【簡単ダイエット】くびれ効果抜群の「お腹回し」のやり方「お尻」ではなく「ウエスト」をひねるのがコツ

【簡単ダイエット】くびれ効果抜群の「お腹回し」のやり方「お尻」ではなく「ウエスト」をひねるのがコツ

おなか回しは、振り子運動の一種です。足を肩幅に開いて、全身の力を抜いて、でんでん太鼓を振るように、なるべく余分な力を使わずに腕を振ります。行ううえでのポイントがいくつかあるので、紹介しておきます。【解説】楊進(日本健康太極拳協会理事長)


お尻ではなくウエストを回す

おなか回しは、振り子運動の一種です。
足を肩幅に開いて、全身の力を抜いて、でんでん太鼓を振るように、なるべく余分な力を使わずに腕を振ります。

行ううえでのポイントがいくつかあるので、紹介しておきます。


①ひねるのは「ウエスト」
ひねる部分はあくまでもウエストです。
お尻をひねらないようにしましょう。

ウエストとは、ミロのビーナスのくびれラインが入っているところです。
つまり、ヘソの少し上になります。
ウエストの位置を確認してみましょう。

ウエスト=腰と考え、骨盤を回すと勘違いする人も多いのですが、骨盤を大きく動かしてしまうと、不安定になるうえ、肝心のウエストがあまりひねられず、くびれを作る効果も半減してしまいます。

なるべく骨盤を回さず、ウエストをしっかりひねり、上半身をひねるのがおなか回しの基本です。
上半身をしっかりひねることで、腹筋、背筋から、体の深層部にある筋肉まで、多くの筋肉がバランスよく効率よく動いて、さまざまな効能を発揮します。


②「視線で体を引っ張る」つもりで行う
おなか回しを上手にするコツは、「目で体を引っ張る」感じで、首、肩、ウエストを次々に動かすことです。
腕を振ろうと意識するのではなく、視線を後方に移しながら、肩からぶら下がった腕を体にまとわりつかせましょう。


③体の後ろの「目標」を決める
体をひねるときは、真後ろに何か目標物を決めておくとやりやすいでしょう。
体が硬い人は、精いっぱい向けるところまででけっこうです。
続けているうちに、だんだんと後ろを向けるようになってきます。

5分以上は行わない

おなか回しを行うのは、1日1回です。
左右の回転を1セットとして、30〜50セットを行いましょう。
時間にすると3〜5分程度といったところです。

途中で頭がクラクラする場合は、回数を少なめにしてください。
慣れるにつれ回数を増やして構いませんが、5分を限度にしましょう。

注意していただきたいのが、ひざの向きです。

ウエストをしっかりひねったときに、軸足のひざが内側に入りやすくなります。
このような動きを続けていると、ひざの故障や痛みにつながります。
つま先とひざ頭は、常に同じ方向を向いているようにして、軸足のひざが横振れしないように注意して行うようにしましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【足がくさい】原因は3つ!足の臭い・足裏の汗を改善する自分でできる対策

【足がくさい】原因は3つ!足の臭い・足裏の汗を改善する自分でできる対策

気温や湿度が高くなるこれからの季節。足のにおいの相談が多くなります。足のにおいを解消するには、日常、足のケアを続けることが何よりも重要です。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科部長、東京医科歯科大学皮膚科フットケア外来)


【ウエストダイエット】下腹を思いっきりへこませる「ドローイン」その場で10cm細くなった!

【ウエストダイエット】下腹を思いっきりへこませる「ドローイン」その場で10cm細くなった!

私が健康運動指導士として活動するなか、多いのが「ポッコリ出たおなか」や「おなかのたるみ」の悩みです。食事の管理はとても大事ですが、食事に気を付けても、おなかの悩みは、なかなか解決できません。そこで私が考案したのが「30秒おなかしぼり」です。【解説】植森美緒(健康運動指導士)


【ダイエット効果】ぽっこり下腹が痩せる「おなかしぼり」のやり方

【ダイエット効果】ぽっこり下腹が痩せる「おなかしぼり」のやり方

私が健康運動指導士として活動するなか、多いのが「ポッコリ出たおなか」や「おなかのたるみ」の悩みです。食事の管理はとても大事ですが、食事に気を付けても、おなかの悩みは、なかなか解決できません。そこで私が考案したのが「30秒おなかしぼり」です。【解説】植森美緒(健康運動指導士)


【腰が痛い】病院で「異常なし」といわれたら、腰痛は自分で治すことができる!

【腰が痛い】病院で「異常なし」といわれたら、腰痛は自分で治すことができる!

ギックリ腰などの非特異的腰痛は、重い病気や障害が原因ではないので、焦って病院に行く必要はありません。生活習慣の改善などで、自分で治せる腰痛と考えていいでしょう。私は、非特異的腰痛の患者さんに、「運動で腰痛を治すこと」をお勧めしています。【解説】矢吹省司(福島県立医科大学整形外科教授)


【不安、悩みで眠れない】原因は「首の緊張」かも?不眠解消には“かかと”を叩くとよい

【不安、悩みで眠れない】原因は「首の緊張」かも?不眠解消には“かかと”を叩くとよい

布団に入っても、次から次へと悩みごとが頭に浮かんで眠れない……。そんな人に共通する体の特徴があります。それは首の後ろが硬くこわばっていること。なぜそうなるかというと、ものを考えるとき、人は必ず頸椎筋(首の後ろの筋肉)を緊張させるからです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)


最新の投稿


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。ここでは「洗濯ばさみ」を使ったツボの刺激方法をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

動脈硬化が進むとともに血栓ができると、その結果として、脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気を招いてしまいます。命に関わるこれらの病気を防ぐために習慣にしてほしいのが、起床後に十分な水分を取ることです。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)