【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ カロナールとロキソニンの違い リリカは切り札

【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ カロナールとロキソニンの違い リリカは切り札

よく使われるようになった鎮痛薬。その一つが「プレガバリン」という薬で、商品名は「リリカ」といいます。中枢神経系に働きかける薬ですが、アセトアミノフェンとは違うメカニズムで痛みを止めます。従来の鎮痛薬に比べると、鎮痛作用の強いのが特徴です。【解説】竹谷内康修(整形外科医・竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


消炎鎮痛薬のエヌセイド(商品名:ロキソニン・ボルタレン・セレコックスなど)、解熱鎮痛薬のアセトアニノフェン(商品名:カロナールなど)

 首の痛みの効果的なセルフケアを紹介するのが主旨ですが、いうまでもなく首の痛みのなかには、セルフケアだけで対処できないものも多く存在します。その場合、整形外科医やカイロプラクターといった専門家による治療を受けながら、セルフケアを行っていただきたいと思います。

 首の痛みの専門治療がどのように行われるのかを説明しましょう。もちろん、具体的な細かい治療法は、個々の機関や専門家によって違ってきますが、治療の概要を述べておきます。治療を受ける患者さんの立場で、注意していただきたいことも付記しますので参考にしてください。

 まず、首の痛みで整形外科にかかり、原因が頸椎症だとわかると、多くの場合は薬を使う治療法(薬物療法)が中心となります。その主体は、いわゆる「痛み止め」の薬(鎮痛薬)です。
 そのなかで、最も一般的に使われているのが「消炎鎮痛薬」です。これは文字どおり、炎症を抑えて痛みを取る薬です。

 私たちの体内では、組織が損傷を受けると、プロスタグランジンという物質が作られます。プロスタグランジンは、全身のさまざまな生理機能を調整する重要な物質ですが、同時に炎症によって生じる痛みを強くする作用があります。
 体内でプロスタグランジンができるときは、アラキドン酸という物質が酵素の働きでプロスタグランジンに変わります。その酵素の働きを阻害してプロスタグランジンが作られないようにし、炎症を抑えて痛みを取るのが消炎鎮痛薬です。

 このタイプの薬は「エヌセイド」(NSAIDs=非ステロイド性抗炎症薬の頭文字)と呼ばれ、よく使われる薬剤の例(商品名)としては、ロキソニン、ボルタレン、セレコックスなどがあります。首の痛みに限らず、頭痛や関節痛などさまざまな痛みに広く用いられている鎮痛薬です。

 このタイプの鎮痛薬の副作用として、最も起こりやすいのは胃腸症状です。そのため、副作用を防ぐ目的で、胃腸薬もいっしょに処方されることが少なくありません。

 もう一つ違うタイプの鎮痛薬として、広く用いられているのが「解熱鎮痛薬」です。こちらは、炎症とは関係なく、脳(中枢神経)に働きかけて痛みを取るもので、「アセトアミノフェン」という薬剤が使われます。商品名としては、カロナール、タイレノールなどがあります。

 アセトアミノフェンは市販のカゼ薬(総合感冒薬)や頭痛薬にもよく配合されています。副作用は少ないのですが、過剰に飲むと肝臓に負担がかかることもあります。カゼ薬や頭痛薬などを使っている場合は、そのことを医師に伝えて薬の成分が重ならないように気をつけましょう。

鎮痛作用の強いプレガバリン(商品名:リリカ)とトラムセット(製剤)

 整形外科で用いられる鎮痛薬のなかには、2010年ごろに登場して、よく使われるようになってきた比較的新しい薬もあります。

 その一つが「プレガバリン」という薬で、商品名は「リリカ」といいます。中枢神経系に働きかける薬ですが、アセトアミノフェンとは違うメカニズムで痛みを止めます。従来の鎮痛薬に比べると、鎮痛作用の強いのが特徴です。

 もう一つは、「トラムセット」という薬剤です。トラムセットは複数の薬を組み合わせたタイプの製剤(合剤)で、トラマドールという薬と前述のアセトアミノフェンが配合されています。トラマドールは、麻薬ではありませんが、麻薬が効くときの受容体(物質が作用するときに必要な細胞の“コンセント”のような部分)に結合して働きます。
 それだけに、強い痛み止め作用を発揮します。麻薬のような危険性を心配しないで、麻薬に近い鎮痛作用が得られるので、ほかの鎮痛薬でじゅうぶんな効果が得られないときの切り札として使われます。

 この二つは鎮痛効果が高いので、腕の痛みが強いときに使うにはよい薬です。ただし、作用が強い分、副作用も出やすいので注意しましょう。

 代表的な副作用としては、ふらつき、めまい、吐きけ、嘔吐などがあります。これらの薬を使っているときに、副作用が疑われる症状が出たら、早めに主治医に相談してください。
 前項にあげた鎮痛薬を含め、同じ成分を含む薬同士をいっしょに飲むと危険です。もし歯の痛みや頭痛、生理痛、首以外の関節痛などで鎮痛薬を飲んでいる場合は、必ず医師に伝えてください。

 首の痛みで受診すると、鎮痛薬以外に、筋肉の緊張をゆるめる薬(筋弛緩薬)が処方されることもあります。その代表的な薬剤は「リンラキサー」や「ミオナール」などです。
 このほか、筋肉をやわらげたり、血行をよくしたりする目的で行われる温熱療法や電気治療、ゆっくり首を引っぱる牽引療法、ネックカラーと呼ばれる保護具をつける装具療法などもあります。

 また、少数の医療機関では、首にある星状神経節という部分に麻酔薬を注射する「星状神経節ブロック」や、神経根に麻酔薬を注射する「神経根ブロック」という方法も用いられています。これは熟練した麻酔科医や整形外科医によって慎重に行われるべき治療法です

竹谷内康修
 竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長。整形外科医・カイロプラクター。東京都生まれ。東京慈恵会医科大学卒業後、福島県立医科大学整形外科へ入局。3年間整形外科診療を行う。その後、米国ナショナル健康科学大学へ留学し、カイロプラクティックを学ぶ。同大学を首席で卒業後、都内にカイロプラクティックを主体とした手技療法専門のクリニックを開設。腰痛、腰部脊柱管狭窄症、肩こり、頭痛、首の痛み、関節痛などの治療に取り組む。

【首の痛みが長引く】治療は何科? 腕や手のしびれは?
【腕のしびれ】痛みの原因、治し方、対処方法を整形外科医が解説

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【腕のしびれ】頚椎症とは違う手根管症候群、肘部管症候群、胸郭出口症候群とは?

【腕のしびれ】頚椎症とは違う手根管症候群、肘部管症候群、胸郭出口症候群とは?

腕や手にしびれを起こして、頸椎症性神経根症と間違われやすい病気としては、以下の三つがあげられます。手根管症候群、肘部管症候群、胸郭出口症候群です。【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【腕のしびれ】痛みの原因、治し方、対処方法を整形外科医が解説

【腕のしびれ】痛みの原因、治し方、対処方法を整形外科医が解説

頸椎症性神経根症の人が、生活の中で急に腕のしびれや痛みを感じたときは、症状のある腕を肩より高く持ち上げると、やわらぐことが多いものです。腕を持ち上げると、傷んでいる神経がゆるむからです。立っているときなら、症状が出たほうのひじを軽く曲げて持ち上げます。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


首が痛い人【頚椎症】の「枕選び」 首を反らす枕や、低い枕にご注意!

首が痛い人【頚椎症】の「枕選び」 首を反らす枕や、低い枕にご注意!

最近は、首に当たる部分が隆起し、後頭部が下がる形の枕がふえています。これは、健康な人ならよいのですが、頸椎症の人、なかでも頸椎症性神経根症などの人が使うと、神経の圧迫を強くして症状を悪化させるおそれがあります。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【肩コリ・首コリ】悪化しやすい姿勢 「あぐら」「床座り」はNG

【肩コリ・首コリ】悪化しやすい姿勢 「あぐら」「床座り」はNG

あぐらをかくと、股関節の角度が狭くなって骨盤が後ろに倒れ、背中が丸まってきます。あぐらをかくのは短めにしましょう。お尻の下だけに、クッションや半分に折った座布団を敷くと「正座イス」のようにお尻が持ち上がって骨盤が後ろに倒れにくくなるのでお試し下さい。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【姿勢を良くする方法】整形外科医が教える猫背改善のメリットと効果

【姿勢を良くする方法】整形外科医が教える猫背改善のメリットと効果

簡単に意識できて立ち姿勢をよくする方法としておすすめしたいのが、「背中のボタン」をイメージすることです。背中の肩甲骨の下端あたりで、背骨を意識してみてください。ここに、「姿勢をよくする背中のボタン」があるとイメージしてください。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


最新の投稿


【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

歯ぎしりは、口腔内の悪習癖の一つではありますが、実は、役立っている面もあります。その一つが、「唾液の分泌を促す」ということです。試しに、今、少し上下の歯をすり合わせたり、カチカチさせたりしてみてください。唾液が出てくるのがわかるでしょう。【解説】野村洋文(木下歯科医院副院長)


【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

私はJリーグのチェアマン時代からスポーツを通じた健康づくりや地域のスポーツ振興を訴えてきましたが、「つま先立ち体操」の推奨も、その一環と考えています。私が「つま先立ち体操」を続けるようになったのは、娘の一言がきっかけでした。【解説】川淵三郎(日本サッカー協会最高顧問・日本バスケットボール協会エグゼクティブアドバイザー)


【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

コンブの食物繊維と酢は、食後の血糖値の急上昇を防いでくれます。血糖値が急に上がると、インスリンというホルモンが過剰に出て、細胞によけいなものを取り込み肥満につながるのです。【解説】白澤卓二(白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士)


【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は?  (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は本来、再生能力の高い臓器です。例えば、手術で一部を切除しても、時間がたてば肝細胞が再生し、元の大きさに戻ります。しかし、慢性肝炎などが進行すると、肝細胞が次々に破壊され、再生が追いつかなくなります。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

僕は今、世界でただ一人の「空間診断士」という肩書きで仕事をしています。 掃除のやり方を教えているのではなく、掃除に向き合うときの心のあり方をお伝えしています。例えば、誰かが怒っていたり、悲しんでいたりした部屋は、何となく“空気が重い”と感じませんか?【解説】船越耕太(空間診断士)