【歯科医】30年来の不眠症が治った!過緊張対策にもお勧め「小指もみ」のやり方

【歯科医】30年来の不眠症が治った!過緊張対策にもお勧め「小指もみ」のやり方

過緊張に特に効果があるのは小指への刺激です。小指の指先を刺激すると、自律神経の副交感神経が優位になって緊張がゆるみます。また全身の血流がよくなるので、足の先まで温かくなります。この小指刺激は過緊張だけでなく不眠、うつ、頭痛などにも効果があります。【解説】七沢久子(山梨県歯科衛生専門学校校長・七沢歯科医院院長)


手もみでリラックスし治療がスムーズに運ぶ

「気持ちがよかった〜!」
「体がすごく楽になった!」
 治療が終わった後の、患者さんたちの声です。歯の治療後なのに、皆さんがこう喜んでくださるのは、診療室が癒しの空気に包まれているからでしょう。

 歯科医院を開業して、はや32年。開業以来、私は、女性ならではのアットホームな歯科医院を心がけてきました。応接間にお客様を迎えるように患者さんをお迎えし、笑顔で帰っていただきたい。そのため、私は東洋医学を始めとする、さまざまな手法を治療に取り入れてきました。

 その1つが、手もみです。歯科治療を受けられる患者さんは、不安や緊張で口の筋肉がこわばっていて、口が大きく開きません。その不安や緊張を取り除き、リラックスしていただくために、私は治療の前に、患者さんの手をもんでいました。
 でも、私が手をもめる人数は限られています。そこで私は、患者さんが自分で手をもめるように、ペンチに似た形の専用の器具を開発しました。患者さんは治療を待つ間や治療中、この器具を使って自分で手をもんでいます。すると緊張が取れて口が大きく開くようになり、リラックスして治療を受けていただけるのです。

 私たち歯科医も、患者さんの口がこわばっていると治療に苦労します。それでなくても歯科医は、片手に重い器具を持ち、もう片方の手に神経を集中させて治療するので、手や肩が疲れます。その疲れを取るのにも手もみがとても有効でした。

睡眠薬がなくても眠れるようになった

 東洋医学では、手と脳や体には密接な関係があり、手には全身が投影されていると考えられています。
 私が行っている手もみは、古くからある手の刺激療法をベースに、福田稔医師(自律神経の働きに注目した、新しい免疫療法の創始者)が考案された「爪もみ」を加味したもので、爪の生え際をもんだり、手のひらをもんだりする刺激法です。

 過緊張に特に効果があるのは、小指への刺激です。小指の指先を刺激すると、自律神経(※)の副交感神経が優位になって緊張がゆるみます。また全身の血流がよくなるので、足の先まで温かくなります。
 この小指刺激は、過緊張だけでなく、不眠、うつ、頭痛などにも効果があります。小指をもんでいるうちにリラックスして、眠ってしまう患者さんもいるほどです。

 私の歯科医院で手もみの効果を体験し、自宅でも実践している人は少なくありません。その中には、30年来の不眠症が治ったかたもいます。
 53歳の男性Hさんです。Hさんは仕事のストレスから不眠症になってしまい、長年、睡眠薬が手放せない状態でした。私の治療をよく理解され、自宅でも手もみを続けたところ、睡眠薬がなくても眠れるようになり、とても喜んでいただきました。

※自律神経 自分の意志ではコントロールできない神経で、交感神経と副交感神経がある。体を緊張状態にするのが交感神経、リラックス状態にするのが副交感神経。

緊張が取れて国家試験もほぼ100%の合格率

 私が校長を務める歯科衛生士の学校の生徒たちも、国家試験の当日は手もみで緊張をほぐしています。
 息を大きく吸いながら、小指をもみ、「だいじょうぶ!」とみんなで声を掛け合うと、さっきまで緊張と不安で泣きそうだった生徒たちの顔に笑顔が戻ってきます。そのおかげか、私の専門学校は毎年、ほぼ100%に近い合格率です。

 小指もみのやり方は、下のやり方をご覧ください。小指もみをすると、フワーッと体がゆるんで、とてもいい気持ちになります。
 今回は小指もみを紹介しましたが、健康維持のためには、左右の手のすべての指をもむようにするといいでしょう。
 加えて、指のまたの部分(いわゆる、水かき)を、もむこともお勧めします。指のまた刺激も、体調管理にかなりの効果があります。

過緊張や不眠に効く「小指もみ」のやり方

❶小指の爪の生え際を、親指と人さし指ではさみ、ギュッと力を入れる
❷心地よい程度の強さで5秒押す
❸左右の小指を同じようにもむ
これを1セットとして、1日5回繰り返す

指のまたを両手でつまむのも効果的

ななさわ ひさこ 1953年生まれ。1978年、神奈川歯科大学卒業。1982年、開院。2007年、山梨県歯科衛生専門学校校長に就任。日本バイ・ディジタルオーリングテスト協会O-リング認定医。アットホームな雰囲気の中で、リラックスして治療に臨むことがたいせつと考え、レーザー治療や超音波振動治療などで無痛治療を心がけている。東洋医学も取り入れて、歯の治療を通じて体も心も癒される歯科統合医療の提供に努める。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【夜間頻尿・便秘を改善】30秒当てるだけで自律神経が整う「仙骨シャワー」のやり方

【夜間頻尿・便秘を改善】30秒当てるだけで自律神経が整う「仙骨シャワー」のやり方

「腰が痛くて長時間座れない」「体がいつも疲れている」「夜中に何度も目が覚めてトイレに行く」「不妊治療を続けているが妊娠の兆しがない」――。根本的な原因を探っていくと、すべて2つの原因(①血流の悪化②自律神経の乱れ)に集約されます。【解説】中野朋儀(自治医科大学附属病院麻酔科・鍼灸師)


【不眠改善】私のイチオシの入眠方法は「枕元に○○」を置くだけ 睡眠導入剤に頼らなくてよくなった!

【不眠改善】私のイチオシの入眠方法は「枕元に○○」を置くだけ 睡眠導入剤に頼らなくてよくなった!

2年ほど前のことです。健康雑誌を読んでいたところ「タマネギをみじん切りにして枕元に置くと不眠に有効」という記事を見つけました。におい成分に、眠りを誘う効果があるのだそうです。薬嫌いの私にとって、この方法はまるで天からの贈り物のように感じられました。【体験談】和田太郎(仮名・大阪府・84歳会社員)


【不眠改善】熟睡感をもたらし目覚めが良くなる!「1円玉療法」のやり方

【不眠改善】熟睡感をもたらし目覚めが良くなる!「1円玉療法」のやり方

「なかなか寝付けない」「夜中に何度も目が覚めて、ぐっすり眠れない」という不眠に加え、近年、「朝目覚めたとき、十分に眠ったという満足感がない」「体がだるく、頭もボーッとして、やる気が出ない」など、朝の目覚めの悪さを訴える人も増えているようです。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【いびきの原因】口呼吸・睡眠時無呼吸症候群を改善するセルフケア「片鼻呼吸と口テープ」

【いびきの原因】口呼吸・睡眠時無呼吸症候群を改善するセルフケア「片鼻呼吸と口テープ」

いびきをかいて寝て「よく寝たはずなのに日中眠い」「頭がぼーっとして集中できない」といった脳疲労の自覚がある人は、睡眠時無呼吸症候群かもしれません。やせている女性にも起こります。高血圧や心筋梗塞、脳卒中、糖尿病などの合併症を招くことがあります。【解説】白濱龍太郎(RESM新横浜睡眠・呼吸メディカルケアクリニック院長) 


【対人恐怖症、自閉症】症状が改善する食事療法 やめると良い食品とは?

【対人恐怖症、自閉症】症状が改善する食事療法 やめると良い食品とは?

私のクリニックでは、本人に思い当たる原因はないけれど、脳機能のトラブルが疑われる患者さんに、食事の指導を行っています。生活に合わせて、白砂糖や加工食品などを控えていただくよう指導しますが、中でも最初にやめていただく、2つの食品が「パン」と「牛乳」です。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


最新の投稿


【歌手・森山良子さん】のどの疲れを一掃し声帯まで潤う!ひとさじの蜂蜜は歌手の私に欠かせない

【歌手・森山良子さん】のどの疲れを一掃し声帯まで潤う!ひとさじの蜂蜜は歌手の私に欠かせない

19歳で歌手デビューし、気づいたら半世紀の月日が経ちました。私が、今もこうして皆様の前で歌えるのは、ハチミツの恩恵が大きいように思います。【体験者】森山良子(1948年生まれ。東京都出身。1967年、『この広い野原いっぱい』で歌手デビュー。)


【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

酢タマネギをメインに据えつつ、タマネギをさまざまな料理に活用していたところ、意外な方面に変化が現れました。なんと、体重が減ってきたのです。もちろん、特にダイエットをしていたわけではありません。【体験談】井田貴美代(仮名・香川県・39歳パート)


【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

高齢者でも簡単にでき、効果の高い動作を厳選した「アザラシポーズ」と「上体起こし運動」を採用し、さまざまな症例の患者さんにこの二つの体操を行ってもらったところ、想像以上の効果が得られました。しっかりと実践したすべての例で、腰痛が改善し、姿勢がよくなったのです。【解説】太田邦昭(太田整形外科院長)


【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

認知症とうつ病は、どちらも高齢者に多く見られる病気です。高齢者のうつ病は、認知症を引き起こす原因の一つとされている一方、認知症がうつを併発することも少なくありません。認知症とうつ病の間には密接な関係があり、二つの病気には似た症状を呈する場合もあるので、取り違えやすいのです。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

半年ほど前にむち打ち症になり、それ以来、首の痛みが続いています。むち打ち症の痛みに効くセルフケアは効果があるでしょうか?【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング