【良性発作性頭位めまい症】原因の多くは「肩こり・首コリ」“ココ”をほぐすと改善する

【良性発作性頭位めまい症】原因の多くは「肩こり・首コリ」“ココ”をほぐすと改善する

めまいの種類はさまざまあります。しかしその原因は今まで主に、耳の異常によるもの、目の異常によるもの、脳の異常によるものの三つに大別されると考えられてきました。しかし私は、今までの治療経験から前述した三つの原因以外にも、めまいが起こるケースがあると考えています。【解説】北川洋志(関西医療大学保健医療学部助教)


1984年生まれ。2007年、関西鍼灸大学(現関西医療大学)鍼灸学部卒業。2009年、関西医療大学大学院保健医療学研究科修了。現在、関西医療大学保健医療学部助教。

肩こりを治すとめまいまで改善することが多い

「立ち上がるときにグルグルと目が回る」「歩くと体がふらつく」といった、めまいの症状にお悩みのかたは多いのではないでしょうか。

めまいの種類は、さまざまあります。
しかしその原因は、今まで主に、耳の異常によるもの、目の異常によるもの、脳の異常によるものの三つに大別されると考えられてきました。

私たちはふだん、耳や目などの器官、手や足などの部位から知覚したそれぞれの情報を、脳の中枢神経が統合し、一つの平衡感覚として感じ取っています。
このプロセスのどこかに問題が起きたときに、めまいが生じるのです。

例えば、耳には内耳という器官がありますが、ここに問題があれば、メニエール病のようなめまいが発生します。
また、脳梗塞などによって、脳の中枢神経に問題が生じても、めまいが起こる場合があります。

しかし私は、今までの治療経験から、前述した三つの原因以外にも、めまいが起こるケースがあると考えています。
それが、体感覚の異常が原因で起こるめまいです。
体感覚とは、触覚や運動機能、体のバランスを指すと考えてください。

めまいというと、たいてい耳鼻科領域の症状と考えられているため、見逃されがちだったのです。

肩こりのために来院されたかたのなかには、同時にめまいの症状を訴えるかたもいらっしゃいます。
そういったとき、肩こりといった主訴を治療すると、めまいまで改善することが多くありました。

耳鼻科で治療を受けても、めまいが改善しない人がいますが、こうした人たちのめまいも、体感覚の異常によるものが一定数あるのではないでしょうか。

特に、めまいのうちで最も罹患者が多いとされる良性発作性頭位めまい症は、この体感覚の異常が原因の場合が多いと考えています。

なお、良性発作性頭位めまい症は、ベッドから体を起こすときや上を向いたりするときなど、急に頭を動かす動作で起こるものです。

かたくなっている耳の上の筋肉をほぐす

肩や首に重度のコリがあったり、腰などにひどい痛みを抱えていたりすると、体感覚に異常が生じ体のバランスがくずれます。
当然、平衡感覚を知覚する機能にも弊害が現れるでしょう。

そうした場合、まずはコリや痛みの治療をするのが先決です。
そのうえで、耳の上あたりに位置する側頭筋と呼ばれる場所を「顔の横さすり」でほぐすといいでしょう。

体感覚の異常によるめまいの場合、この側頭筋がかたくなっているケースが多く、ここを手でほぐすことでめまいの予防・改善効果を望めます。

顔の横さすりのやり方は、簡単です。
拳を握り、第二関節を両耳のすぐ上に当ててください。
そして、「痛気持ちいい」と感じられる程度の強さで5秒ほど押します。
細かく上下に揺らしながら押すといいでしょう。

その周りを押して気持ちがいいと感じられる場所があれば、そこも同様に押してほぐしてください。
ただし、やり過ぎは禁物です。
強く押し過ぎたり、長時間行ったりすると、かえってよくありません。
あくまでも適切な強さ、適切な時間で刺激しましょう。


実際に、この方法で症状が抑えられたケースを紹介します。

60代の女性Aさんは、もともと肩にひどいコリがあるということで、私が働いている治療院に来院されました。
話をうかがうと、めまいにもお悩みとのこと。
朝起きるときに、グルグルと目が回るそうです。

そこで、施術とともに、側頭筋をほぐすための顔の横さすりを指導しました。

Aさんはめまいがひどいときには、一人で通院できないこともありました。
しかしそんなときに自分で側頭筋をほぐすと、その場でめまいが和らぐそうです。

おかげで楽に通院できるようになり、顔の横さすりと併せて治療を行うことで、みごとめまいは完治に至りました。


いずれにしても、めまいが起こった場合には、まず耳鼻咽喉科などを受診し、その原因を調べることが肝心です。
聴力障害や頭痛、顔のしびれなどを伴う場合には、ほかに原因があると考えられます。

そのうえで、体感覚の異常が疑われる場合は、この顔の横さすりを試してみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【不眠が改善】自律神経を整える「オルゴール療法」で不安感や頭痛も解消した

【不眠が改善】自律神経を整える「オルゴール療法」で不安感や頭痛も解消した

頭痛やめまい、不安症といった症状とともに生じる不眠は、睡眠薬などの効果が不十分であることも多く、対処が難しいのが特徴です。このような不眠に対して、私が5年前から治療に導入して、効果を感じているのが「オルゴール療法」です。【解説】星野茂(ほしの脳神経クリニック院長)


【物忘れを改善する食事】ニンニク油で記憶力が回復 高血圧やめまいも撃退

【物忘れを改善する食事】ニンニク油で記憶力が回復 高血圧やめまいも撃退

ニンニク油は脳によい理由の一つは「アホエン」という物質です。多くの研究が行われており①抗酸化作用②血小板凝集抑制作用③血中コレステロール値改善④尿酸値改善・抗ガン作用⑤殺菌、抗ウイルス作用、また近年の研究で、記憶力の向上や認知症の予防に役立つことがわかってきました。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【気象病専門医が解説】低気圧が原因のめまい・頭痛は“首の骨の歪み”が原因 セルフケア法は?

【気象病専門医が解説】低気圧が原因のめまい・頭痛は“首の骨の歪み”が原因 セルフケア法は?

私は、「歪んだ体が血行不良を起こし、めまいを招いているのでは」と考えました。そこで私が注目したのが、ズレた骨の位置を整え、体の歪みを正す、カイロプラクティックという手技療法でした。【解説】久手堅司(せたがや内科・神経内科クリニック院長・神経内科専門医)


【めまい・耳鳴り】は“低血圧”が原因?低血圧改善には「チェダーチーズ」が有効

【めまい・耳鳴り】は“低血圧”が原因?低血圧改善には「チェダーチーズ」が有効

めまいや耳鳴りを医師に診てもらうとなれば、多くの人は耳鼻科に行くでしょう。そして、「耳の奥にある“内耳のむくみ”が関係している」と指摘されるかもしれません。【解説】永田勝太郎(千代田国際クリニック院長・WHO(世界保健機関)心身医学・精神薬理学教授)


【自律神経を整える】心身の痛みを和らげるデトックス法「指こすり気功」 のやり方

【自律神経を整える】心身の痛みを和らげるデトックス法「指こすり気功」 のやり方

心身が抱える問題を解決するには、潜在的な自己治癒力を高め、心身の機能を向上させるのがいちばんの近道です。現代医療による治療を受ける場合でも、心身の機能がよりよい状態であれば効果が高まることは言うまでもありません。そのために役立てていただきたいのが「気功」です。【解説】小池義孝(一義流気功・町屋気療院院長)


最新の投稿


【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

他人の体を動かせるほどの強い気を身につけるにはかなりの鍛錬が必要ですが、この手のひらの気を自分や家族の健康に役立てることはできるかもしれません。手のひらから相手の体に気が入り、全身を巡っていくことをイメージしながら気を送ってみましょう。【解説】宗茂(宗茂気功健康塾塾長・元オリンピック男子マラソン代表)


【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

皆さんのなかには、食事や運動に気を配ってもお通じがよくならない、という人も多いのではないでしょうか。これは、腸から脳への指令がうまく伝わっていないことが考えられます。【解説】劉勇(コリトレール治療院総院長・鍼灸師・医学博士)


【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

実際にクリニックを開設し、日々、患者さんに接していると、「体が健康でないと、心も健康にならない」ことがわかります。例えば、「ストレスを感じると動悸がする」という患者さんは、「動悸がすると不安が強くなり、それがまた動悸につながる」といいます。【解説】木村昌幹(アイさくらクリニック院長)


【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

衝撃の前後写真満載!生きる力と勇気がわく「アドラー式お片づけ」をご紹介します。アドラー心理学にある「目的論」の考え方。なりたい自分に向かって行動するからこそ、あなたの考え方が変わり、部屋が変わり、次第に人生が変わっていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)


【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

家庭では「きれい」よりも「居場所があること」がたいせつ。完璧を目指すよりも、このサイクルを軽やかに回すことで、快適な自分たちならではの家が作られていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)