【医師推奨】リスト付き!痛み、しびれを一掃する「脊柱管狭窄症撃退食材」

【医師推奨】リスト付き!痛み、しびれを一掃する「脊柱管狭窄症撃退食材」

脊柱管狭窄症の予防・改善には、血液を汚さない食べ物を選び、よく咀嚼して食べることが肝心です。唾液の分泌が促されると、消化・吸収がよくなり腸内環境が整うので、きれいな血液がつくられます。体温も上がり、血流がアップすることで、痛みやしびれなどが緩和されます。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


脊柱管狭窄症の患者さんにお勧めの食材を紹介します。
昼と夜の2食を、こうした食材のメニューにして、一口につき30 回以上、よく噛んで食べるといいでしょう。

脊柱管狭窄症の改善に役立つ食材とは

脊柱管狭窄症の改善に役立つ食材を、比較的多く含まれる栄養素別に分類しました。
メニュー考案の参考にしてください。

5大栄養素のうち、脂質は控えめに。使うなら、オメガ3(オレイン酸)やオメガ9(αアルフア-リノレン酸)の豊富な、エゴマ油、アマニ油、オリーブオイル、米油、ゴマ油などを少量にしましょう。

たんぱく質は主に、豆や小魚からとる




・豆類(ダイズ、黒豆、豆腐、納豆、高野豆腐、おから、豆乳、豆乳ヨーグルトなど)
・小魚類(シラス、ジャコ、煮干し、小エビなど、まるごと食べられる物)





×
・肉は、飼育環境のよい和牛を週2回程度なら可。
・大型の魚類、牛乳・乳製品、卵

ビタミンは主に、根菜・季節の野菜からとる




・根菜類(ダイコン、ニンジン、レンコン、ゴボウ、ヤマイモ、カブ、ジャガイモ、ショウガなど)
・季節の野菜類(ホウレンソウ、シュンギク、コマツナ、ハクサイ、ブロッコリー、カリフラワー、パプリカ、シソ、モヤシ、ネギ、タマネギ、ニンニク、ニラなど)





×
果物は糖分が多いので控えめに。

ミネラルは主に、キノコ・海藻からとる




・キノコ類(シイタケ、マイタケ、エノキダケ、キクラゲ、シメジ、ナメコ、エリンギなど)
・海藻類(ヒジキ、コンブ、ワカメ、テングサなど)

炭水化物は主に、玄米からとる




玄米のほかに、アワ、ヒエ、キビなどの雑穀、ソバや精白していないパンもよい。





×
精白した穀類(白米、白パン、うどんなど)


●調味料は、発酵調味料や天然の産物を使用。みそ、しょうゆ、みりん、酢、自然塩、黒砂糖、ハチミツなどは◎。精製塩や白砂糖などは×。
●酒は、日本酒、赤ワインなど天然醸造酒は◎。
●茶は、紅茶、ウーロン茶など発酵度が高く色が黒い物は◎。

→脊柱管狭窄症撃退レシピ①

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


脊柱管狭窄症

関連する投稿


【脊柱管狭窄症】「仙骨の温め」で腰痛が改善!姿勢もまっすぐになり、鎮痛剤も不要になった

【脊柱管狭窄症】「仙骨の温め」で腰痛が改善!姿勢もまっすぐになり、鎮痛剤も不要になった

一昨年の夏は、職場までの10分の距離を歩くのにも、腰が痛くて5回ほど休まなければならなかったのです。整形外科に行ったところ、「脊柱管狭窄症(背骨内部の神経の通り道が狭くなり、神経が圧迫されて痛みやしびれが出る病)」と診断されました。【体験談】須藤裕子(仮名・保育士・63歳)


【遠絡療法】脊柱管狭窄症の足腰の痛み・しびれを取る「腕の2点もみ」のやり方

【遠絡療法】脊柱管狭窄症の足腰の痛み・しびれを取る「腕の2点もみ」のやり方

腰部脊柱管狭窄症は、腰や足に強い痛みやしびれが現れ、なかなか治りにくい、やっかいな疾患です。当院に来られる患者さんは、他院の治療を受けてよくならなかったり、手術を勧められたりといった、重度のかたが少なくありません。【解説】小泉正弘(小泉医院遠絡医療センター院長)


【腕を下ろした時の「ひじ」の向き】は外側?後ろ側?脊柱管狭窄症の痛みしびれを改善する「よつんばいポーズ」とは

【腕を下ろした時の「ひじ」の向き】は外側?後ろ側?脊柱管狭窄症の痛みしびれを改善する「よつんばいポーズ」とは

ご自身のひじの向きを見てみてください。ひじが外を向き、わきが空いていませんか?そして、肩が前に出ているのではないでしょうか。脊柱管狭窄症の患者さんは、この傾向が非常に強くなっています。脊柱管狭窄症の症状を根本的に改善するには姿勢を本来の形に戻し、腰への負担を減らすことが必要なのです。【解説】中村考宏(えにし治療院院長)


【重度の脊柱管狭窄症】鎮痛剤を打っても歩けないほどの痛みが「寝ながら体操」で解消した!

【重度の脊柱管狭窄症】鎮痛剤を打っても歩けないほどの痛みが「寝ながら体操」で解消した!

私のもとには腰痛やひざ痛、股関節痛などの患者さんが数多くいらっしゃいます。最近、特に増えてきたのが脊柱管狭窄症による痛みやしびれを訴えるかたです。治療の補助として行う寝ながら体操で、実際に脊柱管狭窄症の症状から解放された患者さんの例をいくつかご紹介します。【解説】西本直(Conditioning Studio操主宰)


【坐骨神経痛の症状】痛みやしびれに「この運動療法」脊柱管狭窄症の間欠性跛行にも効果

【坐骨神経痛の症状】痛みやしびれに「この運動療法」脊柱管狭窄症の間欠性跛行にも効果

脊柱管狭窄症はセルフケアで改善が可能です。続けて長く歩けない「間欠性跛行」や、お尻から下肢にかけてしびれや痛みが出る「座骨神経痛」が現れたら、脊柱管を通る神経が弱っているサイン。簡単な体操を紹介しましょう。【解説】松平浩(東京大学医学部附属病院22世紀医療センター運動器疼痛メディカルリサーチ&マネジメント講座特任教授)


最新の投稿


「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

ストレスが積み重なったのでしょう。気がついたら「キーン」という高音の耳鳴り が聞こえるように。最もいやだったのは、寝るときでした。シーンと静かな中、キーンという音だけが聞こえるので不眠になってしまいました。そこで藤井先生の治療院に行き、教わったのが「耳こすり」でした。【体験談】長谷川真由美(会社員・33歳)


【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

ハチミツには、優れた抗炎症作用、抗酸化作用があります。特に抗炎症作用により、のどの炎症が抑えられるため、セキが軽くなると考えられます。ハチミツ以外では、コーヒーにも、セキの予防効果があることが報告されています。【解説者】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)


退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

人間の三大欲は、食欲・性欲・睡眠欲といわれています。それに加え、昨今は「健康長寿欲」に多くの人がとらわれています。2016年の調査で「欲しい物」の1位が「健康」で、「幸せ」を大きく上回ったのです。「幸せよりも健康が欲しい」という結果に私は衝撃を受けました。【解説】名郷直樹(武蔵国分寺公園クリニック院長)


【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

首の痛みの場合、適切な対策をとり損ねるおそれがあります。首の骨が悪くなっているといわれれば、多くの患者さんは「それなら痛みが出るのもしようがない」「薬で痛みを抑えるしかないのだろうな」と考え、それ以上の対策を取らなくなってしまうからです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

卵は、アミノ酸、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んだ「完全栄養食品」といわれています。加熱しても、栄養価に大きな変化が見られず、どのように調理しても必要な栄養を摂取できるので、夏バテ撃退には最適な食材といえるでしょう。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング