【医師解説】タマネギの薄皮茶の作り方 玉ねぎの皮は血圧を下げる成分が豊富

【医師解説】タマネギの薄皮茶の作り方 玉ねぎの皮は血圧を下げる成分が豊富

タマネギを調理する際、皆さんは、タマネギの薄皮をどうしているでしょうか。ほとんどのかたは、無用のゴミとして捨ててしまっているしょう。しかし実は、このタマネギの薄皮には、無造作に捨ててしまうにはもったいない薬効が隠されています。【解説】三浦於菟(東邦大学東洋医学科客員教授・吉祥寺東方医院院長)


高血圧、高脂血症、糖尿病、脳血栓、老眼、白内障、近視、めまい、のぼせ、便秘、肌荒れが改善する

 タマネギを調理する際、皆さんは、タマネギの薄皮をどうしているでしょうか。

 ほとんどのかたは、無用のゴミとして捨ててしまっているしょう。しかし実は、このタマネギの薄皮には、無造作に捨ててしまうにはもったいない薬効が隠されています。

 では、タマネギの薄皮に含まれている薬効とはどんなものでしょうか。
 中国では、タマネギのことを「洋葱」といいます。この当て字からもわかるように、タマネギはもともと西洋原産の野菜です。ただ、それでも中国では、昔からタマネギの薬効はよく知られていました。

 例えば、高血圧、高脂血症、糖尿病、脳血栓(脳の血管が詰まって起こる脳卒中)、老眼、白内障(目をカメラにたとえたときにレンズに当たる水晶体が白く濁る病気)、近視、めまい、のぼせ、便秘、肌荒れ、イライラなどが、タマネギで改善する病気や症状として知られています。その健康効果は、非常に多岐にわたっているといっていいでしょう。

 これらのさまざまな健康効果は、主にタマネギの白い身の部分から得られますが、ふだん捨てている薄皮の茶色い部分にも特筆すべき薬効があります。
 その一つが、ケルセチンの血圧降下作用です。ケルセチンとは、ポリフェノールの一種で、非常に強力な抗酸化作用を有し、血圧を下げる効用があることがわかっています。このケルセチンが、タマネギの薄皮にはたくさん含まれています。このため、血圧を下げるという目的では、タマネギの薄皮を積極的に摂取することが、推奨されることになるのです。

 また、漢方的にも、タマネギは高血圧に対して効果の期待できる食品です。東洋医学では、一種の生命エネルギーである「気」が体の中をスムーズに巡ることで健康が保たれると考えます。東洋医学的に見ると、高血圧は体の上に気が集まってしまった状態です。
 一般に健康によいとされるのが、「頭寒足熱」の状態ですが、高血圧では、気が上方に集まり、「頭熱足寒」の状態になっています。そこで高血圧になると、めまいや耳鳴り、ほてりといった自覚症状が生じることにもなるのです。

頭痛やほてり、イライラ、耳鳴りなどの症状も解消

 タマネギには、漢方的には、主に三つの作用があります。一つが、「肝」を平静な状態に保つ「平肝作用」、一つが、水分の流れをよくして、タンを取る「去湿化痰作用」、一つが熱を冷ます「清熱解毒作用」です。この場合、とりわけ重要なのが、平肝作用です。
 肝とは、西洋医学の肝臓よりも広い概念を含みます。肝は、血を調整したり、血を貯蔵したり、気を体にスムーズに巡らせる働きをしています。
 タマネギを摂取すると、その平肝作用によって、体に気がスムーズに巡るようになります。それが、高血圧の人の、気が上方に集まった状態の改善につながるのです。上方に集まっていた気が下がり、頭にこもった熱が取れれば、高血圧もよくなりますし、頭痛やほてり、イライラ、耳鳴りなどの症状も解消してくるでしょう。
 古い漢方の医学書では、タマネギの薄皮だけの薬効を説明した文献や臨床例はありませんが、経験的に、その薄皮にも、タマネギの白い身の部分と同様の健康効果があることもわかっています。ですから、今解説したようなタマネギの平肝作用は、タマネギの薄皮を摂取した場合も、当然、期待できるでしょう。
 さらに漢方では、身に薬効のある食べ物の皮の部分には、特有の効能があるとされています。つまり、食べ物の表面にある皮には、人体の表面に出た症状を、身の部分よりも強力に取る働きがあると考えます。こうした意味で、タマネギの薄皮も、特に肌荒れや耳鳴りといった症状に勧められることになるのです。
 このようにさまざまな薬効を含んだタマネギの薄皮のエキスを効率的に摂取できるのが、タマネギの薄皮茶です。
 1日にコップ2杯を目安に、毎日続けて飲んでみましょう。薄皮を1度煎じただけで捨てるのがもったいない人は、2番煎じまでは行ってもかまわないでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【重症糖尿病】夫のA1cが12.9%→6.3%に下がった!「玉ねぎの常食」で網膜症も改善した

【重症糖尿病】夫のA1cが12.9%→6.3%に下がった!「玉ねぎの常食」で網膜症も改善した

主人の糖尿病が判明したのは2010年のことでした。長年、健康診断を拒んでいましたが、たまたま受けたら発覚。血糖値は327mg/dl、ヘモグロビンA1cは9.6%と、かなり高い数値でした。また、合併症で網膜症を患い、左目が見えづらくなりました。【体験談】横地芙美子(鳥取県・75歳・親業訓練協会シニアインストラクター) 


【不眠改善】私のイチオシの入眠方法は「枕元に○○」を置くだけ 睡眠導入剤に頼らなくてよくなった!

【不眠改善】私のイチオシの入眠方法は「枕元に○○」を置くだけ 睡眠導入剤に頼らなくてよくなった!

2年ほど前のことです。健康雑誌を読んでいたところ「タマネギをみじん切りにして枕元に置くと不眠に有効」という記事を見つけました。におい成分に、眠りを誘う効果があるのだそうです。薬嫌いの私にとって、この方法はまるで天からの贈り物のように感じられました。【体験談】和田太郎(仮名・大阪府・84歳会社員)


【糖尿病改善】病気も肥満も吹き飛ばす「玉ねぎ」美味レシピ(2)

【糖尿病改善】病気も肥満も吹き飛ばす「玉ねぎ」美味レシピ(2)

タマネギは、どんな料理にも応用の効くおいしい万能食材。1年を通して安価で手に入りやすいことも大きな利点です。豊富な栄養素を含み健康パワーも満点。「糖尿病や高血圧を改善したい」「ダイエットに成功したい」というかたは、特に積極的に摂取すべき野菜です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


【動脈硬化の予防・改善】健康常備食「タマネギのオイル漬け」の作り方

【動脈硬化の予防・改善】健康常備食「タマネギのオイル漬け」の作り方

タマネギは優れた薬効を持つ食材ですので、積極的にとりたいところですが、毎日、皮をむいて切るところから始めるのは、手間がかかります。タマネギをある程度、下ごしらえした状態で、常備しておくと便利でしょう。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)


【不眠症に効果】玉ねぎを置けば快眠できる?幼稚園児がすぐに昼寝をした!

【不眠症に効果】玉ねぎを置けば快眠できる?幼稚園児がすぐに昼寝をした!

今、日本人の約3割に、「よく眠れない」「寝つきが悪い」といった睡眠障害があるといわれています。高齢者になるとその割合はさらに増え、約半数にも及びます。整形外科医である私が睡眠の研究をするようになったのも、ひざや腰が悪いご高齢の患者さんから、睡眠の相談を受けることが多かったからです。【解説】坪田聡(雨晴クリニック副院長)


最新の投稿


【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

「気(一種の生命エネルギー)が不足しているから、エネルギーを得ようとして食べ過ぎてしまうんです」太学功の先生の説明に、私は「なるほど」と大きくうなずいていました。というのも、当時の私は銀行で営業をしており、激務に心身とも疲れ切っていました。【体験談】富谷直子(主婦・40歳)


【名医が解説】カイロプラクティックとは?最も得意とするのは「首の痛み」

【名医が解説】カイロプラクティックとは?最も得意とするのは「首の痛み」

頸椎症は、カイロプラクティックが得意とする症状の一つです。整形外科とカイロプラクティックとの診断法は、共通している部分もありますが、一つ大きな違いがあります。それは、カイロプラクティックでは「触診」を非常に重視することです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【糖尿病を改善】トマトの「リコピン」でインスリンの効きがよくなる!コレステロールも下がる「ホットトマト」

【糖尿病を改善】トマトの「リコピン」でインスリンの効きがよくなる!コレステロールも下がる「ホットトマト」

私は糖尿病の専門医として、患者さんたちに食事や運動の指導をしています。なかでも食事指導は最も重要です。私のクリニックで柱となるのは1日に摂取する糖質の量を150g以内に抑える糖質制限食です。この食事療法を実践する際に、補助手段として私がお勧めしているのが、トマトです。【解説】泰江慎太郎(銀座泰江内科クリニック院長)


薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

ピーナッツに含まれる油は、体内の脂肪を減らす手助けをし、薄皮に含まれるポリフェノールは高い抗酸化作用で体の老化を防いでくれます。健康を意識する人にこそ食べてほしい、薬効高い食材です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

よく使われるようになった鎮痛薬。その一つが「プレガバリン」という薬で、商品名は「リリカ」といいます。中枢神経系に働きかける薬ですが、アセトアミノフェンとは違うメカニズムで痛みを止めます。従来の鎮痛薬に比べると、鎮痛作用の強いのが特徴です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング