女性向け体験談 "納豆スープ" で【ダイエット効果】ウエスト、太ももやせに成功

女性向け体験談 "納豆スープ" で【ダイエット効果】ウエスト、太ももやせに成功

普段から自分を戒めるために少しでも太るときつくてはけなくなるパンツをはいています。これを私は「見せしめパンツ」と呼んでいます。この「見せしめパンツ」がかなりきつくなっていました。何とかしようと思った頃、素敵なものと出会いました。「納豆スープ」です。【体験談】湯川凜華さん(44歳・自営業・神奈川県)


パンツのジッパーがスッと上がる!

 私は自宅で仕事をしているので、普通の人よりも運動量が少ないと思います。動かない日は、100歩も歩かないかもしれません。
 あたりまえですが、そんな日が続くと太ってきます。おなか周りや太もも、ふくらはぎなどは、脂肪がついたのか、むくんでいるのか、以前より太くなっていました。特に太ももは、見た目はわかりにくいのですが、歩くとすれるようになるので、太くなったことがわかります。

 私は、体重はあまり量らないのですが、普段から自分を戒めるために、少しでも太るときつくてはけなくなるパンツをはいています。これを私は、「見せしめパンツ」と呼んでいます。いつもこれがキツキツではけなくなると、反省して体を動かしたり、食事に気を遣ったりしています。そしてまた、この「見せしめパンツ」がかなりきつくなっていました。

 何とかしようと思った頃、素敵なものと出会いました。「納豆スープ」です。納豆スープを2週間飲んだだけで、スッキリやせたのです。作り方は簡単で、みそ汁に納豆を入れるだけ。私はさらに白菜の古漬けやキムチも加えたので、乳酸菌強化食品といえるものかもしれません。

 この納豆スープのおかげで、おなか周りや太ももがスッキリとやせ、きつくてジッパーを上げるのも苦労した「見せしめパンツ」が、2週間でスッと履けるようになったのです。

→「納豆スープ」の作り方はコチラ

睡眠不足で荒れた肌に潤いが戻った!


 さらに肌も潤ってきたようです。私は子どもがまだ小さいので夜泣きして、朝まであまり寝られないこともあります。睡眠不足になると、どうしても肌が荒れてくるのです。
 私はサロンを経営しているので、肌が荒れると自分でケアしているのですが、今回は納豆スープの効果が見たかったので、しばらく様子を見てみました。結果、肌荒れが解消しただけでなく、周囲から「肌が潤っている感じがしますね」「以前と肌質が違ってきた感じ」などと言われるようになりました。この乾燥の厳しい時期に、第三者が見ても違いがわかるというのは、かなり効果が出ているのではないでしょうか。

 納豆スープの効果にたいへん満足しているので、サロンのお客様にも勧めたいと思っています。

良質な大豆タンパクが体内の脂肪を燃焼する(里見英子クリニック院長 里見英子)

 納豆やみそに含まれる大豆タンパクには、体内の脂肪を燃焼する効果があります。

 また、摂取した余分な脂肪分を体外へ排出する働きもありますので、納豆スープを継続することで体が引き締まることは不思議ではありません。また、納豆に豊富に含まれるカリウムには、むくみを解消する効果もあります。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

ハトムギは、昔から「肌にいい」といわれ、ヨクイニンという生薬として使われています。そこで、私たちはまず、ハトムギの肌への効果に着目しました。その結果、ハトムギには紫外線ダメージによる肌の乾燥や、シミを防ぐ働きのあることが明らかになったのです。【解説】清水邦義(九州大学農学部研究院森林圏環境資源科学研究分野准教授)


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

「年々、体重が増えてきている」「最近お通じが悪くて困っている」「血糖値が高いのが気になる」。そんな人にお勧めしたいのが、4種の野菜の自然な甘みが凝縮した「甘い野菜スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【腸から超健康になる】酢人参「えごま油」レシピ

【腸から超健康になる】酢人参「えごま油」レシピ

ニンジンを酢漬けにした「酢ニンジン」は、酢とニンジンの栄養がダブルでとれるうえ、さまざまな料理に使いやすい便利食材です。ここでは、家庭でよく使われる、エゴマ油を使った酢ニンジンレシピをご紹介します。【料理・栄養計算】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

ハチミツは、糖の代謝を高める働きがあり、大量にとらないかぎり、血糖値は上がりにくいのです。さらに、毒素を浄化する働きによって、胃腸のケアにも役立ちます。便秘や下痢などの排泄異常の改善、ダイエットや美肌効果も期待できるでしょう。【解説者】蓮村誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)


最新の投稿


【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

高齢者でも簡単にでき、効果の高い動作を厳選した「アザラシポーズ」と「上体起こし運動」を採用し、さまざまな症例の患者さんにこの二つの体操を行ってもらったところ、想像以上の効果が得られました。しっかりと実践したすべての例で、腰痛が改善し、姿勢がよくなったのです。【解説】太田邦昭(太田整形外科院長)


【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

認知症とうつ病は、どちらも高齢者に多く見られる病気です。高齢者のうつ病は、認知症を引き起こす原因の一つとされている一方、認知症がうつを併発することも少なくありません。認知症とうつ病の間には密接な関係があり、二つの病気には似た症状を呈する場合もあるので、取り違えやすいのです。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

半年ほど前にむち打ち症になり、それ以来、首の痛みが続いています。むち打ち症の痛みに効くセルフケアは効果があるでしょうか?【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【骨粗鬆症】原因は加齢・女性ホルモンの2タイプ 「あずきの煮汁」で折れにくい骨になる!

【骨粗鬆症】原因は加齢・女性ホルモンの2タイプ 「あずきの煮汁」で折れにくい骨になる!

加齢によって「骨芽細胞と破骨細胞」二つの細胞のバランスがくずれていきます。骨芽細胞の働きが低下すると骨の形成が滞り老人性骨粗鬆症になります。これは男女同比率で起こります。「女性は骨粗鬆症になりやすい」といわれるのは女性ホルモンに関係する骨粗鬆症があるからです。【解説者】伊藤智広(三重大学大学院生物資源学研究科准教授)


【椅子の座り方】首の痛みが改善する姿勢 首・肩・背中・腰が疲れない方法を紹介

【椅子の座り方】首の痛みが改善する姿勢 首・肩・背中・腰が疲れない方法を紹介

首の痛みを招く生活習慣は人それぞれですが、なかでも最も多いのが「イスの座り姿勢」が悪いパターンです。頭が前に出て背中が丸まったネコ背の姿勢は、首に大きな負担をかけます。そこで、まずは首にやさしいイスの座り姿勢について述べましょう。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング