【老眼・近視】原因は「顎」のズレ?顎を正位置に戻す「アウアウ体操」で視力が回復した!

【老眼・近視】原因は「顎」のズレ?顎を正位置に戻す「アウアウ体操」で視力が回復した!

私は、あごのズレている患者さんに、あごを正しい位置に戻す治療(丸山咬合医療・MFA治療)を行っています。体のバランスが整い、腰やひざの痛みがよくなり転倒しにくくなります。ここでは自宅でできる「アウアウ体操」を紹介します。【解説者】丸山剛郎(大阪大学名誉教授・日本咬合臨床研究所所長・特定非営利活動法人日本咬合学会理事長)


あごがズレると全身の骨格がズレる

私はこれまでに、歯科医師として、1万6000人以上の患者さんの噛み合わせ(咬合)を治療してきました。
その経験からわかったことがあります。

実は、ほとんどの患者さんのあごがズレているのです。
しかし、これは、無理もありません。

あごがズレやすいのは、人類の宿命のようなものだからです。
直立二足歩行を始めたときから、ヒトは小さな二つの足に全体重をかけて立ち、片足ずつで歩かなければいけなくなりました。

これは、前後左右、いずれにも倒れやすい不安定な姿勢です。
この不安定な姿勢のバランスを保つのに、重要な働きをしているのが、あごなのです。

あごは、地面から遠い位置にあり、頭蓋骨にぶら下がって全身のバランスを取る役目をしています。
これが、体の中心軸に対して正しくぶら下がっていれば問題ありません。

しかし、中心軸からズレると、全身のバランスそのものがくずれます。
あごがズレているというのは、片足にスリッパ、もう片足にハイヒールをはき、立ったり歩いたりするようなものです。

このような状態では、あごにつながっている頭蓋骨から背骨、骨盤まで、骨格がすべてズレることになります。
すると、骨格を支えている筋肉のバランスもくずれ、筋肉は緊張してかたくなります。

これこそが、痛みやコリを生む元凶なのです。
また、あごがズレると、体の重心もズレるので、転倒しやすくなります。

私は、あごのズレている患者さんに、あごを正しい位置に戻す治療(丸山咬合医療・MFA治療)を行っています。
すると、筋肉の硬直がほぐれて体のバランスが整います。

その結果、腰やひざの痛みがよくなり、転倒しにくくなります。
また、本来持っている筋力を十分に発揮できるようになるのです。

腰痛やひざ痛を改善し肩や首のコリまでほぐす

とはいえ、「あごのズレは改善したいけど、すぐに治療を受けられない」という皆さんもおられるでしょう。
そこで、「アウアウ体操」をお勧めします。

アウアウ体操は、とても簡単です。
よい姿勢で立って、「アウアウ」といいながら、あごを上下に動かすだけ。

この体操を行うと、あごの周辺の筋肉が左右均等に動き、あごが自然に正しい位置へと戻っていきます。
これにより、噛み合わせ治療と同じような効果が得られるのです。

この体操のコツは、正しい姿勢で行って、上下の歯を噛み合わせないことです。
上下の歯をカチカチ合わせると、ズレている歯の情報が脳に伝わり、ズレがよけいにひどくなります。

鏡の前に立ち、正しい姿勢を確認しながら、アウアウ体操を行いましょう。
1度に20回が目安です。

アウアウ体操を行うには、朝起きてすぐがお勧めです。
就寝中は、無意識のうちに歯を噛みしめたり、横向きに寝たりして、あごがズレてしまいがちだからです。

アウアウ体操は、あごのズレから生じる腰痛やひざ痛を予防・改善するのに役立つだけではなく、肩や首のコリをほぐす効果も発揮します。
また、足腰を鍛える運動の前に行えば、運動効果が高まり、転倒の危険性を抑えることもできるでしょう。

かくいう私自身、アウアウ体操で噛み合わせを調整し、あごがズレないように心がけてきました。
おかげさまで、毎日元気に暮らしています。

私は、61歳で登山を始め、71歳までに、日本の百名山をすべて踏破しました。
現在、76歳ですが、今も、元気に山登りをしています。

こうした元気の秘密がアウアウ体操にもあると思っています。
また、アウアウ体操は、目の悩みを解消するのにも役立ちます。

そもそも、下あご、上あご、目の三つの神経は、三叉神経という一つの神経となって脳に入っています。
あごがズレて、下あごの神経が異常を感知すると、それが三叉神経を介して、目の異常を引き起こす可能性があります。

あごのズレと視力には密接な関連があるのです。
アウアウ体操であごのズレを修正すれば、筋肉の硬直が解消します。

水晶体の厚みを調整し、ピント合わせを行っているのが目の毛様体筋です。
アウアウ体操を行えば、毛様体筋の硬直もほぐすことができます。

その結果、目のピント調節力も回復してくるのです。
疲れ目がよくなったり、視力がアップしたりする効果が期待できるでしょう。

私は長年、遠くと近くを交互に見る「目の遠近訓練」を続けて、視力を維持してきました。
50代半ばで少し視力が落ちましたが、このとき、アウアウ体操であごのズレを直すことで、視力を回復したのです。

この年齢で老眼鏡の必要がなく、白内障もありません。
このようにあごのズレを直すアウアウ体操は、多くの健康効果をもたらします。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【近視 老眼 目の疲れ】自分でできる視力回復法 目が若返るツボを刺激する「ペットボトル枕」とは

【近視 老眼 目の疲れ】自分でできる視力回復法 目が若返るツボを刺激する「ペットボトル枕」とは

「何歳になっても目は自分で治せる」という意識を持つことが、近視や老眼を予防・回復させる一歩であることを理解してください。そんな私が勧める目のケアの一つが「ペットボトル枕」です。目や頭の疲労感がスッと取れ、全身が気持ちよく、リラックスできると思います。ぜひ皆さんも試してみてください。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【不眠症】原因はブルーライトによる眼精疲労?目も「枕」で休めるとぐっすり眠れる

【不眠症】原因はブルーライトによる眼精疲労?目も「枕」で休めるとぐっすり眠れる

最近、疲れ目やかすみ目といった目の症状と同時に、不眠を訴える人がいます。よく「眼精疲労」という言葉を耳にしませんか?眼精疲労とは、目を使うことによって体にさまざまな悪影響が出現し、休んでもそれが解消できない状態のことをいいます。【解説】松本拓也(松本眼科院長)


最新の投稿


【痔の治し方】9割は手術なしで治ると名医が断言!対策は“きな粉牛乳”

【痔の治し方】9割は手術なしで治ると名医が断言!対策は“きな粉牛乳”

痔の治療というと、薬や手術を思い浮かべる人が多いことでしょう。しかし、実はたいていの痔は切らずに、日常生活でのセルフケアで治せます。その際、大きな力になってくれるのが、「きな粉ドリンク」です。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)


【きな粉の栄養】ガン予防効果は食品トップクラス 大豆摂取で効果が期待できる病気は?

【きな粉の栄養】ガン予防効果は食品トップクラス 大豆摂取で効果が期待できる病気は?

きな粉は、焙煎した大豆を砕いて粉末にした食品です。豆腐や納豆、みそといった大豆食品と違い、ほかの物質や成分を加えておらず、大豆の栄養成分がほぼまるごと受け継がれています。栄養成分的には、「きな粉=大豆」と考えてよいでしょう。【解説】三浦理代(女子栄養大学栄養学部教授)


【便秘・骨粗鬆症予防】効果が倍増する“きな粉”のちょい足し食材は「牛乳、バナナ、ヨーグルト、みそ汁」

【便秘・骨粗鬆症予防】効果が倍増する“きな粉”のちょい足し食材は「牛乳、バナナ、ヨーグルト、みそ汁」

きな粉を使ったレシピを難しく考える必要はありません。ここでは、毎日簡単に続けられる4大・きな粉レシピを紹介します!【監修】三浦理代(女子栄養大学栄養学部教授)


【体験談】「マインドフルネス呼吸法」で夫婦ゲンカ激減した!気持ちが落ち込まなくなった

【体験談】「マインドフルネス呼吸法」で夫婦ゲンカ激減した!気持ちが落ち込まなくなった

マインドフルネス呼吸法は、ウツウツとするときや、クヨクヨするときに行えば、気持ちを切り替えることができます。また、軽いうつの人であれば、症状が軽減すると言われています。「マインドフルネス呼吸法」を実際に行った人の体験例3名をご紹介しましょう。【解説】石井朝子(ヒューマンウェルネスインスティテュート代表、心理学博士)


【ストレスを軽くする方法】「マインドフルネス」は実は日本人になじみ深い?

【ストレスを軽くする方法】「マインドフルネス」は実は日本人になじみ深い?

マインドフルな状態に自分を置き、心に余裕を持ち、目の前にある問題を冷静に観察していきましょう。そうすれば、その問題に対してどのように関わっていけばいいのか、冷静に判断できるようになります。【解説】大野裕(一般社団法人認知行動療法研究開発センター理事長・医師)