【医師が作り方・飲み方を解説】耳鳴りが止まらない!そんな人にも効果を発揮する「黒豆の煮汁」

【医師が作り方・飲み方を解説】耳鳴りが止まらない!そんな人にも効果を発揮する「黒豆の煮汁」

黒豆には、悪玉コレステロールをへらし、血圧を下げるリノール酸が多く含まれています。その結果、血流がよくなり耳鳴りの改善につながるのです。加えて、黒豆にはナイアシンというビタミンが含まれています。ナイアシンは脳神経の働きを助けるといわれ、耳鳴り改善に効果が期待できる機能性成分です。【解説】野崎豊(ノザキクリニック院長)


ワーンと響く耳鳴りが1ヵ月ですっかり解消

 ダイズには、黄色や緑色など、いくつかの種類があります。なかでも皮の色が黒いものが黒豆と呼ばれ、最も薬効が高いといわれています。
 私のクリニックがある兵庫県加古川市周辺は、黒豆の生産がさかんな地域です。兵庫県から依頼を受け、黒豆の効能について研究するために、私は20年以上前から治療に活用しています。この間に、黒豆が多くの病気に効果を発揮することがわかってきました。

 患者さんには、黒豆の煮汁を勧めています。煮汁にすることで、有効成分を効率的に摂取することができるからです。
 作り方は簡単です。
 黒豆50gを有効成分が流出しないよう、さっと洗います。それを水1Lに5〜6時間漬けておきましょう。
 漬けた水と豆をそのまま鍋に入れて火にかけ、沸騰したら弱火にして、水が半分になったら出来上がり。これが1日分です。2〜3回に分けて飲みましょう。ハチミツを少量加えてもかまいません。煮た黒豆は料理に使うといいでしょう。
 黒豆の煮汁の効果は実に多彩ですが、なかでも耳鳴りへの効果は目をみはるものがあります。黒豆の煮汁を飲むことで、耳鳴りが改善したというかたが、おおぜいいらっしゃるのです。

 65歳の女性Mさんは、ワーンと響く耳鳴りのせいで夜も眠れませんでした。黒豆の煮汁を飲み始めたところ、1ヵ月ほどで耳鳴りがすっかり解消。高かった血圧まで下がり、ひざ痛も改善したそうです。

 62歳の男性Kさんは、キンキン聴こえる耳鳴りに悩んでいました。病院の薬を飲んでも効果はありません。しかし、黒豆の煮汁を飲んだところ、約3ヵ月後に耳鳴りが大幅に軽減。昼間は全く気にならなくなり、夜、静かなときに小さく聴こえる程度にまで改善しました。

 64歳の女性Iさんは、就寝前になると、シーンシーンという音が聴こえるようになりました。黒豆の煮汁を飲み始めて3週間ほどたったころ、耳鳴りが消えたそうです。その後、黒豆の煮汁を飲むのをやめてからも再発していません。

血圧も血糖値も肝機能値も下がった!

 黒豆の煮汁は、なぜ耳鳴りに著効を示すのでしょうか。
 耳鳴りの原因はさまざまですが、特定できる病気がない場合、老化現象とされることがほとんどです。加齢による動脈硬化により、血管内壁に老廃物がたまりやすくなります。その結果、耳や脳の血管が細くなって血流が悪くなることで、耳鳴りが起こると考えられるのです。

 黒豆には、血液中の悪玉コレステロールをへらし、血圧を下げるリノール酸が多く含まれています。さらに、植物エストロゲンやレシチンなどの成分も血液をサラサラにします。
 また、黒豆に含まれるマグネシウムの作用により、筋肉が緩み血管が拡張します。その結果、血液の流れがよくなり、耳鳴り改善につながるのです。
 加えて、黒豆にはナイアシンというビタミンが豊富に含まれています。ナイアシンは脳神経の働きを助けるといわれ、耳鳴り改善に効果が期待できる機能性成分です。

 このような有効成分が総合的に作用し、耳鳴りが改善すると考えられます。
 実際、私が行った臨床研究では多くの人の血管が拡張し、血液がサラサラになったことを示すデータが得られました。

 32歳から82歳までの患者さん約70名にご協力いただき、黒豆の煮汁を1日に約300mLずつ飲んでもらいました。飲用1ヵ月後に検査を行ったところ、血圧、血糖値、総コレステロール値、中性脂肪値、肝機能値、いずれの数値も下がったのです。

 黒豆には先ほど挙げた栄養素のほかにも、老化の元凶物質である活性酸素を除去する「抗酸化成分」が豊富に含まれています。ビタミンE、イソフラボン、黒い色素のクリサンテミンなどです。さらに私たちの体には、活性酸素を除去するための酵素が備わっていますが、黒豆に含まれる亜鉛とマンガンには、この酵素を活性化する働きがあります。

 また、東洋医学の世界でも黒豆には優れた効果があると高く評価されています。
 中国の古い薬学書には「黒豆は水をおさめて腫れを消し、気を下げ、風熱を補い、血を生かして、毒を解く」と記してあります。これはすなわち「むくみを取って気持ちを落ち着かせ、カゼを治し、血液をサラサラにして血液中の余分なコレステロールや糖分をへらす」という意味です。
 黒豆は生命エネルギーをつかさどる「腎」を補強する食材とされ、漢方では老化防止の薬としても使われます。「吹き出物が解消した」「白髪がへった」「飛蚊症が改善した」というかたもいます。ぜひ、お試しください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【オクラ水とは】作り方と効果 血圧や血糖値、便秘解消に 動脈硬化も改善

【オクラ水とは】作り方と効果 血圧や血糖値、便秘解消に 動脈硬化も改善

「オクラ水」とは、オクラを一晩漬けた水を飲む健康法です。これを飲み続けて、糖尿病や高血圧が改善したり、血管の詰まりが取れたりするなど、数々の奇跡が起こっています。血流が悪くなりがちな人にぴったり。オクラ水の効果をご紹介します。【レポート】『壮快』編集部


血糖値が下がった!「しょうが緑茶」で血管年齢が20歳若返り髪と肌もツヤツヤ

血糖値が下がった!「しょうが緑茶」で血管年齢が20歳若返り髪と肌もツヤツヤ

血管年齢を測定してもらったのですが、私は「65歳」で実年齢プラス15歳でした。これにはショックを受けました。実は、健康には自信がなく、健康診断の検査結果も不安でした。その不安は的中し、空腹時血糖値が129mg/dlと高かったのです。【体験談】高村美佐子(仮名・主婦・50歳)


【高血圧・糖尿病】生活習慣病を撃退する「ショウガ緑茶」の基本の作り方

【高血圧・糖尿病】生活習慣病を撃退する「ショウガ緑茶」の基本の作り方

ショウガ緑茶は、緑茶とすりおろしたショウガを混ぜるだけで作れます。ショウガと緑茶の風味と香りが味わえて、健康効果の高い作り方を紹介します。【解説】平柳要(医学博士、食品医学研究所所長)


生姜の効能【血管の若返り効果】"生姜入り緑茶"で白内障を予防 歯周病 口臭対策に

生姜の効能【血管の若返り効果】"生姜入り緑茶"で白内障を予防 歯周病 口臭対策に

ショウガ緑茶を習慣づけて飲んでくれた人からは「らくにダイエットできた」「高かった血糖値や血圧が下がった」「悪玉コレステロールの値が下がった」「肌がきれいになった」「口臭や歯周病が改善した」など多彩な効果が見られました。どんな薬効が期待できるのかいくつか挙げてみましょう。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


140ミリの血糖値が90ミリに!膝痛が改善し、仕事復帰後の体調も良好なのは「オクラ水」のおかげ

140ミリの血糖値が90ミリに!膝痛が改善し、仕事復帰後の体調も良好なのは「オクラ水」のおかげ

糖尿病の投薬治療を受けていたものの血糖値は150〜160mg/dLと、高い状態が続きました。追い打ちをかけるように、「ひざの軟骨が壊死してはがれ落ちている」といわれたのです。私が始めたのは「オクラ水」でした。血糖値が、なんと90mg/dLに下がったのです。【体験談】越田隆憲(兵庫県・51歳・トラック運転手) 


最新の投稿


【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

「気(一種の生命エネルギー)が不足しているから、エネルギーを得ようとして食べ過ぎてしまうんです」太学功の先生の説明に、私は「なるほど」と大きくうなずいていました。というのも、当時の私は銀行で営業をしており、激務に心身とも疲れ切っていました。【体験談】富谷直子(主婦・40歳)


【名医が解説】カイロプラクティックとは?最も得意とするのは「首の痛み」

【名医が解説】カイロプラクティックとは?最も得意とするのは「首の痛み」

頸椎症は、カイロプラクティックが得意とする症状の一つです。整形外科とカイロプラクティックとの診断法は、共通している部分もありますが、一つ大きな違いがあります。それは、カイロプラクティックでは「触診」を非常に重視することです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【糖尿病を改善】トマトの「リコピン」でインスリンの効きがよくなる!コレステロールも下がる「ホットトマト」

【糖尿病を改善】トマトの「リコピン」でインスリンの効きがよくなる!コレステロールも下がる「ホットトマト」

私は糖尿病の専門医として、患者さんたちに食事や運動の指導をしています。なかでも食事指導は最も重要です。私のクリニックで柱となるのは1日に摂取する糖質の量を150g以内に抑える糖質制限食です。この食事療法を実践する際に、補助手段として私がお勧めしているのが、トマトです。【解説】泰江慎太郎(銀座泰江内科クリニック院長)


薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

ピーナッツに含まれる油は、体内の脂肪を減らす手助けをし、薄皮に含まれるポリフェノールは高い抗酸化作用で体の老化を防いでくれます。健康を意識する人にこそ食べてほしい、薬効高い食材です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

よく使われるようになった鎮痛薬。その一つが「プレガバリン」という薬で、商品名は「リリカ」といいます。中枢神経系に働きかける薬ですが、アセトアミノフェンとは違うメカニズムで痛みを止めます。従来の鎮痛薬に比べると、鎮痛作用の強いのが特徴です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング