【血圧、血糖値を下げる】白髪、メタボも解消する「黒豆の煮汁」作り方とお勧めの飲み方

【血圧、血糖値を下げる】白髪、メタボも解消する「黒豆の煮汁」作り方とお勧めの飲み方

黒豆を水で煮ると、黒豆の香りとほのかな甘味のある、おいしい煮汁が出来上がります。五臓六腑に効く、健康長寿の若返りドリンクです。「黒豆の煮汁健康法」を自ら実践し、患者に勧めている医師に取材しました。【解説】秋津壽男(秋津医院院長)


秋津先生が毎日飲んでいる「黒豆の煮汁」の作り方

【材料】
・黒豆…125g
・水…適量

【作り方】
①黒豆はさっと水洗いし、たっぷりの水に一晩つけておく。
黒豆を一晩水につけると、2倍くらいに膨らむので、豆が水から出ないよう、豆の4倍くらいの量の水につけて戻すとよい。

②❶を水ごと鍋に入れて火にかける。
沸騰したら弱火にし、豆が煮汁から出そうになったら、水を足しながら、さらに煮る。

※煮る時間の目安は、煮汁の色が赤紫から黒っぽく変わるまで。
秋津先生は3時間煮ている。

※煮ている途中に出る泡のようなアクは取らなくてよい。
※内側が白いホーロー鍋などを使うと、黒豆の色がついて取れなくなるので、ステンレスなどの色移りしない素材の鍋か、色が付いても構わない鍋を使うこと。

③温かいうちに煮汁を容器に移す。
粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて保存する。

※あまり日持ちがしないので、作って2~3日中には飲み切るようにすること。

秋津先生お勧めの「黒豆の煮汁」の飲み方

お勧めの飲み方

作ったらすぐ、温かいまま飲む
作りたてを温かいうちに飲むのが、おいしいのでお勧め。冷蔵庫で保存したものを飲む場合は、少し温めてから飲むと、体を冷やさない。

1日に飲む量の目安

500~600mL
いつ飲んでもよいが、空腹時に飲むと、煮汁の成分が効率的に体に吸収される。

残った黒豆の活用法

①もう一度煮汁を作る
1回煮汁を作った後の黒豆で、もう一度煮汁を作ることができる。

効果は1回目の煮汁と変わらない。
ただし、豆自体の味は薄くなってしまうので、残った黒豆もおいしく食べたい場合は、再利用はやめたほうがよい。

②保存して料理などに活用する
残った黒豆は、冷蔵・冷凍保存が可能。

粗熱が取れたら水気を切って、密閉容器などに入れて保存する。
軟らかく煮えているので、そのままサラダのトッピングやスープの具などに使える。

冷蔵なら3日ほど、冷凍なら1ヵ月ほど保存可能。

③酢などに漬ける
酢などの調味料に漬けておくと、そのまま食べてもおいしい常備菜になり、料理にも活用できる。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【高血圧】黒豆の煮汁は血圧を下げる・白髪を改善する 黒豆研究30年の医師が断言!

【高血圧】黒豆の煮汁は血圧を下げる・白髪を改善する 黒豆研究30年の医師が断言!

春には目がかすみ、夏になると耳にセミが鳴き、秋には歯が落ち、冬は頭に霜をいただく。先人はうまいことを言ったもので、昔からこの春夏秋冬がそろうと、「老人」と言われました。そんな老人や老人になりかけた人たちに、ぜひ飲んでいただきたいのが、「黒豆の煮汁」です。【解説】野崎豊(ノザキクリニック院長)


【名医も愛飲】利尿作用で血圧を下げる「黒豆の煮汁」はちょいメタボにお勧め!

【名医も愛飲】利尿作用で血圧を下げる「黒豆の煮汁」はちょいメタボにお勧め!

私が黒豆の煮汁をお勧めしたいのは、やや太めで運動不足、血圧やコレステロールが少し高めの、「ちょいメタボ」の人です。メタボリックシンドロームとは腹囲が男性なら85cm、女性なら90cm以上で、血糖値、血圧、コレステロール(脂質)のうちの二つが基準値より高めの状態をいいます。【解説】秋津壽男(秋津医院院長)


【医師解説】黒豆の効能を100%引き出す「黒豆の煮汁」は飛蚊症に効くと評判

【医師解説】黒豆の効能を100%引き出す「黒豆の煮汁」は飛蚊症に効くと評判

私はのクリニックの患者さんには、漢方薬の処方と併用して「黒豆の煮汁」を勧めています。黒豆の煮汁には、LDL(悪玉)コレステロールを減らすグリニシン、リノール酸、レシチン、リグニンや、中性脂肪を減らすリノレン酸といった成分が豊富に含まれています。【解説】野崎豊(ノザキクリニック院長)


【医師が作り方・飲み方を解説】耳鳴りが止まらない!そんな人にも効果を発揮する「黒豆の煮汁」

【医師が作り方・飲み方を解説】耳鳴りが止まらない!そんな人にも効果を発揮する「黒豆の煮汁」

黒豆には、悪玉コレステロールをへらし、血圧を下げるリノール酸が多く含まれています。その結果、血流がよくなり耳鳴りの改善につながるのです。加えて、黒豆にはナイアシンというビタミンが含まれています。ナイアシンは脳神経の働きを助けるといわれ、耳鳴り改善に効果が期待できる機能性成分です。【解説】野崎豊(ノザキクリニック院長)


【黒豆の煮汁】利用法とその効能を医師が解説!高血圧やめまいに効く!

【黒豆の煮汁】利用法とその効能を医師が解説!高血圧やめまいに効く!

黒豆の煮汁が血圧に効くのは、コレステロールや中性脂肪を減らす成分や、抗酸化作用の強い成分が多く、血液をサラサラにするからです。また、尿の出をよくする作用、血管の筋肉をゆるめる成分、血管を拡張する成分も含まれており、それらの総合的な作用で、血圧が下がるのです。【解説】野崎豊(ノザキクリニック院長)


最新の投稿


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。ここでは「洗濯ばさみ」を使ったツボの刺激方法をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

動脈硬化が進むとともに血栓ができると、その結果として、脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気を招いてしまいます。命に関わるこれらの病気を防ぐために習慣にしてほしいのが、起床後に十分な水分を取ることです。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)