ショウガの効能効果【血糖値・血圧を下げる】生姜と緑茶を合わせた最強ドリンク

ショウガの効能効果【血糖値・血圧を下げる】生姜と緑茶を合わせた最強ドリンク

私は20年以上、国内外のいろいろな大学で、あるいは企業と共同で、ショウガの研究を続けてきました。いわば「ショウガ博士」だと自負しています。そんな私が長年、探し求めていたものがあります。それは「ショウガのパートナー」です。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


平柳要
東京大学大学院医学研究科修了。ハーバード大学・マサチューセッツ工科大学客員研究員、日本大学医学部准教授などを経て、食品医学研究所を設立。科学的根拠に基づいた健康食品の研究、開発に携わる。ショウガ研究の第一人者でもあり、ショウガに関する著書も多い。

緑茶は海外でも研究される注目の的

 私は20年以上、国内外のいろいろな大学で、あるいは企業と共同で、ショウガの研究を続けてきました。いわば「ショウガ博士」だと自負しています。
 そんな私が長年、探し求めていたものがあります。それは「ショウガのパートナー」です。

 ショウガは薬にも負けない健康効果を持つ優れた食品です。そんなショウガを、世代や性別を超えてもっと手軽にとって欲しくて、ショウガココアという飲みものを考案しました。しかしそれで満足せずに、もっと手軽にショウガを食べられないかと模索していました。

 そんなとき、栄西禅師(平安~鎌倉時代の僧)が、中国から茶の種を持ち帰り、茶の効用を説く『喫茶養生記』を著したことを知りました。
 私は「これだ!」とひらめき、ショウガに緑茶を組み合わせてみることにしたのです。緑茶なら、日本人にはなじみ深く、毎日飲んでいる人も多いでしょう。その緑茶とショウガを組み合わせたら、習慣づけてとるのにぴったりです。
 しかも、緑茶には、ショウガと同じく多くの効用があります。そのことは、日本国内だけでなく、米国、中国、イラン、サウジアラビアといった海外の大学などの研究機関でも調べられています。

 そうした研究により、従来知られてきた緑茶の有効成分であるカテキンに、いくつかの種類があることもわかってきました。そのなかでも、もっとも効果的な成分が、エピガロカテキンガレート(EGCG)です。

 私は試行錯誤の末、もっとも効果的に飲める緑茶とショウガの配合比率を割り出し、「ショウガ緑茶」として提唱するようになったのです。

ショウガ緑茶を飲むとダイエットもらく!

 すると、ショウガ緑茶を習慣づけて飲んだ人には、「らくにダイエットできた」「高かった血糖値や血圧が下がった」「悪玉(LDL)コレステロールの値が下がった」「肌がきれいになった」「冷えが改善した」「口臭や歯周病が改善した」など、多彩な効果がみられました。
 具体的なショウガ緑茶の作り方と飲み方については、詳しく解説(記事はコチラをご参照ください)していますので、ここでは、ショウガと緑茶の基本的な薬効について述べておきましょう。

 ショウガには、抗炎症作用、鎮痛作用、血液サラサラ効果、血行促進作用、殺菌作用、健胃・整腸作用などがあります。
 特に、消炎・鎮痛効果は凄まじく、薬局にある一般的な鎮痛薬に勝るレベルです。ですからそんなショウガをとるだけで、動脈硬化や多くの生活習慣病、認知症、慢性関節炎などの予防や進行の抑制に役立ちます。
 こうしたショウガの効果は、薬効成分、「ジンゲロール」と「ショウガオール」が中心となってもたらされます。そして、ショウガを80℃前後に加熱すると、体を温める作用をもつショウガオールが増え、よりいっそう効果的です。
 ショウガ緑茶は、80℃前後のお湯で作るので、ショウガの効果を最大限に生かせます。

緑茶の有効成分が老化を遅らせる

 一方、緑茶は、動脈硬化やがん、老化などの元凶となる活性酸素を消す「抗酸化作用」が強いことが知られています。
 この作用を発揮するのは、お茶類に含まれるポリフェノールの一種、「カテキン」です。カテキンは、古くから殺菌効果が高いことで知られていますが、カテキンと一言で言っても、いくつか種類があります。

 そのなかで、とりわけ抗酸化作用が強いのが、前述のEGCGです。緑茶、特に煎茶には、このEGCGが抜群に多く含まれています。
 紅茶やウーロン茶には、ほとんど含まれないEGCGを豊富に含むことが、緑茶の最大の魅力です。
 その働きにより、緑茶は、血管をしなやかに、血液をサラサラにし、老化を遅らせ、免疫力を正常に保ちます。

 EGCGは緑茶を高すぎる温度でいれると壊れてしまいます。効率よくとるために、80℃前後のお湯を使って緑茶をいれるのがコツです。

 このポイントを守っていれた緑茶をショウガと組み合わせると、ショウガと緑茶の健康効果を最大限に高めた最強の飲み物になるのです。

 80℃前後は、煎茶をおいしく入れるための湯温でもあります。それにショウガを加えたショウガ緑茶は、すっきりしておいしい味わいです。体によいうえ、手軽に作れておいしく飲める点も大きな魅力です。

→「ショウガ緑茶」の作り方&飲み方はコチラ
→「ショウガ緑茶」の効能の解説はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【血糖値・血圧を下げる】「しょうが緑茶Q&A」しょうが博士が気になる疑問に答えます

【血糖値・血圧を下げる】「しょうが緑茶Q&A」しょうが博士が気になる疑問に答えます

「ショウガ緑茶」は、緑茶にすりおろしたショウガを入れて作ります。 特別な道具はいらないうえ、作るのに時間もかかりませんが、その健康効果は薬に匹敵します。高すぎる血糖値、血圧を下げて、健康に導いてくれるだけでなく、体重が落ち、シミやシワ、薄毛の改善にも役立ちます。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


【便秘改善】「ショウガ緑茶」で下剤いらず!血管年齢が10歳若返り、母の不眠も解消した

【便秘改善】「ショウガ緑茶」で下剤いらず!血管年齢が10歳若返り、母の不眠も解消した

職場の健康診断で、悪玉(LDL)コレステロール値が高いと言われるようになったのは、4年ほど前からです。1年前には200mg/dlまで上がり、薬を処方してもらったこともありました。しかし、副作用で全身に筋肉痛に似た痛みが出たので、1〜2週間で薬をやめました。【体験談】白石真紀(看護師・40歳)


血糖値が下がった!「しょうが緑茶」で血管年齢が20歳若返り髪と肌もツヤツヤ

血糖値が下がった!「しょうが緑茶」で血管年齢が20歳若返り髪と肌もツヤツヤ

血管年齢を測定してもらったのですが、私は「65歳」で実年齢プラス15歳でした。これにはショックを受けました。実は、健康には自信がなく、健康診断の検査結果も不安でした。その不安は的中し、空腹時血糖値が129mg/dlと高かったのです。【体験談】高村美佐子(仮名・主婦・50歳)


【高血圧・糖尿病】生活習慣病を撃退する「ショウガ緑茶」の基本の作り方

【高血圧・糖尿病】生活習慣病を撃退する「ショウガ緑茶」の基本の作り方

ショウガ緑茶は、緑茶とすりおろしたショウガを混ぜるだけで作れます。ショウガと緑茶の風味と香りが味わえて、健康効果の高い作り方を紹介します。【解説】平柳要(医学博士、食品医学研究所所長)


生姜の効能【血管の若返り効果】"生姜入り緑茶"で白内障を予防 歯周病 口臭対策に

生姜の効能【血管の若返り効果】"生姜入り緑茶"で白内障を予防 歯周病 口臭対策に

ショウガ緑茶を習慣づけて飲んでくれた人からは「らくにダイエットできた」「高かった血糖値や血圧が下がった」「悪玉コレステロールの値が下がった」「肌がきれいになった」「口臭や歯周病が改善した」など多彩な効果が見られました。どんな薬効が期待できるのかいくつか挙げてみましょう。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


最新の投稿


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

近年、血流改善が薄毛の解消において重要であることは、確かなものとなっています。また、冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。皮膚は内臓の鑑といわれています。つまり、内臓の不調は皮膚の一部である髪についても当てはまるのはいうまでもありません。【解説】荒浪暁彦(あらなみクリニック総院長)  


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング