傷を早く治す「ゴーヤ」のパワー 皮膚細胞の増殖を促進すると実験で判明

傷を早く治す「ゴーヤ」のパワー 皮膚細胞の増殖を促進すると実験で判明

東南アジアなどでは、ゴーヤは、民間療法として傷口の治療に用いられています。ゴーヤは、ビタミンCが豊富で、肌にいい食材としてよく知られていますが、この民間療法も、決して迷信などではありません。というより、科学的な裏づけのあることといってもよいのです。【解説】合田榮一(元・岡山大学大学院医歯薬学総合研究科教授)


免疫力を高めるたんぱく質をふやす

 東南アジアなどでは、ゴーヤは、民間療法として傷口の治療に用いられています。ゴーヤは、ビタミンCが豊富で、肌にいい食材としてよく知られていますが、この民間療法も、決して迷信などではありません。というより、科学的な裏づけのあることといってもよいのです。

 以前、私は、実験によって、ゴーヤが皮膚の傷の再生に役立つ可能性があることを確認しました。ゴーヤには、皮膚にできた傷の再生を助ける成分があることがわかってきたのです。その成分とは、ビタミンCなどではなく、全く別の成分でした。
 もともと私は、大学院で、肝臓の再生能力の研究を行ってきました。皆さんもご存じのように、肝臓はとても再生能力の高い臓器です。そして、この肝細胞の再生を助けている物質に、HGF(肝細胞増殖因子)というたんぱく質があります。このHGFが、私の研究の中心テーマです。

 実は、このHGFには、肝細胞ばかりではなく、いろいろな細胞の増殖を促す働きがあります。
 胃や腸、血管、皮膚などが傷ついたとき、その組織を修復、促進してくれるのです。つまり、手術で臓器が傷ついたときや、表皮に傷ができたときに、その傷口が治っていく過程で欠かせない物質が、HGFなのです。
 私たちが行った実験では、ゴーヤから抽出した成分に、このHGFをふやす働きがあることがわかりました。

 私がゴーヤに着目したきっかけは、ある学術雑誌で、ゴーヤの抽出成分についての論文を読んだことでした。
 その論文によると、ゴーヤの抽出成分は、免疫力を高める「インターフェロンガンマ」というたんぱく質をふやす働きがあるとされていました。
 インターフェロンガンマは、HGFと同じく、サイトカインと呼ばれる細胞間の情報伝達物質です。それならば、ゴーヤがHGFをふやす可能性もあるかもしれないと考え、ゴーヤの抽出成分を自分でも調べてみることにしました。

 そこで、私が行った実験は、次のようなものです。
 ヒトの皮膚は、大きく分けると、3つの層からなっています。上から順に、表皮、真皮、皮下組織です。実験には、皮膚の真皮にある線維芽細胞を用いました。
 線維芽細胞は、真皮にあって、肌のハリや弾力をもたらすなど、非常に重要な働きをしている細胞です。また、HGFを合成し、細胞の外に分泌する働きもしています。
 まず、ヒトの線維芽細胞に、ゴーヤの抽出成分を加えたものと、加えないものを用意し、それぞれを5日間培養します。
 そして、この期間中に、線維芽細胞がどれだけHGFを分泌したか、測定しました。
 また、同様に、ヒトの線維芽細胞にゴーヤの抽出成分を加えたものと、加えなかったものを4日間培養します。培養後、線維芽細胞自体がどれだけふえたか、増殖の度合いも比較しました。

表皮と真皮の細胞がともに活性化する

 その結果、線維芽細胞にゴーヤの抽出成分を加えたものは、ゴーヤを加えていないものに比べて、分泌されているHGFが10倍以上増加していることがわかったのです。

 さらに、線維芽細胞の増殖の度合いについても、ゴーヤの抽出成分を加えたものは、加えていないものに比べて、約3倍増加していました。
 これらの実験結果から、ゴーヤの抽出成分には、HGFの産生と、線維芽細胞の増殖を促す働きがあることが確認できたのです。

 そもそも、HGFには、表皮細胞を増殖させる働きがありますから、ゴーヤの抽出成分を利用すれば、表皮細胞と、真皮の中にある線維芽細胞の増殖促進作用が、ともに期待できることになります。
 つまり、ゴーヤの抽出成分を加えることで、表皮と真皮の細胞がともに活性化されることになります。そうなれば、傷の早期回復にもつながってくると考えられるのです。
 これらの実験は、試験管の中で行われたものとはいえ、実験には、ヒトの皮膚の細胞を培養して利用しています。ですから、実際に皮膚が傷ついた場合、ゴーヤの抽出物を塗布すれば、その効果は大いに期待できるといっていいでしょう。

 こうした理由から、最初にもふれたとおり、東南アジアでゴーヤが傷口の治療に用いられていることにも、科学的な根拠があると考えられるわけです。
 今後、さらに研究が進んでいけば、将来、ゴーヤの抽出成分から、皮膚の傷や潰瘍を治療する塗り薬などが開発できるのではないでしょうか。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【血糖値を下げる】料理研究家・村上祥子流おいしい「ゴーヤ」メニュー(3)

【血糖値を下げる】料理研究家・村上祥子流おいしい「ゴーヤ」メニュー(3)

ゴーヤは、沖縄の代表的な健康長寿食材です。近年の研究により、ビタミンやミネラルが豊富なだけでなく、糖尿病の人の血糖値を下げ、高血圧、肝臓病、肥満、認知症まで防ぎ治すことがわかってきました。今回は、ゴーヤ独特の苦みを上手に処理、または生かした、手軽でおいしい健康料理を紹介します。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


【血糖値を下げる】料理研究家・村上祥子流おいしい「ゴーヤ」メニュー(2)

【血糖値を下げる】料理研究家・村上祥子流おいしい「ゴーヤ」メニュー(2)

ゴーヤは、沖縄の代表的な健康長寿食材です。近年の研究により、ビタミンやミネラルが豊富なだけでなく、糖尿病の人の血糖値を下げ、高血圧、肝臓病、肥満、認知症まで防ぎ治すことがわかってきました。今回は、ゴーヤ独特の苦みを上手に処理、または生かした、手軽でおいしい健康料理を紹介します。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


【血糖値を下げる】料理研究家・村上祥子流おいしい「ゴーヤ」メニュー(1)

【血糖値を下げる】料理研究家・村上祥子流おいしい「ゴーヤ」メニュー(1)

ゴーヤは、沖縄の代表的な健康長寿食材です。近年の研究により、ビタミンやミネラルが豊富なだけでなく、糖尿病の人の血糖値を下げ、高血圧、肝臓病、肥満、認知症まで防ぎ治すことがわかってきました。今回は、ゴーヤ独特の苦みを上手に処理、または生かした、手軽でおいしい健康料理を紹介します。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


最新の投稿


【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

私たちにとって、猫は五感を心地よく刺激する存在です。見れば愛らしく、触ってなでれば快く、鳴けば美しい旋律となって、えもいわれぬ刺激となります。それは、病気のあるなしに関係なく、すばらしい経験だといえるでしょう。【解説】小田切敬子(NPO法人アニマルセラピー協会理事長・生物科学博士)


首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

頸椎症スペクトラムの全体像がわかったところで、あなたの首がいま、どんな状態にあるかチェックしてみましょう。チャートの「スタート」から始め、イエスかノーか答えながら進んでください。ゴールは1~5のどれになりましたか。それが、あなたの現在の首の状態の目安です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

ハトムギは、昔から「肌にいい」といわれ、ヨクイニンという生薬として使われています。そこで、私たちはまず、ハトムギの肌への効果に着目しました。その結果、ハトムギには紫外線ダメージによる肌の乾燥や、シミを防ぐ働きのあることが明らかになったのです。【解説】清水邦義(九州大学農学部研究院森林圏環境資源科学研究分野准教授)


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

タマネギのオイル漬けを口にしているおかげか、我が家は皆、いつも元気に過ごせています。今年はインフルエンザが猛威を振るっていましたが、長男はカゼひとつ引かず、無事に受験を乗り切ることができました。【解説】奥津純子(フードデザイナー・「タラゴンの挿し木」主宰)


ランキング


>>総合人気ランキング