【男性更年期障害の改善】1日半個のタマネギで男性ホルモン「テストステロン」が増える!ED、うつを撃退

【男性更年期障害の改善】1日半個のタマネギで男性ホルモン「テストステロン」が増える!ED、うつを撃退

更年期障害は、女性にのみ生じるものと考えられてきましたが、近年、男性にも起こることがわかってきました。それが「男性更年期障害」です。男性ホルモン「テストステロン」が減ることで性機能の低下や精力減退だけではなく、さまざま不定愁訴が起こるのです。早い人は、40歳くらいから始まります。【解説】林督元(弘邦医院院長)


男性ホルモンの分泌を促す!

男性更年期障害の改善に医師がイチ押し!

 女性の場合、閉経が近づくにつれて、女性ホルモンの分泌量が減少し、のぼせや頭痛、だるさ、疲労感などといった症状が起こりやすくなります。いわゆる、更年期障害です。
 これまで、更年期障害は、女性にのみ生じるものと考えられてきました。ところが、近年、男性にも女性の更年期障害に相当する症状が起こることがわかってきました。
 それが、「男性更年期障害」です。

 主要な男性ホルモンである「テストステロン」は、20代に最も多く分泌され、中高年以降、徐々にその分泌量が減っていきます。そして、減り続けた結果、性機能の低下や精力減退だけではなく、さまざま不定愁訴が起こるのです。
 その症状としては、睡眠障害、うつ、イライラ、頭痛、めまい、耳鳴りなどが挙げられます。個人差はありますが、45~50歳に最も発症しやすく、早い人は、40歳くらいから始まります。

 例えば、最近、あなたが耳鳴りやめまいで悩まされていて、耳鼻咽喉科で調べてもらったものの、どこにも異常がないといわれたとしましょう。耳鳴りやめまいは、調べても原因がはっきりしないことはよくありますが、男性更年期障害によって発症している可能性も、十分に考えられるのです。

 では、男性更年期障害を改善するためには、どうしたらいいでしょうか。
 不規則な生活や睡眠不足、過度な飲酒、喫煙などは、テストステロンを減らす要因とされています。ですから、不定愁訴を軽減するためには、生活習慣を改め、適度な運動と十分な睡眠を取り、ストレス解消に努める必要があります。
 減少したテストステロンを増やす最も直接的な方法としては、テストステロンを注射する方法があります。しかし、そうした物理療法に頼る前に、食生活でテストステロンを増やせるなら、それに越したことはありません。

 そこで、私が皆さんにお勧めしたい食べ物が、「タマネギ」です

さびついた精巣を元気にする!

 タマネギには、テストステロンの生成を助けるアリイン類というアミノ酸が、豊富に含まれています。

 テストステロンの原料は、コレステロールです。コレステロールは、40~50代の男性の体内にはたくさんあります。にもかかわらず、なぜ、この年代でテストステロンの減少が起こるのでしょうか。

 それは、テストステロンを作る精巣の細胞が、うまく働かなくなるためです。
 タマネギのアリイン類は、精巣の細胞に栄養を与え、精巣を元気にします。さびついた機械に油をさすようなもの、と考えればよいでしょうか。最新の動物実験のデータでも、アリイン類に、精巣のテストステロンの分泌を増やす働きがあることがわかっています。

 ですから、テストステロンの減少によって起こるED(勃起不全)や精力減退にも、タマネギは有効です。また、タマネギに含まれる硫化アリルは、血流を促す作用があるので、勃起力の維持にも役立つでしょう。

 ただし、タマネギのアリイン類を効果的に利用するには、調理の際に工夫が必要です。なぜなら、タマネギを切ると、内部にある酵素が活性化して、アリイン類を分解してしまうからです。また、長時間タマネギを加熱すると、やはり、アリイン類が変質し、有効性を失ってしまいます。

 このため、タマネギを調理する際には、なるべく切らず、長時間加熱せずに食べるのが理想的です。
 とはいえ、こうした食べ方はなかなかできないものです。ですから、タマネギを食べる際には、なるべく大きく切り、加熱時間も短めにすることを心がけるといいでしょう。

 タマネギの摂取量は、1日半個を目安にすれば十分です。
 また、皮をむいたタマネギを電子レンジに2~3分かけてから料理するのもいいでしょう。こうすることで、アリイン類が失われにくくなるという研究データがあります。

 皆さんもぜひ、タマネギを積極的に食べて、男性更年期障害の改善に役立ててください。

→【関連記事】酢玉ねぎで不整脈が改善 そして30年ぶりに朝立ち

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【突発性難聴】耳鳴りと音割れの症状が「耳こすり」で改善!あご痛も軽減した

【突発性難聴】耳鳴りと音割れの症状が「耳こすり」で改善!あご痛も軽減した

2年前の冬の朝、テレビの音が聞こえないことで、左耳の不調に気づきました。 検査の結果、突発性難聴で「症状は重め」と診断されました。ステロイド剤の点滴などで、低い音域は聞こえるようになりましたが、高い音域は戻らなかったのです。そうこうするうちに、耳鳴りが始まりました。【体験談】佐藤沙織(仮名・会社員・32歳) 


【重症糖尿病】夫のA1cが12.9%→6.3%に下がった!「玉ねぎの常食」で網膜症も改善した

【重症糖尿病】夫のA1cが12.9%→6.3%に下がった!「玉ねぎの常食」で網膜症も改善した

主人の糖尿病が判明したのは2010年のことでした。長年、健康診断を拒んでいましたが、たまたま受けたら発覚。血糖値は327mg/dl、ヘモグロビンA1cは9.6%と、かなり高い数値でした。また、合併症で網膜症を患い、左目が見えづらくなりました。【体験談】横地芙美子(鳥取県・75歳・親業訓練協会シニアインストラクター) 


【不眠改善】私のイチオシの入眠方法は「枕元に○○」を置くだけ 睡眠導入剤に頼らなくてよくなった!

【不眠改善】私のイチオシの入眠方法は「枕元に○○」を置くだけ 睡眠導入剤に頼らなくてよくなった!

2年ほど前のことです。健康雑誌を読んでいたところ「タマネギをみじん切りにして枕元に置くと不眠に有効」という記事を見つけました。におい成分に、眠りを誘う効果があるのだそうです。薬嫌いの私にとって、この方法はまるで天からの贈り物のように感じられました。【体験談】和田太郎(仮名・大阪府・84歳会社員)


【やり方】回転性のめまいやザーっという砂嵐のような耳鳴りの症状が「わきもみ」で改善

【やり方】回転性のめまいやザーっという砂嵐のような耳鳴りの症状が「わきもみ」で改善

耳鳴りのある患者さんは、ほぼ例外なく、首や肩にコリがあります。そういう患者さんに私が必ず行う施術が、わきもみです。わきをもみほぐすと、軽い耳鳴りなら2ヵ月、重症でも1年くらいで改善しています。【解説】坂本実穂(坂本均整施術所所長・姿勢保健均整師・鍼灸師)


【糖尿病改善】病気も肥満も吹き飛ばす「玉ねぎ」美味レシピ(2)

【糖尿病改善】病気も肥満も吹き飛ばす「玉ねぎ」美味レシピ(2)

タマネギは、どんな料理にも応用の効くおいしい万能食材。1年を通して安価で手に入りやすいことも大きな利点です。豊富な栄養素を含み健康パワーも満点。「糖尿病や高血圧を改善したい」「ダイエットに成功したい」というかたは、特に積極的に摂取すべき野菜です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


最新の投稿


【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

高齢者でも簡単にでき、効果の高い動作を厳選した「アザラシポーズ」と「上体起こし運動」を採用し、さまざまな症例の患者さんにこの二つの体操を行ってもらったところ、想像以上の効果が得られました。しっかりと実践したすべての例で、腰痛が改善し、姿勢がよくなったのです。【解説】太田邦昭(太田整形外科院長)


【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

認知症とうつ病は、どちらも高齢者に多く見られる病気です。高齢者のうつ病は、認知症を引き起こす原因の一つとされている一方、認知症がうつを併発することも少なくありません。認知症とうつ病の間には密接な関係があり、二つの病気には似た症状を呈する場合もあるので、取り違えやすいのです。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

半年ほど前にむち打ち症になり、それ以来、首の痛みが続いています。むち打ち症の痛みに効くセルフケアは効果があるでしょうか?【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【骨粗鬆症】原因は加齢・女性ホルモンの2タイプ 「あずきの煮汁」で折れにくい骨になる!

【骨粗鬆症】原因は加齢・女性ホルモンの2タイプ 「あずきの煮汁」で折れにくい骨になる!

加齢によって「骨芽細胞と破骨細胞」二つの細胞のバランスがくずれていきます。骨芽細胞の働きが低下すると骨の形成が滞り老人性骨粗鬆症になります。これは男女同比率で起こります。「女性は骨粗鬆症になりやすい」といわれるのは女性ホルモンに関係する骨粗鬆症があるからです。【解説者】伊藤智広(三重大学大学院生物資源学研究科准教授)


【椅子の座り方】首の痛みが改善する姿勢 首・肩・背中・腰が疲れない方法を紹介

【椅子の座り方】首の痛みが改善する姿勢 首・肩・背中・腰が疲れない方法を紹介

首の痛みを招く生活習慣は人それぞれですが、なかでも最も多いのが「イスの座り姿勢」が悪いパターンです。頭が前に出て背中が丸まったネコ背の姿勢は、首に大きな負担をかけます。そこで、まずは首にやさしいイスの座り姿勢について述べましょう。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング