【椅子の座り方】首の痛みが改善する姿勢 首・肩・背中・腰が疲れない方法を紹介

【椅子の座り方】首の痛みが改善する姿勢 首・肩・背中・腰が疲れない方法を紹介

首の痛みを招く生活習慣は人それぞれですが、なかでも最も多いのが「イスの座り姿勢」が悪いパターンです。頭が前に出て背中が丸まったネコ背の姿勢は、首に大きな負担をかけます。そこで、まずは首にやさしいイスの座り姿勢について述べましょう。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


五つのステップで首にやさしい座り方を

 首の痛みを招いている生活習慣は人それぞれですが、なかでも最も多いのが「イスの座り姿勢」が悪いパターンです。

 頭が前に出て背中が丸まったネコ背の姿勢は、首に大きな負担をかけます。首を痛める人の大部分は、こうした座り方を長い時間しています。そこで、まずは首にやさしいイスの座り姿勢について述べましょう。

 実際に首にやさしいイスの座り方をするには、首を傷めにくいイス、あるいはそのように補正したイスを使ったうえで、座り姿勢をよくするという二段階の対策が必要です。
 その第一段階であるイスの選び方や補正法は後述するとして、ここでは座り姿勢をよくする五つのステップを紹介します。

【首にやさしい座り姿勢のつくり方】

 いままであなたがしていたネコ背などの悪い姿勢をとってから、以下の五つのステップをやってみてください。首にやさしい姿勢に変えるコツが、よりつかみやすくなるでしょう。

❶骨盤を起こす
 骨盤を垂直に立てます。これだけでも六〜七割よい姿勢になります。

❷背中を伸ばす
 肩甲骨の下端あたりの背骨を意識しながら、丸まった背中を伸ばし、胸を張ります。

❸肩を引く
 肩を軽く後ろに引きます。

❹頭を引く
 頭を心持ち後ろに引きます。あごを軽く引くだけでもかまいません。

❺背もたれに寄りかかる

 ①〜④で正しい姿勢になりますが、それだけではすぐに疲れて悪い姿勢に戻るので、背もたれにしっかりと寄りかかります。
 以上が、私が考案した最も首にやさしいイスの座り姿勢です。

 このステップの⑤は、たいへん重要です。しっかり力を抜いて正しい姿勢を保つことが、頸椎症の解消につながるからです。

「よい座り姿勢」といったときに、よくある勘違いとして、背もたれを使わず、背すじをピンと伸ばした座り方をする人が多く見られます。本などでも、これを「よい姿勢」として紹介しているものがあります。

 確かにフォーマルな場では、イスに浅く腰かけ、背もたれを使わずに背すじを伸ばした姿勢がよいとされています。しかし、この姿勢は、見た目は美しいのですが、筋肉を緊張させて背骨を支えることになります。つまり、首から腰にかけて、筋肉の張力が増すので、肩こりや頸椎症の原因を自分でつくり出していることになります。また、短時間ならできても、時間が立つとくずれやすいのも難点です。

 首をいたわるには、ぜひ背もたれを活用したよい姿勢を、右の五つのステップでつくるようにしてください。
 一見、めんどうに思えるかもしれませんが、「骨盤→背中→肩→頭→背もたれ」と、土台となる骨盤から一つずつ整えて、最後に背もたれで仕上げるステップになっていますから、一度覚えれば簡単にできます。最初のうちだけ意識すれば、意外と早く定着させることができますので、ぜひやってみてください。

竹谷内康修
 竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長。整形外科医・カイロプラクター。東京都生まれ。東京慈恵会医科大学卒業後、福島県立医科大学整形外科へ入局。3年間整形外科診療を行う。その後、米国ナショナル健康科学大学へ留学し、カイロプラクティックを学ぶ。同大学を首席で卒業後、都内にカイロプラクティックを主体とした手技療法専門のクリニックを開設。腰痛、腰部脊柱管狭窄症、肩こり、頭痛、首の痛み、関節痛などの治療に取り組む。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


竹谷内康修 首の痛み

関連する投稿


【腕のしびれ】頚椎症とは違う手根管症候群、肘部管症候群、胸郭出口症候群とは?

【腕のしびれ】頚椎症とは違う手根管症候群、肘部管症候群、胸郭出口症候群とは?

腕や手にしびれを起こして、頸椎症性神経根症と間違われやすい病気としては、以下の三つがあげられます。手根管症候群、肘部管症候群、胸郭出口症候群です。【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【腕のしびれ】痛みの原因、治し方、対処方法を整形外科医が解説

【腕のしびれ】痛みの原因、治し方、対処方法を整形外科医が解説

頸椎症性神経根症の人が、生活の中で急に腕のしびれや痛みを感じたときは、症状のある腕を肩より高く持ち上げると、やわらぐことが多いものです。腕を持ち上げると、傷んでいる神経がゆるむからです。立っているときなら、症状が出たほうのひじを軽く曲げて持ち上げます。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


首が痛い人【頚椎症】の「枕選び」 首を反らす枕や、低い枕にご注意!

首が痛い人【頚椎症】の「枕選び」 首を反らす枕や、低い枕にご注意!

最近は、首に当たる部分が隆起し、後頭部が下がる形の枕がふえています。これは、健康な人ならよいのですが、頸椎症の人、なかでも頸椎症性神経根症などの人が使うと、神経の圧迫を強くして症状を悪化させるおそれがあります。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【肩コリ・首コリ】悪化しやすい姿勢 「あぐら」「床座り」はNG

【肩コリ・首コリ】悪化しやすい姿勢 「あぐら」「床座り」はNG

あぐらをかくと、股関節の角度が狭くなって骨盤が後ろに倒れ、背中が丸まってきます。あぐらをかくのは短めにしましょう。お尻の下だけに、クッションや半分に折った座布団を敷くと「正座イス」のようにお尻が持ち上がって骨盤が後ろに倒れにくくなるのでお試し下さい。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【姿勢を良くする方法】整形外科医が教える猫背改善のメリットと効果

【姿勢を良くする方法】整形外科医が教える猫背改善のメリットと効果

簡単に意識できて立ち姿勢をよくする方法としておすすめしたいのが、「背中のボタン」をイメージすることです。背中の肩甲骨の下端あたりで、背骨を意識してみてください。ここに、「姿勢をよくする背中のボタン」があるとイメージしてください。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


最新の投稿


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。ここでは「洗濯ばさみ」を使ったツボの刺激方法をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

動脈硬化が進むとともに血栓ができると、その結果として、脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気を招いてしまいます。命に関わるこれらの病気を防ぐために習慣にしてほしいのが、起床後に十分な水分を取ることです。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)