【糖尿病が改善】10.6%のHbA1cが7%間近!玉ねぎスープで便秘も改善し5kg減

【糖尿病が改善】10.6%のHbA1cが7%間近!玉ねぎスープで便秘も改善し5kg減

2016年の4月に受けた健康診断で、血糖値が高いことがわかりました。過去1~2ヵ月の血糖状態がわかる指標であるヘモグロビンA1cが、10.6%もあったのです。医師からは、服薬とインスリン注射を併用するよう勧められましたが、インスリン注射は極力避けたいと思いました。【体験談】岡崎久江(仮名・静岡県・35歳主婦) 


服薬とインスリン注射の併用を医師に勧められた

 2016年の4月に受けた健康診断で、血糖値が高いことがわかりました。過去1~2ヵ月の血糖状態がわかる指標であるヘモグロビンA1cが、10.6%もあったのです。私はそれまで血糖値を気にしたことはなく、医師から「A1cの基準値は、4.6~6.2%」と説明を受けて、正直、驚きました。

 また、総コレステロール値は300mg/ml以上ありました。一般的には、200mg/mlを超えたあたりから脂質異常症に要注意といわれるそうなので、かなり高めです。

 私にはほかにも、悩みがありました。ひどい便秘症だったのです。整腸剤と下剤に頼りきりでも、お通じは2日に1回あるかどうか。また、常に体が重く疲れを感じていました。

 それもそのはず、私の当時の体重は85kg。身長は160cmなので、明らかに太り過ぎです。20代の初めには60kgだったのが、23歳で出産したのを機に、徐々に増えてしまったのです。糖尿病をはじめ、ほかの症状も肥満が招いた結果でしょう。

 医師からは、服薬とインスリン注射を併用するよう勧められました。しかし私は、服薬はともかく、インスリン注射は極力避けたいと思いました。

 かわりに取り組んだのが、食事療法です。摂取カロリー(エネルギー)を減らし、野菜を多くとるよう心がけました。
 食事療法のなかでも、柱となったのが、タマネギです。

 きっかけは、健康診断のあとに、たまたま書店で手にした、『やせる!血糖値、血圧が下がる!タマネギレシピ』(マキノ出版)という本でした。その中に、「タマネギが血糖値を下げるのに役立つ」とあったので、試しに、タマネギを中心とした食生活に変えてみようと考えたのです。

 本を参考に、タマネギの皮を煮出した「タマネギの皮茶」や、スライスオニオンを酢漬けにした「酢タマネギ」などを試しました。料理にも、タマネギをよく使います。みじん切りのタマネギをたっぷり入れたハンバーグは、子供にも好評なので、週に1度は作っています。

 とりわけ活用しているのが、シェフの窪田好直さんのレシピ、「タマネギスープ」です。

 私の場合はタマネギを、1玉の大きさにもよりますが、レシピより多めに入れています。ニンニクは入れずに、ベーコンを少量加えます。
 タマネギは増えますが、その分、旨みがたっぷり出ているので、調味料の量はそのままでも、物足りなく感じることはありません。これでおよそ、3~4日分です。

 このタマネギスープを、朝昼晩の毎食、お椀によそって2杯ずつ飲むのです。食前にまず1杯、食事をしながらもう1杯。食前に飲むことで、そのあとに食べるご飯の量を、減らすことができます。

→シェフの「タマネギスープ」レシピはコチラ

インスリン治療を回避! コレステロール値も降下

 こうして、タマネギを中心とした食事を続けていたところ、血糖値がしだいに下がってきました。およそ半年で、ヘモグロビンA1cが8.5%まで降下。2017年末の時点では、7%近くまで下がっています。おかげで、医師に勧められていたインスリン注射による治療は免れました。

 総コレステロール値も、250mg/mlまで下がりました。これでも、基準に照らすとやや高めですが、以前に比べれば、ずいぶんよくなっています。

 体重も減りました。無理なく自然と、5kg落とすことができたのです。やせ幅は大きくはないかもしれませんが、急激に体重を落とすのは、かえって健康によくないと思うので、満足しています。以前よりも身軽になり、疲れにくく感じます。

 ひどかった便秘も改善。毎日、薬なしでもスムーズなお通じがつくようになりました。
 これからも、さらによい成果が出ることを期待して、タマネギスープを中心とした食事を続けていくつもりです。

野菜やキノコを加えると整腸作用がさらに高まる(クリニック真健庵院長星子尚美)

 タマネギの辛み成分である硫化プロピルには、血糖値改善のほか、中性脂肪やコレステロール値を下げる作用もあります。

 便秘の解消は、タマネギの食物繊維やオリゴ糖の効果によるものです。下剤は腸内細菌を死滅させるので、今後は使用しないようにしましょう。野菜やキノコを加えると、食物繊維が増えて整腸作用が高まります。

→【解説はコチラ】タマネギの健康効果ベスト5

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

タマネギのオイル漬けを口にしているおかげか、我が家は皆、いつも元気に過ごせています。今年はインフルエンザが猛威を振るっていましたが、長男はカゼひとつ引かず、無事に受験を乗り切ることができました。【解説】奥津純子(フードデザイナー・「タラゴンの挿し木」主宰)


【便秘に最強効果】納豆とオリーブオイルで "排便力"アップ 便秘薬も不要に

【便秘に最強効果】納豆とオリーブオイルで "排便力"アップ 便秘薬も不要に

私は、便秘に悩む患者さんに「オリーブオイル納豆」を勧めています。これは、納豆に少量のオリーブオイルを混ぜるだけのシンプルな食べ物ですが、便秘改善の効果は劇的です。便が柔らかくなって排便しやすくなったり、おなかの張りが取れたりして、下剤が不要になったケースもあります。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


【糖尿病専門医】糖尿病を改善したいなら歯科も受診をするべし!自ら実証した「口腔ケア」の重要性

【糖尿病専門医】糖尿病を改善したいなら歯科も受診をするべし!自ら実証した「口腔ケア」の重要性

近年の研究で、糖尿病に歯周病が関係していることがわかってきました。しかしながら、医師も歯科医師も、そのことに対する意識が高いとはいえません。当然、患者さんは正しい情報を得られず、「歯周病も糖尿病もなかなか治らない」という状況に置かれているのです。【解説】西田亙(にしだわたる糖尿病内科院長)


【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

「年々、体重が増えてきている」「最近お通じが悪くて困っている」「血糖値が高いのが気になる」。そんな人にお勧めしたいのが、4種の野菜の自然な甘みが凝縮した「甘い野菜スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


最新の投稿


【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

認知症とうつ病は、どちらも高齢者に多く見られる病気です。高齢者のうつ病は、認知症を引き起こす原因の一つとされている一方、認知症がうつを併発することも少なくありません。認知症とうつ病の間には密接な関係があり、二つの病気には似た症状を呈する場合もあるので、取り違えやすいのです。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

半年ほど前にむち打ち症になり、それ以来、首の痛みが続いています。むち打ち症の痛みに効くセルフケアは効果があるでしょうか?【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【骨粗鬆症】原因は加齢・女性ホルモンの2タイプ 「あずきの煮汁」で折れにくい骨になる!

【骨粗鬆症】原因は加齢・女性ホルモンの2タイプ 「あずきの煮汁」で折れにくい骨になる!

加齢によって「骨芽細胞と破骨細胞」二つの細胞のバランスがくずれていきます。骨芽細胞の働きが低下すると骨の形成が滞り老人性骨粗鬆症になります。これは男女同比率で起こります。「女性は骨粗鬆症になりやすい」といわれるのは女性ホルモンに関係する骨粗鬆症があるからです。【解説者】伊藤智広(三重大学大学院生物資源学研究科准教授)


【椅子の座り方】首の痛みが改善する姿勢 首・肩・背中・腰が疲れない方法を紹介

【椅子の座り方】首の痛みが改善する姿勢 首・肩・背中・腰が疲れない方法を紹介

首の痛みを招く生活習慣は人それぞれですが、なかでも最も多いのが「イスの座り姿勢」が悪いパターンです。頭が前に出て背中が丸まったネコ背の姿勢は、首に大きな負担をかけます。そこで、まずは首にやさしいイスの座り姿勢について述べましょう。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

私たちにとって、猫は五感を心地よく刺激する存在です。見れば愛らしく、触ってなでれば快く、鳴けば美しい旋律となって、えもいわれぬ刺激となります。それは、病気のあるなしに関係なく、すばらしい経験だといえるでしょう。【解説】小田切敬子(NPO法人アニマルセラピー協会理事長・生物科学博士)


ランキング


>>総合人気ランキング