【手もみの効果】子どものアトピーのかゆみがピタリと治まった 不登校や多動の症状も落ち着く

【手もみの効果】子どものアトピーのかゆみがピタリと治まった 不登校や多動の症状も落ち着く

私が患者さんたちに勧めている家庭療法の1つが、手のひらをもむことです。難治性のアトピー性皮膚炎が劇的に改善した例もあります。手もみ気功は、不登校や多動など、心の不調や問題行動を抱える子どもにも試してみてください。自律神経が整い、気持ちや症状が落ち着いてくるでしょう。【解説】水嶋丈雄(水嶋クリニック院長)


みずしま たけお 1955年、京都府生まれ。1981年、大阪医科大学卒業。1981年、長野県厚生連佐久総合病院に勤務。1989年、佐久東洋医学総合研究所医長として漢方薬、鍼灸治療に従事する。現在、水嶋クリニック院長として西洋医学をベースに東洋医学を取り入れた治療を行っている。著書に『パーキンソン病は自宅で治せる—最新治療と自宅ケアのすべて』(主婦の友社)など多数。

子どもには短期間で顕著な効果が表れる

 私が患者さんたちに勧めている家庭療法の1つが、手のひらをもむことです。

 中国には「全身局部臓腑投影療法」という治療法があります。手のひらや足の裏などには、まるで全身の縮図のように、内臓に対応した部分が凝縮されており、その反応区を刺激すれば、全身の機能を高めることができるというものです。
 私は、中国留学中の1988年にこの治療法を知り、気(生命エネルギー)を高める気功と組み合わせて、手もみ気功を考案しました。手には多くの経絡(気の通り道)が集中しているので、気功によって手から出る気を強くしたうえで手のひらをもむと、治療効果が高まるのです。

 手もみ気功を多くの人に実践してもらった結果、さまざまな症状に効果のあることがわかりました。
 精神安定効果が強く、自律神経(※)の乱れからくる不調の改善には特に役立ちます。大人にももちろん有効ですが、子どもの場合には、短期間で顕著な効果が表れることが多いようです。

※自律神経 自分の意志ではコントロールできない神経で、交感神経と副交感神経がある。体を緊張状態にするのが交感神経、リラックス状態にするのが副交感神経。

かゆみがおさまり笑顔が戻った

 難治性のアトピー性皮膚炎が劇的に改善した例もあります。

 小学生2年生のS君は、生後まもなくアトピーを発症し、副腎皮質ホルモン剤による治療を続けていましたが、症状は悪化する一方でした。診察してみると、手足と背中に一面、ひっかき傷やただれができて、皮膚がゴワゴワになっていました。本人は、診察中は一言もしゃべらず、体をバリバリとかいていました。

 私は、漢方薬とスキンケア用の軟膏を処方し、お父さんには毎晩必ず手もみ気功をしてもらうよう指導しました。
 すると1カ後、S君はかゆみがピタリと治まり、体をかきむしらなくなったおかげで皮膚もきれいになってきました。表情もすっかり変わり、私の問いかけに笑顔で答えてくれるようになっていたのです。
 その後も症状は改善し、入学以来休みがちだった学校にも毎日登校できるようになり、1年後には皮膚の症状はすっかり消え、治療を終了しました。

お父さんは毎晩、子どもの手をもんだ

不登校や多動の子の自律神経の安定にも有効

 子どものアトピーの原因や悪化させる要因はさまざまですが、ストレスもその1つです。このような場合のアトピーには、手もみ気功がよく効きます。

 子どものストレスは、お父さんとのすれ違いの生活やお母さんとのつながりが強すぎるなど、親子関係がからんでいることが多いようです。
 そこで私は、親御さんには子どもの手をもんであげるようにアドバイスしています。自然なかたちで親子のスキンシップや会話ができ、子どものストレス軽減につながるのです。手もみ気功のやり方は簡単です。

 まず準備として、両手のひらをこすり合わせて温めます。こうすることで手から発する気が高まります。
 次に、子どもの手のひらを両手で包むように持ってもみます。子どもは皮膚が敏感なので、強くもむのは禁物。さするぐらいの気持ちでもんでください。手相でいう生命線の周辺や、小指の下で手首寄りのふくらみを中心にまんべんなく、愛情をこめてもんであげましょう。
 以上を、お風呂上がりや布団に入る前など、リラックスした状態で行います。最低でも1日1回やり、そのほか時間を見つけて実行するようにしてください。

 手もみ気功は、不登校や多動など、心の不調や問題行動を抱える子どもにも、ぜひ試してみてください。
 これらの問題は、自律神経の交感神経が過度に緊張しているために、心と体のバランスが取れなくなって起こっていることが少なくありません。親子で毎日、手もみ気功をしながらふれあう時間を持つことで、子どもの気持ちや症状も落ち着いてくると思います。

子どものアトピーに効く「手もみ」のやり方

重点的にもむところ

生命線の付近と小指の下で手首寄りのふくらみを中心にもむ。小指の下のふくらみは、肺に対応して不快症状の改善に効果的。生命線の付近は、消化器に対応する。アトピー体質の子どもは胃腸の弱い子が多い。

「手もみ」のやり方

❶手のひらをこすり合わせて温める
❷子どもの手のひらを優しく包むように持つ
❸親指をそろえて、指の腹で円を描くように優しくもむ。3〜5分
❹最低でも1日1回やり、その他に時間を見つけて行う

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

私は診療でヒプノセラピー(催眠療法)を用いています。催眠を特別な状態と感じられるかもしれませんが、誰でも1日に十数回は催眠状態を体験しています。起床時や就寝前の意識がぼんやりしているとき、瞑想やヨガなどをして心静かにしているときは、実は催眠状態にあります。【解説】萩原優(イーハトーヴクリニック院長)


【腸もれを改善する食事】アトピー性皮膚炎や花粉症を予防する「骨スープ」で免疫力アップ

【腸もれを改善する食事】アトピー性皮膚炎や花粉症を予防する「骨スープ」で免疫力アップ

「骨スープ」とは、肉や魚を骨ごと煮込んだスープのこと。最近では「飲む万能薬」と呼ばれて話題です。骨には、アミノ酸やコラーゲン、カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。そして、じっくり煮出すことで、かたくて食べられない骨の栄養素が、スープに溶け出るのです。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


【ストレス対策】幸せホルモン「オキシトシン」 分泌を高める「お祈り」の効果

【ストレス対策】幸せホルモン「オキシトシン」 分泌を高める「お祈り」の効果

オキシトシンは以前から幸福感や愛情と深い関わりがあること、母乳の分泌を促す作用があることがわかっていました。近年の研究からストレスを抑えたり自律神経を調整したり、免疫力が高まったり、体の痛みを抑えたりといった効果があることが次々と証明されてきたのです。【解説】高橋徳(ウィスコンシン医科大学教授・統合医療クリニック院長)


【ダイエット効果】シミ、シワも防ぐ美容ドリンク「シソ酢ジュース」とは

【ダイエット効果】シミ、シワも防ぐ美容ドリンク「シソ酢ジュース」とは

ダイエット飲料としてお勧めしたいのが、シソ酢を水で薄めて飲む「シソ酢ジュース」です。シソ酢ジュースを1〜2ヵ月飲んで、4〜5kgやせた人は少なくありません。シソ酢ジュースで肥満を防止し、若々しい肌を手にいれてください。【解説】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


【医師も実践】私が「情報断食」をお勧めする2つの理由 ニュースが心身に与える影響とは

【医師も実践】私が「情報断食」をお勧めする2つの理由 ニュースが心身に与える影響とは

「特に理由もなく不安になる」「なんとなく鬱々とする」「ストレスで息苦しい」「なぜか体調が優れない」ネガティブな状態にいるあなたに試していただきたいのが「ニュース断ち」です。テレビや新聞、スマホ、ネットなどからあふれているニュースをすべてシャットアウトするいわば情報の断捨離です。【解説】西脇俊二(ハタイクリニック院長)


最新の投稿


【眼瞼下垂】見た目の老化に加え不眠・頭痛の原因 手術と自分でできる予防法

【眼瞼下垂】見た目の老化に加え不眠・頭痛の原因 手術と自分でできる予防法

眼瞼下垂とは、まぶたの機能に障害が生じて、まぶたが開きづらくなっているものをいいます。まぶたが下がってくると、上眼瞼挙筋を強く収縮させて物を見ようとするため、目の上奥が痛くなる群発頭痛や眼精疲労が起こります。【解説】松尾清(松尾形成外科・眼瞼クリニック院長、信州大学医学部特任教授・名誉教授)


【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

私は診療でヒプノセラピー(催眠療法)を用いています。催眠を特別な状態と感じられるかもしれませんが、誰でも1日に十数回は催眠状態を体験しています。起床時や就寝前の意識がぼんやりしているとき、瞑想やヨガなどをして心静かにしているときは、実は催眠状態にあります。【解説】萩原優(イーハトーヴクリニック院長)


【高血圧】手のツボ「合谷」を押すだけで、なぜ血圧が20~30ミリ下がるのか?

【高血圧】手のツボ「合谷」を押すだけで、なぜ血圧が20~30ミリ下がるのか?

高血圧は、自覚症状がほとんどありません。しかし放っておけばやがて動脈硬化を起こし、脳卒中や心筋梗塞といった重大な合併症の引き金になりかねない。まさに、”見えない敵”なのです。そんな〝見えない敵〟とは、どのように戦ったらいいのでしょうか。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学医学部教授(東医療センター内科))


【不眠症】原因はブルーライトによる眼精疲労?目も「枕」で休めるとぐっすり眠れる

【不眠症】原因はブルーライトによる眼精疲労?目も「枕」で休めるとぐっすり眠れる

最近、疲れ目やかすみ目といった目の症状と同時に、不眠を訴える人がいます。よく「眼精疲労」という言葉を耳にしませんか?眼精疲労とは、目を使うことによって体にさまざまな悪影響が出現し、休んでもそれが解消できない状態のことをいいます。【解説】松本拓也(松本眼科院長)


【慢性疲労・ストレス】原因はパソコンによる指の疲れ 血流改善効果のある「指そらし」でセルフケア

【慢性疲労・ストレス】原因はパソコンによる指の疲れ 血流改善効果のある「指そらし」でセルフケア

指には、交感神経の線維が集中しています。ストレスや緊張を感じたときは、交感神経が優位になって、指に張り巡らされた血管がギュッと締まります。指そらしは、座ったままできるので、運動が苦手な人でも手軽に取り組むことができます。1日に何回やってもかまいません。【解説】富永喜代(富永ペインクリニック院長)