【名医が解説】ふくらはぎのむくみの放置はだめ!「慢性静脈不全」の初期症状とは?対策は?

【名医が解説】ふくらはぎのむくみの放置はだめ!「慢性静脈不全」の初期症状とは?対策は?

人間は立って二足歩行を始めたことで、大容量の脳を獲得し、大きく進化することができました。その一方で、体には大きな負担がかかるようになったのです。その一つが、重い脳を支えるためにかかる背骨などへの負担。そして、もう一つが血流の問題です。【解説】星野俊一(福島県立医科大学名誉教授・日本静脈学会名誉会長)


たかがむくみと軽視するなかれ!

 人間は立って二足歩行を始めたことで、大容量の脳を獲得し、大きく進化することができました。その一方で、体には大きな負担がかかるようになったのです。
 その一つが、重い脳を支えるためにかかる背骨などへの負担。そして、もう一つが血流の問題です。

 心臓から送り出された血液は、体の隅々まで流れ込みます。その際、血液をくまなく全身に循環させるには、足先まで行った血液が、スムーズに心臓へ戻らなければなりません。
 しかし、心臓のポンプ作用で強く送り出される動脈血とは異なり、静脈血は心臓のポンプ作用に頼れません。しかも、足にある血液は、重力に逆らって心臓まで戻る必要があります。このため、静脈血は戻りが悪く、血流障害に見舞われやすいのです。
 この静脈血を心臓へ戻す主な原動力が、ふくらはぎのポンプ作用です。ふくらはぎが「第二の心臓」といわれるのは、このためです。

 ところが、現代人は、歩く機会が昔に比べて少なくなりました。仕事によっては、1日じゅう立ちっぱなし、座りっぱなしということも珍しくありません。そうなると、ふくらはぎの筋肉は弱まり、ポンプ作用がよく働かなくなるのです。
 この結果起こるのが、足のむくみです。足のむくみの原因は、リンパ液の滞りと考えているかたが多いのですが、実は、それは正しくありません。
 ふくらはぎのポンプ作用が働かないと、静脈血がきちんと心臓へ戻らず、足に停滞します。すると、静脈内の圧が高まり、毛細血管から水分が染み出ます。これが、足がむくむ主な原因なのです。

 足のむくみの90%は、この静脈血の滞りによるものです。リンパ液によるものは、10%にすぎません。
 しかも、見過ごせないのは、足のむくみが慢性化した状態は、「慢性静脈不全」というれっきとした病気であることです。たかがむくみと、軽視するべきではありません。
 慢性静脈不全の悪化で、血液の逆流を防ぐために静脈内についている弁が壊れたり、静脈に血液がたまり、コブのように膨れ上がる下肢静脈瘤ができたりします。下肢静脈瘤がひどくなると、レーザー治療などが必要になるのです。

 また、慢性静脈不全が進むと、皮膚が茶褐色に変色してきます。最悪の場合、皮膚が腫れて厚くなり、潰瘍ができて破れることもあるのです。こうなると、治療は容易ではありません。
 しかも、静脈血が足に滞っていると、そこに血栓ができやすくなります。こうしてできた血栓が静脈を上って肺動脈に詰まるのが、死を招くこともあるエコノミークラス症候群です。
 慢性静脈不全を放置すると、このようなリスクがあるのです。

男性の足も女性と同じようにむくんでいる

 ある調査によれば、女性の半数が足のむくみを感じているといいます。ところが、男性も、女性と同じくらいの人に足のむくみがあるのです。慢性静脈不全は一般に、人口の40〜50%に起こっているとされています。

 慢性静脈不全の初期症状としては、足のむくみ、くぼみ、むくみに伴う足のだるさ、重さ、つっぱり感、痛みなどが挙げられます。

 このような足の症状を感じているかたは、日ごろから対策を取る必要があります。
 具体的には、運動を心がけることです。特に、ふくらはぎの筋肉をできるだけ動かすようなウォーキングや、ふくらはぎのマッサージを行ってください。
 睡眠時などに、まくらの上に足を乗せるなどして、足の位置を心臓の位置より少し高くして寝るのも一つの方法です。

 着用することで足に圧を加えて血流を促す、弾性ストッキングを利用するという方法もあります。高齢で歩行が困難なケースにも、弾性ストッキングはお勧めです。
 慢性静脈不全について知るだけでも、ふくらはぎが、いかに私たちの健康維持に重要な役割を果たしているかが、よく理解できると思います。

星野俊一
1965年、福島県立医科大学大学院医学研究科卒業。1974年、南カリフォルニア大学胸部心臓血管外科客員教授。1988年、福島県立医科大学心臓血管外科講座教授。2000年、社会医療法人福島厚生会理事長。2003年、社会福祉法人慈仁会理事長。6300例以上の心臓血管外科手術を経験。静脈疾患研究の第一人者。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


【腎機能回復】弱った腎臓はツボ刺激でセルフケア 透析による腰痛改善にも役立つ!

【腎機能回復】弱った腎臓はツボ刺激でセルフケア 透析による腰痛改善にも役立つ!

症状に対応する臓器に関連する経絡上のツボを刺激すると、神経・脊髄・脳を介する生理反応により、その症状を軽減・解消できます。強く長く押し過ぎることのないように心がけつつ、ツボ刺激を、毎日の習慣にするといいでしょう。【解説】伊藤剛(北里大学東洋医学総合研究所・漢方鍼灸治療センター副センター長(鍼灸診療部長・漢方診療部長))


【EDを改善したい】女性の性力アップにも効果!感じる力を高める「ふくらはぎマッサージ」を性セラピストが指南

【EDを改善したい】女性の性力アップにも効果!感じる力を高める「ふくらはぎマッサージ」を性セラピストが指南

ふくらはぎマッサージにより、停滞している二酸化炭素や老廃物を含んだ血液は、心臓に戻ります。そして、酸素をたくさん含んだ血液が、全身の隅々まで行き渡ります。その結果、新鮮な血液がペニスにドッと流れ込んで勃起を促し、EDを改善するのです。【解説】回氣堂玄斎(性セラピスト・鍼灸師)


【太極拳メダリスト】腰痛を改善する「かかとの上げ下げ」のやり方を紹介!疲労回復にも

【太極拳メダリスト】腰痛を改善する「かかとの上げ下げ」のやり方を紹介!疲労回復にも

腎は西洋医学でいう腎臓を指すだけでなく、東洋医学的には免疫や生殖機能の働きを支える生命エネルギーが宿るところとされています。その腎に気がスムーズに巡ると、腎機能が高まって不要物の排出が促されたり血行がよくなることで、冷え症やむくみが改善したりします。【解説】市来崎大祐(2015年世界武術大会銀メダリスト)


【生理痛が改善】生理痛 "ないのが普通" 不妊症、便秘に効果「子宮を温める体操」

【生理痛が改善】生理痛 "ないのが普通" 不妊症、便秘に効果「子宮を温める体操」

私のクリニックに不妊治療で来院される患者さんの平均年齢は40代前半です。不妊で悩まれている患者さんには1つの共通点があります。それは骨盤内の臓器が冷えて固まっていること。もちろん子宮も含まれます。骨盤内が冷えているということは、血流が悪いということです。【解説】出居貞義(大宮レディスクリニック院長)


最新の投稿


「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

ストレスが積み重なったのでしょう。気がついたら「キーン」という高音の耳鳴り が聞こえるように。最もいやだったのは、寝るときでした。シーンと静かな中、キーンという音だけが聞こえるので不眠になってしまいました。そこで藤井先生の治療院に行き、教わったのが「耳こすり」でした。【体験談】長谷川真由美(会社員・33歳)


【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

ハチミツには、優れた抗炎症作用、抗酸化作用があります。特に抗炎症作用により、のどの炎症が抑えられるため、セキが軽くなると考えられます。ハチミツ以外では、コーヒーにも、セキの予防効果があることが報告されています。【解説者】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)


退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

人間の三大欲は、食欲・性欲・睡眠欲といわれています。それに加え、昨今は「健康長寿欲」に多くの人がとらわれています。2016年の調査で「欲しい物」の1位が「健康」で、「幸せ」を大きく上回ったのです。「幸せよりも健康が欲しい」という結果に私は衝撃を受けました。【解説】名郷直樹(武蔵国分寺公園クリニック院長)


【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

首の痛みの場合、適切な対策をとり損ねるおそれがあります。首の骨が悪くなっているといわれれば、多くの患者さんは「それなら痛みが出るのもしようがない」「薬で痛みを抑えるしかないのだろうな」と考え、それ以上の対策を取らなくなってしまうからです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

卵は、アミノ酸、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んだ「完全栄養食品」といわれています。加熱しても、栄養価に大きな変化が見られず、どのように調理しても必要な栄養を摂取できるので、夏バテ撃退には最適な食材といえるでしょう。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング