【医師監修】レモン汁ダイエットでやせた!やり方は、食後にレモンを搾りそのまま飲むだけ

【医師監修】レモン汁ダイエットでやせた!やり方は、食後にレモンを搾りそのまま飲むだけ

そろそろ定年退職が近づいてきた年の秋、私は人間ドックに入りました。定年後の第二の人生に備えて、健康管理をしておこうと思ったのです。その結果は、血圧が高めで、中性脂肪値やコレステロール値はDランク、さらに血糖値も高くて境界型の糖尿病というものでした。【体験談】民生委員・73歳・本田捷子


夫が毎日レモンを買ってきてくれた

 そろそろ定年退職が近づいてきた平成14年の秋、私は人間ドックに入りました。定年後の第二の人生に備えて、健康管理をしておこうと思ったのです。
 その結果は、血圧が高めで、中性脂肪値やコレステロール値はAからFまであるうちの悪いほうのDランク、さらに血糖値も高くて境界型の糖尿病というものでした。

 これはりっぱな生活習慣病の予備軍ということで、医師にはコレステロール値を下げる薬を処方してもらいました。
 これは私にとって、寝耳に水の診断でした。長年小学校の教諭を務めてきて、休んだのはお産のときぐらい。健康だと思ってきたので、ショックでした。
 ただ、太り過ぎは気になっていました。産後ぐんぐん太り始め、身長150cmなのに体重は64kgあまり。体を曲げるのもきつく、おなかがじゃまで足もとが見えないくらいでした。

 そんな状態でしたから、学校の階段を上るのもひと苦労で、3階まで来ると息切れし、途中でひと休みしなければなりませんでした。
「とにかく、やせなさい」と医師にも言われました。そこで私は、1日30分のウオーキングを始め、食事もごはんや糖質を控えめにするなど、気をつけるようにしました。

 ちょうどそのころのことです。学校の用務員さんからレモンをたくさんいただくようになりました。用務員さんによると、レモンは健康にとてもいいということでした。
 そこで、私は朝昼晩の1日3回、食後に、レモン1個を搾り機でギュッと搾り、水も甘味も加えずに飲みました。もともと酸っぱい物は大好きなので、抵抗感はありませんでした。
 退職してレモンをいただかなくなってからは、夫が毎日レモンを買ってきてくれました。ですからわが家の食卓には、いつもレモンが置いてありました。

体重がへり健康診断の数値も改善した本田さん

「かっこいいね」が夫の最後のほめ言葉

 こうしてレモン汁を飲み始め、変化が現れたのは半年ほどたったころでした。なんとなく体が軽くなったように感じたので、体重を量ってみたら、6㎏ほどやせていました。
 これを皮切りに、その後の半年から1年の間に血圧、コレステロール値、中性脂肪値、血糖値などの数値が、すべて改善していったのです。

 体重も、それからさらに6kg減って、52kgまでやせました。そこまで減るのに、2年ほどかかったでしょうか。
 12㎏も減ると、後ろ姿だけでは誰だかわからないようです。前に来て私の顔を確認し、「あなただったのね」と言われたこともあります。
 服も、9号を着られるようになりました。それまで15号とか13号の服しか入らず、オーダーしていましたが、9号を着られるようになると、買い物が楽しくなります。やせたことで、世界が変わったようでした。

 退職後も、毎年血液検査を受けています。2年もたたないうちに結果がよくなったので、以前のように検査の結果にハラハラすることがなくなりました。
 ちなみに病院の薬は、効果がなかったので1年ほどでやめました。その後もレモン汁だけは続けていましたが、それも10年以上前にやめました。いつもレモンを買ってきてくれた夫が、亡くなったからです。間質性肺炎と診断されて、わずか2週間後のことでした。

 ともに教員として家庭でも仕事でも助け合ってきた夫の死は、言葉に言い尽くしがたいほどの悲しみでした。レモンを見ると夫の顔が思い出され、どうしてもレモン汁を飲む気になれなかったのです。
 でも、病気の夫を精いっぱい看病できたのも、私がやせて健康になれたからだと思います。そうでなかったら、共倒れしていたかもしれません。

 夫の買ってきたレモンで私が少しずつ健康的にやせていくのは、夫にとっても楽しみだったようです。生前、用事があって2人で東京に行ったとき、すっかりスマートになった私を見て「かっこいいね」と、夫が言ってくれました。それが夫からの最後のほめ言葉になってしまいました。
 レモン汁がなぜよかったのかわかりませんが、結果として体重が落ち、高かった数値がほぼ正常値内におさまったのは事実です。しかし私は、いまだにレモン汁を飲む気にはなれず、代わりにコンブを浸けた酢を飲んでいます。

肥満が解消すれば血液状態もよくなる(茨城キリスト教大学名誉教授 ・板倉弘重)

 レモンには、エリオシトリンという脂肪の吸収を抑制する成分があります。それに加えて、本田さんは食事に気をつけ、意識的にウオーキングをされていました。その両方の効果で、これだけのダイエットができたのでしょう。
 肥満が解消されれば、コレステロール値や中性脂肪値、血圧、血糖値なども自然に改善されていきます。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


星野源さんもやせた「キャベツダイエット」のやり方 !糖尿病や高血圧も改善する

星野源さんもやせた「キャベツダイエット」のやり方 !糖尿病や高血圧も改善する

キャベツを食べるだけでも、おなかはかなり満たされます。おかずは今までどおりの量でかまいませんが、ご飯を半分程度にします。それでも、私の経験では「おなかいっぱいで、もう食べられない」というくらいの満腹感が味わえます。キャベツの食物繊維の作用で、次回の食事までの空腹感も感じにくくなります。【解説】寺師義典(寺師医院院長)


【キャベツダイエット】20kgやせて医師のメタボ腹が解消!高脂血症・イビキも治った

【キャベツダイエット】20kgやせて医師のメタボ腹が解消!高脂血症・イビキも治った

ぜひ皆さんにお勧めしたいのがキャベツダイエットです。実は私自身、キャベツダイエットで、3ヵ月で20kgという大幅減量に成功しました。キャベツダイエットのすばらしい点は、空腹感なしでやせられること。単におなかがすかないだけではありません。まずは私の体験をお話ししましょう。【解説】寺師義典(寺師医院院長)


【ぱいぱいでか美】玉ねぎヨーグルトダイエットでお腹ぽっこり解消 体重3kg ウエスト9cm減

【ぱいぱいでか美】玉ねぎヨーグルトダイエットでお腹ぽっこり解消 体重3kg ウエスト9cm減

私、ぱいぱいでか美の公式発表体重は、43kg(身長158cm)です。ところが、夜中にドカ食いをしていたら、6.3kgも太って、49.3kgになってしまいました。おなかのふくれ具合はまるで洋ナシ。ちょっと他人には見せられない状況になっていたのです。【体験談】ぱいぱいでか美(タレント・歌手)


【ダイエット】腸内フローラを改善する「玉ねぎヨーグルト」の基本の食べ方

【ダイエット】腸内フローラを改善する「玉ねぎヨーグルト」の基本の食べ方

「“やせ酸”効果で、即やせる!」「血圧・血糖値・コレステロール値が改善!」「花粉症などのアレルギー症状に有効!」など幅広い健康効果が魅力の、玉ねぎヨーグルト。管理栄養士考案のおいしい食べ方をご紹介します。【解説】森崎友紀(管理栄養士・料理研究家)


最新の投稿


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない のタイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

ピーナッツと酢を組み合わせた「酢ピーナッツ」は、さまざまな健康効果をいいとこ取りした食品です。カリカリ食感とほどよい酸味が絶妙で、お茶請けやお酒のおつまみなどにぴったり!漬けるだけでできる超簡単な酢ピーナッツを、ぜひ皆さんもお試しください!【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は多数の肝小葉という単位が集まった臓器で、「人体の化学工場」といわれ、胆汁を生成して消化を助けるほか、栄養分の分解や貯蔵、解毒、排泄など、重要な働きをしています。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)