耳鳴りや突発性難聴にも効いた【水飲み療法】NHKで話題の急性低音難聴にも特効!

耳鳴りや突発性難聴にも効いた【水飲み療法】NHKで話題の急性低音難聴にも特効!

私の治療院では、6〜7年前から難聴や耳鳴りなどの患者さんに、鍼灸治療と並行して水飲み療法を勧めています。この療法を始めたきっかけは、「大量に水を飲んだら、耳鳴りがよくなった」という、患者さんの話でした。【解説】藤井德治(アクア鍼灸療法 一掌堂治療院院長)


内耳にたまった リンパ液を排出する

 私の治療院では、6〜7年前から難聴や耳鳴りなどの患者さんに、鍼灸治療と並行して水飲み療法を勧めています。

 この療法を始めたきっかけは、「大量に水を飲んだら、耳鳴りがよくなった」という、患者さんの話でした。
 内耳の蝸牛という器官には、常に一定量のリンパ液が保たれています。新しいリンパ液が入ってくると、古くなったリンパ液が押し出される形で排出されます。この流れが滞ると、耳の中にリンパ液がたまる内リンパ水腫などを発症。これが、難聴や耳鳴りの一因となります。

 実際、内リンパ水腫から起こる耳鳴りやめまいに対し、病院では利尿剤を処方するのが一般的になっています。利尿剤とは、尿の排出を促す薬です。
 水飲み療法も水を大量に飲むことで尿の排出を促しますから、同様の効果が現れるというわけです。
 これまで多くの患者さんに水飲み療法を勧めて、高い治療実績を上げてきました。

 効果が顕著に現れるのは、低音型の難聴(突発性も含む)やメニエール病など、内リンパ水腫に要因がある病気です。
 ほかに、難聴を伴わない耳鳴りや大きな音が原因で発症する急性音響性難聴にも効いたケースがありました。
 ところで最近、「急性低音障害型感音難聴(急性低音難聴)」というタイプの難聴がNHKテレビで特集されていました。平成27年の5月に放送された朝の情報番組です。

 番組の中で、耳鼻咽喉科の医師がこの症状の改善策として、たっぷりの水分摂取が有効だと推奨されていました。水分を大量にとると、体内で利尿ホルモンが産生され、内耳にたまったリンパ液を排出してくれるというわけです。
 私はこの放映を見て、「思ったとおりだ。水飲み療法の医学的な裏づけが得られた」と大変うれしく思いました。
 私が勧めてきたやり方も、番組で紹介されたものと、ほぼ同じです。

耳の治療が得意な藤井先生

発症後時間がたっても 改善する例は数多い

 耳鳴りや難聴の治療を始めるタイミングは、早ければ早いほど効果的とわかっています。ですから、発症したらすぐに医療機関を受診してください。

 当院の実績によると、急性低音難聴は発症3週間以内に鍼灸治療を開始した場合、治癒率100%です。
 発症して2ヵ月を過ぎると治癒率は落ちてきますが、改善するケースもたくさんあります。なんと、発症後8年してから治療を始めたにもかかわらず完治した例もありました。

 ただ、この類の症状は治っても再発しやすく、再発率は4割です。しかし、治療を続けることで、よい状態を長期間保つことは可能ですし、それが治癒につながります。あきらめないことが大切です。
 また、顕著に効果を現すタイプの耳鳴りや難聴でなくとも改善の可能性はあるので、水飲み療法を実践してみてはいかがでしょうか。
 ただし、腎臓や心臓、肝臓の疾患がある人は行わないでください。症状が悪化する可能性があります。また、むくみやすい人は3日ほど試して、むくみや体調不良がみられた場合は中止してください。

 さらに、1日3㎞程度のウォーキングを行うのもお勧めです。全身が活性化され、代謝がよくなるので、血液やリンパ液の流れもスムーズになり治療効果が高まります。
 私が行う鍼灸治療も、やはり全身の血液などの循環を促すのが目的です。特に、首と肩周りを重点的に治療し、筋肉のコリによる圧迫を取り除くことで症状が改善されます。

 では、鍼灸治療と並行して水飲み療法などを実践し、症状が改善した患者さんの例を一部ご紹介しましょう。
 医療関係の仕事に従事している42歳の男性は、低音型の突発性難聴を発症してから、1ヵ月後に来院しました。両耳ともに耳鳴りがあるほか、音が大きく響いて聴こえる、耳が痛い、などの症状を訴えました。
 鍼灸治療と並行して1日2ℓの水を飲み、途中からはウォーキングも始めたところ、症状は徐々に改善。20回の治療で元の状態に戻りました。

 もう一人は、44歳のメニエール病の男性です。7年前に発症した際、当院で治療を受け、一度はよくなりました。
 その後、水飲み療法を続けていましたが、去年、残念ながら再発。とはいえ発症後4日で来院したため、1回の治療で症状がすっかり改善しました。水飲みを長く継続していたのが早期回復につながったのです。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


突発性難聴による耳鳴りが改善し、飛蚊症も解消した秘密は「指の○を叩く」こと

突発性難聴による耳鳴りが改善し、飛蚊症も解消した秘密は「指の○を叩く」こと

全身の気や血液の流れがよくなり、耳鳴りや飛蚊症が改善する「指の股たたき」をご紹介します。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)


【やり方】首の痛み、頭痛、耳鳴り、便秘、眼精疲労にも効果的な「首のスジ押し」

【やり方】首の痛み、頭痛、耳鳴り、便秘、眼精疲労にも効果的な「首のスジ押し」

首や、首周辺のこりをほぐすというと、首の後ろと背中側を刺激するイメージを持つのではないでしょうか。しかし、私が見つけた首のこりをほぐすポイントは、首の前面、つまりのど側にあります。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


【首の後ろ】を押すと、さまざまな病気や症状が改善する不思議

【首の後ろ】を押すと、さまざまな病気や症状が改善する不思議

「ピンポイント療法」には、第1頸椎と第2頸椎の二つのポイントを押す方法があります。ここでは、それぞれの押すポイントの見つけ方と、ピンポイント療法のやり方を説明しましょう。【解説】松久 正(鎌倉ドクタードルフィン診療所院長)


脊柱管狭窄症が原因の【めまい】が「首の後ろ」を押したら消失! 耳鳴りも治った

脊柱管狭窄症が原因の【めまい】が「首の後ろ」を押したら消失! 耳鳴りも治った

私は50歳を過ぎたころから、ふらついたり、フワフワしたりする「めまい」に悩まされるようになりました。初めは更年期障害かと思っていたのですが、何年たっても症状はなくならず、ますますひどくなるばかりでした。【体験談】田所美恵子(仮名●神奈川県●61歳●主婦)


【湿布療法】老眼、かすみ目、飛蚊症、のどの痛み対策に効果!顎関節症、耳閉感も改善!

【湿布療法】老眼、かすみ目、飛蚊症、のどの痛み対策に効果!顎関節症、耳閉感も改善!

湿布療法は、七つあります。その中で、小指湿布とひじ・腕湿布は、首から上の症状に効きます。「小指湿布」は幅広い症状に効き、しかも強力な効果があります。しかし、その小指湿布をもってしても効果が得られないケースがあります。それは、小指の筋肉が、非常に硬くなっている人です。【解説】安田 譲(安田医院院長)


最新の投稿


【お腹やせ】排泄力を高める 即効「生大根ダイエット」のやり方

【お腹やせ】排泄力を高める 即効「生大根ダイエット」のやり方

多くのかたのダイエット相談を受ける中で、私はあることに気がつきました。おしっこやうんちなどの老廃物を体にため込んでいる人はやせにくく、体型もどんどん悪くなってしまう、ということです。【解説】蓮水カノン(キレイファクトリー主宰)


【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!ガンとの共生・克服も可能

【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!ガンとの共生・克服も可能

私は、医師として40年以上、病気に悩む人々を診てきました。また、現役の産婦人科医師として、年間100名以上の出産に立ち合っています。そこで学んだのは、「逝き方とは生き方であり、笑進笑明こそが、自分を進化させる21世紀のライフスタイル」だということです。【解説】昇 幹夫(日本笑い学会副会長・産婦人科医・麻酔科医)


【色の効果】血圧不安定、イライラやうつの症状は「濃いピンク」で改善する!

【色の効果】血圧不安定、イライラやうつの症状は「濃いピンク」で改善する!

私は診察の際、患者さんにカラーチャートをお見せして、好きな色を選んでいただきます。好きな色を聞くことで、その人の性格や考え方の傾向、心と体の状態を大まかにつかむことができるからです。色は健康状態を知るだけでなく、心身の不調の改善にも役立ちます。【解説】春田博之(芦屋こころとからだのクリニック院長)


【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が不要になった人が続出の「耳ヨガ」のやり方

【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が不要になった人が続出の「耳ヨガ」のやり方

私のヨガ教室では、ヨガ中でも、トイレは我慢せずに行っていいですよとお伝えしています。ヨガをすると詰まりが解消されることが多いからです。私が必ずメニューに取り入れているのが耳ヨガです。便秘解消の効果も高いので是非役立ててください。【解説】薄 久美子(ハーモニースペースdeヨガ主宰・ビジョンヨガインストラクター)


【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

外食でも、工夫しだいで糖質の制限は可能です。外食時のお勧めメニューは、ステーキ、焼き魚、刺し身、しゃぶしゃぶ、焼き肉、ハンバーグなど。コンビニで食品を選ぶさいには、栄養成分表示を確認しましょう。【解説】牧田善二(エージーイー牧田クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング