【ダイエット】おなかが固いと痩せない?自然にウエストがくびれる「おなかさすり」のやり方

【ダイエット】おなかが固いと痩せない?自然にウエストがくびれる「おなかさすり」のやり方

加齢による代謝の低下や、過食・運動不足などの生活習慣の乱れ、過労によるストレスなどが原因で、肥満はもたらされます。なにを試してもやせない、痛みが解消しないというかたは、おなかの筋肉の質の悪化が原因かもしれません。まずは、1〜2週間、おなかさすりを続けてみてください。【解説】竹内しのぶ(健康運動指導士・栄養士)


竹内しのぶ
厚生労働省認定健康運動指導士、栄養士、腹凹トレーナー。「誰にでも簡単な内容で、結果を導きだす」ことを運動指導のモットーとしている。著書に、『さするだけ!やわらか腹やせ』(廣済堂出版)などがある。

おなかの奥の筋肉がこり固まっている!

加齢による代謝の低下や、過食・運動不足などの生活習慣の乱れ、過労によるストレスなどが原因で、肥満はもたらされます。
昔はこんな姿ではなかったのに、気づけばおなかがポッコリと出ていた、なんて人も多いのではないでしょうか。
私はこれまで、肥満に悩む多くのかたの体を見てきましたが、それらの人に共通しているのが、おなかがカチカチに固まっていることです。

ここでいうおなかとは、おなかの表面ではなく、おなかの奥のことです。
表面的にはブヨブヨでやわらかいおなかでも、奥にある筋肉(深層筋)がこり固まっていることが多いのです。

おなかにある深層筋は、腹横筋や多裂筋、骨盤底筋などです。
これらの筋肉群は体の奥深くにあるため、ふだんあまり意識することはありませんが、健康状態を維持するうえで、とても大事な役割を担っています。
臓器をしっかりと支えたり、体の軸を整えて、正しい姿勢を保ってくれたりするのです。

深層筋が固まってしまうと、これらの働きが低下してしまいます。
内臓を正しい位置に維持できなくなり、下がってきます。
すると、下腹がせり出して、ポッコリおなかの原因となるのです。
さらに、体軸が傾き、アゴが突き出て背中が丸まったり、体の左右のバランスが悪くなったりして、姿勢をまっすぐに保てなくなります。

おなかの深層筋のなかでも特に重要な働きを担っているのが、腹横筋です。
腹横筋は、さらしを巻いたようにおなかを囲んでいる筋肉です。

腹横筋は、骨盤底筋といったほかの筋肉と連繋しており、腹横筋の動きが悪くなると、関係する筋肉群の動きも悪化します。
この結果、エネルギー代謝が大きく降下して、内臓脂肪も燃焼されにくくなります。

どんなに運動をがんばっても、なかなかやせにくい体になってしまうのです。

自然にくびれる!3週間で15cm減!

そこでお勧めなのが、「おなかさすり」です。
おなかさすりは、カチカチに固まったおなかをやわらかくほぐしてあげて、その筋力をアップし、おなかの質を高めるエクササイズです。

やり方は、とても簡単。
まず、あおむけになり、おなかに両手を当ててください。
その姿勢のまま、腹式呼吸を行います。

5秒かけて鼻から息を吸いながら、ゆっくりとおなかをふくらませます。
そして、5秒かけて口から息を吐きながら、ゆっくりとおなかを凹ませます。

これは、おなかをやわらかくするためのストレッチだとお考えください。
おなか全体がきちんとふくらんでいるか確認しながら、行うようにしましょう。

次に、おなかを両手でさすります。寝たままでも、いすに座っても、立った姿勢でもかまいません。
おなかの力を抜き、両手をおなかに当て、上下に10回さすります。

そして、おなかに力を入れて引っ込めて、もう1度上下に10回さすります。
次は、左右です。おなかの力を抜き、両手を重ね合わせておなかに当て、左右に10回さすります。

そして、おなかに力を入れて引っ込めて、左右に10回さすります。
これらを1セットとし、1日につき5セット行ってください。

1度にまとめても、分けて行ってもかまいません。
慣れてきたら、徐々に回数をふやすとより効果的でしょう。

腹式呼吸をして、手でおなかをさすることで、深層筋に刺激を加え、固まった筋肉をやわらかくほぐします。
腹横筋などの筋肉の質が向上すれば、代謝が高まるので、やせやすい体になるでしょう。

腰周りの余計な肉が取れ、ウエストが自然にくびれてきます。
なかには、3週間で15cmも細くなった人もいます。

また、体の軸が安定するので、姿勢がよくなり、腰やひざなどの関節への負担が軽くなります。
腰痛やひざ痛、股関節痛などにお悩みのかたにも効果があるでしょう。

実際に、おなかさすりで座骨神経痛が改善した70代の男性がいらっしゃいます。
このかたはもともと歩くのが困難なほど痛みが激しく、複数の病院を渡り歩いても、症状がいっこうによくならなかったそうです。

そこで、おなかさすりを毎日行うようにしたところ、痛みが徐々に軽快していきました。
今では、楽に歩けるようになったとたいへん喜んでいます。

このほかにも、筋力が低下してジャンプすることができなかったのが、できるようになった人や、駅の階段の上り下りが楽になったという人もいます。
おなかさすりは、寝たままでも行えるので、高齢のかたにもピッタリの方法です。

ダイエットだけではなく、姿勢の矯正や痛みの解消を目的としたかたにも最適です。
なにを試してもやせない、痛みが解消しないというかたは、おなかの筋肉の質の悪化が原因かもしれません。

まずは、1〜2週間、おなかさすりを続けてみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

「年々、体重が増えてきている」「最近お通じが悪くて困っている」「血糖値が高いのが気になる」。そんな人にお勧めしたいのが、4種の野菜の自然な甘みが凝縮した「甘い野菜スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

ハチミツは、糖の代謝を高める働きがあり、大量にとらないかぎり、血糖値は上がりにくいのです。さらに、毒素を浄化する働きによって、胃腸のケアにも役立ちます。便秘や下痢などの排泄異常の改善、ダイエットや美肌効果も期待できるでしょう。【解説者】蓮村誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)


【美容効果】ダイエットエキスパートお勧めの「生甘酒」活用法(間食置き換え・生甘酒パック)

【美容効果】ダイエットエキスパートお勧めの「生甘酒」活用法(間食置き換え・生甘酒パック)

生甘酒に含まれるコウジ酸は、メラニンの生成を抑制するため、シミの増加を防ぎ、美白効果があります。また、毒出し効果が高いビタミンB群も、生甘酒には豊富です。通称「美肌のビタミン」とも呼ばれ、シワや肌荒れなど、さまざまな肌トラブルを改善してくれます。【解説】和田清香(ダイエットエキスパート)


【ゆるい糖質制限】こそ効果 "外食メニューとコンビニ商品" お勧めを医師が測定

【ゆるい糖質制限】こそ効果 "外食メニューとコンビニ商品" お勧めを医師が測定

糖尿病の患者さんに糖質制限ダイエットを指導していますが「糖質制限すると外食ができません」という声が多く聞かれます。そこで私は、糖質を控えたい人が外食やコンビニでもメニューを選びやすいように、自らの体を使って、外食後の血糖値の変化や満足感などを調べることにしたのです。【解説】亀川寛大(なごみクリニック院長)


【糖尿病改善】病気も肥満も吹き飛ばす「玉ねぎ」美味レシピ(2)

【糖尿病改善】病気も肥満も吹き飛ばす「玉ねぎ」美味レシピ(2)

タマネギは、どんな料理にも応用の効くおいしい万能食材。1年を通して安価で手に入りやすいことも大きな利点です。豊富な栄養素を含み健康パワーも満点。「糖尿病や高血圧を改善したい」「ダイエットに成功したい」というかたは、特に積極的に摂取すべき野菜です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


最新の投稿


【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

高齢者でも簡単にでき、効果の高い動作を厳選した「アザラシポーズ」と「上体起こし運動」を採用し、さまざまな症例の患者さんにこの二つの体操を行ってもらったところ、想像以上の効果が得られました。しっかりと実践したすべての例で、腰痛が改善し、姿勢がよくなったのです。【解説】太田邦昭(太田整形外科院長)


【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

認知症とうつ病は、どちらも高齢者に多く見られる病気です。高齢者のうつ病は、認知症を引き起こす原因の一つとされている一方、認知症がうつを併発することも少なくありません。認知症とうつ病の間には密接な関係があり、二つの病気には似た症状を呈する場合もあるので、取り違えやすいのです。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

半年ほど前にむち打ち症になり、それ以来、首の痛みが続いています。むち打ち症の痛みに効くセルフケアは効果があるでしょうか?【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【骨粗鬆症】原因は加齢・女性ホルモンの2タイプ 「あずきの煮汁」で折れにくい骨になる!

【骨粗鬆症】原因は加齢・女性ホルモンの2タイプ 「あずきの煮汁」で折れにくい骨になる!

加齢によって「骨芽細胞と破骨細胞」二つの細胞のバランスがくずれていきます。骨芽細胞の働きが低下すると骨の形成が滞り老人性骨粗鬆症になります。これは男女同比率で起こります。「女性は骨粗鬆症になりやすい」といわれるのは女性ホルモンに関係する骨粗鬆症があるからです。【解説者】伊藤智広(三重大学大学院生物資源学研究科准教授)


【椅子の座り方】首の痛みが改善する姿勢 首・肩・背中・腰が疲れない方法を紹介

【椅子の座り方】首の痛みが改善する姿勢 首・肩・背中・腰が疲れない方法を紹介

首の痛みを招く生活習慣は人それぞれですが、なかでも最も多いのが「イスの座り姿勢」が悪いパターンです。頭が前に出て背中が丸まったネコ背の姿勢は、首に大きな負担をかけます。そこで、まずは首にやさしいイスの座り姿勢について述べましょう。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング