【重症糖尿病】夫のA1cが12.9%→6.3%に下がった!「玉ねぎの常食」で網膜症も改善した

【重症糖尿病】夫のA1cが12.9%→6.3%に下がった!「玉ねぎの常食」で網膜症も改善した

主人の糖尿病が判明したのは2010年のことでした。長年、健康診断を拒んでいましたが、たまたま受けたら発覚。血糖値は327mg/dl、ヘモグロビンA1cは9.6%と、かなり高い数値でした。また、合併症で網膜症を患い、左目が見えづらくなりました。【体験談】横地芙美子(鳥取県・75歳・親業訓練協会シニアインストラクター) 


医師から足の切断をほのめかされるほど悪化

 主人の糖尿病が判明したのは2010年のことでした。それまで長年、健康診断を拒んでいましたが、たまたま受けたところ、発覚したのです。
 血糖値は327mg/dl(基準値は、110mg/dl未満)、過去1~2ヵ月の血糖状態を示す指標であるヘモグロビンA1cは9.6%(基準値は、4.6~6.2%)と、かなり高い数値でした。

 主人は以前より、かなりお酒を飲むほうでしたが、この前年に67歳で退職して以降、さらに酒量が増加していました。それでも、医師の治療をおとなしく受けたら、事態が好転するだろうと楽観視していたのです。

 ところが、薬を飲んだにもかかわらず、症状は悪化の一途をたどりました。2013年には血糖値は450mg/dl、A1cは12.9%まで上がりました。

 さらに恐ろしいことに、体重が急激に減り始めました。糖尿病の進行によるものです。かつて63kgあった体重は、2014年には48kgに減少しました。
 また、糖尿病の合併症で網膜症を患い、左目が見えづらくなりました。かつては車の運転が得意だったのに、何度か車体をこすってしまったのです。

 当時は服薬治療のみでしたが、もし通っていたのが大学病院のように大規模な医療施設だったなら、インスリン治療は避けて通れなかったでしょう。
 主人の病状は、担当医が足の切断をほのめかすほど深刻でした。体はやせ細り、栄養失調状態に陥っていました。そこで私は、いろいろ調べた結果、「野菜の王様」であるタマネギを食べさせよう、と考えたのです。

 主人と相談し、庭に家庭菜園を設け、タマネギを中心とした野菜作りを開始。その畑の世話役を、主人に担ってもらうことにしました。もちろん、こうしたことは、本人がその気にならないと、うまくいかないもの。私は長らく、「親業」のインストラクターとして活動しているので、そのあたりは、よく心得ています。

 主人は退職後、生きがいがないと嘆いていました。きっと、この畑作りが、状況を打開するきっかけになる。そう説得すると主人は理解を示し、自発的に栽培に取り組むようになりました。そして、自分で精魂込めて作ったタマネギを収穫しては、せっせと食べ始めました。それが、2014年のことです。

網膜症で見えづらかった視力もすっかり改善!

 苦味のないおいしいタマネギがたくさん取れるので、さまざまな食べ方で活用しています。鍋物に入れたり、肉料理に添えたりと、食卓に欠かせません。
 タマネギは、大きめにカットして電子レンジで加熱した物を常備しておくと、使いたいときにいつでも料理に加えることができ、大変便利です。

 また、丸ごとタマネギのレンジ蒸しもお勧めです。どこかで教わったレシピを参考にしました。タマネギは皮をむき、8等分に切れめを入れます。このとき、根に近い部分は、完全に分離しないよう残しておきます。
 これを器に入れ、ラップをかけ、電子レンジで5~6分加熱。ハスの花のように開いたところに、カツオ節を散らし、ポン酢かしょうゆをかけていただきます。主人はこれが大のお気に入りで、毎日食べています。

 こうしてタマネギづくしの生活を続けていたところ、主人はみるみる元気になっていきました。2016年5月に受診した際には、血糖値は119mg/dl、A1cはなんと、6.3%まで下がっていたのです。

 この時点で、「タマネギを薬と思ってがんばろう」と通院をやめたので、最近の数値はわかりません。ただ、顔色などを見る限り、いい健康状態を保てているようです。体重も今は、54kg程度まで戻ってきました。
 実は、タマネギを食べ始める2年ほど前から、アズキを加えて炊いた玄米を長時間保温しながら食べる、いわゆる「酵素玄米」も実践してきました。

 これは現在も続けていますが、ここまで糖尿病がよくなったのは、やはりタマネギの効果だと思います。というのも、主人はタマネギを本格的に食べ始めた際に、薬を飲むのをやめたのにもかかわらず、これだけ数値が改善したからです。

 おかげで視力もすっかりよくなり、もう車体をこするようなこともありません。
 タマネギ生活は、窮余の一策でしたが、期待以上の成果でした。主人はタマネギに命を救われたようなものです。大地の恵みに、心から感謝しています。

→「タマネギ」美味レシピはコチラ

体内の糖代謝を高め糖尿病の改善に力を発揮(クリニック真健庵院長・星子尚美)

 血糖が高い状態が長く続くと血管に負担がかかり、まず最も細い毛細血管から損傷を受けます。目の網膜には毛細血管が集まっているため、糖尿病が進行すると網膜症を発症し、視力が低下してくるのです。
 タマネギに含まれる硫化プロピルなどの含硫アミノ酸は、体内で糖の代謝を高めたり、インスリンの働きを助けたりして、糖尿病の改善に強い力を発揮してくれます。

→「タマネギ」の健康効果の解説はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。ここでは「洗濯ばさみ」を使ったツボの刺激方法をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

私は、「腸を整えることが健康の要」と考えていますが、その腸を整える食事として「大根おろし」ほど優れた食べ物はないからです。私たちが病気になるのは、今まで日本人が食べてこなかった、体質に合わない食事をするようになったからです。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)


星野源さんもやせた「キャベツダイエット」のやり方 !糖尿病や高血圧も改善する

星野源さんもやせた「キャベツダイエット」のやり方 !糖尿病や高血圧も改善する

キャベツを食べるだけでも、おなかはかなり満たされます。おかずは今までどおりの量でかまいませんが、ご飯を半分程度にします。それでも、私の経験では「おなかいっぱいで、もう食べられない」というくらいの満腹感が味わえます。キャベツの食物繊維の作用で、次回の食事までの空腹感も感じにくくなります。【解説】寺師義典(寺師医院院長)


非アルコール性脂肪肝炎(ナッシュ)が改善!生活習慣病を予防する「ファイトケミカルスープ」とは

非アルコール性脂肪肝炎(ナッシュ)が改善!生活習慣病を予防する「ファイトケミカルスープ」とは

私の治療の理想は、患者さんが薬だけに頼るのではなく、食事など生活習慣の重要性に気づいて見直していただくことです。そうすれば、難しい病気であっても改善する可能性はじゅうぶんにあります。【解説】髙橋弘(麻布医院院長・ハーバード大学医学部元准教授)


最新の投稿


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。ここでは「洗濯ばさみ」を使ったツボの刺激方法をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

動脈硬化が進むとともに血栓ができると、その結果として、脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気を招いてしまいます。命に関わるこれらの病気を防ぐために習慣にしてほしいのが、起床後に十分な水分を取ることです。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)