【顔色が悪い・冷え性】「顔をさする」と全身の血流がアップし、シミ・シワも解消する!

【顔色が悪い・冷え性】「顔をさする」と全身の血流がアップし、シミ・シワも解消する!

顔をさすると、全身もポカポカと温まってくるので、冷え症の改善や体温アップにも効果的です。さらに、免疫力の向上も期待できます。白血球やリンパ球の数、NK活性など、免疫力を示す指標はいろいろありますが、それら以上に、顔は免疫力の状態を表すパラメータだと私は考えています。【解説】帯津良一(帯津三敬病院名誉院長)


帯津良一
日本ホリスティック医学協会会長。日本ホメオパシー医学会理事長。東京大学医学部卒業。東京大学医学部第三外科、都立駒込病院外科医長を経て、帯津三敬病院を開院、現在は名誉院長。

顔を手でさするだけで全身にエネルギーが巡る

顔は、その人の健康状態を表す一つの指標といえます。
漢方の世界では、「望診」といって、顔の状態を細かく観察することが一つの重要な診断方法となっているほど。

顔色や表情、目つき、顔の血行状態を見るだけで、体調全般が見えてきます。
顔はその人のカルテであり、顔と健康状態とは密接に関係していて常に不可分なのです。

江戸時代に貝原益軒が著した日本最古の予防医学書とされる『養生訓』には、次のような記述があります。
「顔は五臓が現れる場所であるから、髪の生え際から下に数回手でなで下ろすとよい。こうすることで気をめぐらし、顔色がよくなる」

五臓とは内臓全般を指し、気とは一種の生命エネルギーのことだと考えてください。
つまり、顔を手で数回さするだけで、全身にエネルギーが巡って、あらゆる内臓が元気になる、というのです。

私も、この考えに賛同します。
手で顔をさすれば、顔だけでなく全身の血行がよくなります。
血流をよい状態に保つことが、健康体を維持するうえでとても重要だということは、皆さんもよくご存じでしょう。

血流がよくなれば、内臓の働きも高まり、高血圧などの生活習慣病の予防・改善にもつながります。
顔をマッサージすることにもなり、シミやシワ、乾燥肌の予防にもなるでしょう。

顔の緊張がほぐれて免疫力が高まる!

顔をさすると、全身もポカポカと温まってくるので、冷え症の改善や体温アップにも効果的です。

さらに、免疫力の向上も期待できます。
白血球やリンパ球の数、NK活性など、免疫力を示す指標はいろいろありますが、それら以上に、顔は免疫力の状態を表すパラメータだと私は考えています。

血色がよく、顔にツヤがあって表情もいきいきとしている人ほど免疫力が高い、といっても過言ではありません。
「私は、顔色があまりよくなくて…」という人も大丈夫。

手で顔をさすることで顔の緊張をほぐし、血行をよくすれば、自ずと免疫力も高まってくるのです。
嫌なことがあっても眉間にシワを寄せず、いつも笑顔を心がけてください。

免疫力がアップすれば、カゼやインフルエンザなどに強い体になり、ガンといった重篤な病気の予防にもなるでしょう。

さらに顔には、東洋医学でいうところのツボが数多く集まっています。
ツボは、気の通り道である経絡上にあり、刺激することで気の停滞を解消し、流れを促します。
手で顔全体をさすることによって、簡単にこれらのツボを刺激することになるのです。

私が勧める顔さすりのやり方は次のようなものです。

まず、両手を10秒ほどこすり合わせます。
こうすることで手が温まると同時に、手にあるツボも刺激されます。

そして、顔全体から首まで、まんべんなく手でさすってください。
耳も指ではさんで刺激するといいでしょう。
しだいに、全身がポカポカと温まってくるのを実感できるはずです。

丹念にやっても、1分ほどでできるはずです。
ぜひ、顔さすりを毎日の健康維持にお役立てください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

人間の三大欲は、食欲・性欲・睡眠欲といわれています。それに加え、昨今は「健康長寿欲」に多くの人がとらわれています。2016年の調査で「欲しい物」の1位が「健康」で、「幸せ」を大きく上回ったのです。「幸せよりも健康が欲しい」という結果に私は衝撃を受けました。【解説】名郷直樹(武蔵国分寺公園クリニック院長)


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

チーズは良質のたんぱく質とカルシウムの供給源で、筋力や骨の強化を助ける食品。ダイエット効果、筋力をつける効果、骨粗鬆症を防ぐ効果、血圧を下げる効果、虫歯を防ぐ効果、認知症を防ぐ効果など代表的なチーズの健康効果をお話ししましょう。【解説】齋藤忠夫(東北大学大学院農学研究科教授)


【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

ハトムギは、昔から「肌にいい」といわれ、ヨクイニンという生薬として使われています。そこで、私たちはまず、ハトムギの肌への効果に着目しました。その結果、ハトムギには紫外線ダメージによる肌の乾燥や、シミを防ぐ働きのあることが明らかになったのです。【解説】清水邦義(九州大学農学部研究院森林圏環境資源科学研究分野准教授)


最新の投稿


「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

ストレスが積み重なったのでしょう。気がついたら「キーン」という高音の耳鳴り が聞こえるように。最もいやだったのは、寝るときでした。シーンと静かな中、キーンという音だけが聞こえるので不眠になってしまいました。そこで藤井先生の治療院に行き、教わったのが「耳こすり」でした。【体験談】長谷川真由美(会社員・33歳)


【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

ハチミツには、優れた抗炎症作用、抗酸化作用があります。特に抗炎症作用により、のどの炎症が抑えられるため、セキが軽くなると考えられます。ハチミツ以外では、コーヒーにも、セキの予防効果があることが報告されています。【解説者】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)


退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

人間の三大欲は、食欲・性欲・睡眠欲といわれています。それに加え、昨今は「健康長寿欲」に多くの人がとらわれています。2016年の調査で「欲しい物」の1位が「健康」で、「幸せ」を大きく上回ったのです。「幸せよりも健康が欲しい」という結果に私は衝撃を受けました。【解説】名郷直樹(武蔵国分寺公園クリニック院長)


【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

首の痛みの場合、適切な対策をとり損ねるおそれがあります。首の骨が悪くなっているといわれれば、多くの患者さんは「それなら痛みが出るのもしようがない」「薬で痛みを抑えるしかないのだろうな」と考え、それ以上の対策を取らなくなってしまうからです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

卵は、アミノ酸、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んだ「完全栄養食品」といわれています。加熱しても、栄養価に大きな変化が見られず、どのように調理しても必要な栄養を摂取できるので、夏バテ撃退には最適な食材といえるでしょう。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング