような自覚がある(特に高齢者の場合)

普通のカゼの大半は、ウイルスによって起こります。
ウイルスは増殖力が弱く、2週間もしないうちに自然と消滅します。

つまり、①の場合は、普通のカゼではなく、肺炎、セキぜんそく、COPD(慢性閉塞性肺疾患)などの可能性があります。
セキぜんそくは、気道が過敏になった状態で、ちょっとの刺激で反応し、激しいセキが起こります。

近年非常に増えている症状です。
COPDは、主にタバコによって起こり、徐々に肺の機能が低下していく病気です。

当然、肺結核や肺ガンなどの重症疾患は、検査をすれば発覚します。
それらの病気ではないのにセキが続く場合は、セキぜんそくやCOPDが疑われるのです。

いずれの症状も、早めに専門医に相談しましょう。
②の場合も、早急に病院を受診してください。

セキぜんぞくの発病初期か、マイコプラズマ肺炎や百日咳など、細菌による感染症の可能性があります。
③は、特に高齢者に注意してほしいポイントです。

肺炎になると、通常38度以上の高熱を伴いますが、高齢になると、熱があまり上がらなくなります。
セキ込む回数も減り、明らかな異常が目に見えた形で現れないため、気づかないうちに、肺炎が重症化する恐れがあるのです。

「体がひどくだるい」「食欲がない」「尿失禁」などといったサインを見逃さず、いつものカゼと違うと感じたら、すぐに病院を受診しましょう。
このような重症の場合を除き、つらいセキを軽くしたいかたには、ぜひハチミツコーヒーをお勧めしたいと思います。

大谷義夫
池袋大谷クリニック院長。1989年、群馬大学医学部卒業後、九段坂病院内科医長、東京医科歯科大学呼吸器内科医局長、同大学呼吸器内科兼任睡眠制御学講座准教授、米国ミシガン大学留学などを経て2009年に開院。医学博士。日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医、日本アレルギー学会専門医・指導医、日本内科学会総合内科専門医。新聞、テレビなどメディア出演も多く、呼吸器内科のスペシャリストとして知られる。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【蜂蜜の健康効果】疲労回復に優れ、血糖値が上がりにくい!純度100%のものを選ぶと良い

【蜂蜜の健康効果】疲労回復に優れ、血糖値が上がりにくい!純度100%のものを選ぶと良い

ハチミツは疲労回復効果も優れています。しかも、その効果には即効性があります。にもかかわらず、血糖値の上昇は緩やかです。ハチミツにはグルコースよりもフルクトースのほうが多いので、同じ量をとるなら、砂糖よりハチミツをとるほうが血糖値の急上昇は防げるというわけです。【解説者】竹内実(京都産業大学総合生命科学部教授・医学博士)


【実験で判明】がんを予防する「蜂蜜のパワー」免疫力を高めて、インフルエンザにも効く

【実験で判明】がんを予防する「蜂蜜のパワー」免疫力を高めて、インフルエンザにも効く

私たちの実験では、正常なマウスにハチミツを投与しておくと、ガン細胞を移植しても増殖が抑えられる、という結果も得ています。すでに発症しているガンには、糖分を与えることはよくありませんが、ガンの予防という意味では、ハチミツが役立つ可能性は大いにあると考えられます【解説者】竹内実(京都産業大学総合生命科学部教授・医学博士)


【森山良子さんの健康法】ハチミツ "マヌカハニー" で喉の痛みや疲れを取る

【森山良子さんの健康法】ハチミツ "マヌカハニー" で喉の痛みや疲れを取る

19歳で歌手デビューし、気づいたら半世紀の月日が経ちました。私が、今もこうして皆様の前で歌えるのは、ハチミツの恩恵が大きいように思います。【体験者】森山良子(1948年生まれ。東京都出身。1967年、『この広い野原いっぱい』で歌手デビュー。)


【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

ハチミツは、糖の代謝を高める働きがあり、大量にとらないかぎり、血糖値は上がりにくいのです。さらに、毒素を浄化する働きによって、胃腸のケアにも役立ちます。便秘や下痢などの排泄異常の改善、ダイエットや美肌効果も期待できるでしょう。【解説者】蓮村誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)


【はちみつの効能】口臭改善には朝食前になめて舌苔ケアすると良い!寝る前ではぜんそく発作が改善

【はちみつの効能】口臭改善には朝食前になめて舌苔ケアすると良い!寝る前ではぜんそく発作が改善

まずは、毎日の舌苔のケアとして、ハチミツを利用してください。ハチミツは、ダイエットをしたいかたや、肌が乾燥しやすいかた、コロコロとしたかたい便で便秘がちなかたにもお勧めです。【解説者】平地治美(和光治療院・漢方薬局代表)


最新の投稿


【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

人間は、よほどのことがない限り、自分で自分の体を治す力を持っています。足の刺激法などのほうが、薬よりはるかに上であって、まず試すべきものです。足を刺激することによって、その人が本来持っている、治る力を活性化させることができるからです。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科院長)


【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

足裏たたきを続けていると、胃腸や肝臓や膵臓の不調、肺をはじめとした呼吸器の不調、心臓の不調、血管の問題、腎臓や泌尿器の不調、腰痛や首の痛み・こりなどが、次々によくなっていきます。同時に、肌もきれいになり、姿勢もよくなって若々しく生まれ変われるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

病気になる前に、その原因を遠ざける。もし病気になったとしても、自然の回復を促す。それが足裏たたきのすぐれた効能です。やり方を身につければ、あなたにとって、必ず一生の宝になります。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

刺激して痛みを感じる部位があれば、そこは体の巡りが悪く詰まっている証拠です。重点的にたたいたり、もんだりしてください。詰まりが取れて全身の血の巡りが一気によくなり、目も頭もスカッとします。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

生野菜は、胃の粘膜を荒らすため、胃が疲れているときにサラダを食べるのはよくありません。しかし、同じ野菜でも、発酵させた水キムチなら、胃に優しく作用するので安心です。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長)