【村上祥子さん考案】ダイエットに効果大の健康食「にんたまジャム」の作り方

【村上祥子さん考案】ダイエットに効果大の健康食「にんたまジャム」の作り方

私はこれまで、さまざまなオリジナルレシピを考案してきました。最新のヒット作は、「にんたまジャム」。これは、文字どおりニンニクとタマネギのペーストに糖分を加えて、ジャム状にしたものです。このジャムの開発までには、ちょっとした逸話があります。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


村上祥子
 料理研究家。管理栄養士。電子レンジ調理の第一人者として知られる。日本国内はもとより、世界各国で実践的な食育指導に情熱を注ぐ。『医師がすすめる!酢タマネギ薬食術』(共著・マキノ出版)ほか、著書多数。

糖尿病のかたでも 安心して使える!

 私はこれまで、料理を通じて健康作りに貢献したいと、さまざまなオリジナルレシピを考案してきました。
 最新のヒット作は、「にんたまジャム」。これは、文字どおりニンニクとタマネギのペーストに糖分を加えて、ジャム状にしたものです。

 このジャムの開発までには、ちょっとした逸話があります。
 今から3年ほど前のことです。当時、私が考案した「タマネギ氷」が大ヒットしていました。タマネギ氷は、タマネギをミキサーでペースト状にして凍らせたもの。糖尿病の改善などに顕著な効果が認められたため、雑誌『壮快』をはじめ、テレビなどで取り上げられ、大きな反響を呼んでいたのです。

 ただ、そのタマネギ氷にも、弱点がありました。これを指摘してくれたのは、長距離トラックの運転手さん。「タマネギ氷を愛用しているが、仕事柄、家を長く空けることがあり、持ち運びできないのが難点だ」と、メールをくださったのです。
 そこで私は、常温でも長く保存ができ、持ち運びに便利なレシピを、と試行錯誤しました。結果、ニンニクを加えてジャムにしたことで、弱点をクリア。さらに、風味も健康効果もグンとアップしたのです。

 こうして生まれたにんたまジャムは、『壮快』2014年12月号や、書籍などでも紹介され、主宰する料理教室では、今や人気レシピとなりました。
 さて、このたびご紹介するのは、そのにんたまジャムに糖分をいっさい加えていない、無糖バージョン。ジャムではないので、「にんたまペースト」です。
 これは、にんたまジャムを、健康意識が高い『壮快』読者のかた向けにアレンジしたものなので、今回が初公開です。

 もともと、にんたまジャムの糖分については、糖尿病のかたを考慮し、カロリーがカットできる合成甘味料を使うよう勧めてきました。そうはいっても、糖分の摂取量は、少ないにこしたことはありません。

 試作してすぐ、料理教室の生徒さんたちに召し上がってもらったところ、「おいしい!」と大好評。「タマネギの自然な甘さだけでじゅうぶん」「ニンニク臭くない」「料理に使うには、むしろ無糖のほうが使い勝手がいい」と、皆さん、大変気に入ってくださいました。
「試作品のにんたまペーストが欲しい」と、持ち帰ったかたもいらしたほど。そこで私も、「これはいける!」と、手応えを感じ、こうしてご紹介するに至ったわけです。

非常に薬効の高い最強タッグが実現!

 このにんたまペーストは、タマネギとニンニクという、非常に薬効の高い二つを組み合わせた、最強タッグです。
 タマネギに含まれる含硫アミノ酸のイソアリインは、体内でインスリンが血糖値を下げるのをサポートします。タマネギが糖尿病の改善に役立つのは、そのためです。

 さらに、イソアリインは、血液中の脂質をへらし、コレステロール値を下げるため、血液サラサラ効果が望めます。
 加えて、グルタチオンやケルセチンといった抗酸化作用が高い成分が、血管をしなやかに保つため、タマネギは高血圧や動脈硬化の予防・改善にも効果を発揮するのです。

 また、ダイエット効果も期待できます。タマネギを切ると、酵素が反応して、イソアリインが、チオスルフィネートという辛み成分になります。
 加熱すると、このチオスルフィネートがトリスルフィドに変化。これには、中性脂肪の代謝を促す作用があります。

 つまり、しっかり加熱して作るにんたまペーストには、体脂肪をへらす効果もあるのです。実際、にんたまジャムの愛用者には、自然に体重がへったというかたが少なくありません。
 にんたまペーストは無糖なので、にんたまジャムよりも効果が高まる可能性もあるでしょう。

 健康効果なら、ニンニクも負けません。ニンニクは、アメリカ国立がん研究所が選定した、「ガン予防に最も効果的な食品」のピラミッドの、頂上に位置するスーパーフード。常食することで、免疫力を高めます。滋養強壮や、疲労回復にも効くのは、ご存じのとおりです。

 このほか、便秘の改善や、冷え・むくみの解消、老化防止、美肌作りにも効果的です。
 タマネギとニンニクを、毎日意識してとるのは大変ですが、にんたまペーストなら、大さじ1杯を料理に加えるだけ。どんな料理も味に深みが増すので、健康のためでなくても、続けたくなること請け合いです。

血液中の余分な糖質や脂質の代謝を高めて減少させる。(弘邦医院院長 林 督元)

タマネギに含まれる硫化アリルやケルセチンなどの機能性成分は、血液中の余分な糖質や脂質の代謝を高めて、これらを減少させます。さらに、食物繊維が食後の血糖値の上昇を抑制するので、血糖値のコントロールにとても役立ちます。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【口をぱくぱく】夜も眠れないほどの腰痛が「口ぱくぱく法」で改善

【口をぱくぱく】夜も眠れないほどの腰痛が「口ぱくぱく法」で改善

3年前に、ヘルニアで腰痛がひどくなったときに参加した、筒井重行先生の講習会で「口ぱくぱく法」を教わりました。口をぱくぱくと開け閉めするだけで、全身を支配している迷走神経の働きがよくなり、体が本来あるべき健康な状態に戻るための動きが起こるのだそうです。【体験談】主婦・32歳 阿川 望(仮名)


食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

私の治療室ではフランスのノジェ博士が提唱した「耳介医学」に沿って、耳針治療をしています。私が特に注目しているのは、耳の中央付近にある「星状神経節」に対応するポイントです。私は自分の糖尿病も耳への刺激治療で治しました。また、血糖値の高い患者さんに「耳もみ」を勧め効果を上げているのです【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


お通じがよくなり、美肌になったと評判の手作り「ウコンみそ」って何?

お通じがよくなり、美肌になったと評判の手作り「ウコンみそ」って何?

私はスパイスが好きで、普段からよく料理に使っています。ヨガやアーユルヴェーダの生徒さんたちにも、折に触れ、スパイスのよさを伝えてきました。ところが、私がいくら勧めても、実際にスパイスを使いこなせる人は少なく、しかも長続きしません。【体験談】アーユルヴェーダプランナー&シニアヨガティーチャー・60歳 満田三惠子


【糖尿病、不整脈、突発性難聴に著効】“脳”を温める「脳幹マッサージ」

【糖尿病、不整脈、突発性難聴に著効】“脳”を温める「脳幹マッサージ」

美容院でシャンプー後、蒸しタオルを後ろ首に当てるサービスがあるでしょう。後ろ首の内部にあるのは「脳幹」という脳の一部です。脳幹は自律神経や免疫、ホルモン分泌など生命を維持する機能の中枢を担っています。私は体調不良の原因は脳幹の機能低下にあると考えています【解説】沼田光生(日本自律神経免疫治療研究会会員・海風診療所院長)


最新の投稿


【口をぱくぱく】夜も眠れないほどの腰痛が「口ぱくぱく法」で改善

【口をぱくぱく】夜も眠れないほどの腰痛が「口ぱくぱく法」で改善

3年前に、ヘルニアで腰痛がひどくなったときに参加した、筒井重行先生の講習会で「口ぱくぱく法」を教わりました。口をぱくぱくと開け閉めするだけで、全身を支配している迷走神経の働きがよくなり、体が本来あるべき健康な状態に戻るための動きが起こるのだそうです。【体験談】主婦・32歳 阿川 望(仮名)


【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

口をぱくぱくと開け閉めすると、体と心の中にいる「インナードクター(内なる医師)」が呼び起こされ、腰痛、不眠、肩こり、高血圧、胃腸炎、頻尿、便秘、顎関節症、アトピー性皮膚炎、更年期障害など、さまざまな病気や不調が改善する可能性があるのです。【解説】筒井重行(風楽自然医療研究所所長)


食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

私の治療室ではフランスのノジェ博士が提唱した「耳介医学」に沿って、耳針治療をしています。私が特に注目しているのは、耳の中央付近にある「星状神経節」に対応するポイントです。私は自分の糖尿病も耳への刺激治療で治しました。また、血糖値の高い患者さんに「耳もみ」を勧め効果を上げているのです【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

ショウガは、漢方薬の材料としても使われ、体のさまざまな機能を高めてくれることはよく知られています。ショウガを日常的に活用している人を「ジンジャラー」と呼びますが、私自身、自他ともに認めるジンジャラーです。1日に取るショウガの量は、およそ30g。さまざまな料理にショウガを使います。【解説】浜内千波(料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング