【ガムの効果】ガムを噛みながら歩いて認知症を予防!

【ガムの効果】ガムを噛みながら歩いて認知症を予防!

年を取ると転倒しやすくなってしまう原因としては、視力・聴力の低下、平衡機能の低下、変形性膝関節症、そして認知症などがあります。平衡機能の低下は、加齢によって、かむ能力が衰えることと大きく関連しているのです。【解説】石上惠一(東京歯科大学特任教授)


体の揺らぎがへりバランスが安定する

健やかな老後を送りたいと、高齢者のかたは願っていることでしょう。
しかし、それを打ち砕いてしまうのが、「転倒」による骨折です。

高齢者のかたが、転倒して大腿骨頸部を骨折し、手術・入院すると、筋力や心肺機能の低下を招きます。
そして、そのまま寝たきりになったり、認知症になったりするケースが非常に多いのです。

そうなれば、健康寿命とはかけ離れた、介護に頼る老後を送ることになってしまいます。
そんな転倒の防止に役立つ方法として、私が推奨しているのが、ガムをかみながら歩く「かむかむウォーキング」です。

年を取ると転倒しやすくなってしまう原因としては、「視力・聴力の低下」「平衡機能の低下」「変形性ひざ関節症」、そして「認知症」などがあります。

このなかでも、平衡機能の低下、つまりバランス能力の低下は、加齢によって、かむ能力が衰えることと大きく関連しているのです。

実際、私は、高齢者が入れ歯を装着すると、かむ能力が戻るだけでなく、体のバランス能力が回復して、しっかり歩けるようになるという例を、多く見てきました。

では、かむことと、バランス能力との間にはどういう関係があるのでしょうか。

人は直立したとき、5~6kgもある重い頭部を、重力に逆らい、首や肩の筋肉と頸椎で支えています。
この状態は、とても不安定で、いつ倒れてもおかしくありません。

それでもバランスが維持されているのは、背中にある僧帽筋のほか、咀嚼にかかわっている筋群(咀嚼筋)が、頭部の安定のために機能しているからです。

つまり、かむという動作によって、咀嚼筋がしっかり収縮することが、バランス能力の維持に欠かせないわけです。

その咀嚼筋を鍛えるのに、とても有効なのが、ガムをかむことです。

私の研究グループでは、ガムをかむと、いかに体のバランスが安定するのか、ということを実験しました。

実験では、人の体の揺らぎぐあいが測れる「重心動揺計」という機器を使い、ガムをかんでいるときと、そうでないときの被験者の体の揺らぎを比較しました。

すると、ガムをかんでいるときのほうが、体の揺らぎが明らかに少ないという結果が出たのです。
つまり、ガムをかむと体のバランスが安定することが、実験で確かめられたのです。

そこで、高齢者の転倒予防にも、ガムの咀嚼が役立つのではないかと考えたわけです。

骨が丈夫になる!認知症を防ぐ!

私は、どうすればこの実験結果を、健康度の向上に役立てられるかを考えました。
そこで出した答えが、ガムをかみながらしっかり歩くという運動です。

これにより、バランス能力が向上するとともに、筋肉の活動性も高まります。
この運動を行う際は、歯の健康を保つために、キシリトール入りのガムを使ってください。

そして、ガムをかみながら、背すじを伸ばした姿勢で、リズミカルに歩行しましょう。
のんびりと散歩するのではなく、後ろ足で地面をしっかりけりましょう。

ウォーキングをしているという感覚が大事です。毎日30分は、「かむかむウォーキング」を行うようにしてください。
重要なのは、太ももを上げること。そして、かかとから着地することです。

高齢者は、すり足になりがちで、それが転倒を招いてしまうからです。

ある医師が、転倒予防教室でこのかむかむウォーキングを行い、体験者にアンケートをとったところ、「リズムがとりやすくて歩きやすかった」「疲労感が少なかった」などの答えが多かったという報告もあります。

そして、太陽に当たりながらウォーキングをすると、体内でビタミンDが生成されます。
ビタミンDは、骨を丈夫にする代表的な栄養素なのです。

つまり、日光の下でかむかむウォーキングをすると、骨折を防ぐのにいいのです。
また、かむかむウォーキングは、咀嚼筋を鍛えるため、認知症の予防にも役立ちます。

健康長寿をかなえる健康法として、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【認知症・MCI】予防には「緑茶」が最適!飲む頻度も高いほど良いと追跡調査でわかった!

【認知症・MCI】予防には「緑茶」が最適!飲む頻度も高いほど良いと追跡調査でわかった!

調査開始時と追跡調査時のデータを解析したところ、調査開始時から日常的に緑茶を飲まない人と比べて、緑茶を飲んでいる人のほうが、認知症やMCIの発症率が低いことが判明したのです。【解説】山田正仁(金沢大学附属病院神経内科長・金沢大学神経内科学教授)


【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

認知症とうつ病は、どちらも高齢者に多く見られる病気です。高齢者のうつ病は、認知症を引き起こす原因の一つとされている一方、認知症がうつを併発することも少なくありません。認知症とうつ病の間には密接な関係があり、二つの病気には似た症状を呈する場合もあるので、取り違えやすいのです。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

私たちにとって、猫は五感を心地よく刺激する存在です。見れば愛らしく、触ってなでれば快く、鳴けば美しい旋律となって、えもいわれぬ刺激となります。それは、病気のあるなしに関係なく、すばらしい経験だといえるでしょう。【解説】小田切敬子(NPO法人アニマルセラピー協会理事長・生物科学博士)


【糖尿病が改善】ウォーキング後の「チーズ」摂取で筋力がアップ!生活習慣病を予防できる

【糖尿病が改善】ウォーキング後の「チーズ」摂取で筋力がアップ!生活習慣病を予防できる

「ウォーキング後にチーズなどの乳製品を食べると、筋力がアップするうえに、生活習慣病の予防・改善にも役立つ」ことが、私たちの研究で判明しました。さらに最近の研究では、インターバル速歩後に乳製品をとると、実際に糖尿病や動脈硬化が改善することもわかりました。【解説】能勢博(信州大学大学院医学系研究科教授)


【認知症・軽度認知障害(MCI)とは】誤解や偏見を捨てよ!認知症改善の心構え

【認知症・軽度認知障害(MCI)とは】誤解や偏見を捨てよ!認知症改善の心構え

日本では、認知症に対する医療や社会の理解が非常に遅れています。結果、誤った対応によって症状がより深刻化し、ご本人や周りの人たちがつらい思いをしてしまうケースが後を絶ちません。医師や介護職の人はもちろん、家族も病気に対する正しい知識を持つ必要があります。【解説】長尾和宏(長尾クリニック院長)


最新の投稿


「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

ストレスが積み重なったのでしょう。気がついたら「キーン」という高音の耳鳴り が聞こえるように。最もいやだったのは、寝るときでした。シーンと静かな中、キーンという音だけが聞こえるので不眠になってしまいました。そこで藤井先生の治療院に行き、教わったのが「耳こすり」でした。【体験談】長谷川真由美(会社員・33歳)


【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

ハチミツには、優れた抗炎症作用、抗酸化作用があります。特に抗炎症作用により、のどの炎症が抑えられるため、セキが軽くなると考えられます。ハチミツ以外では、コーヒーにも、セキの予防効果があることが報告されています。【解説者】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)


退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

人間の三大欲は、食欲・性欲・睡眠欲といわれています。それに加え、昨今は「健康長寿欲」に多くの人がとらわれています。2016年の調査で「欲しい物」の1位が「健康」で、「幸せ」を大きく上回ったのです。「幸せよりも健康が欲しい」という結果に私は衝撃を受けました。【解説】名郷直樹(武蔵国分寺公園クリニック院長)


【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

首の痛みの場合、適切な対策をとり損ねるおそれがあります。首の骨が悪くなっているといわれれば、多くの患者さんは「それなら痛みが出るのもしようがない」「薬で痛みを抑えるしかないのだろうな」と考え、それ以上の対策を取らなくなってしまうからです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

卵は、アミノ酸、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んだ「完全栄養食品」といわれています。加熱しても、栄養価に大きな変化が見られず、どのように調理しても必要な栄養を摂取できるので、夏バテ撃退には最適な食材といえるでしょう。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング