【糖尿病を改善】ゴーヤは血糖値を下げ、肥満を予防 高血圧にも有効な健康食材!

【糖尿病を改善】ゴーヤは血糖値を下げ、肥満を予防 高血圧にも有効な健康食材!

ゴーヤは、まさに万能薬といってもよいほど多くの健康効果に恵まれた食材ですが、毎日ゴーヤ料理を食べるとなると大変です。ゴーヤ茶は、作り置きしておけば、数日間は保存がきき、手軽に有効成分を摂取できるという長所があります。健康効果の一つに糖尿病の改善があります。【解説】三浦俊宏(鈴鹿医療科学大学保健衛生学部教授)


→【関連記事】傷を早く治す!ゴーヤのパワー

血糖値を正常化すると動物実験で実証

 ゴーヤは、ニガウリという別名からもわかるように、強い苦みが特徴の、沖縄の代表的な食材の1つです。最近では、沖縄に限らず、どこでも売られており、すっかりポピュラーな野菜になったといえるでしょう。
 ゴーヤを使った料理といえば、ゴーヤチャンプルーや、ゴーヤのサラダなどが挙げられますが、ここで、皆さんにご紹介したいのが、「ゴーヤ茶」です。

 ゴーヤ茶は、ゴーヤの種やワタを取り除かずに、身をそのまま薄切りにし、天日干しにします。
 このカラカラに干したものを煮出して作るのです。
 ゴーヤは、まさに万能薬といってもよいほど多くの健康効果に恵まれた食材ですが、毎日ゴーヤ料理を食べるとなると、手間もかかり、なかなか大変です。
 その点、ゴーヤ茶は、作り置きしておけば、数日間は保存がききますし、手軽にゴーヤの有効成分を摂取できるという長所があります。

 では、ゴーヤ茶には、どんな健康効果が期待できるでしょうか。
これについては、ゴーヤそのものの効能をお話しするのが最も手っ取り早いでしょう。
 まず第1に取り上げたいのは、ゴーヤの糖尿病に対する効果です。
 私の専門は、糖尿病患者の食事の研究で、ゴーヤについても、糖尿病との関連を調べてきました。
 糖尿病は、次に挙げる2種類に分けられます。
● Ⅰ型糖尿病
 もともと膵臓の機能に障害が起こって生じるタイプで、インスリン依存型といわれます。
● Ⅱ型糖尿病
 肥満や偏った食事など、生活習慣によって引き起こされるタイプで、インスリン非依存型です。

 この2種類の糖尿病のうち、現在、日本の糖尿病患者のおよそ9割以上が、Ⅱ型糖尿病です。
 ご存じのとおり、生活習慣から引き起こされるⅡ型糖尿病の場合、食事療法と運動療法が、治療の2つの大きな柱です。
 このⅡ型糖尿病について、ゴーヤは、どのような効果を発揮するのか、マウス(実験用のネズミ)を使って実験を行いました。
 糖尿病のマウスに、1日1回、体重1㎏当たり100mgのゴーヤの抽出物を与えます。
 実験は3週間にわたって行い、1週間ごとにマウスの血糖値を測定しました。ゴーヤを摂取する前、マウスの血糖値は、500mg/dLを超えていました。
 ところが、ゴーヤを摂取すると、血糖値は徐々に低くなっていき、3週間後には、300mg/dL近くまで低下していました。
 マウスの正常な血糖値は、150mg/dLです。糖尿病のマウスはほうっておけば、どんどん血糖値が上がっていくのですが、ゴーヤを与えることで、血糖値の上昇が抑制されただけではなく、どんどん血糖値を下げることができたことになります。

 さらに私たちは、別の実験も行っています。糖尿病のマウスを、ゴーヤを食べさせた群、運動療法をさせた群、ゴーヤを食べさせ、かつ、運動療法もさせた群の3つの群に分け、それぞれ4~5週間かけて、血糖値の変化を調べたのです。
 この実験の場合、それぞれ、実験前のマウスの血糖値は、400mg/dLありました。運動療法のみの群では、270~280mg/dLまで血糖値が下がりました。ゴーヤを食べさせた群は、250㎎/dlまで下がりました。
 そして、ゴーヤ+運動療法の群は、最も効果的でした。150mg/dLまで下がり、マウスの正常値まで血糖値を下げることができたのです。
 この実験によって、ゴーヤを食べて運動をすると、より大きな効果が得られる可能性が示唆されたといっていいでしょう。

豊富に含まれるカリウムが高血圧解消に役立つ

 ところで、なぜ、ゴーヤは糖尿病に対してこのような効果をもたらすのでしょうか。

 ゴーヤには、インスリンと似たような作用をする成分が含まれているとされています。この成分は、「植物インスリン」と呼ばれています。
 つまり、ゴーヤを摂取することで、ゴーヤ中の植物インスリンが、膵臓から分泌されるインスリンの代役をしてくれると考えられるのです。
 また、ゴーヤには、チャランチンという物質が含まれています。このチャランチンには、膵臓のβ細胞の働きをよくする作用があると考えられています。ゴーヤの血糖降下作用には、このチャランチンの働きもあるでしょう。

 私が行ったのは、マウスを対象とした研究ですが、実際に海外(バングラデシュ)では、糖尿病の患者さんに、ゴーヤジュースを飲んでもらい、血糖値を測る臨床試験も行われています。
 その結果、ゴーヤジュースを飲み始めて11日で、患者さんの血糖値がおよそ10%下がったという報告もされています。
 また、高血圧にも、ゴーヤが有効であることもわかっています。
 ゴーヤ100g中には、260mgのカリウムが含まれています。このカリウムが、高血圧の原因となる体内の余分なナトリウムを排出してくれるのです。

 さらに、ゴーヤは、肥満の解消にも役立ちます。
 そもそも、私たちが食事から得るブドウ糖は、血液中に入ると、インスリンによって各細胞に取り込まれます。ところが、糖尿病などでインスリンの働きが悪くなっていると、体内で処理しきれないブドウ糖が、脂肪に合成され、蓄積されていくのです。それが、肥満にもつながっていくことになります。
 この点、ゴーヤの植物性インスリンなどの作用で、インスリンの働きが補われると、余分なブドウ糖が血中に残りにくくなります。食べたものも効率よくエネルギーとして燃焼させられますから、基礎代謝も上昇し、この結果として、ダイエットに役立つことになるのです。
 それに、そもそもゴーヤは、100gで17 kcalしかありません。油で炒めても、53 kcalにふえるだけですから、ゴーヤ自体がとても低カロリーな食品なのです。

 加えて、ビタミンCの効果もあります。ゴーヤ100g中には、ビタミンCが76mgと、豊富に含まれています。ビタミンCは、優れた抗酸化作用があり、シミやソバカス、シワやたるみなどの予防・改善にも役立ちます。
 しかも、ゴーヤのビタミンCには、1つの特長があります。
 通常、ビタミンCは熱を加えられえると、壊れてしまいます。ところが、ゴーヤのビタミンCは熱に強く、分解されにくいのです。つまり、ある程度加熱しても、壊れずに残っているのです。この点も、ほかのビタミンCの多い食品との大きな違いということができるでしょう。

ほのかな苦みがおいしいゴーヤ茶

種の不飽和脂肪酸の働きでダイエット効果も得られる

 ここまでゴーヤの効能についてお話ししてきましたが、以上のような健康効果は、おそらくゴーヤ茶においても同じように期待できると考えられます。

 加えて、ゴーヤ茶の場合、つけ加えられるメリットがあるとすれば、種もいっしょにお茶として煮出しているという点です。
 ふだん食用にはしないゴーヤの種には、共役リノレン酸という不飽和脂肪酸(脂肪を構成する成分で植物油に多い)が含まれています。
 この共役リノレン酸は、脂肪の燃焼を高める働きがあります。これは既に、北海道大学の研究グループが実験を行って証明しています。
 つまり、この種の不飽和脂肪酸の働きによって、脂肪燃焼が促進されることになります。この点から、ダイエット効果も期待することができます。

 また、共役リノレン酸が、脂肪燃焼を促進させることは、インスリンの働きも助けますから、その面からも、糖尿病の予防・改善に役立つでしょう。
 くり返しになりますが、ゴーヤは、健康の万能薬といってもいい食材です。ゴーヤ茶や、ゴーヤ料理を毎日のメニューの中に取り入れて、ゴーヤの健康効果を活用してください。

→「ゴーヤ茶」の作り方はコチラ
→【血糖値を下げる】ゴーヤレシピはコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【糖尿病専門医】糖尿病を改善したいなら歯科も受診をするべし!自ら実証した「口腔ケア」の重要性

【糖尿病専門医】糖尿病を改善したいなら歯科も受診をするべし!自ら実証した「口腔ケア」の重要性

近年の研究で、糖尿病に歯周病が関係していることがわかってきました。しかしながら、医師も歯科医師も、そのことに対する意識が高いとはいえません。当然、患者さんは正しい情報を得られず、「歯周病も糖尿病もなかなか治らない」という状況に置かれているのです。【解説】西田亙(にしだわたる糖尿病内科院長)


【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

「年々、体重が増えてきている」「最近お通じが悪くて困っている」「血糖値が高いのが気になる」。そんな人にお勧めしたいのが、4種の野菜の自然な甘みが凝縮した「甘い野菜スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

体は食べた物からできているので食事の内容は重要です。玄米には、多くの栄養素と有効成分が含まれていて、高血圧・動脈硬化・脂質異常症・糖尿病などの生活習慣病や、便秘、ガン、認知症、花粉症・アトピー・ぜんそくなどのアレルギー症状に対し、強力な予防・改善効果を発揮します。【解説】島村善行(島村トータル・ケア・クリニック院長)


【ひろのば体操】子どもの足が速くなり転ばなくなった「足指のばし」のやり方 膝痛や冷えも改善する

【ひろのば体操】子どもの足が速くなり転ばなくなった「足指のばし」のやり方 膝痛や冷えも改善する

私が目指す薬や手術に頼らない医療の治療の柱は、鼻呼吸と足指を伸ばすこと。「鼻呼吸」については、内臓や血管を調整する自律神経が整い、病気や老化を予防・改善できるということがずいぶん認知されてきました。一方「足の指を伸ばす」ことについてはまだその重要性が広まっていないようです。【解説者】今井一彰(みらいクリニック院長)


【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

ハチミツは、糖の代謝を高める働きがあり、大量にとらないかぎり、血糖値は上がりにくいのです。さらに、毒素を浄化する働きによって、胃腸のケアにも役立ちます。便秘や下痢などの排泄異常の改善、ダイエットや美肌効果も期待できるでしょう。【解説者】蓮村誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)


最新の投稿


【歌手・森山良子さん】のどの疲れを一掃し声帯まで潤う!ひとさじの蜂蜜は歌手の私に欠かせない

【歌手・森山良子さん】のどの疲れを一掃し声帯まで潤う!ひとさじの蜂蜜は歌手の私に欠かせない

19歳で歌手デビューし、気づいたら半世紀の月日が経ちました。私が、今もこうして皆様の前で歌えるのは、ハチミツの恩恵が大きいように思います。【体験者】森山良子(1948年生まれ。東京都出身。1967年、『この広い野原いっぱい』で歌手デビュー。)


【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

酢タマネギをメインに据えつつ、タマネギをさまざまな料理に活用していたところ、意外な方面に変化が現れました。なんと、体重が減ってきたのです。もちろん、特にダイエットをしていたわけではありません。【体験談】井田貴美代(仮名・香川県・39歳パート)


【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

高齢者でも簡単にでき、効果の高い動作を厳選した「アザラシポーズ」と「上体起こし運動」を採用し、さまざまな症例の患者さんにこの二つの体操を行ってもらったところ、想像以上の効果が得られました。しっかりと実践したすべての例で、腰痛が改善し、姿勢がよくなったのです。【解説】太田邦昭(太田整形外科院長)


【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

認知症とうつ病は、どちらも高齢者に多く見られる病気です。高齢者のうつ病は、認知症を引き起こす原因の一つとされている一方、認知症がうつを併発することも少なくありません。認知症とうつ病の間には密接な関係があり、二つの病気には似た症状を呈する場合もあるので、取り違えやすいのです。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

半年ほど前にむち打ち症になり、それ以来、首の痛みが続いています。むち打ち症の痛みに効くセルフケアは効果があるでしょうか?【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング